夏旅おすすめ!白い砂!青いビーチ!長崎の海水浴場17選! | Stayway Media

夏旅おすすめ!白い砂!青いビーチ!長崎の海水浴場17選!

tomoco

トラベルライター

辰ノ島海水浴場①

長崎県は日本で島の数が一番多い都道府県で、壱岐、対馬、平戸、五島列島など大小様々な島がなんと971島もあります!

そのためビーチの数も多く、自然豊かでどのビーチも良質なものばかりです!

長崎の海は沖縄にも負けないくらいの透明感があり、海岸の砂は貝殻が細かく砕けているので、砂浜の色が黒くありません。

海の青さと砂の白さが自慢の長崎のビーチ17か所をランキング形式でご紹介します!

第17位 初崎海水浴場

この投稿をInstagramで見る

St. Ishidaさん(@st.ishida)がシェアした投稿

初崎海水浴場は玄海国定公園内にあり、伊万里湾に面する海水浴場です。

海水の透明度が高いことや遠浅であることから、子ども連れでも海遊びを楽しむことができるためおすすめです。

キャンプ場や初崎公園、別荘地などもすぐそばにあり、松浦地方では人気ナンバー1のビーチです!

【地図】

【住所】長崎県松浦市福島町鍋串免1074番地
【アクセス】伊万里駅から車で約1時間
【営業日】4月1日~ 9月30日
【料金】シャワー1回 :100円
【電話番号】0955-47-3111(松浦市役所 福島支所)
【公式サイト】http://matsuura-guide.com/

第16位 三宇田浜海水浴場

三宇田浜海水浴場Photo by”長崎県観光連盟

キメの細かい天然の白砂と透き通ったエメラルドグリーンの遠浅の海は日本の渚・百選の認定も受けた南国にも負けをとらないほど美しいです。

ペンション・温泉施設・キャンプ場などが隣接しており、夏を中心に島内外の観光客で賑わうスポットです。

【地図】

【住所】長崎県対馬市上対馬町三宇田
【アクセス】比田勝港から車で20分、対馬空港から車で約2時間
【電話番号】0920-86-3111(対馬市上対馬地域活性化センター)
【公式サイト】http://www.pref.nagasaki.jp/sima/island/tsushima/beach/

第15位 美津島町海水浴場

この投稿をInstagramで見る

YAYOIさん(@yayopis328)がシェアした投稿

美津島町海水浴場は、県内でも珍しく勝見海水浴場と約500mの遊歩道で結ばれた双子の海水浴場です。

対馬空港に近いため、島外からの利用客も多く、年間約1万人の利用客で賑わいます。

また、美津島町海水浴場は環境省選定の日本の水浴場88選にも選ばれており、水質が常時AA判定を維持している極めて良質な海水浴場で人気が高いです。

【地図】

【住所】長崎県対馬市美津島町鶏知
【アクセス】対馬空港から車で5分、厳原港から車で20分
【料金】無料
【電話番号】0920-54-2271 (対馬市美津島地域活性化センター)
【公式サイト】https://www.tsushima-net.org/outdoor/beach.php

第14位 脇岬海水浴場

脇岬海水浴場Photo by”長崎県観光連盟

脇岬海水浴場は、漁港として栄えた野母崎町にある東シナ海に面した海水浴場で、長崎県でも最南端に位置しています。

自生している「はまゆう」や植栽された亜熱帯植物が南国ムードを醸し出しています。

白く輝く砂浜は長さが2㎞にもわたり、干潮時には波の浸食により創られた棚瀬(ビーチロック)が現れます。

この棚瀬(ビーチロック)は県の天然記念物にも指定されています。

また、脇岬海水浴場は日本の海水浴場88選にも選ばれており、東シナ海に沈む美しい夕陽も魅力的です。

【地図】

【住所】長崎県長崎市脇岬町
【アクセス】JR長崎駅からバスで60分、脇岬海水浴場前バス停下車徒歩5分
【営業日】大波、台風時は遊泳禁止。
【料金】≪桟敷≫大人:1000円・高校生:600円・中学生:500円・小学生:400円・幼児:200円、温水シャワー:100円
【電話番号】095-893-1111(野母崎行政センター)
【公式サイト】https://www.at-nagasaki.jp/spot/413/

第13位 前浜海水浴場

前浜海水浴場Photo by”長崎県観光連盟

前浜海水浴場は、澄んだ海に遠浅の白い砂浜、涼しげな松林が白砂青松で美しい海水浴場です。

夏のシーズンになると、桟敷や売店などがオープンし、多くの客で賑わう島原で一番人気のビーチです。

前浜海水浴場の近くにはバンガロー村やイルカウオッチングが楽しめる場所などがあり、自然環境に恵まれた南島原の魅力を存分に満喫することができます!

【地図】

【住所】長崎県南島原市加津佐町前浜
【アクセス】島原市から車で50分、加津佐駅から徒歩1分。
【営業日】7月中旬~8月末まで無休、8時30分~17時
【料金】≪桟敷≫大人:500円、子供(小・中):300円、温水シャワー:300円
【電話番号】050-3381-5032
【公式サイト】https://www.city.minamishimabara.lg.jp/

第12位 辰ノ島海水浴場

辰ノ島海水浴場②Photo by”長崎県観光連盟

辰ノ島海水浴場は壱岐島の勝本港から船で約10分の無人島です。

夏期シーズン(3月~10月)が来ると渡船・遊覧船が出ますので、辰ノ島で海水浴や無人島散策を楽しむことができます。

【地図】

【住所】長崎県壱岐市勝本町東触
【アクセス】勝本港から連絡船(夏期シーズン中は定期便有)で約10分
【料金】辰の島連絡船(往復):大人700円、小人400円
【電話番号】0920-42-2020 (勝本町漁協)
【公式サイト】https://www.kankai.net/jf-k/page/tosen.htm

第11位 蛤浜海水浴場

蛤浜海水浴場Photo by”長崎県観光連盟

蛤浜海水浴場はどこまでも続く遠浅の白い砂浜とオーシャンブルーの海が特徴で、周りを囲む深く豊かな緑が海の碧さをさらに際立たせています。

蛤浜海水浴場にはカフェがあったり、マリンアクティビティを楽しめたりと浜辺でまったりと過ごすことができます。

また、ビーチハウスやシャワーを完備しているので便利が良く、近くに有川青少年旅行村があり、キャンプやバーベキューなどが楽しめるためたっぷり五島の海を満喫することができます!

【地図】

【住所】長崎県南松浦郡新上五島町七目郷 蛤
【アクセス】有川港より車で5分
【電話番号】0959-42-0964 (新上五島町観光物産協会)
【公式サイト】http://shinkamigoto.nagasaki-tabinet.com/guide/717/

第10位 千里ヶ浜海水浴場

千里ヶ浜海水浴場Photo by”TK_NDmx-5

”千里ヶ浜”という名称は砂浜が広大に続くことから名付けられ、道路沿いに美しい白い砂浜が続き、人々の目を楽しませてくれます。

平戸では有名な海水浴場で毎年多くの客で賑わいます。

千里ヶ浜海水浴場にはシャワーや更衣室等の施設もあり、すぐ近くに天然温泉リゾートもあるため便利な立地でカップルや子ども連れファミリーにもおすすめです!

【地図】

【住所】長崎県平戸市川内町
【アクセス】平戸大橋から車で約10分
【営業日】7月中旬頃~8月末頃
【料金】駐車場:1日600円~、温水シャワー:100円
【電話番号】0950-22-4111 (平戸市観光課)
【公式サイト】https://www.hirado-net.com/?page_id=2902

第9位 白浜海水浴場

この投稿をInstagramで見る

Ikuma Iwamuroさん(@ikumaiwamuro)がシェアした投稿

白浜海水浴場は佐世保で一番大きなビーチで、地元の人や多くの観光客で賑わいます。
岩場もあり、海の生き物を観察できたり磯遊びなどもできます。

その名の通り、広大な白い砂浜が魅力的な海水浴場で快水浴場百選にも選ばれている海水浴場です。

西海国立公園に指定されている九十九島に近く、九十九島の景観と透明度の高いオーシャンブルーの海、そして白い砂浜のコントラストが美しいです。

【地図】

【住所】長崎県佐世保市俵ヶ浦町3506
【アクセス】<車>佐世保駅から約40分<バス>JR佐世保駅から約45分
【営業日】7月第2土曜日~8月20日
【料金】大人:(中学生以上)410円、小学生:260円
【電話番号】0956-28-6099(白浜海浜センター)・0956-24-1111(佐世保市公園緑地課)
【公式サイト】https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/283/

第8位 大浜海水浴場

大浜海水浴場Photo by”長崎県観光連盟

大浜海水浴場は約300mの美しい砂浜が続く、大きな波が立ちやすいのが特徴の海水浴場です。

そのため、サーファーにも人気が高いビーチであり、壱岐のマリンスポーツの中心地です。

砂浜にはピンク色のサクラガイを始め、さまざまな種類の美しい貝殻が打ち寄せられ、貝殻採集をする人も多いです。

夏の旅の思い出に貝殻を持ち帰るのも良いですね♪

【地図】

【住所】長崎県壱岐市石田町筒城東触1622-5
【アクセス】印通寺港から車で7分。郷ノ浦港・芦辺港から車で20分。
【営業日】7月中旬頃~8月中旬頃
【電話番号】0920-47-3700(壱岐市観光連盟)
【公式サイト】http://www.ikikankou.com/wp/?p=837

第7位 伊王島海水浴場(コスタ・デル・ソル)

伊王島海水浴場Photo by”長崎県観光連盟

長崎市内から車で気軽に行けるようになった伊王島海水浴場は、伊王島の東側を約350mにわたってビーチが続く波穏やかな海水浴場です。

コスタ・デル・ソルとはスペイン語で「太陽の海岸」という意味があります。

2018年4月に伊王島に人気宿泊施設『i+Land nagasaki』がリニューアルオープンし、新しいエンターテインメントリゾートとして人気が高いホットなスポットです!

【地図】

【住所】長崎県長崎市伊王島町1丁目2129番地
【アクセス】伊王島ターミナルから島内バス(小島海水浴場行き)乗車3分、小島海水浴場下車徒歩5分。
※夏休み期間中は伊王島ターミナルから直行バス100円
【営業日】7月中旬頃~8月末頃まで
【料金】≪桟敷≫大人:410円 、高校生:200円、中学生以下:無料
【電話番号】095-898-2202
【公式サイト】https://www.islandnagasaki.jp/entertainment/costa-del-sol.html

第6位 筒城浜海水浴場

筒城浜海水浴場Photo by”長崎県観光連盟

筒城浜海水浴場は壱岐対馬国定公園区域内に位置しており、過去の水質測定でもAA判定を維持している綺麗な海水浴場です。

日本の快水浴場100選・日本の渚100選に選ばれた壱岐を代表するスポットで、白くてきめの細かい遠浅の砂浜が約600m続きます。

キャンプ場やバーベキュー広場、テニスコートなどのレジャーが楽しめる筒城浜ふれあい広場と隣接していることから、多くの利用客が訪れます。

【地図】

【住所】長崎県壱岐市石田町筒城東触1916-1
【アクセス】印通寺港から車で10分。郷ノ浦港・芦辺港から車で20分
【営業日】7月中旬頃~8月中旬頃
【電話番号】0920-47-3700 (壱岐市観光連盟)
【公式サイト】http://www.ikikankou.com/wp/?p=824

第5位 高浜海水浴場

高浜海水浴場(長崎市)Photo by”長崎県観光連盟

高浜海水浴場は長崎半島の先端にある、風光明媚な遠浅の白い砂浜が魅力の海水浴場です。

砂浜の長さは約800mでコバルトブルーの海は日本の渚100選・快水浴場百選・日本の海水浴場88選などにも選ばれています。

波も比較的落ち着いており子どもも安心して遊泳できるため、家族連れにも人気のスポットです。

さらに、高浜海水浴場からは世界文化遺産に登録された「軍艦島」を臨むこともできます。

【地図】

【住所】長崎県長崎市高浜町
【アクセス】長崎駅からバス(樺島行または岬木場行)乗車50分、高浜海水浴場前下車徒歩すぐ。
【営業日】大波、台風時は遊泳禁止。
【料金】《桟敷》大人:800円、高校生:500円、中学生:400円、小学生 300円、幼児:無料
【電話番号】095-894-2201(高浜アイランド)
【公式サイト】https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/414/

第4位 根獅子海水浴場

根獅子海水浴場Photo by”長崎県観光連盟

根獅子海水浴場は、白い砂浜と遠浅の海岸が約1kmにもおよぶ日本の快水浴場88選にも選ばれた美しい海水浴場です。

広々とした砂浜と透き通った海面が美しく、長崎の海水浴場の定番として人気が高いです。

毎年夏の季節になると根獅子海水浴場の駐車場には県外ナンバーも多く見られ、遠方からもたくさんの人々が訪れて賑わいます。

【地図】

【住所】長崎県平戸市根獅子町
【アクセス】平戸大橋から車で40分
【営業日】7月中旬~8月下旬
【料金】駐車場:1日500円、桟敷:1人300円、シャワー(冷水):100円
【電話番号】0950-22-4111 (平戸市観光課)
【公式サイト】https://www.city.hirado.nagasaki.jp/kanko/shizen/shi03.html

第3位 錦浜海水浴場

錦浜海水浴場Photo by”長崎県観光連盟

錦浜海水浴場は透明度が抜群のビーチで、沖の方は10m程の水深があり、美しい珊瑚礁や岩礁に群がる魚を見ることもできるので海水浴だけではなく、ダイビングスポットとしてもおすすめです。

砂浜も白く、とてもきめ細かい砂粒が揃っています。海の青、砂浜の白、そして松の緑の3つのコントラストは絶景で、一見の価値ありです!

【地図】

【住所】長崎県壱岐市石田町筒城東触842-16
【アクセス】印通寺港から車で約7分
【営業日】7月中旬~8月下旬
【電話番号】0920-47-3700
【公式サイト】http://www.ikikankou.com/wp/?p=844

第2位 人津久海水浴場

人津久海水浴場Photo by”tomoco”

人津久海水浴場は根獅子海水浴場と並ぶ平戸の美しい海水浴場の一つで、世界の一度は行ってみたい絶景スポット100にも選ばれています。

天気の良い日などは、オーシャンブルの海面がさらに美しく透き通り、エメラルドグリーンに輝く景色は格別です!

海中で小魚が泳ぐ様子が見られたりと、海の透明感と浜の美しさには感動させられます。

【地図】

【住所】長崎県平戸市大石脇町
【アクセス】平戸大橋から車で約40分
【営業日】7月中旬~8月中旬
【料金】駐車場:1日500円、ゴザ2枚:1000円、冷水シャワー:1回100円、温水シャワー:1回200円
【電話番号】0950-22-4111 (平戸市観光課)
【公式サイト】https://www.city.hirado.nagasaki.jp/kanko/shizen/shi13.html

第1位 高浜海水浴場

高浜海水浴場(五島市)Photo by”長崎県観光連盟

高浜海水浴場は、日本の渚100選・日本の水浴場88選・快水浴場百選などにも選ばれた、東シナ海に広がる美しい海水浴場です。

また、長崎県新観光百選の地でもあることから、地元の人々からも愛されています。

緑に囲まれた白銀色に光る砂浜と澄みきった海で広く知られており、日本屈指の美しさを一目見ようと多くの観光客が訪れます。

【地図】

【住所】長崎県五島市三井楽町貝津1054-1
【アクセス】福江港・福江空港より車で50分
【営業日】〈桟敷〉7月中旬頃~8月末頃
【料金】桟敷料:大人500円・小学生以下300円、シャワー:(3分)200円、ロッカー:100円
【電話番号】0959-84-3162 (五島市三井楽支所)
【公式サイト】https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/682/

長崎の美しい海を五感で楽しむ

長崎の定番観光スポット巡りも良いですが、長崎の美しい海を目で見たり肌で感じる体験は良き旅の思い出となること間違いなしです!

長崎ではマリンスポーツも盛んであるため、思う存分南国気分を体感し、長崎の旅を満喫してみてはいかがでしょうか♪

家族旅行やデートにぴったり!長崎のテーマパークを楽しもう

天気がいい日の休日の過ごし方の定番と言えば、遊園地やテーマパーク!九州には家族や恋人と楽しむことができるスポットが多くあり、素敵な思い出を作ることができます。そこで本記事では、九州のおすすめの遊園地やテーマパークを紹介します。

南国気分を味わえる!長崎の宿泊施設を紹介!

長崎は古くから日本と異国を繋ぐ玄関口として栄えた街。西洋風、中華風、和風がうまくミックスした街並みや風景は、日本にいるはずなのに知らない街にいるかのような不思議な気分にしてくれます。

Staywayについて

Staywayは、ホテルや旅館に加え、ゲストハウスや民泊・バケーションレンタルなど、様々な宿泊体験の選択肢を提供しています。

自分の好みに合った滞在先を選択することで、より充実した時間を過ごすことができます。

皆さんも、Staywayでご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を探してみませんか♪

tomoco
長崎県在住の一児の母で関東地方にも在住経験があります。 現在は子どもと遊べるスポットに行ったり、日帰り温泉に出かけたりしています。 staywayでは長崎県周辺の観光・グルメはもちろんのこと、子どもと一緒に楽しめるアクティビティなスポットやお店もご紹介していきたいです。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo