ニセコ温泉郷とその周辺のおすすめ観光スポット12選 | Stayway Media

ニセコ温泉郷とその周辺のおすすめ観光スポット12選

万代正平

トラベルクリエイター

14ニセコ観光トップ
Photo by Wikipedia
ニセコ周辺の観光地を案内します。

国際的なスキー場があるニセコですが、スキーの他にも登山など観光で楽しむことができます。

そんなニセコとその周辺の観光スポットを12か所厳選しました。

わかりやすいランキング形式で紹介します。

第12位 ニセコ大橋

12ニセコ大橋
Photo by Wikipedia

ニセコ大橋は、函館本線と尻別川をまたいでいる橋で、1994年に完成しました。

この橋の完成で、分断していたニセコの南北がつながりました。

橋の色は黄色ですが、これはニセコの調和を意識して決定したものです。

そのため橋自体が景観を阻害せず、フォトジェニックポイントと下最適。

また日本のシーニックバイウェイ「支笏洞爺ニセコルート」にも含まれています。


【正式名称】ニセコ大橋
【住所】北海道虻田郡ニセコ町
【アクセス】ニセコ駅から徒歩11分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】無し

第11位 道の駅 ニセコビュープラザ

11ニセコビュープラザ
Photo by Wikipedia

道の駅ニセコビュープラザは、ニセコにある道の駅で、函館と札幌を結ぶ国道5号線沿いにあります。

道の駅ランキングの上位にも位置づけられており、2015年には重点・道の駅に選定されました。

ニセコ観光の拠点として機能していますから、観光する前にぜひ立ち寄りましょう。

敷地内には産地直売所やファーストフードショップがあります。

また、ニセコビュープラザから見える羊蹄山も絶景です。


【正式名称】ニセコビュープラザ
【住所】 北海道虻田郡ニセコ町字元町77-10
【アクセス】ニセコ駅から車で5分
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】無休
【電話番号】0136-43-2051
【公式サイト】http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/949/

第10位 ニセコバルーン

この投稿をInstagramで見る

kummy(@kumm_y)がシェアした投稿

ニセコでは熱気球を楽しめる場所があります。

OAC Niseko Balloon ニセコバルーンでは、6月から9月にかけて熱気球係留体験ができます。

地上30メートル地点まで上昇し、広々とした空間からニセコ連峰などのパノラマを見渡せるでしょう。

そして、熱気球が膨らむ仕組みや上がる瞬間などもスリルがあります。

ちなみに早朝と夕方の二回行われます。


【正式名称】OAC Niseko Balloon ニセコバルーン
【住所】北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ
【アクセス】ニセコ駅から車で9分
【営業時間】要確認
【定休日】要確認
【電話番号】0136-55-8128
【公式サイト】http://www.oac-japan.com/

第9位 ニセコ高橋牧場

この投稿をInstagramで見る

hatsuki2039(@hatsuki2039)がシェアした投稿

ニセコ高橋牧場は、ニセコにある観光牧場です。

ミルク工房では、取れたてのミルクで作ったアイスクリームやケーキが購入できます。

添加物を極力抑えた、こだわりのお菓子をぜひ味わいましょう。

また、カフェではオリジナルのコーヒーと、ミルク工房のお菓子が食べられます。

このほかヨーグルト工房や雑貨店、新鮮野菜が食べれるるレストランなど、楽しめる場所が目白押しです。


【正式名称】ニセコ高橋牧場
【住所】北海道虻田郡ニセコ町字曽我888-1
【アクセス】ニセコ駅から車で7分
【営業時間】9:30~17:30
【定休日】無休
【電話番号】0136-44-3734
【公式サイト】https://niseko-takahashi.jp/

第8位 有島記念館

この投稿をInstagramで見る

Yoshishi-Nakamu-(@yoshishinakamura)がシェアした投稿

有島記念館(ありしまきねんかん)は、大正時代に活躍した作家有島武郎の作品をはじめ、その人となりや所有していた農場の足跡を紹介しているミュージアムです。

武郎の父の代からニセコとのかかわりが深く、山本農場の所有者でもありました。

そして武郎は死の前年には小作人の共有場所として無償開放します。

そんな功績により、結成された有馬謝恩会により1978年に記念館が完成しました。

通常の展示のほか、定期的に企画展が催されます。


【正式名称】有島記念館
【住所】北海道虻田郡ニセコ町字有島57
【アクセス】ニセコ駅から車で7分
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】月曜日
【電話番号】0136-44-3245
【公式サイト】https://www.town.niseko.lg.jp/arishima_museum/

第7位 蘭越町貝の館

07蘭越町貝の館
Photo by Wikipedia

蘭越町貝の館は、世界に生息する貝類などを展示している貝専門のミュージアム。

1991年に完成しました。

蘭越町が海に面した自治体ということで、このミュージアム建設のきっかけとなりました。

ここには、北海道のアンモナイトの化石も展示しています。

貝に興味のある人はもちろん、そうでない人も近くに来たときには、ぜひ観ておきたい必見のスポットです。


【正式名称】蘭越町貝の館
【住所】北海道磯谷郡 蘭越町港町1401
【アクセス】蘭越駅から車で20分
【営業時間】9:00~16:30
【定休日】月曜日
【電話番号】0136-56-2102
【公式サイト】http://www.town.rankoshi.hokkaido.jp/kainoyakata/

第6位 第2有島ダチョウ牧場

この投稿をInstagramで見る

きむまど(@kimmado)がシェアした投稿

第2有島ダチョウ牧場は、ニセコにある牧場で夏から冬にかけてダチョウのが放牧されている姿が見られます。

普段見る機会の少ない生きたダチョウを無料で見られます。

さらに、ダチョウの餌やりもできますから、思いっきりダチョウと戯れましょう。

羊蹄山が見える広大な敷地を闊歩する、ダチョウたちの姿は壮観です。

またダチョウの他にも、牛の飼育をおこなっています。
【正式名称】第2有島ダチョウ牧場
【住所】北海道虻田郡ニセコ町豊里239
【アクセス】ニセコ駅から車で10分
【営業時間】8:00~18:00
【定休日】5月初旬~11月初旬のみ営業
【電話番号】090-8273-8324
【公式サイト】http://ostrichfarm.mystrikingly.com/

第5位 ふきだし公園

05ふきだし公園
Photo by Wikipedia

ふきだし公園はニセコから見て羊蹄山の反対側、京極町にある名水の里です。

名水100選にも選ばれており、羊蹄山と自然の恵みといえる湧水が出ています。

1日8万トンといわれている、豊富な名水が湧き出る様子をしっかりと眺めましょう。

ちなみに湧水池は、開拓当初から重要な場所として大切にされました。

また道の駅もあり、名水を使ったドリンクなどが味わえます。


【正式名称】ふきだし公園
【住所】北海道虻田郡京極町字川西45
【アクセス】倶知安駅から車で17分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】0136-42-2111
【公式サイト】http://www.town-kyogoku.jp/kanko-event/fukidashi-park/

第4位 ニセコビレッジ

04ニセコビレッジ
Photo by Wikipedia

ニセコビレッジは、スキー場としてはハイレベルなスキー場のあるリゾートです。

パウダーの聖地ともいわれ、海外にもその名が知られています。

冬はスキー場としてスキー客が多く訪れますが、夏も侮れません。

夏はグリーンシーズンとして、トレッキングやジップラインなどが楽しめます。

またゴルフコースもふたつあり、羊蹄山の絶景を見ながらプレイが満喫できます。


【正式名称】ニセコビレッジ
【住所】北海道虻田郡ニセコ町
【アクセス】ニセコ駅から車で8分
【営業時間】8:30~21:00
【定休日】無休
【電話番号】0136-44-2211
【公式サイト】https://www.niseko-village.com/ja/index.html

第3位 神仙沼

03神仙沼
Photo by Wikipedia

神仙沼(しんせんぬま)は、チセヌプリの溶岩台地にある湿原地帯で最大の沼です。

湿原や沼の周囲には木道が整備されており、総延長が1388メートルでバリアフリーとなっています。

「神・仙人の住みたまうところ」から名前が付いた、神秘的な風景を堪能しましょう。

標高750メートル地点にありますが、近くにレストハウスがありますからアクセスは容易です。


【正式名称】神仙沼
【住所】北海道岩内郡共和町前田
【アクセス】ニセコ駅からレストハウスまで車で27分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】無し

第2位 ニセコアンヌプリ

02ニセコアンヌプリ
Photo by Wikipedia

ニセコアンヌプリは活火山で、標高1308メートルあります。

ニセコ連峰の火山群に属しており主峰。

スキー場としては大変名高く、世界4大スキー場に列せられるほどです。

周辺はスキーリゾート地として複数のスキー場があり、その周辺にはニセコ温泉郷がありますから、冬は大変賑わいます。

夏は登山も可能。

スキーシーズン以外にも、夏の新緑や秋の紅葉も見ごたえ十分です。


【正式名称】ニセコアンヌプリ
【住所】北海道虻田郡倶知安町字岩尾別
【アクセス】ニセコゴンドラ山頂駅から徒歩
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】無し

第1位 羊蹄山

01羊蹄山
Photo by Wikipedia

羊蹄山(ようていざん)は、1898メートルの標高を持つ成層火山。

独立して存在しており、その見た目からエゾ富士との異名を持ちます。

夏には登山も可能で4つのコースから登れますが、片道4時間以上を覚悟してください。

お勧めは倶知安(くっちゃん)コースで、登山口には火山活動で作られた火口湖の半月湖からスタートします。

またニセコなど遠くから見える山容も見ごたえ十分です。


【正式名称】羊蹄山
【住所】北海道虻田郡倶知安町字川西
【アクセス】数か所の登山コースあり
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】無し

ニセコの観光は冬以外も楽しい

00ニセコ観光ラスト
Photo by Wikipedia

ニセコの周辺には雄大な山を中心に温泉地が点在し、そして面白い見どころもいくつかあります。

ついついスキーのメッカの印象がありますが、あえて夏に登山するのも楽しいところ。

夏など冬以外のときにニセコに来て、いろいろな観光スポットで遊びましょう。

北海道へ遊びに行きませんか♪

北海道トマムにある天空の絶景スポット「雲海テラス」。雲海が発生する確率は40%ほどしかなく、見えたらとても幸運です。同じ表情を二度と見せることがない雲海との出逢いは、まさに一期一会。今回はそんなトマムの雲海テラスの魅力を徹底的に解説します!
洞爺湖温泉の日帰り入浴施設を紹介します。日帰り施設は無く、足湯や手湯が無料で楽しめる場所が無数にあり、多くの宿泊施設では日帰り入浴を受け付けています。そんな日帰り入力のおすすめを11か所厳選しました。わかりやすいランキング形式で紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo