【o3 inn TOKYO】多種のクラフトビールと日本酒を扱うゲストハウス | Stayway Media

【o3 inn TOKYO】多種のクラフトビールと日本酒を扱うゲストハウス

Kazui

トラベルライター

今回お伺いさせていただいたのは2017年10月にオープンしたばかりのゲストハウス「o3 inn TOKYO」

そこで感じた、このゲストハウスの魅力をお伝えします!

o3 inn TOKYOとは?

押上駅から徒歩4分に位置し、羽田空港からのアクセスも良くスカイツリーが見える好立地に位置するo3 inn TOKYO」

上野や浅草にもアクセスしやすく、観光目的の方には大変おすすめのゲストハウスです。

“o3 inn TOKYO”

〒131-0045 東京都墨田区押上3−25−17
 03-6883-4266
 https://www.o3inn.com/
 https://www.facebook.com
 https://www.instagram.com
ホームページはこちら
https://www.o3inn.com/

ゲストハウスでありながら、おしゃれなレストランも併設されているこちらのゲストハウスを紹介していきます!

1.こだわりは「清掃」 客室がとても快適

こちらが実際のドミトリールームの中の様子。

話を聞いてみると、ビジネスホテルで清掃を行なっていた方が一時期清掃を行なっていたこともあり、その方から教わったそう。

ドミトリーに限らず、シャワー、トイレなどの水回りまで清掃がしっかり行き届いていることが感じ取れました。

私が見てきたゲストハウスのベッドメイクの中では最高レベルのもので、快適でした!

他にも共有スペースや1階を見てみると、かなり整頓されていることがわかります。

また、壁に貼ってある写真やポスターが昭和を連想させ、昔ながらの雰囲気も楽しめます。

2.イベントが盛りだくさん!色々な文化を発信する

様々なイベントが定期的に行われています。

音楽を楽しみながら色々なバックグラウンドを持った人と交流できる「音楽イベント」
写真好きな人たちを集めて行う「写真展示会」
書道の先生を呼んで行う「書道体験」

など、日本の文化を発信しつつも多様な価値観を持った人々と交流できるイベントを行なっています。

ただの宿泊施設だけでなく、「面白い」空間を作り出そうとしていることが伝わってきました!

また、イベント企画はオーナーさんに加え、色々なバックグラウンドを持った学生や社会人の方によって行われるため、毎回違う楽しみ方ができることがこのゲストハウスの魅力の1つですね。


こちらが先日行われた音楽イベントの様子。

大学生がDJを行っており、お客さんもかなり聞き入っています。

終電間際に帰る人がほとんどで、かなり盛り上がっていたとのことです。

3.夜は居酒屋も。様々な日本酒からクラフトビールまで

夜には居酒屋「emishi」も。

国内のブリュワリーから選定された様々なクラフトビールや、サッポロ赤星、サッポロ白穂乃香、スペイン産のビールINEDITなど国内・国外の美味しいビールを多数取り扱っております。

さらには日本酒も常時10種類程度を取りそろえておりました。

しかも細かい味の違いなども、オーナーさんに聞くと丁寧に説明してくださいました!


“組子で作られた”欄間”から顔を出す9つのビールタップ”

数々のクラフトビール専門店に訪れたこともありますが、ここのビールタップが一番印象に残っています。

ここまで多種のお酒を扱うゲストハウスはなかなかないのではないでしょうか。

4.ビールを片手にスカイツリーを眺めてみませんか

入り口の外を見てみると、季節ごとに色づくスカイツリーが見えます。

厳選されたクラフトビールを片手に、他のゲストさんと語りながら見るスカイツリーは最高でした!

たくさんのゲストハウスが集中する墨田区の中でも、かなり特徴のあるゲストハウスではないでしょうか!

5. 期間限定で6人の写真好きが「島」をテーマに写真を展示しています!

〝島から観る – see ma -〟

近くて遠かった写真というツールはSNSやスマートフォンを通して今や僕らの手馴染み深いものとなった。

それは生活に膨大かつ即効性の強い豊かさを与え、そして中身のない価値観を作り出すことに貢献している。

圧倒的な情報量と引き換えに、共有の品格は損なわれ、観点や感性は迫害されては思い込みの罠へと落ちていく。

イメージという外殻はそんな罠の1つである。失われた風習と生まれたばかりの文化を繋ぎ、疑心の友情と閉心の愛情を許した。

そして僕らの持たない島観を抱く何処か遠い国の人たちへと…

僕たちの生きる場所とは?

(例えばハッシュタグ – # – や〝いいね – good -〟といった共有を通して見つけられるものは真実か?)

整備された観賞用の島観から逃れ、日常的意識下にない島観を再考したい。

〝#日本〟で見つけられない、今ここで同時多発的に湧き上がる島観を、6人の若者の観点を通してあなたに感じ取ってほしい。

言葉 : 関 隆史

こちらの写真展示がゲストハウスの客室にて期間限定で行われているそうです。
また、1日だけ公開日を設ける予定もあるそうです!

興味がありましたら、足を運んでみてはいかがでしょうか!
「島国」に住んでいる意識が変わりますよ。

こちらの記事も要チェックです♪

今回取材に伺ってきたのは、東京・谷中にあるホテル【hanare】 2015年にオープンし、今年で4年目。 古き良き“日本らしさ“を感じることのできる谷中のまちを感じさせてくれる、そんなホテルです。
八丁堀駅から徒歩30秒、アクセス抜群の立地に佇むおしゃれなデザイナーズホステル「WISE OWL HOSTELS TOKYO」に集まった旅好き女子3人。近場で手軽に旅感覚を味わえる、ホステルお泊まり女子会の魅力をお伝えします。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Kazui
アメリカ、ドイツ、オーストラリア、シンガポールからの帰国子女で、旅が趣味。 現在大学4年を休学し、日本を旅しています。目標は「日本のゲストハウスを世界中に広めること」「旅する文化を日本で広めること」

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo