ニセコ温泉郷とその周辺の人気日帰り温泉11選! | Stayway Media

ニセコ温泉郷とその周辺の人気日帰り温泉11選!

万代正平

トラベルクリエイター


Photo by Wikipedia
ニセコにはスキー場で有名なニセコアンヌブリの周辺に温泉地が点在します。

数多くのホテル・旅館では、日帰り入浴を受け付けています。

そんなニセコのおすすめ日帰り温泉を11か所厳選しました。

わかりやすいランキング形式で紹介します。

第11位 大湯沼(おおゆぬま)足湯

11大湯沼足湯
Photo by Wikipedia

ニセコ大湯沼(おゆぬま)の足湯は、ニセコ湯本温泉に。

標高560メートル地点にある熱のある沼「大湯沼」にあり、周囲200メートルの大きさがあります。

毎分1000リットルもの熱湯が、湖底から湧き出ています。

人工的な足湯とは違う、野湯としての足湯を味わってください。

ニセコ湯本温泉の源泉でもある、この沼の湯は泥が混じっています。

無料で利用できますが、冬場は閉鎖されますので注意してください。


【正式名称】ニセコ大湯沼
【住所】北海道磯谷郡蘭越町字湯里680-2
【アクセス】ニセコ駅から車で17分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】無し

第10位 小湯沼の湯

この投稿をInstagramで見る

Kousuke Sasaki(@kousuke113)がシェアした投稿

小湯沼の湯は、管理されていない野湯です。

泉質は硫黄泉で、泥混じりの沼があり、白く濁っています。

入ることはできますが、ところどころに高熱の温泉が湧き出ていたり、非常に深い場所もあるので、地元では勧められていません。

どうしても入りたいときは、慎重にそして自己責任で入りましょう。

また沼と併設して人工的に作られた湯だまりがあるので、そこに入った方が安全です。


【正式名称】小湯沼の湯
【住所】北海道虻田郡ニセコ町
【アクセス】ニセコ駅から車で19分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】無し

第9位 ホテル甘露の森

この投稿をInstagramで見る

Lee Seon Young / Atelier ViViD(@life_style_byvivid)がシェアした投稿

ホテル甘露の森は、日帰り入浴可能な施設です。

森の天空露天風呂となっており、目の前の大自然と、それを見おろしながらくつろぐひと時は格別です。

ニセコ昆布温泉に位置しており、入浴料は大人900円、小人300円。

泉質が、含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩温泉のお湯を堪能しましょう。

ボディーソープやシャンプーなどの、アメニティは完備しております。

レンタルタオルセットもあるので、手ぶらでも安心です。


【正式名称】ホテル甘露の森
【住所】北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ415 虻田郡
【アクセス】ニセコ駅から車で11分
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】無休
【電話番号】0136-58-3800
【公式サイト】http://kanronomori.com/

第8位 ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ

この投稿をInstagramで見る

おーちゃん温泉大好物(@ookichan107)がシェアした投稿

ワン・ニセコ・リゾート・タワーズは、ニセコで日帰り入浴ができる施設です。

タオルがついていて大人950円で小学生550円で入れます。

泉質が、ナトリウム炭酸水素塩泉・塩化物泉のお湯にしっかり浸かりましょう。

建築家・隈研吾(くま けんご)氏がデザインしたという脱衣所も必見で、モダンでありながら伝統が息づきます。

おしゃれな施設で大いにリラックスしてください。


【正式名称】ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ
【住所】北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ455-3
【アクセス】ニセコ駅から車で10分
【営業時間】13:00~21:00
【定休日】無休
【電話番号】0136-50-2111
【公式サイト】http://oneniseko.com/

第7位 ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭

この投稿をInstagramで見る

小林明日美(@asumi.kobayashi)がシェアした投稿

ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭は、ニセコで日帰り入浴ができる施設です。

大人1000円、中学生900円、そして小学生500円で入れます。

源泉かけ流しの露天風呂有しており、贅沢な温泉三昧が保証されるでしょう。

また非常に広い露天風呂なので、リラックスのひと時が堪能できます。

さらにスタンプを4個集めれば、1回分の入浴が無料になりますから、ぜひ頻繁に通いたいところです。


【正式名称】ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭
【住所】北海道虻田郡ニセコ町ニセコ438
【アクセス】ニセコ駅から車で8分
【営業時間】6:00~24:00
【定休日】不定休
【電話番号】0136-58-2500
【公式サイト】https://www.niseko-annupurionsen.com/

第6位 ニセコグランドホテル

この投稿をInstagramで見る

植竹 深雪 Miyuki Uetake(@onsen.journalist_miyukiuetake)がシェアした投稿

ニセコグランドホテルは、ニセコで日帰り入浴ができる施設です。

大人900円 小人450円で入れます。

ここはメタケイ酸が含まれている温泉で、天然の保湿成分。

アンチエイジングの効果があるお湯なので、特に女性にはおすすめです。

また、庭園風の露天風呂で混浴となっており、家族やグループで入れます。

さらに、女性専用露天風呂もありますから、混浴が苦手な人も安心してください。


【正式名称】ニセコグランドホテル
【住所】北海道虻田郡ニセコ町ニセコ412
【アクセス】ニセコ駅から車で9分
【営業時間】11:30~22:00
【定休日】不定休
【電話番号】0136-58-2121
【公式サイト】https://niseko-grand.com/

第5位 湯元ニセコプリンスホテルひらふ亭

この投稿をInstagramで見る

Ben(@crong65)がシェアした投稿

湯元ニセコプリンスホテルひらふ亭は、ニセコ温泉郷で日帰り入浴ができる施設です。

大人1000円、4歳から小学生の子供は600円で入浴可能です。

女性は羊蹄山、男性はニセコアンスプリが眺められる浴槽で大いにリラックスしましょう。

源泉温度は63度ありますが、加水はせず地下の貯水層で適切な温度に冷ましてから供給します。

天然の炭酸ガスが豊富に含まれている温泉を、じっくり堪能してください。


【正式名称】湯元ニセコプリンスホテルひらふ亭
【住所】北海道虻田郡倶知安町山田204
【アクセス】比羅夫駅から車で8分
【営業時間】13:30~23:00
【定休日】無休
【電話番号】0136-23-2239
【公式サイト】http://hirafutei.info/

第4位 ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄

この投稿をInstagramで見る

Relux公式|ホテル・旅館の宿泊予約(@relux_jp)がシェアした投稿

ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄は、ニセコ昆布温泉です。

こちらでは、いわゆる日帰りプランがあります。

夕食とセットになったもので、和食膳、特選和食膳、季節の膳から選びましょう。

またこのプランには、日本文化体験というのがあります。

これは、色浴衣を着用して抹茶を頂くというもの。

いずれも毎日開催していますので、知り合いに外国の方がいたらぜひ紹介したいところです。


【正式名称】ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄
【住所】北海道虻田郡ニセコ町ニセコ393
【アクセス】ニセコ駅から車で10分
【営業時間】18:00~22:00
【定休日】無休
【電話番号】0136-59-2323
【公式サイト】https://www.mokunosho.com/

第3位 ニセコ湯本温泉 紅葉音

この投稿をInstagramで見る

a k(@kawachan_a380)がシェアした投稿

ニセコ湯本温泉 紅葉音は、ニセコ大湯沼の近くにあります。

日帰りは大人800円、小人300円で利用できます。

源泉かけ流しの贅沢な硫黄泉を、ぜひ堪能してください。

にごり湯の露天風呂と木の香りに、温かみを感じる内湯があります。

美肌効果にも絶対的な自信がある温泉の湯で、じっくり楽しみたいところです。

また、天然湯花で泥パックを楽しみましょう。


【正式名称】月美の宿 紅葉音
【住所】北海道磯谷郡蘭越町湯本温泉680
【アクセス】ニセコ駅から車で8分
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】無休
【電話番号】0136-59-2881
【公式サイト】http://www.akahane-onsen.com/

第2位 五色温泉旅館

この投稿をInstagramで見る

はせぴょん(@yumeguri.hasepyon)がシェアした投稿

ニセコ五色温泉は、ニセコ温泉郷のひとつです。

日帰りは大人700円、 小人500円で利用できます。

スキーや登山の疲れを癒しましょう。

泉質は、酸性含硫黄で、マグネシウム・ナトリウム・カルシウム、硝酸塩・塩化物温泉となっております。

また湯の素晴らしさに加えて、ニセコアンププリやイワオヌプリが目の前に見渡せますから、精神的なリラクゼーションもでき、最高の気分が味わえます。


【正式名称】五色温泉旅館
【住所】北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ510
【アクセス】ニセコ駅から車で22分
【営業時間】10:00~20:00
【定休日】無休
【電話番号】0136-58-2707
【公式サイト】http://goshiki-onsen.com/

第1位 ニセコ駅前温泉 綺羅乃湯

01ニセコ駅前温泉 綺羅乃湯
Photo by Wikipedia

ニセコ駅前温泉 綺羅乃湯は、ニセコ駅の駅前にある日帰り専門温泉施設。

大人500円。小学生250円と銭湯並みの価格で入浴できます。

日替わりで洋風の御影石露天風呂と、和風の岩の露天風呂に入れます。

サウナも完備しており、発汗作用が期待できるでしょう。

また、12枚つづりの回数券や1か月の定期券などもあり、リピータにもうれしい要素が満載です。


【正式名称】ニセコ駅前温泉 綺羅乃湯
【住所】 北海道虻田郡ニセコ町字中央通33番地
【アクセス】ニセコ駅から徒歩1分
【営業時間】10:00~21:30
【定休日】第2・第4水曜日
【電話番号】 0136-44-1100
【公式サイト】http://www16.plala.or.jp/kiranoyu/

ニセコの日帰り温泉で山々を見ながらゆったりと

00ニセコ温泉ラスト
Photo by Wikipedia

ニセコの温泉は、スキーリゾートに対応したところが多いです。

たとえスキーをしなくても、日帰りでサクッと立ち寄れる施設も多いです。

羊蹄山とニセコアンヌブリの山々を見ながら、ゆったりとお湯に浸かりましょう。

北海道の温泉を楽しむ!

洞爺湖温泉の日帰り入浴施設を紹介します。日帰り施設は無く、足湯や手湯が無料で楽しめる場所が無数にあり、多くの宿泊施設では日帰り入浴を受け付けています。そんな日帰り入力のおすすめを11か所厳選しました。わかりやすいランキング形式で紹介します。
定山渓温泉(じょうざんけいおんせん)は、札幌市南区にある温泉地。札幌に近い場所ですが、この温泉地の周辺にも未泥湖があります。そんな定山渓温泉のおすすめを12か所厳選しました。わかりやすいランキング形式で紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo