予約もばっちり!海外で民泊・Airbnbホストとコミュニケーションを取る方法! | Stayway Media

予約もばっちり!海外で民泊・Airbnbホストとコミュニケーションを取る方法!

Stayway 編集部

トラベルライター

今回はAirbnb・民泊の予約についてさらに詳しい説明とその後、実際に宿泊するまでの流れを紹介していきたいと思います。

予約の前のプロセス「宿泊場所を探す」は「節約旅行者必見!民泊・Airbnbを使った海外民泊ステイ先の探し方」の記事を見てください。

ホストとのメールのやりとり(予約前)

希望に叶うホストを見つけたら、まず一度メールをしてみましょう。実際にホストの方と会話することで、ホストの方がどんな人物なのか、文面から感じることもできます。

一番始めのハウスルールの下に「ホストに連絡」とあり、クリックするとこのような表示が出てきます。

チェックインとチェックアウトの日付、ゲスト数を記入すると、メッセージが送れるようになります。ちなみに「〜さんに連絡」とある下にホストの方が対応できる言語が書かれています。

ほとんど英語、スペイン語などですが、ごく稀に日本語と書かれている場合は滞在中でもコミュニケーションが取りやすいのでオススメです。

まずは、簡単に自己紹介をして、軽く質問をしてみましょう。例を挙げるとこんな感じです。

あんまり長くても、ホストの方が忙しい場合もあるので、簡潔にわかりやすい方がいいと思います。その方が比較的早めに返ってくることが多いです。

この時、『メッセージを送信』か『予約をする』が選ぶことができます。まだ他にも見たいという方はメッセージを送信でいいですし、この部屋で決まりという方はそのまま予約しても構いません。

支払いについて

予約をする際の支払い手続きですが、日本からの予約の場合、クレジットカードか、Paypalしか利用できません。こちらからホストへのお金の受け渡しはAirbnbを通して行う為、直接現金のやりとりをすることは絶対にないので注意してください。

キャンセルについて

仕方なくキャンセルしなければならなくなった場合、キャンセルポリシーに則って、返金してもらうことができます。キャンセルポリシーのタイプはホストによって(柔軟〜かなり厳格)異なります。

ホストとのメールのやりとり(予約後)

予約が完了すると、旅程表が届きます。そこで、宿泊日時、ホストの電話番号、住所、ハウスルール、請求金額、チェックイン方法などの情報が確認できます。特にチェックイン方法は正しく理解しておくようにしてください。誤って理解していると、ホストと余計なトラブルになることがあります。

そして、当日。再度ハウスルールを確認しておくと良いと思います。またチェックイン、チェックアウトの時間はしっかりと守り、あくまでも相手は一般の方であることを忘れず、お互いにマナーのある民泊ができるようにしましょう。

宿泊中はホストとの会話を楽しむ

英語ができなくても、大丈夫です。

宿泊中はホストの方と一つ屋根の下で生活をするので、家ではできるだけ部屋にこもってないで、リビングに足を運んでみてください。Airbnbでホストをしている方は、人好きで、話好きな人が比較的多く、相手がどこの出身、人種、宗教だとしても平等に接してくれます。言葉の壁など恐れず、コミュニケーションが取れると、出会いの幅も広がると思います。

一見大人しく、接しにくそうなホストでも話してみればすごくいい人で、面白い話を聞かせてくれることもあり、まずは自分から良いタイミングで話しかけてみてください。そこで住んでる人しか知らない、レストランや観光スポットに関する情報を教えてくれることもあります。

チェックアウト後のレビューは忘れずに

Airbnbを利用した後、必ずしてほしいことがあります。

レビューです。

レビューはこれから利用する方々やお世話になったホストの方のためにも必ずしてほしいと思います。まず、お礼の言葉。そして今回の民泊で得た、驚いた体験、心温まる体験、初めての体験などを通して感じたことをそのまま書いてみてください。もちろん日本語でも構いません。

また、もしその民泊が想像していたものではなかったとしても、正直に思ったことを書いてみてください。ですが、相手を過激に誹謗中傷するような内容は運営側の判断によって消されることがあるので注意してください。

たとえどんな旅行になったとしても、それまでに経験したことのないものになっていると思います。その中で得た、普段とは違う多くの感動を思い返しながら自身のレビューを書いてみてください。

Staywayについて

Staywayは世界中の民泊施設を検索できるサイト。価格からロケーションまで幅広いニーズに答え、利用者にあった宿泊先を素早く見つけることが可能です。さらに宿泊先でのさまざまな滞在方法も提案しているので、ぜひチェックしてみましょう!

[cta id=”527″ vid=”0″]
logo