【石川】能登半島のおすすめ観光スポット24選! | Stayway Media

【石川】能登半島のおすすめ観光スポット24選!

万代正平

トラベルライター

000能登半島トップPhoto by Wikipedia

能登半島は、北陸地方に飛び出た半島です。

独自の文化を持つ能登半島は、自然の景観を中心に見どころが多いです。

輪島など歴史的な見どころも豊富でしょう。

そんな能登半島を24か所厳選しました。

テーマ別に、ランキング形式で紹介します。

<この記事は次の4テーマで構成されています>
①能登半島周辺の自然の観光スポット12選
②能登半島周辺のその他の観光スポット12選

能登半島の魅力

001能登とはPhoto by Wikipedia

能登半島は石川県にある日本海に面した半島です。

日本海の中でも突出した半島で、能登の国がありました。

大半は石川県で、海岸線沿いに景勝地になりうる海岸が多くあります。

古代からなまこなどの漁業や水産業が活発な場所で、日本海交易の中継点だったので、独自文化が発展しました。

そんな伝統的な能登半島は観光の見どころが目白押しです。

能登半島の歴史とアクセス

この投稿をInstagramで見る

Asahi Runway 朝日跑道さん(@asahi_runway)がシェアした投稿

古代の能登半島は、西側に渡来系の弥生の人たちが多く住んでいました。

東側は縄文系の文化圏となっていて、両者のすみわけの様な状態です。

古くから交易の中心で、江戸時代までは北前船の中継点として栄えました。

そんな能登半島のアクセスの起点は金沢で、ここから七尾線や能登鉄道で、能登の町を眺められます。

輪島まであった鉄道は廃線となり、バスの移動に限られます。

車の場合は金沢から西側、高岡からは氷見を越えて東側から、能登半島に行けます。

①能登半島周辺の自然の観光スポット12選

第12位 内灘海水浴場

この投稿をInstagramで見る

おでんさん(@0401oden)がシェアした投稿

内灘海水浴場は、能登半島のおすすめ自然スポットです。

能登半島の西の付根、金沢の近くにある海水浴場です。

9kmもの長いビーチは、県外からも多くの人が海水浴に来るでしょう。

8月の中旬からクラゲが発生するので、その前に行った方が良いかもしれません。

海水浴の他、マリンスポーツとしても大変人気のあるスポットです。


【正式名称】内灘海水浴場
【住所】石川県河北郡内灘町千鳥台5丁目
【アクセス】内灘駅から車で4分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第11位 吹き上げの滝

この投稿をInstagramで見る

AKAHARAイモリさん(@taki47iakag47)がシェアした投稿

吹き上げの滝は、能登半島のおすすめ自然スポットです。

この一筋の滝は、海の近くにあるため、冬場は海から来る強風にあおられて滝の水が吹き上がります。

牛下川が直接海に注ぎこみますので、滝壺はありません。

落差40mある滝に近くには能登金剛と呼ばれる場所もあり、セットでフォトジェニックポイントとしても価値が高そうです。


【正式名称】吹き上げの滝
【住所】石川県羽咋郡志賀町富来牛下
【アクセス】能登中島駅から車で20分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第10位 巌門(がんもん)

この投稿をInstagramで見る

tomokoさん(@tomo.y523)がシェアした投稿

巌門(がんもん)は、能登半島のおすすめ自然スポットです。

能登金剛えりあにある景勝地で、海の浸食により、洞門があります。

高さ15m、幅6m、奥行き60mもあり迫力は想像以上でしょう。

また、遊覧船も就航していますから、海からこの絶景を眺められます。

他の景勝地と共に、思う存分能登の景観を味わってください。


【正式名称】巌門
【住所】石川県羽咋郡志賀町富来牛下
【アクセス】能登中島駅から車で23分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第9位 潮騒の道

この投稿をInstagramで見る

mumon3337さん(@mumon3337)がシェアした投稿

潮騒の道は、能登半島のおすすめ自然スポットです。

能登半島の特徴的な形を作っている穴水湾を、より楽しめるように遊歩道を作りました。

2kmにわたって海沿いに作られ、2012年にはボラ待ち矢倉も設置しました。

足場が悪くないので、余計な事を気にせずに潮風に触れながら散策できます。

ウォーキングのほか、ジョギングやサイクリングにもバッチシです。


【正式名称】潮騒の道
【住所】石川県鳳珠郡穴水町川島
【アクセス】穴水駅から車で6分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第8位 垂水の滝

この投稿をInstagramで見る

OMDem10mk2_a7IIIさん(@omdem10mk2_a7ii)がシェアした投稿

垂水の滝は、能登半島のおすすめ自然スポットです。

この滝も「吹上の滝」という異名を持ち、真冬になれば強風で滝が吹き上がります。

滝口から吹きあがることもあり、あたかも白い竜が天に登っているようでしょう。

その時は波の花も舞っており、冬の日本海の厳しさが伝わります。

またこの滝は、2段に分かれていてそのまま海に落下しています。


【正式名称】垂水の滝
【住所】石川県輪島市町野町南時国 曽々木
【アクセス】輪島駅前バス停から車で27分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第7位 見附島

107見附島
Photo by Wikipedia

見附島(みつけじま)は、能登半島のおすすめ自然スポットです。

見た目が軍艦の先頭のように見えることから「軍艦島」との異名を持ちます。

周囲が400mの岩ですが、28mの断崖になっている姿が威圧的でしょう。

空海が佐渡から能登に渡った際に、最初に見つけたところから名前が付きました。

島に向かう方向に踏み石があるので、すぐ目の前で見られます。


【正式名称】見附島
【住所】石川県珠洲市宝立町鵜飼
【アクセス】穴水駅から車で45分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第6位 男女滝

この投稿をInstagramで見る

76さん(@mayupizza)がシェアした投稿

男女滝(なめたき)は、能登半島のおすすめ自然スポットです。

ふたつの滝が重なり合うように構成されており、緩やかな本流の流れを女滝、急傾斜で落ちる支流を男滝と名付けました。

あたかも夫婦が、より沿って流れているように見えるでしょう。

展望所からは、滝の撮影スポットなどの指示もありますので、トライブの途中などで立ち寄るのも楽しいです。


【正式名称】男女滝
【住所】石川県輪島市 西二又町
【アクセス】穴水駅から車で32分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第5位 禄剛崎

105禄剛崎
Photo by Wikipedia

禄剛崎(ろっこうさき)は、能登半島のおすすめ自然スポットです。

能登半島の最先端に位置しており、この海域は、海難事故が多い場所でもありました。

その為、明治16年に禄剛崎灯台を設置しました。

日本の灯台50選に含まれているこの灯台は、一見低く見えますが、33kmの光達距離を誇ります。

灯台の下は50mほどの断崖絶壁となっており、そこからの眺めも素晴らしいです。


【正式名称】禄剛崎
【住所】石川県珠洲市
【アクセス】穴水駅から車で1時間10分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第4位 恋路海岸

104恋路海岸
Photo by Wikipedia

恋路海岸(こいじかいがん)は、能登半島にある自然スポットです。

沖合に弁天島が浮かんでいる、この場所には悲恋伝説があり、海の日の前日に恋路の日祭りが行われます。

そんないきさつからカップルの訪問が絶えず、モニュメントの鐘を鳴らすと恋が成就することから人気が高まりました。

見附島からも近く、3.5kmの海岸線を「えんむすびーち」と呼びます。


【正式名称】恋路海岸
【住所】石川県鳳珠郡能登町恋路8
【アクセス】穴水駅から車で45分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第3位 ゴジラ岩

103ゴジラ岩
Photo by Wikipedia

ゴジラ岩は、能登半島のおすすめ自然スポットです。

海食でできた岩の形が、怪獣映画の「ゴジラ」に似ていることからこの名前が付きました、。

角度次第で、確かに怪獣が海から向かってきたように見えるでしょう。

西の空に向かっているので、夕日とのコラボレーションも素晴らしいです。

ちなみに同様のゴジラ岩は、男鹿半島や知床半島にもあります。


【正式名称】ゴジラ岩
【住所】石川県珠洲市馬緤町
【アクセス】穴水駅から車で1時間
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第2位 白米の千枚田

102白米の千枚田
Photo by Wikipedia

白米の千枚田は、能登半島のおすすめ自然スポットです。

輪島市にある棚田で、1004枚の小さな棚田があるということで有名になりました。

最も小さな田んぼの面積は0.2㎡ほどです。

田んぼの景観の保存活動を目的としたオーナー制度を導入し、年2万円程度で田んぼ1枚入手可能です。

米作りの意欲や、地元の交流を深めるなどの条件があるので、興味ある人は問い合わせてみましょう。


【正式名称】白米の千枚田
【住所】石川県輪島市白米町99-5
【アクセス】輪島駅前バス停から車で27分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第1位 千里浜なぎさドライブウェイ

101千里浜なぎさドライブウェイ
Photo by Wikipedia

千里浜なぎさドライブウェイは、能登半島のおすすめ自然スポットです。

ここは日本で唯一、海岸に車を走らせることができます。

マイカーやバイクを持っていれば、ぜひ走ってみましょう。

海水浴シーズンになると、走れる範囲などの制限が課せられ、荒天時は通行不可です。

自転車のレンタルも行っているので、旅の思い出に海岸を走っても良いでしょう。


【正式名称】千里浜なぎさドライブウェイ
【住所】石川県羽咋市新保町下
【アクセス】羽咋駅から車で12分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

②能登半島周辺のその他の観光スポット12選

第12位 能登長寿大仏

この投稿をInstagramで見る

能登ふるさと博さん(@notohaku)がシェアした投稿

能登長寿大仏は、能登半島のおすすめスポットです。

穴水町にある大仏は、2003年に海岸の高台「真和園」に安置しました。

周囲の公園は、三重の塔や11の仏像があるので、熱心に参拝する人の姿も見られるでしょう。

大仏の高さは8.4mほどで、毎日静かに鎮座しています。

穴水駅にも近いので、時間があれば立ち寄りましょう。


【正式名称】能登長寿大仏
【住所】石川県鳳珠郡穴水町 乙ケ崎申66
【アクセス】穴水駅から車で7分
【営業時間】記載なし
【定休日】記載なし
【電話番号】0768-52-3790
【HP】なし

第11位 長手崎灯台

この投稿をInstagramで見る

HIROSHI ASOさん(@hiro_as)がシェアした投稿

長手崎灯台は、能登半島のおすすめスポットです。

能登半島の先端にあるもう一つの灯台で、こちらは海面近くの場所に立っています。

禄剛崎よりも先端に位置するため、パワースポットとして訪れる人も増えてきました。

両者の灯台はあまりに違う雰囲気なので、ここまで来たら両方回って違いを見比べましょう。


【正式名称】長手崎灯台
【住所】石川県珠洲市三崎町小泊17-15-1
【アクセス】穴水駅から車で1時間
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第10位 倶利迦羅不動寺

210倶利迦羅不動寺
Photo by Wikipedia

倶利迦羅(くりから)不動寺は、能登半島のおすすめスポットです。

能登半島の付け根部分は倶利伽羅峠になっていて、金沢と富山・高岡を分断していますが、その峠にある仏教寺院で、県境付近にあります。

サンスクリット語の「kulihah」由来の、パワースポットに参拝しましょう。

ちなみに倶利伽羅とは「福徳円満の黒い龍」を意味します。


【正式名称】倶利迦羅不動寺
【住所】石川県河北郡津幡町倶利伽羅リ2
【アクセス】倶利迦羅駅から7分
【営業時間】9:00-16:00
【定休日】無休
【電話番号】076-288-1451
【HP】http://www.kurikara.or.jp/

第9位 須須神社

209須須神社
Photo by Wikipedia

須須神社(すずじんじゃ)は、能登半島のおすすめスポットです。

珠洲市にある古くからある神社で、祭神は6柱です。

社伝では十代天皇崇神の時代とされ、奈良時代に現在の場所に移転しました。

宝物殿には木造の男神像など、重要文化財をいくつか所蔵しています。

鳥居のすぐ目の前に海が見えるので、絶景ポイントとしても値打ちがあります。


【正式名称】須須神社
【住所】石川県珠洲市三崎町寺家4
【アクセス】穴水駅から車で1時間5分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第8位 世界一長いベンチ

208世界一長いベンチ
Photo by Wikipedia

世界一長いベンチは、能登半島のおすすめスポットです。

能登半島の西側にあり、増穂浦海岸にに面して460.9mありあります。

平成元年に世界一長いベンチとしてギネスブックに登録されました。

元々は地元住民が日本海に沈む夕日をみんなで見てほしいという思いから、ボランティアの手で作られました。

そんな増穂浦の夕日は、その名の通り絶景そのものです。

ベンチに押しかけながらじっくりと眺めましょう。


【正式名称】世界一長いベンチ
【住所】石川県羽咋郡志賀町富来領家町
【アクセス】能登中島駅から車で24分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第7位 輪島キリコ会館

この投稿をInstagramで見る

k.k.さん(@kkok399)がシェアした投稿

輪島キリコ会館は、能登半島のおすすめスポットです。

能登半島の北にある観光都市「輪島」にあるミュージアムで、2015年にリニューアルオープンしました。

御神燈(キリコ)を担ぎ出して、神輿を先導するための能登の祭りで使います。

キリコの大きさは最大で4階建てビルに相当するほどの高さです。

展示物を眺めているだけで、祭り当日の尋常感が伝わってくるでしょう。


【正式名称】輪島キリコ会館
【住所】石川県輪島市マリンタウン6-1
【アクセス】輪島駅前バス停から車で5分
【営業時間】8:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0768-22-7100
【HP】http://wajima-kiriko.com/

第6位 のとじま水族館

206のとじま水族館
Photo by Wikipedia

のとじま水族館は、能登半島のおすすめスポットです。

石川県に唯一ある水族館は、500種類、合計40,000匹相当の、能登半島近海に生息する海の生き物達を飼育しました。

水槽には、大きなジンベイザメやエイの仲間、能登の海に生息するイシダイ、キュウセンなどいろんな魚たちに会えるでしょう。

屋外ではイルカショーも行っているので、1日かけて存分に見学して下さい。


【正式名称】のとじま水族館
【住所】石川県七尾市能登島曲町15部40
【アクセス】和倉温泉駅から車で21分
【営業時間】9:00-16:30
【定休日】無休
【電話番号】0767-84-1271
【HP】なし

第5位 ルミュゼ ドゥ アッシュ 辻口博啓美術館

この投稿をInstagramで見る

hiroさん(@rsgg03)がシェアした投稿

辻口博啓美術館は、能登半島のおすすめスポットです。

石川県七尾市出身のパテシエ「辻口氏」の斬新な発想により、菓子食材で様々な作品を作り上げました。

食べられる芸術作品の前に、目を見張る思いでしょう。

辻口氏が子供の時に見たという七尾の星空をイメージしたという、LEDを使った壁画「銀河」もしっかり見る価値が高いです。


【正式名称】ル ミュゼ ドゥ アッシュ 辻口博啓美術館
【住所】石川県七尾市和倉町65-1
【アクセス】和倉温泉駅から車で6分
【営業時間】9:00-19:00
【定休日】無休
【電話番号】0767-62-4002
【HP】https://le-musee-de-h.jp/

第4位 輪島塗会館

この投稿をInstagramで見る

あずきるんさん(@tyuns_photo)がシェアした投稿

輪島塗会館は、能登半島のおすすめスポットです。

2015年にリニューアルしたこのミュージアムは、郷土の伝統技術、輪島塗の展示と販売を行っています。

2階の展示コーナーは有料ですが、1階の販売コーナーは無料で利用できるでしょう。

輪島塗の伝統やその技法について、ここでしっかり学んでください。


【正式名称】輪島塗会館
【住所】石川県輪島市河井町24-55
【アクセス】輪島駅前バス停から車で5分
【営業時間】8:30-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0768-22-2155
【HP】https://wajimanuri.or.jp/

第3位 能登島大橋

203能登島大橋
Photo by Wikipedia

能登島大橋は、能登半島のおすすめスポットです。

和倉温泉から能登島に向かうためにある橋で、全長1050mある石川県一長いコンクリート橋です。

和倉温泉側には公園があり、橋の美しい景観を眺められるでしょう。

また実際にわたってみた時の、中央の最後部からの眺めも侮れません。

走りごたえは十分なので、能登にドライブに来たらぜひ利用して下さい。


【正式名称】能登島大橋
【住所】石川県七尾市能登島須曽町
【アクセス】和倉温泉駅から車で5分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第2位 和倉温泉

この投稿をInstagramで見る

能登めぐりさん(@japan.noto)がシェアした投稿

和倉温泉は、能登半島のおすすめスポットです。

能登半島の東側、七尾湾にある温泉地で、高級旅館が並びます。

能登半島をじっくり観光するならここで宿泊しましょう。

温泉地としての歴史は1200年と古く、傷ついた白鷺が、温泉の湯で癒しているのを発見したと伝えられます。

ちなみに温泉の涌く入り江より「湧く浦」から現在の名前が付きました。


【正式名称】和倉温泉
【住所】石川県七尾市和倉町2-13-1
【アクセス】和倉温泉駅から車で5分
【営業時間】8:30-17:30
【定休日】無休
【電話番号】0767-62-1555
【HP】http://www.wakura.or.jp/

第1位 輪島朝市

201輪島の朝市
Photo by Wikipedia

輪島朝市は、能登半島のおすすめスポットです。

能登半島の北の町、輪島の風物詩として全国的に有名です。

平安時代から続くという伝統の朝市を体感しましょう、

元々は神社の祭礼日に持ち寄った生産物を、交換し合っていた時からの伝統があります。

朝市は原則毎朝行われていますので、能登に来ればぜひ体験してください。


【正式名称】輪島朝市
【住所】石川県輪島市河井町1−115
【アクセス】輪島駅前バス停から車で5分
【営業時間】8:00-12:00
【定休日】無休
【電話番号】0768-22-7653
【HP】https://asaichi.info/

能登半島の観光は連泊の価値が十分

999能登半島ラスト
Photo by Wikipedia

能登半島は、北陸地方に飛び出た半島です。

独自の文化を持つ能登半島は自然の景観を中心に見どころが多いです。

輪島など歴史的な見どころも豊富でしょう。

見どころ多い能登半島は、連泊してじっくり回りたいスポットです。

【日本一周PRの旅、第13弾-石川県】「輝く未来へ 幸せを実感できる ふるさとづくり」-おすすめ観光-

石川県と言えばどんなイメージですか?日本情緒あふれる街並みや伝統工芸品、新鮮な海の幸や温泉など、石川県には多くの人を魅了するスポットがたくさんあります。そんな石川県をリサーチする為に'いしかわ百万石物語・江戸本店’さんにお話を伺いました!

【弾丸女子旅!】大人気の金沢を満喫する1泊2日モデルプラン!

2015年に北陸新幹線が開業して以来、金沢が旅行先として人気となり、たくさんの観光客で賑わっています。 1泊2日で回りきれる為、週末の弾丸旅行にもおすすめ! そんな金沢の観光情報をまとめてご紹介致します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo