メルボルン空港直結!パークロイヤル メルボルン エアポートを紹介 | Stayway Media

メルボルン空港直結!パークロイヤル メルボルン エアポートを紹介

Vista

トラベルライター

オーストラリア メルボルン

Photo by AdobeStock

旅行に行った際に、フライトの出発、到着時間は早朝や深夜だと、空港ー市内間の移動に困ってしまうことがあります。そんな時に活用したいのがエアポートホテル。

メルボルン空港にはパークロイヤル メルボルン エアポートが直結しており、飛行機利用時の宿泊に大変便利です。

本記事ではそんなパークロイヤル メルボルン エアポートの魅力を紹介します。

【オーストラリアの基本情報】
時差:+1時間
*サマータイム実施時は+2時間
言語:英語
通貨:オーストラリアドル
気候情報:一年を通して四季があり、季節は日本と逆となります。日本よりも温暖な気候です。

パークロイヤル メルボルン エアポートとは?

View this post on Instagram

Michelle Morganさん(@chellemorgan_)がシェアした投稿

パークロイヤル メルボルン エアポートとは、メルボルン空港に直結しているエアポートホテル。

4.5星を獲得しているハイランクのホテルで、乗り継ぎの際に限らず、早朝の出発、深夜の到着などの際に利用することができます。

利用者の口コミ:空港からのアクセスが良く、乗り継ぎの際の宿泊に便利でした。

スタッフの対応が丁寧で良かったです。また、客室に無料のコーヒーなどがあって助かりました。

【正式名称】PARKROYAL Melbourne Airport
【住所】Arrival Drive Melbourne Airport, Tullamarine VIC 3045 オーストラリア
【アクセス】メルボルン空港直結
【公式サイト】https://www.panpacific.com

魅力1.利便性が最高

View this post on Instagram

roadwarriorauさん(@roadwarriorau)がシェアした投稿

パークロイヤル メルボルン エアポートは、メルボルン空港周辺にあるエアポートホテルの中でも、最も空港に近いホテルとなります。

空港ターミナルとは直接通路でつながっているので、出発、到着ロビーからわずか3分でアクセスすることができます。また、通路には屋根がついているので、雨の日でも濡れる心配がありません。

東京からメルボルン行きのフライトには夜遅くに到着するものもあります。そのため、遅い時間に空港から市内に移動するよりも、パークロイヤル メルボルン エアポートで一泊してから市内に移動した方が、夜に市内で迷う心配もなく安心です。

もちろん市内行きのシャトルバスの乗り場もホテルから徒歩5分以内の位置にあります。

また、メルボルンで乗り継ぎをする際など、空港で夜を明かすよりもパークロイヤル メルボルン エアポートに一泊してしまえば、より快適に時間を過ごすことができます。

魅力2.快適な客室

View this post on Instagram

PARKROYAL Hotels Australiaさん(@parkroyalhotelsaustralia)がシェアした投稿

パークロイヤル メルボルン エアポートの客室はレジャーとビジネス利用の両方に対応。ゆったりと作られた客室は大人数での宿泊しても窮屈さを感じることなく快適に過ごすことができます。

最も小さいスタンダードルームでも32sqm、一番ランクが高いスパスイートになるとリビング・ダイニングエリアが加わり66 sqmもの広さを誇ります。そして、全客室には大理石のバスルームが備わります。

また、ビジネス利用者のために、大きめのワーキングデスクを設置。ゆったりとした空間で、仕事も普段よりはかどるはずです!

また、パークロイヤル メルボルン エアポートの最も大きな特徴の1つが、客室から滑走路を見ることができるということ!

客室の大きな窓からは、飛行機が飛び立つ様子や着陸する様子を一望することができます。子供はもちろんのこと、飛行機好きの人にとっても最高のロケーションとなっているのです。

空港側以外の客室からは、メルボルンの街並み、またはマセドン山脈を眺めることができます。予約時にどの位置の客室に宿泊をしたいかリクエストをしておくといいでしょう。

魅力3.充実した設備

View this post on Instagram

PARKROYAL Hotels Australiaさん(@parkroyalhotelsaustralia)がシェアした投稿

パークロイヤル メルボルン エアポートにはエアポートホテルでありながら、充実した設備が備わっています。

まず紹介するのは、24時間利用可能なフィットネスセンター。このフィットネスセンターは空港側に向いているため、飛行機を眺めながらエクササイズをすることができます!

24時間好きな時に利用できるため、深夜に到着した時や時差ボケで眠れない時など、ここでフィットネスを楽しむのもいいでしょう。

また、サウナ、スチームルームもついているので、フライトの疲れをいやすこともできます。その他、屋内プールも併設されています。

次に、ビジネスマンにおすすめのビジネスセンター。ここには共用のパソコンや高速インターネット回線、プリンターが用意されており、仕事をすることができます。このビジネスセンターはゆったりとしておりコワーキングスペースもあります。

魅力4.バラエティー豊富な飲食施設

View this post on Instagram

PARKROYAL Hotels Australiaさん(@parkroyalhotelsaustralia)がシェアした投稿

メルボルン空港内や空港周辺には残念ながら多くの飲食施設がありません。そのため、食事の際にはホテル内の飲食施設を利用するのがおすすめです。

パークロイヤル メルボルン エアポートは、レストラン、カフェ、バーの3つの飲食施設を併設。

Airo Restaurantにはオープンキッチンが備えられており、季節の食材を使用したイタリアンとオーストラリア料理を提供しています。朝・昼・夜と営業しているので、お腹が空いたときにいつでも利用することができます。

また、Bar Airoではビールやワイン、スピリッツに加えて、ハンバーガーやピザなどのフードメニューも提供されています。

ホテル内のレストランなどでは空港よりも落ち着いた雰囲気で食事をすることができるので、これらの飲食施設を利用するのがおすすめです。

利便性が抜群、パークロイヤル メルボルン エアポート

パークロイヤル メルボルン エアポートは空港に直結した利便性の高いホテルです。

サービスもとても充実しているので、メルボルン空港を利用する際に宿泊してみるのもいいでしょう。

メルボルンで女子旅!

メルボルンはオーストラリアのビクトリア州の州都。市内にはヨーロッパ風の建物が多く残り、世界で最も住みやすい国にも選ばれたことがある人気の都市です。 本記事では、メルボルンの女子に人気のスポットを紹介します!

観光地はこちらから!

オーストラリアのカフェ天国と言われているメルボルンを紹介!街並みはまるでヨーロッパみたい!?郊外に行けばもちろん自然もあります。そんなメルボルンの絶対行くべき観光地をまとめてみました!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Vista
ベルリン在住のフリーランスライター。アメリカ留学とシンガポール在住経験もあり。 趣味は海外旅行で現在訪れた国は25か国以上🌍50を目標に常に次の旅行中を模索中!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo