"メルボルン"に行ったら絶対訪れたい!フォトジェニックスポット6選 | Stayway Media

“メルボルン”に行ったら絶対訪れたい!フォトジェニックスポット6選

rippy

トラベルクリエイター

kettle black

Photo by rippy

メルボルンは“南半球のヨーロッパ”とも称される美しい街。  

歴史ある豪華な建造物が建ち並び、とてもお洒落な雰囲気が漂っています。

街のいたるところがフォトジェニックで、歩いているだけで気分が高まります。

今回はそんなメルボルンのフォトジェニックスポットをシティと郊外に分けて紹介します!

~シティ編~

まずはシティのフォトジェニックスポットをご紹介します♪

1.アーケードでショッピングを楽しむ

ロイヤルアーケード

Photo by rippy

まるでヨーロッパ?!

どこを切り取っても可愛いアーケードでショッピングをするのがオススメ!

ロイヤルアーケードとブロックアーケードは隣り合わせにあるので、コンパクトに観光が楽しめます。

オススメは KOKOBLACK というチョコレートショップ

KOKOBLACK

Photo by rippy

メルボルン発のチョコレートショップで、日本未進出なので、お土産にオススメ♪ 

価額帯はゴディバやリンツと同じくらいです。

イートインスペースも少しあるので、お店で頂くこともできます。

その他にもアデレート生まれのHaigh’sもオーストラリアで長く愛されるチョコレートでお土産やオージーでいつも賑わっています。

2.ロイヤルアーケードの洗練されたカフェでコーヒーを味わう

cucina cafe4

Photo by rippy

メルボルンにはおいしくて、おしゃれなカフェがいっぱい。

スターバックスが唯一成功できなかった国と言われているくらい独自のカフェ文化があり、コンビニよりカフェの方が多いくらい街中の色々なところにカフェがあります。

日本では考えられないですが、メルボルンではコンビニよりもカフェの数が多い!

また1店1店こだわりがあり、他国からバリスタ留学にくるほどの世界TOPクラスのカフェが多いです。  

cucina cafe3

Photo by rippy

中でも”フラットホワイト”は1度は飲んで欲しいメルボルンの定番コーヒー。

エスプレッソにきめ細かいクリーミーなミルクが加わった深い味わい。

cucina cafe

Photo by rippy

美味しそうなエクレアやケーキもたくさん。

3.THE KETTLE  BLACKでフォトジェニックフードを楽しむ

kettle black

Photo by rippy

ことりっぷの表紙にもなった、” THE KETTLE  BLACK”へ。

メルボルンの中心街シティからトラムで10分くらい行ったサウスヤラという場所にあります。

なんといっても頼むべきお料理は、お花の散りばめられたパンケーキ!

大きめサイズなのでシェアして食べるのがオススメです。

これだけカラフルだと一見体に悪いのでは?

と思うのですが、オーストラリアはどこよりもオーガニック大国で着色料などは使わずにビーツなど体に優しいもので色づけをしているので、安心です。

~郊外編~

続いて郊外のオススメスポットを紹介します。

1.ヤラバレーでお気に入りのワインに出会う

メルボルンから少し足をのばして行ける、”ヤラバレー”は国内屈指のワインの産地として有名です。

メルボルンの郊外には大小合わせて80のワイナリーがあり、数々の受賞歴を誇る老舗から、家族経営のアットホームなワイナリーまで様々。

ヤラバレーショコラトリー

Photo by rippy

ワイナリー巡ってテイスティングをしながら、自分のお気に入りのワインを見つけるのがヤラバレーでのオススメの過ごし方。

個人でたくさん回るのはハードルが高かったので、私はVELTRAのオプショナルツアーを利用しました♪

2.ショコラトリーでお気に入りのチョコレートを見つける

ヤラバレーショコラトリー

Photo by rippy

ワイナリー巡りと一緒に是非訪れてほしいのが、「Yarra Valley Chocolaterie & Ice Creamery」。

広い店内に様々なタイプの美味しそうなチョコレートが並んでいます。

伝統的な製法で作られた上質なチョコレートはもちろん、ローカルな食材を使ったオリジナリティあふれる味など、見ているだけでも楽しめます。

ショコラティエたちが丁寧に手作りしているトリュフは、たくさん種類があって、選ぶのにとても迷います。

3.メルボルン近郊のダンデノン丘陵で大自然に囲まれる

パッフィンビリー2

Photo by rippy

メルボルンには国内最古の蒸気機関車が!!

客車のほとんどが、オープンデッキ構造でできているので、爽やかな風を感じながらダンデノン丘陵の美しい風景を満喫できます。

蒸気機関車の乗車は日本ではなかなかできない貴重な体験。

みずみずしい緑の中を走り抜ける爽快感はとっても癒されました!

残念ながら私たちは逆に座ってしまったのですが、走行中のシャッターチャンスを抑えるには進行方向を向いて右側の窓の近くに座るのがオススメです♪

このほかにも郊外には、世界で一番美しい海岸道路とよばれるグレートオーシャンロードや世界一小さなペンギンがいるフィリップ島などまだまだ楽しめるスポットがいっぱいです。

フォトジェニックなメルボルンを楽しもう!

いかがでしたか?

折角の旅行ならフォトジェニックなスポットをたくさん訪れて、可愛い写真を残したいですよね?

メルボルンは時差も2時間程なので帰国後の時差ボケもなく、治安も良い街なので旅行にとてもオススメの土地です。

次の旅行の候補にぜひ検討してみてください♪

ではでは、また別の記事でお会いしましょう!!

【メルボルン】ヤラバレーでワイナリーを訪問!【かわいい電車も!】

この記事では、メルボルン近郊にあるヤラバレー(Yarra Valley)にある、おすすめのワイナリー3選を紹介します。ヤラバレーにはたくさんのワイナリーが存在するので、お気に入りのワイナリーに出会えること間違いなしです!

メルボルンの気候・服装とは?春、夏、秋、冬の月別に徹底解説!

一年中暖かいイメージのあるオーストラリアですが、日本の約20倍というとても大きい国なので、気候も地域によってさまざまです。 また、オーストラリアは南半球にある国なので、季節が日本と逆になります。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

logo