【1日だけ有休取って大人旅♡】宮古島二泊三日完全満喫プラン | Stayway Media

【1日だけ有休取って大人旅♡】宮古島二泊三日完全満喫プラン

小川 まり

トラベルライター

Photo by yasuo mondo

同じ日本と思えないくらい美しい海と、まったりした雰囲気が魅力の「宮古島」。
今回は、宮古島の魅力をたっぷり味わう二泊三日のプランをご提案します!

このプランであれば、社会人の方も1日だけお休みを取れば行けちゃいますよ。
宮古島旅行を検討中の方、お見逃しなく!

【1日目】

15時 宮古島空港に到着

レンタカー

Photo by 小川 まり

宮古島空港に到着!

できれば、空港近くのショップで、すぐにレンタカーの手続きを済ませてしまいましょう。
宮古島の観光には車が必須です。
あらかじめインターネットで予約をしましょうね。


【住所】〒906-0013 沖縄県宮古島市平良下里1657−128
【アクセス】羽田空港から約3時間のフライト
【TEL】 0980-72-1212

16時 マンゴーソフトに舌鼓♪

ユートピアファーム宮古島

Photo by 小川 まり

ホテルにチェックインする前に寄り道をしましょう。
おすすめなのが、ユートピアファーム宮古島のマンゴーソフトクリーム(480円)です!
ユートピアファーム宮古島は空港から10分程度に位置する観光農園で、併設しているフルーツパーラーで食べられるソフトクリーム(が大人気です。


【住所】〒906-0203 沖縄県宮古島市上野宮国1714−2
【アクセス】宮古島空港から車で10分
【TEL】0980-76-2949
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】年中無休(10月20日を除く)
【HP】https://www.utopia-farm.net/

19時 居酒屋「島城」で夕食

宮古島

Photo by 小川 まり

ホテルにチェックインをすまし、荷物を置いたら晩御飯を食べにいきましょう。

素敵なレストランも良いですが、宮古島名物を楽しみたいと思ったら地元の居酒屋が良いですよ。
その中でもおすすめなのが「島城」
島ラッキョウや海ブドウ、宮古牛など、宮古島の郷土料理を楽しませてくれますよ!


【住所】〒906-0012 沖縄県宮古島市平良西里275
【TEL】0980-74-3733
【営業時間】 17:00~24:00
【定休日】不定休

【2日目】

9時 与那覇前浜を散策

宮古島

Photo by 小川 まり

宮古島の西側にある与那覇前浜は、真っ白でさらさらの砂浜と青い海で「東洋一美しい」と言われるビーチです。

このスポット砂はきめ細かく、裸足で歩いても全く痛くありません。朝の爽やかな空気を楽しみながら、美しいビーチでお散歩を楽しんでくださいね。


【住所】沖縄県宮古島市下地与那覇1199番
【アクセス】宮古島空港から車で約10分

10時30分 宮古そばを楽しむ!

宮古島

Photo by 小川 まり

午後に備えて早めの食事をしましょう。
与那覇前浜には、伊島観光サービスというお店があり、シュノーケリング用品などをレンタルできるのですが、ここの隠れた名物が宮古そば(650円)です。

宮古島

Photo by 小川 まり

伊島観光サービスの食事メニューは宮古そばしかありませんが、この宮古そばはカツオ出汁がきいていて絶品なんです!
与那覇前浜を訪れたら是非食べてみてくださいね。


【住所】〒906-0503
沖縄県宮古島市伊良部字伊良部1391
【TEL】 0980-78-5006
【HP】http://ijimakan.sakura.ne.jp/ijimakan/

11時30分 シュノーケリング体験!

宮古島

Photo by PhotoAC

宮古島に来たのなら、やっぱりシュノーケリングをしたいですよね!

おすすめなのが、池間島から出発する「アクアベース」
ここでは、シュノーケルやダイビングの体験ができます。店舗で機材を身に着けてから、船に20分ほど乗って、沖にあるポイントを回ります。

沖の海は、浅瀬では出会えないような生き物がたくさんいます!
数え切れないような種類の熱帯魚はもちろん、ウミガメやカクレクマノミにも出会えるかも。

Photo by r-lab

沖は深さがありますが、浮きやウエットスーツのレンタルをしてもらえますし、経験豊富なガイドさんが付き添ってくれるので安心ですよ。
海からあがってからも、男女別の更衣室やシャワー、ドライヤーを貸してくれるメイクルームまで揃っているので快適に過ごすことができます。


宮古島八重干瀬ツアー専門アクアベース
【住所】〒906-0421 沖縄県宮古島市平良池間83−1
【TEL】0980-73-3003
【営業時間】8時~22時
【HP】https://ms-aquabase.com/

15時30分 温泉でまったり

宮古島

Photo by 小川 まり

海で冷えてしまった身体を温泉で温めましょう。
中心街からほど近い場所にある「宮古島温泉」は、宮古島の地下から湧き出る源泉をそのまま使用しており、とても温まります。露天風呂もありますので、ゆっくりと疲れを癒してくださいね。

料金

一 般 900 円
4歳以上300 円
3歳以下 無 料


【住所】 〒906-0011 沖縄県宮古島市平良東仲宗根添1898−19
【アクセス】宮古島空港からお車まで約20分。
【営業時間】11:00~22:00(最終受付PM9時)
【定休日】 第3水曜日
【HP】https://miyakojima-onsen.co.jp/index.html

18時 ダグズバーガー宮古島本店でガッツリ夕食!

泳いだり温泉に浸かったりして、お腹がぺこぺこになったら「ダグズバーガー」で晩御飯にしましょう!

ダグズバーガーは宮古島を中心に展開しているバーガーチェーンです。
宮古牛を使用したジューシーなパテと、分厚いバンズが特徴のがっつり系ハンバーガーは、疲れた体に染み入ること間違いなしですよ!


【住所】〒906-0013 沖縄県宮古島市平良下里1153-3-101
【TEL】0980-79-0930
【営業時間】11:00-20:00
【定休日】毎月第三水曜日定休
【HP】http://www.dougsburger.com/

【3日目】

9時 東平安名岬を散策!

宮古島

Photo by 小川 まり

3日目の朝は、宮古島の最も東にある岬「東平安名崎」からスタートしましょう。

ここでは、東に太平洋、西に東シナ海を望む美しい風景を眺めることができます。

また、可能であれば、このスポットには午前中に訪れましょう。

なぜなら、駐車場から岬の先端にある灯台まで約10分歩く必要があるのですが、その道中に日陰はほぼ無いからです。
暑い時間帯に行くと、正直かなり辛いので、まだ涼しい時間帯がおすすめです。


【住所】沖縄県宮古島市城辺保良

11時 大和食堂でお昼

この投稿をInstagramで見る

宮古島の大和(だいわ)食堂で宮古そば大ウマウマウー♫ #宮古そば #大和食堂 #宮古島 #小野瀬雅生 #ウマウマウー

Masao Onoseさん(@onosemasao)がシェアした投稿 –


宮古島最後の食事は、地元の人や観光客に人気の有名店「大和食堂」はいかがでしょうか。

国道78号線沿いにある路面店で、宮古そば(大500円)やゴーヤチャンプルー定食(600円)など、宮古島名物はもちろん、かつ丼(650円)やカレー(600円)などの定番メニューも絶品です。
遅い時間になると外に行列ができることもあるので、早めの到着をおすすめします。


【住所】〒906-0012 沖縄県宮古島市平良西里819−3
【TEL】0980-72-0718
【営業時間】9:30~19:00(変動あり)
【定休日】火曜日

12時 空港お土産購入

いよいよ帰りの便が近くなってきましたが、宮古島空港でも楽しみが残っています。
宮古島空港にはいくつかのおみやげ屋さんがありますので、大切な人へのお土産はここで購入しましょう。

・雪塩ちんすこう
沖縄の伝統菓子「ちんすこう」を、宮古島の塩「雪塩」のうま味を効かせて作った美味しいお土産です。
【価格】小:24個(2×12袋)550円

・久松五勇士(ひさまつごゆうし)
しっとりした黒糖風味の生地にバタークリームが入ったお菓子です。
【価格】5個:600円、10個:900円、15個:1260円

このような宮古島名物のお土産がおすすめですよ!

沖縄のお土産51種をまとめて一挙紹介!

沖縄旅行にはこのお土産!と、決まっている方だけでなく、定番でないお土産を探している方も多いかと思います。そこで職場で配るのにぴったりなお土産、大切な方に贈りたいスイーツ、グルメ、沖縄の伝統工芸品も含め人気のお土産51選を種類別にご紹介します!

15時30分 名残惜しいですが帰り便に乗車

二泊三日で宮古島を堪能するプランをご提案してきましたが、いかがでしたでしょうか。

宮古島には青い海や美味しいグルメ、温泉まで様々な魅力があります。

常夏の楽園宮古島を是非訪れてみてくださいね!

宮古島観光、訪れたいスポットはここだ!

沖縄本島よりもさらにのんびりできる島としてリピーターが多い宮古島。年間で平均気温は23度、一番寒い時期でも気温は10度前後!東京からは直行便もあります。今回はここ宮古島の人気観光スポットはもちろん、オススメのツアーやリゾートもご紹介します!

宮古島で味わいたい絶品グルメはこれだ!

旅行に行ったら、やはりその土地ならではのグルメも楽しみたいものですよね?料理・お酒・スイーツなど…宮古島でしか味わえない絶品グルメのお店を紹介します。行けばきっといい思い出になりますよ!

宮古島で誰でもお気軽にリゾート体験!

沖縄のさらに南に位置する宮古島は年間を通して暖かい気候のため、リゾート感覚で観光に来る人も多いです。このため宮古島にはホテルが主流ですが民泊などを利用すると、新鮮味のある旅を堪能できます。そこで今回は宮古島観光でおすすめの民泊やホテルなどをご紹介します!

【Staywayについて】

Staywayは、ホテルや旅館に加え、ゲストハウスや民泊・バケーションレンタルなど、様々な宿泊体験の選択肢を提供しています。

自分の好みに合った滞在先を選択することで、より充実した時間を過ごすことができます。

小川 まり
横浜生まれ東京育ちの旅好きライター。年に2,3回は国内外の旅行に行きます。 旅先での楽しみはグルメとお酒と地元の人と仲良くなること!美味しい食べ物があれば、何処へでも行きます。皆さんの旅が楽しくなるような情報をお届けします。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo