ニュージーランドの気候や気温・最適な服装は?旅行や留学におすすめの時期を解説! | Stayway Media

ニュージーランドの気候や気温・最適な服装は?旅行や留学におすすめの時期を解説!

Ayaka

トラベルライターAyaka

ニュージーランド 羊 自然
Photo by ○○

こんにちは、ニュージーランドでワーキングホリデーをしていた〇〇です。

留学や旅行を計画し始めた時、みなさんはきっと行く場所がどんな天気なのかを検索すると思います。

そこで、パッキングする時に気になる「気候」
どんな「持ち物」を持って行くのがいいのか。

詳しくご紹介していきたいと思います。

1. ニュージーランドの気候・気温について

女性 自然Photo by pixabay

北島と南島に分かれているニュージーランドは海に囲まれている島国で、面積も縦長の島の形も日本とよく似ています。

縦に長い島なので、気候は北海道と九州地方くらい差があると考えて下さい。
一つ日本と違うのは、南半球に位置しているので北島の方が暖かく、南島の方が寒いという点です。

湿気が少なく乾燥していて、紫外線も日本の何倍も強いので日焼けには十分に注意する必要があります。

最大都市で北島の上に位置するオークランド
首都で北島の最南端に近い都市ウエリントン
南島で最も南に近い都市クイーンズタウン

代表的な3都市で気温を比較してみましょう。

2. ニュージーランドの年間気温・服装について

北のオークランド(A)、ちょうど中心くらいに位置するウエリントン(w)そして南のクイーンズタウン(Q)の年間気温を見てみましょう。

▼3都市の年間 最高・最低気温

1月2月3月4月5月6月7月8月
23/1623/1622/1520/1317/1115/914/815/8
20/1320/1319/1217/1014/ 812/611/512/6
21/921/819/715/512/29/08/-111/
9月  10月11月12月
A 16/ 18/11  20/13  22/14 
W 13/715/ 917/1019/12
Q 13/216/ 517/ 619/ 7

春が9月~11月夏が12月~2月秋が3月~5月冬が6月~8月になります。

夏の服装

冬以外はどの街も晴れの日が多く気候は安定していますが、昼は暑くても夜になると一気に気温が下がってしまう傾向があります。

日本と同じ夏服で構いませんが

  • 羽織れるカーディガン
  • 強い紫外線対策としてラッシュガード

があると便利で、靴はサンダルやスニーカーなどカジュアルなものを履いている人が多いです。

日差しが強いのでサングラスは必須です。

冬の服装

南島のクイーンズタウンはとても寒く雪も降ります。真冬の7月には最低気温がマイナスになるので

  • 防寒グッツ(コート、マフラー手袋など)
  • 暖かいインナー
  • ブーツ

など、寒さ対策をする必要があります。

北のオークランドとウエリントンの冬は天候の悪い日が続き、ほとんど毎日と言っていいほど雨が降るので

  • マウンテンパーカーなどの防水ジャンパー
  • 小雨をしのげる帽子

がとても便利です。

ウエリントンに関しては風の街と言われるほど風が強く、体感温度はオークランドよりもかなり寒く感じました。
折りたたみ傘はすぐに風でダメになってしまうので、オークランドよりも防水ジャンパーは重宝されるのではないでしょうか。

オークランドやウエリントンでもコートを着ている人はいました。

3. ニュージーランド留学のベストシーズン

飛行機
Photo by pixabay

目的によっても違いますが、日本人がたくさんいる時期が良ければ

  • 日本の長期休み(春、夏、冬休み)の時期

逆にそういったのを避けたい人であれば

  • 9月~12月ニュージーランドが夏に向かう時期

暖かくなり観光するのにもいい時期になるのでおススメできます。
日本の大型連休や学生の長期休みにかぶる月は航空券も高くなりがちになるので注意です。

4. 主要な都市別の違い

先ほど気候で紹介した3都市と、クライストチャーチを加えた4つの街を紹介します。

オークランド(北島)

ニュージーランド オークランド
Photo by pixabay

ニュージーランド最大の都市で、国内3分の1の人々が暮らしています。
非常に多国籍で、語学学校に通う事で様々な国の人と知り合うことができるところも魅力です。

街中から少し郊外に出るだけで美しいビーチや緑豊かな公園などもあり、とても楽しめる街です。

ウエリントン(北島)

ニュージーランド ウエリントンphoto by ◯◯

ニュージーランドの首都で、洗礼された街中が印象的です。
コーヒーの街として知られているだけあって、街中はたくさんのオシャレなカフェがあふれています。

ウィンディ・ウエリントン(風の街)と言われているほど強い風がふくので、長期滞在は夏がおススメです。

クライストチャーチ(南島)

ニュージーランド クライストチャーチPhoto by ◯◯

南島の玄関口でありニュージーランドの第3の都市であるクライストチャーチは、英国文化が色濃く根付き「イギリス以外で最もイギリスらしい街」と呼ばれていました。

大地震によって多くの街の景観は失われてしまいましたが、街中にはたくさんのウォールアートや、様々な種の花が咲き誇る植物園など見どころ満載の都市です。

クイーンズタウン(南島)

ニュージーランド クイーンズタウン ワカティプ湖photo by ◯◯

ニュージーランドの中で最も観光客が多く訪れる街クイーンズタウン。
その美しい自然の景観から「ビクトリア女王にふさわしい」と名付けられました。

バンジージャンプ発祥のカワラウ・ブリッジや冬はウインタースポーツなども楽しむ事ができるので、どのシーズンでも違った楽しみ方ができます。

その他に温泉で有名なロトルア(北島)、ヨーロッパの雰囲気の漂うネイピア(北島)、国内屈指の晴天率を誇るネルソン(南島)、など小さな都市でも魅力的な場所がたくさんあります。

5. ニュージーランド旅行で便利な持ち物

猫 カバン
Photo by pixabay

季節によっても持ち物は多少異なりますが、ニュージーランドの周遊旅行などをする時に役に立った持ち物を5つ紹介します。

寝袋

レンタカーで周遊する場合、キャンプサイドなどに宿泊することでかなり旅の費用を抑えることが可能になります。
テントがなくても寝袋があれば車の中で寝ることもできますし、防寒グッツにもなるのでおススメです。

マウンテンパーカー

防寒グッツは必須!中でもやはり防水・防風の上着はニュージーランド旅行の強い味方です。
ニュージーランド国内でもちろん購入することも可能です。

ビーチサンダル

夏でも冬でもビーチサンダルはあると便利です。
宿のシャワーなど少し素足で入るには勇気のいる場所がありますが、その時などはビーチサンダルのまま入ることで問題は解決です。

水着

ニュージーランドは美しいビーチがたくさんあります。
トレッキングする時に美しいビーチに出会うこともあるので、持って行くことをおススメします!

缶切り

ホステルのキッチンには調理器具がありますが、キャンプサイドでは食器や調理器具がレンタルだったり備え付けのものを利用できたりします。

旅の途中自分で調理をすることが多々ありますが、レンタルグッツの中にも缶切りが見当たらなくて困ったことがありました。

小さいものなのでカバンに入れておくと便利です。

自然が美しい国ニュージーランドへ

滞在中街をゆっくり散策するのも、色々な都市に足を運ぶのも、どんな過ごし方でも素敵な思い出になる事間違いありません!

自然豊かで人々が優しいニュージーランド、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

その際この記事が何かのお役に立てれば光栄です。
是非、素敵な滞在を!

【エリア別】ニュージーランドのモデルプランをご紹介🇳🇿🐏

ニュージーランド 旅行をお考えの皆さん! 何泊で行くか、どの辺りをどんなルートで回れば良いか迷いますよね? こちらの記事では、外せない定番観光スポット〜穴場まで、スムーズに回るためのおすすめモデルプランをエリアごとにご紹介いたします♡

ニュージーランドの観光情報はこちら!✨🧡

南半球にあり日本と季節が真逆の島国、ニュージーランド。総面積は日本の約4分の3ほどで、人より羊の数が多いと言われ、人口は約30分の1ほどの450万人程度とのんびりとした印象。今回はそんなニュージーランドのおすすめ絶景スポットをご紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。
皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Ayaka
生まれ育った北海道とワーホリしていたニュージーランドが大好き!短期旅行で20ヶ国以上を巡りました。旅先ではカメラ片手に猫とcafeを探してゆったり街歩き、世界遺産に訪れるのが好きです。 みなさんの素敵な旅のお手伝いが出来る記事をお届けしていきたいです!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo