大濠公園を福岡市民が解説!見どころ・グルメ・おすすめスポット紹介 | Stayway Media

大濠公園を福岡市民が解説!見どころ・グルメ・おすすめスポット紹介

フヨウ アオイ

トラベルクリエイター

大濠公園

Photo by フヨウ アオイ

大濠公園は福岡市の中心部に位置する公園です。

街中にあるにも関わらず、豊かな自然と大きな池があることが特徴。

園内はとても広く、レストランや美術館、日本庭園、能楽堂と幅広い施設が揃っています。

天神駅から2駅とアクセスも抜群で、福岡市内の観光にもぴったりなスポットです。

この記事では大濠公園に何度も足を運んだことがある筆者が、見どころや周辺のおすすめグルメをご紹介します。

大濠公園はこんなところ

大濠公園

Photo by フヨウ アオイ

大濠公園は、福岡市中央区にある県営公園です。

公園を訪れてまず驚くのが、その池の大きさ!

大きな池をぐるりと取り囲む様に、池の周囲約2キロメートルが遊歩道となっています。

公園全体の面積が約40万平方キロメートルなのに対し、池の大きさはなんと約23万平方キロメートルです。

これだけでも、どれ程大きな池か分かりますよね。

この池は、黒田長政が建てた福岡城の外濠だったもの。

昭和2年の博覧会を機に造園工事がなされ、昭和4年に開園しました。

また、園内に幅広い施設が揃っているのも大濠公園の特徴。

広い園内には能楽堂や日本庭園、児童公園、ボートハウスなどが揃い、様々な楽しみ方ができる公園となっています。

その立地の良さから、市民の憩いの場としても親しまれています。

休日には、駐車場が満杯になり車が列をなすほど。

日頃の疲れをゆっくりと癒すことができる、都会のオアシスです。

 点数理由
友達と★★★★  4旅行の思い出作りにどうぞ。フォトスポットも揃っています。
恋人と★★★★★ 5雰囲気が良く、デートに最適です。
家族で★★★★★   5休日のお出かけにもぴったり。
小さな子と★★★★★  5児童遊園があるので、思い切り遊ぶことができます。
ひとり旅★★★★        4池を眺めながら、のんびりと過ごすのがおすすめ。
出張で★★★★      4天神からも近いので、日頃の疲れを癒すのにぴったりです。

インターネットの口コミ・評価を調べてみたところ、全体的に高い評価が多かったです。

しかし中には、敷地が広すぎて歩くのに疲れたといった口コミも見られました。

確かに池の周りを全て歩いて見ようとすると、歩き疲れてしまうかもしれません。

事前に地図を見て行きたい施設の場所を確認したり、池の中心部にある道を通ったりすると歩く距離を短縮することができますよ。

代表的な口コミには、次の様なものがあります。

「市の真ん中にこんな落ち着いた場所があってうらやましい」

「ジョギングやランニングに最適な場所」

「のんびりとした時間を過ごせる」

「景色がきれいで、見ているだけでも楽しい」

「家族で楽しめるスポット」

大濠公園へのアクセス

大濠公園

Photo by フヨウ アオイ

大濠公園の最寄駅は、

・地下鉄空港線「大濠公園駅」です。

最寄り駅からは、徒歩3分ほどで到着します。

改札を出たら3番出口に進み、エレベーター又は階段で地上に出ます。

その後右に曲がり、2分ほど歩けば公園の入り口に到着します。

駅の出口から公園までは近いので、迷うことはないでしょう。

バスを利用する場合は
・黒門
・大濠公園

どちらかのバス停で下車すると便利です。

どちらも下車後、徒歩5分程度で到着します。


・博多駅からのアクセス(費用:260円 所要時間:9分)
博多駅から地下鉄空港線に乗車。大濠公園駅下車後、徒歩3分。

・福岡空港からのアクセス(費用:300円 所要時間:23分)
福岡空港駅から地下鉄空港線に乗車。大濠公園駅下車後、徒歩3分。

大濠公園の見どころ

広い池と豊富な動植物

大濠公園

Photo by フヨウ アオイ

大濠公園の一番の見どころは、何と言ってもその大きな池。

池には、サギやカワウ(鵜)をはじめとした鳥類やコイ、亀などたくさんの生き物が住んでいます。

晴れた日には、亀が石の上で甲羅を乾かしている様子や、アオサギが魚を捕まえているところを見ることもできます。

大濠公園

Photo by フヨウ アオイ

冬にはユリカモメやホシハジロなどの渡り鳥が飛来し、また違った顔ぶれが揃うのも見どころの1つ。

敷地内には野鳥の森もあり、バードウォッチングもおすすめです。

新しい発見がたくさんできる、歩くだけで楽しいスポットです。

ボートなど楽しめる要素が満載

大濠公園
photo by adobe

楽しみ方が散策や動植物観察だけではないのが、大濠公園の魅力の1つ。

広い池をボートに乗って満喫することもできます。

選べるボートは、手漕ぎボート・白鳥ボート・あめんぼボートの3種類。

ボートに慣れていない方は、足漕ぎタイプの白鳥ボートがおすすめ。

ペダルを踏むだけで、簡単に水上散歩をすることができます。

あめんぼボートは珍しい自転車スタイルのボート。

1人乗りもできるので、気ままに楽しみたい方にもぴったりです。

大濠公園

Photo by フヨウ アオイ

水の上から眺める景色は格別。

天気が良い日には、水面に太陽の光が反射してキラキラと輝きます。

12月〜2月末までの期間と、悪天候時は営業していませんのでご注意ください。

和と歴史を感じられる日本庭園

大濠公園

Photo by フヨウ アオイ

園内に日本庭園があるのも見どころの1つ。

この庭園は、大濠公園開園50周年を記念して造られた廻遊式庭園です。

園内には、滝や池、枯山水庭や数寄屋造りの茶室などが配置されています。

大濠公園

写真提供:福岡市

園内には様々な植物が植えられ、冬にはツバキやサザンカ、春にはしだれ桜と一年を通して多くの花々を鑑賞することができます。

美しい緑に囲まれていると、思わず時が経つのを忘れてしまいそう。

丁寧に整備された庭園の中には、ゆったりとした時間が流れています。

毎月第一・第三火曜の茶室館無料開放日には、300円で誰でもお抹茶とお菓子を堪能することができます。

緑の中でお茶とお菓子を楽しんでみてはいかがでしょうか。

開催日程はホームページに掲載されているので、参加したい場合は事前に確認すると安心ですよ。

大濠公園周辺のおすすめグルメ

ロイヤルガーデンカフェ

大濠公園

Photo by フヨウ アオイ

ロイヤルガーデンカフェは、ボート乗り場の隣に位置する、池を見ながら食事が楽しめるカフェです。

特徴は、池に面した大きな窓があること。

景色を楽しみながらの食事は最高!

休日は外まで行列ができていることもある人気店です。

おすすめは、スープやドリンクがついたランチセット。

ハンバーグやパスタなど人気のメニューが揃います。

晴れた日は、池をより近くで見ることができるテラス席が人気。

開放感に溢れたテラス席で景色を見ながら食事をすれば、それだけでリフレッシュできますよ。

自然を身近に感じながら食事やお茶を楽しめる、気持ちの良い空間です。

カフェ アクアム

この投稿をInstagramで見る

福岡市美術館 Fukuoka Art Museum(@fukuokaartmuseum)がシェアした投稿

公園の敷地内にある、福岡市美術館内のカフェです。

サンドイッチやカレーといった軽食の他にも、ケーキやパフェ、ソフトクリームなどスイーツが豊富。

ガラス張りになっているので、公園の景色を見ながらお茶をすることができます。

池を眺めながらのスイーツタイムは、観光で疲れた足を癒すのにもぴったりです。

カフェですが、生ビールやグラスワインなどのアルコール類も販売しています。

また、展示内容に関連した限定メニューを味わうことも。

美術館の展示を見なくても、誰でも利用することができます。

美術館2階には、同ホテルニューオータニ系列のレストラン「プルヌス」があり、そちらは福岡市内を見ながらの食事が可能。

幅広いメニューが揃っていて、ディナーの場所に困った時にもおすすめです。

スターバックスコーヒー 福岡大濠公園店

大濠公園

Photo by フヨウ アオイ

何とも珍しい、県営公園の中に位置するスターバックスです。

この店舗は、地域の文化を世界へ発信する店舗である「リージョナルランドマークストア」の1つ。
公園の景観を壊さない様に設計された、おしゃれなデザインが目を引きます。

このスタバ、ちょっと変わっているのは外見だけではありません。

なんとこの店舗では、コーヒー抽出後の豆かすをたい肥にして肥料にしたり、マグカップでの提供を心がけたりと日々環境に配慮した数多くの取り組みが行われているのだそう。

店内は木のぬくもりが感じられるシンプルな内装で、大きな窓があり開放感に溢れています。

公園の遊歩道に面したテラス席や、ゆったりくつろぎながら眺められるソファ席などが揃っていて、ついつい長居してしまいたくなるお店です。

大濠公園周辺の観光スポット

福岡市美術館

この投稿をInstagramで見る

福岡市美術館 Fukuoka Art Museum(@fukuokaartmuseum)がシェアした投稿

福岡市美術館は、公園の敷地内に位置する市営美術館です。

1979年に開館して以来、県内外の多くの人々に親しまれてきましたが、老朽化のため2019年に3月にリニューアルオープンしました。

リニューアル後は前川國男の設計を最大限に活かした、より親しみやすい美術館となっています。

先ほど紹介したカフェやレストランも、リニューアルオープンの際に新設されたもの。
つい立ち寄ってしまいたくなる空間です。

また、幅広いコレクションを持っていることも特徴の1つ。

重要文化財を含む仏教美術の他にも、世界的に有名なミロ・ダリ・ウォホールなどの作品を含む、約16,000点もの作品を所持しています。

作品をじっくりと味わいたい方には、定期的に開催されているギャラリーツアーもおすすめ。

展示中のコレクション作品の中から、3点の解説を聞きながら鑑賞することができます。

イベントの開催時刻や内容について詳しく知りたい場合は、公式Twitterをチェックしてみて下さい。

福岡城跡

大濠公園

写真提供:福岡市

福岡城は、初代福岡藩主である黒田長政が1601年から7年がかりで築城した城です。

国指定史跡の1つとされ、「舞鶴城」の名でも知られています。

残念ながら城は現存していませんが、門や天守台の跡、石垣などを自由に見学することができます。

天守台からの眺めはとても良く、福岡市内を見渡すことができますよ。

かつて城があった場所に広がる舞鶴公園は桜の名所としても知られており、春には様々な桜が咲き誇る美しい姿が広がります。

より福岡城について知りたい方は、資料館の「福岡城むかし探訪館」に足を運んでみるのもおすすめです。

大濠公園は都会のオアシス

大濠公園

Photo by フヨウ アオイ

大濠公園は、都会の中心部にある自然をたくさん感じられる公園です。

ボートやスイーツなど楽しめる要素も満載で、観光や女子旅にもぴったり。

ももちエリアにも近いので、福岡タワーや福岡市博物館と合わせての観光も便利です。

辺りのベンチに座って池を眺めるもよし、カフェで友達とお喋りするのもよし。

大濠公園でいつもの忙しさを忘れて、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

天神地下街の見どころを福岡市民が徹底解説!知られざる魅力をご紹介

九州一番の繁華街である天神の地下に広がる天神地下街。ただの地下街ではなく、多くの魅力に溢れる地下街です。グルメやファッション、雑貨など沢山のお店が並び、楽しみ方は様々。知られざる魅力と見どころをお伝えします。

【福岡観光】太宰府天満宮の見どころ・アクセス・名物グルメをご紹介

福岡の観光スポットの1つとして有名な太宰府天満宮。実は参拝だけでなく、グルメにショッピングと幅広く楽しめるスポットです。この記事では、太宰府天満宮の見どころやぜひ味わって欲しい名物グルメ、合わせて訪れたい観光スポットをご紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

logo