【鳥取】三朝温泉とその周辺のおすすめ旅館・ホテル13選 

万代正平

トラベルライター

三朝温泉とは
Photo by Wikipedia

山陰鳥取の中部にある三朝温泉(みささおんせん)は、世界有数のラジウム泉が有名なレベルの高い温泉地です。

そんな温泉街に佇む温泉旅館は、三朝川のほとりにある静かな場所なので、普段の喧騒から忘れられるひと時を味わえるでしょう。

三朝温泉とその周辺のおすすめ旅館・ホテルを13か所厳選しました。

解りやすいランキング形式で紹介します。

第13位 斉木別館

013斉木別館1
013斉木別館2出典:アゴダ

斉木別館は、三朝温泉にある旅館で、愉快リゾートグループの温泉旅館です。

4種類の客室のタイプがあり、その中のひとつは小型犬と泊まれる部屋です。

庭園を眺めながら入る露天風呂など、大浴場で癒されましょう。

温泉は24時間開放していますが、一部の時間は利用できません。

朝5時から男女入れ替えになります。

「ひょうごの匠」と認定された料理長の会席料理も絶品です。

(クチコミ)
広いお庭で趣きありました。貸切露天風呂がすごくいい雰囲気でまったり楽しめました。
(女性)

旅館は元々高級旅館だった名残りが残っていて華厳な造りです。広々としているのでくつろげました。
(女性)

地元の人間には高嶺の花立った旅館であったが、経営会社が今の『湯快リゾート』になって初めて利用した。
夕食が非常に美味だったが、 朝食バイキングが、プラスチックの食器というのは如何なものか?
(男性)

【電話番号】0570-550-391
【住所】鳥取県東伯郡三朝町山田70
【価格帯】税別2万8千円台~(2名分)
【公式サイト】http://yukai-r.jp/saikibekkan/

第12位 ホテルアーク21

12ホテルアーク211

ホテルアーク212出典:アゴダ

ホテルアーク21は、三朝温泉近い倉吉にあるホテルです。

JRの駅から徒歩5分のところにあるので、アクセスは大変便利良いでしょう。

客室はシングル、ダブル、ツインから選べます。

ホテル内にある展望大浴場からのロケーションには、絶景空間が広がります。

1Fに朝食会場の咲倉があり、朝から美味しくいただきましょう。

このお店には、ラーメンや定食もあります。

(クチコミ)
ツインに宿泊しましたがが。 広くて清潔でした。
女性にはアメニティが貰えるのがうれしいですね。
(女性)

程よい広さだった、大浴場の湯もちょうど良かった。
ただ カメムシが出てきたのがちょっと。
(女性)

駅近で利便性がよく、温泉じゃねえが大浴場も広くて良かった。だが、部屋に空気清浄機があったら完璧であったな。wifiが使えるのは認めよう。
(男性)

【電話番号】0858-48-1021
【住所】鳥取県倉吉市上井町2丁目4-6
【価格帯】税別1万3千円台~(2名分)
【公式サイト】http://www.ark-21.co.jp/

第11位 もみの木の宿 明治荘

11もみの木の宿 明治荘1

11もみの木の宿 明治荘2
出典:楽天トラベル

もみの木の宿明治荘は、三朝温泉にある旅館です。

和室を中心とした客室はバス付の部屋とついていない部屋がありますが、いずれも窓からの見える庭園などの景色は美しいです。

自家源泉のかけ流しラジウム泉で、思いっきり癒されましょう。

山陰の山・海の幸が盛り込まれた、会席料理の夕食や爽やかな朝食も魅力的です。

(クチコミ)
20年ぶりの宿泊でしたが少々期待し過ぎました。昔はもう少し家族的な雰囲気が遭った感動がありましたが。
(女性)

温泉がとても良く、生け花があちらこちらでみかけて、心がこもっていました。庭も素敵です。.
(女性)

お食事は美味しかった!お風呂が少し暗いのが気になった。風呂も少し小さい。だが庭はきれいだな。
(男性)

【電話番号】0120-630-234
【住所】鳥取県東伯郡三朝町 大字三朝847
【価格帯】税別2万6千円台~(2名分)
【公式サイト】https://www.meijisou.co.jp/

第10位 三朝ロイヤルホテル

10三朝ロイヤルホテル1

10三朝ロイヤルホテル2出典:Expedia

三朝ロイヤルホテルは、三朝温泉にあるホテルです。

現在は会員登録をしなくても、予約できるようになりました。

部屋はツインルームのほか、ファミリー向けのトリプルルームや和洋室を用意しました。

ラジウム天然温泉を、三朝川の渓流の音を聞きながら露天風呂などに浸かって、リラックスしましょう。

夕食はロイヤルビュッフェで思う存分いただけ、また定番の会席料理も選べます。

(クチコミ)
食事はビュッフェ形式でしたが。もう少しお皿の下げるタイミングとスピード、取り皿のストックがあれば良いかなと感じました。
(女性)

貸切風呂は、大きな桧風呂でゆったりと過ごせます。アメニティや備品、コンセントの配線などにレベルアップを期待します。
(女性)

ロイヤルは温泉街から離れいるので、泊まる機会が無かったが、初めて泊まって良いと感じた。
バイキングは蟹が堪能できる。部屋は清潔、ベッドは快適だ。温泉湯がやわらかく気持ちの良かった。
(男性)

【電話番号】0858-43-1231
【住所】鳥取県東伯郡三朝町大瀬1210
【価格帯】税別3万4千円台~(2名分)
【公式サイト】https://www.hmi-ryokan.jp/misasa-royal/

第9位 後楽

09後楽1

09後楽2
出典:楽天トラベル

三朝温泉後楽は、総ケヤキ作りの長屋門や、因幡の旧家から移築されたロビーなど、6つの魅力を持った温泉旅館です。

3つの館にある客室は、すべて全室にバス・トイレがついています。

保養や湯治客の絶えない、自慢のラジウム温泉「極楽の湯」で、思いっきりリラックスしましょう。

地元三朝米やワサビをはじめとする地の食材や、旬の食材を使用した会席料理に舌鼓が打てます。

(クチコミ)
風情がある建物で部屋もきれいでした。
夕食の鳥取和牛しゃぶしゃぶがよかった。
温泉ほっこり温まれました。
(女性)

親切なスタッフさんが多いので、安心です。ただ客室には携帯の電波がほぼ届きません。ロビーで無料Wi-Fiが利用ができました。
(女性)

遠方に住んでる身としては、一生に一度行くかどうかの場所といえる。忘れかけてた昔懐かしい日本の温泉地の風景を思い出した。宿のスタッフのも親切が身に染みた。
(男性)

【電話番号】0858-43-0711
【住所】鳥取県東伯郡三朝町三朝972-1
【価格帯】税別1万2千円台~(2名分)
【公式サイト】http://www.misasa-kouraku.co.jp/

第8位 木造りの宿 橋津屋

08橋津屋1

08橋津屋2出典:Expedia

木造りの宿 橋津屋は、三朝温泉にある旅館です。

館内には花の香りや木の香りが感じられる、雰囲気が醸し出されています。

そんな客室も落ち着きの感じる趣ある部屋ばかりで、入った瞬間に癒されるでしょう。

2012年に新たに誕生した大浴場「雨情」のシックな作りには、スタイリッシュさを感じます。

自慢のラジウム泉でリラックスした後は、宿泊プランで用意された会席料理で舌もリラックスさせましょう。

(クチコミ)
鳥取牛のフィレステーキ付きの会席プランで1泊1人13000円はお値打ちを感じました。一般利用の浴場は館内に男女各1個ありました。
(女性)

親切なスタッフさんが多いので、安心です。ただ客室には携帯の電波がほぼ届きません。ロビーで無料Wi-Fiが利用ができました。
(女性)

バスで移動中に雨から雪に変わり 非常に困ったものだったので電話したら バス停まで傘を持って待っていてくれた。部屋はそれなりに清潔感があり。蟹のコース料理にしていたので、蟹刺しから始まり心ゆくまで蟹を堪能することができた。
(男性)

【電話番号】0858-43-0719
【住所】鳥取県東伯郡三朝町三朝886
【価格帯】税別1万9千円台~(2名分)
【公式サイト】http://www.hashizuya.co.jp/

第7位 木屋旅館

07木屋旅館

07木屋旅館2出典:Expedia

古き良き湯の宿「木屋旅館」は、三朝温泉にある旅館です。

明治元年創業で、建物全館が登録有形文化財に指定されています。

文化財にある部屋には、明治・大正期の部屋と昭和の部屋から選んでください。

ホルミシス効果も期待できるラジウム温泉の大浴場や、ミストサウナので吸引したり、飲泉で飲んだりして、身体に効率よく取り込めます。

(クチコミ)
建物は古く、バリアフリーでも無い階段も多いが、そんなことはどうでも良く、古さの中に趣と昔からの伝統が伝えられているがわかりました。
(女性)

明治の時代からある風情のある旅館です。木造りのため、すきま風はあります。是非ここにしかないお風呂で温たまりましょう。
(女性)

いにしえより三佛寺への参拝拠点として栄えてきた三朝温泉にある旅館である。三朝温泉に泊まるのは初めてであるから他の宿の宿のことはよくわからん。だが、私のような単身の利用であれば、ここ以上のところはそうはないはずだ。
(男性)

【電話番号】 鳥取県東伯郡三朝町三朝895
【住所】鳥取県東伯郡三朝町三朝895
【価格帯】税別3万0千円台~(2名分)
【公式サイト】https://www.misasa.co.jp/

第6位 旅館 大橋

06旅館 大橋1

06旅館 大橋2
出典:アゴダ

旅館大橋は、三朝温泉にある旅館です。

1932年創業の老舗旅館で、宮大工の遊び心により個性的な建物になっています。

1997年に国の登録有形文化財に指定されました。

こだわりの客室はひと部屋ごとに、個性豊かになっています。

温泉は3つの湯船があり、そのうちのひとつは三朝温泉でも唯一のトリウム泉が湧いております。

ラジウム泉と合わせて内から外からリラックスできるでしょう。

(クチコミ)
建物は古いですが良く手入れがされていて趣がありますが、脚の不自由な方や年配の方は十分留意した上で宿泊されるといい感じです。
(女性)

主人の希望で泊まった高級旅館でした。気が張るので私は苦手ですが、中居さん?が若い男の子だったのが良かったです。
(女性)

温泉や料理も一流だが、スタッフの知識が無さすぎる。この宿の宿泊客は建物に興味があるはずだ。ところが、床板の材質や部屋の木材の材質と部屋の名称に関係制について全く答えられない。もっと教育をすべきだ。
(男性)

【電話番号】0858-43-0211
【住所】鳥取県東伯郡三朝町三朝302-1
【価格帯】税別4万0千円台~(2名分)
【公式サイト】http://www.o-hashi.net/

第5位から第1位は次のページへ

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo