【在住者おすすめ】街中にも!里山にも!宮城の個性的な美術館12選 | Stayway Media

【在住者おすすめ】街中にも!里山にも!宮城の個性的な美術館12選

SEI

トラベルライター

仙台 宮城県美術館
photo by photolibrary

宮城県には、仙台市にある「宮城県美術館」をはじめ、個性的な美術館がたくさんあります。

地元ゆかりの美術館などに立ち寄ると旅行がワンランクアップした気分になりますね。

そこで、宮城県在住者おすすめのステキな美術館をご紹介しましょう。

第12位 SatoruSatoArtMuseum サトル・サトウ・アート・ミュージアム(登米市)

この投稿をInstagramで見る

蔡銘鴻さん(@monkeu67)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

India-Serenaさん(@india.serena)がシェアした投稿

登米市出身の造形作家・佐藤達氏の作品や、パリ滞在中に出会った仲間たちから寄贈された作品などを収蔵する美術館です。

2007年(平成19年)に旧桜場小学校校舎を改装した建物の3階にオープンしました。

佐藤達氏は幾何学構成アート作家で、この美術館には、幾何学構成作品を中心に展示されています。

幾何学構成作品のコレクションという、あまり類のない美術館になっています。

【開館時間】9:00~17:00(入館は16:00まで)
【休館日】毎週月曜日(休日は開館)年末年始(12/29~1/3)
【住所】宮城県登米市中田町上沼字舘43 登米市中田生涯学習センター3F
【アクセス】東北自動車道若柳金成ICより車で約35分 三陸縦貫自動車道登米ICより車で約10分 東北本線石越駅よりタクシーで約20分
【公式サイト】https://www.city.tome.miyagi.jp
【電話番号】0220-34-8081

第11位 芹沢銈介美術工芸館(仙台市)

この投稿をInstagramで見る

Date fm J-SIDE STATIONさん(@jsidestation)がシェアした投稿

JR仙台駅の東西地下鉄自由通路を出てすぐの場所にある東北福祉大学仙台駅東口キャンパスに併設された美術館です。

青葉区国見のキャンパス内にありましたが、今年1月からこの場所に移転しました。

「型絵染」という染色法を確立させた人間国宝・芹沢銈介氏の作品や、芹沢氏が集めた世界各国の工芸品を収蔵。

染織品の他、木工品や家具など多彩なコレクションを見ることができます。

鑑賞に疲れたら、キャンパス内にある「TFU Cafeteria Olive」でランチやティータイムを楽しみましょう。大学で育てた野菜などを素材にした安心・安全なメニューが揃っていますよ。

【開館時間】10:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】月曜日(祝日の場合は翌日)
【住所】宮城県仙台市宮城野区榴岡2丁目5-26 東北福祉大学仙台駅東口キャンパス
【アクセス】JR仙台駅 東西地下鉄自由通路「出入口1」よりすぐ 地下鉄東西線 宮城野通駅「北1出口」より徒歩約3分
【公式サイト】https://www.tfu.ac.jp/kogeikan/
【電話番号】022-717-3318

第10位 墨雪墨絵美術館(加美町)

この投稿をInstagramで見る

Kota Gotoさん(@kotagoto)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Ashboo Doragnさん(@ash.boo.k1028)がシェアした投稿

宮城県北西部に位置する加美町の、春の桜が美しいさわざくら公園内にある「墨雪墨絵美術館」。加美町出身の墨絵画家・河合墨雪氏の作品50数点を収蔵・展示する美術館です。

河合墨雪氏は、国内をはじめ、アメリカでも墨絵を広めた功績があります。

建物は明治時代の農家を移築したもの。美しいさわざくら公園と歴史的な建物に、美しい墨絵がマッチしたスポットです。

【開館時間】10:00~16:00
【休館日】月曜日 祝日の翌日(土・日曜日を除く) 12月1日~2月末日
【住所】宮城県加美郡加美町西田1-33
【アクセス】東北自動車道 大和IC・古川ICより車で約20分 JR仙台駅より宮城交通バス 中新田行き乗車 中新田西町下車
【公式サイト】http://www.town.kami.miyagi.jp/
【電話番号】0229-63-3617

第9位 高倉勝子美術館 桜小路(登米市)

この投稿をInstagramで見る

みやぎの明治村さん(@miyagino_meijimura)がシェアした投稿

宮城県北東部にある登米市の平成21年に設立された「高倉勝子美術館 桜小路」。登米市出身の日本画家・髙倉勝子氏の作品を展示する美術館です。

「旧登米高等尋常小学校」や「旧登米警察署庁舎」などの歴史的建造物が集まる「みやぎの明治村」の一角にあります。

美術館を楽しんだあとは、みやぎの明治村を楽しみましょう。

【開館時間】9:00~16:30
【休館日】12月28日~1月4日
【住所】宮城県登米市登米町寺池桜小路88-1
【アクセス】三陸自動車道 登米ICより車で約5分 東北自動車道 築館ICより約40分 仙台駅前バス乗り場よりとよま総合支所行き乗車 とよま明治村停留所下車すぐ
【公式サイト】http://www.takakura-art.com/
【電話番号】0220-52-2755

第8位 風の沢ミュージアム(栗原市)

この投稿をInstagramで見る

アースデイ東北さん(@earthday_tohoku)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

竜也さん(@libro_entre)がシェアした投稿

宮城県の北西部、岩手県との県境に位置する栗原市にある「風の沢ミュージアム」は、美術館をはじめ、小劇場、レジデンス棟、里山公園などがある文化複合施設です。

美術館となっているのは約200年前の古民家。

また、敷地内には、大正時代の倉を改装したレンタル可能なギャラリーや、木のぬくもりがあるコンサートやワークショップにも利用可能なカフェなど、多彩な施設が揃っています。

美術館もカフェも、名前の通り風が吹き抜ける癒しの空間です。

ただし、土曜日、日曜日、祝日のみのオープンなのでご注意ください。

【開館時間】11:00~17:00(最終入館受付16:00)(10月は15:00最終入館受付、16:00閉館)
【休館日】月・火・水・木・金曜日(祝日は開館)
【住所】宮城県栗原市一迫片子沢外の沢11
【アクセス】東北自動車道 築館IC・若柳金成ICより車で約25分 JR東北新幹線 くりこま高原駅より車で約30分
【公式サイト】http://kazenosawa.jp/
【電話番号】0228-52-2811

第7位 大衡ふるさと美術館(黒川郡)

この投稿をInstagramで見る

Maiko Moriharaさん(@maiko_morihara)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Suppin (素っぴん💆)さん(@suppinstyle)がシェアした投稿

「大衡ふるさと美術館」は、宮城県北部に位置する黒川郡大衡村の総面積22.65haの広大な「昭和万葉の森」公園内にあります。

「昭和万葉の森」は、万葉集にゆかりのある名前を付けられた散策路や多数の万葉歌碑などがある公園です。

「蔵王の画家」として知られる大衡村出身の洋画家・故菅野廉氏の作品約270点やスケッチ、菅野氏ゆかりの画材類などを収蔵・展示しています。

公園敷地内には美術鑑賞や散策のあとに憩いの場所となる「万葉茶屋」も併設されています。

【開館時間】10:00~16:00 9:30~15:30(11月~3月)
【休館日】年末年始(12月28日から翌年1月4日まで)
【住所】宮城県黒川郡大衡村大衡字平林39-12(昭和万葉の森敷地内)
【アクセス】東北自動車道 大衡ICより車で約5分
【公式サイト】http://www.village.ohira.miyagi.jp/
【電話番号】022-345-0945

第6位 登米町教育資料館(旧登米高等尋常小学校) (登米市)

宮城 登米町教育資料館
photo by SEI 

宮城 登米町教育資料館
photo by SEI

「登米町教育資料館」は、1888年(明治21年)に建てられた「旧登米高等尋常小学校」の校舎を修復した重要文化財です。

明治時代のレトロな建物が点在する「みやぎの明治村」の一角にあります。

校舎の正面中央部にバルコニー式の玄関が設置され、バルコニーの柱の柱頭はギリシャ建築を取り入れたもの。

明治時代の代表的な洋風学校であり、当時の建築の流れを知ることができる重要な建築物です。

ヨーロッパで建築を学んだ山添喜三郎氏が設計・監督しました。同じく山添氏が設計・監督した「警察資料館(旧登米警察署庁舎)」も明治村の中にあります。

タイムスリップしたようなノスタルジックな街並みが楽しめる観光スポットです。

【開館時間】9:00~16:30
【休館日】12月31日~1月1日
【住所】宮城県登米市登米町寺池桜小路6
【アクセス】三陸自動車道 登米ICより車で約5分
【公式サイト】http://toyoma.co.jp/
【電話番号】0220-52-2496

第5位 リアス・アーク美術館(気仙沼市)

この投稿をInstagramで見る

東北女子さん(@tohoku_girl_official)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Shinya Hiramaさん(@hiramashin)がシェアした投稿

太平洋に面した気仙沼市の町を見下ろす高台にある「リアス・アーク美術館」。

「リアス」は地元の特徴であるリアス式海岸から、「アーク」は旧約聖書に記されている「方舟」から名付けられています。

東北や北海道にゆかりのある作家の絵画や彫刻などの美術作品約70点を収蔵する美術館です。

この美術館の特徴は、気仙沼市一帯が東日本大震災やチリ地震津波の被災地であったことから、その記憶・記録として被災現場写真と被災物を展示している常設展があることです。

自身も被災者であった学芸員たちが撮った写真や収集した被災物も展示しています。

間近に見ると被災の大きさに胸がうたれ、忘れてはいけない記憶なのだと改めて感じさせられる施設です。

【開館時間】9:30〜17:00(最終入館 16:30)
【休館日】月・火・祝日の翌日(土日を除く)
【住所】宮城県気仙沼市赤岩牧沢138-5
【アクセス】東北自動車道 一関ICより車で約15分 JR気仙沼駅より車で約20分
タクシーのお得な割引券あり
【公式サイト】http://rias-ark.sakura.ne.jp
【電話番号】0226-24-1611

第4位 感覚ミュージアム(大崎市)

宮城 感覚ミュージアム
photo by Yauchi

この投稿をInstagramで見る

Hiromuさん(@lefty_com)がシェアした投稿

宮城県北西部の大崎市岩出山にある、ファミリーに人気の「感覚ミュージアム」。視覚・聴覚・嗅覚・触覚などの感覚をテーマにした日本初のミュージアムです。

館内には、ダイアローグゾーン(身体感覚空間)とモノローグゾーン(瞑想空間)、それぞれの空間を繋ぐトラバースゾーンの3つのゾーンが作られ、実際に見る、聞く、嗅ぐ、触れるという体験を通して感覚を意識することができます。

屋根は全面トップライト、壁や床は鏡張りにして外の世界が映し出された浮遊感のある空間や、人の顔や手が光の点で立体的に浮かび上がる3Dのオブジェなど、体感してみたいブースがいっぱいです!

【開館時間】9:30~17:00(最終入館16:30)
【休館日】毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
【住所】宮城県大崎市岩出山下川原町100
【アクセス】東北自動車道 古川ICより車で約15分 JR陸羽東線 岩出山駅より徒歩約7分 有備館駅より徒歩約10分
【公式サイト】http://www.kankaku.org/
【電話番号】0229-72-5588

第3位 藤田喬平ガラス美術館(松島町)

この投稿をInstagramで見る

Ꮻ₭₭Ꭿ❁.*さん(@okaaco)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

marky0811さん(@marky0811)がシェアした投稿

日本三景・松島に位置するホテル「松島一の坊」内にある「藤田喬平ガラス美術館」。ガラス造形作家・藤田喬平氏の作品を展示する美術館です。

オーシャンビューのホテルに建つ館内には、「青のホール」や「ペンダントの間」などの展示室があり美しいガラス作品が並びます。

「海とガラスと庭園のミュージアム」と呼ぶように、鑑賞に疲れたら水上庭園やティールームなどで一息つくことも可能。

松島旅行の際、一度は足を運んでほしいスポットです。

【開館時間】9:30~17:00 (企画展最終日 9:30~13:30)(月末最終日 9:30~15:30)【休館日】不定期 営業カレンダー
【住所】宮城県宮城郡松島町高城浜1-4
【アクセス】三陸自動車道 松島北ICより車で約7分 松島海岸ICより車で約8分 JR高城町駅より徒歩約10分 JR松島駅より徒歩約15分
【公式サイト】https://www.ichinobo.com/
【電話番号】022-353-3322

第2位 仙台万華鏡美術館(仙台市)

この投稿をInstagramで見る

igjn75さん(@igjn75)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Atsuko Deaiさん(@atsukodeai)がシェアした投稿

「見て!触って!作れる!仙台万華鏡美術館」といわれるように、展示だけでなく、実際に万華鏡に触って、その素晴らしい世界を体感することができる美術館です。秋保温泉郷入口の近くにあります。

実際に触って千差万別の万華鏡の世界を体感することができ、手作り体験では自分だけの万華鏡を作ることも可能です。女流陶芸家・辻輝子氏の作品も展示されています。

季節で展示する万華鏡が変わるので、リピーターも多い美術館。

秋保温泉に行くときは、是非立ち寄りたいスポットです。

【開館時間】9:30〜17:00(最終入館16:30)
【休館日】なし
【住所】宮城県仙台市太白区茂庭松場1-2
【アクセス】仙台南ICより車で約15分 仙台宮城ICより約20分
【公式サイト】http://www.iyashisekai.com
【電話番号】022-304-8080

第1位 宮城県美術館(仙台市)

仙台 宮城県美術館
photo by photolibrary

仙台 宮城県美術館 ランチ
photo by SEI

仙台駅から車で10分、市営地下鉄東西線 国際センター駅から徒歩7分ほどの、広瀬川にほど近い場所にある美術館です。

東北地方ゆかりの絵画や彫刻などの作品を収蔵し、佐藤忠良氏の作品を展示する別館もあります。カンディンスキーやクレーなどの作品も収蔵。

また、中庭ではコンサートやワークショップに利用されることもあります。

中庭に面した「カフェモーツァルト フィガロ」は、仙台の老舗「カフェ モーツァルト」が展開するレストラン。ビーフカレーや仙台牛のハンバーグなどが楽しめる人気店です。美術鑑賞のあと、グルメも楽しんでみませんか。

【開館時間】9:30~17:00(チケット販売は16:30まで)
【休館日】月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日)
【住所】宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
【アクセス】市営地下鉄東西線 国際センター駅 西1出口より徒歩約7分、川内駅 北1出口より徒歩約7分 バス・るーぷる仙台 国際センター駅・宮城県美術館前、または二高・宮城県美術館前で下車すぐ
【公式サイト】http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/
【電話番号】022-221-2111

宮城の多彩で個性的な美術館

いかがでしたか。

宮城県内には多彩な美術館があります。

地元ゆかりの作家のコレクションを収蔵・展示する美術館や、ガラスや万華鏡などに特化した美術館など様々。

そんな美術館めぐりを旅行の思い出の1ページに加えてみませんか。

ひと味違った思い出ができるかもしれませんよ!

宮城県民イチオシのご当地グルメ・地酒を味わおう🍙🍶

「食材王国みやぎ」と言われるように、宮城県は農産物・海産物に恵まれています。地元で収穫した新鮮な農産物・海産物を使った料理を食べることができる農家レストランも豊富。そんな宮城のご当地グルメを味わえる人気の農家レストランをご紹介しましょう。
宮城県は米どころとして有名ですが、良質な米と上質な水に恵まれていることから美味しい日本酒がたくさん作られています。全国に知られたお酒もあれば、地元でしか飲めないお酒まで、地元に住む者としておすすめの日本酒をご紹介しましょう。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

logo