春休みに家族旅行で行きたい!沖縄の基本情報と定番&穴場おすすめスポット | Stayway Media

春休みに家族旅行で行きたい!沖縄の基本情報と定番&穴場おすすめスポット

Yasuyo

トラベルクリエイター

沖縄 シーサー

Photo by Adobestock

春休みの沖縄は、3月下旬からビーチで海開きが始まるなど、短い冬から春を飛び越えて夏へと向かうシーズン。

全国各地から家族連れや学生などが訪れ、多くの観光客で賑わいます。

今回は、春休みの沖縄の気候やおすすめの服装、予算、ファミリー向けの観光スポットをご紹介します。

春休みの沖縄 気候や適した服装は?

石垣島

photo by auntmasako

亜熱帯性気候に属する沖縄は、年間の気温差が比較的少なく、3月に入ると気温が上がりはじめ海水温も上昇してきます。

春休みが始まる3月下旬、4月の平均気温は20℃前後、最高気温は25℃を超えてきますので、日中は半袖でもOKですが朝晩は肌寒さを感じることもあるので、長袖の羽織ものを準備しておくといいでしょう。

紫外線は年間を通じて強いので、帽子やサングラスといった日焼け対策は忘れずに準備しましょう。

気になる予算はどれくらい?

飛行機

photo by Free-Photos

安心して行ける国内ビーチリゾートとして大人気の沖縄ですが、気になるのはやはり予算ですよね。

2月、3月前半は夏に比べると落ち着いていますが、春休みが始まると値段はぐっと上がりますし、土日や現地の滞在時間が長くなる便を選択するとさらに値段が高くなってきます。

個別手配でLCCを選択すると、各社WEBサイトのセールで安く手配できる場合もありますし、SALE以外の時期でも空席があればお得になることもありますが、春休みのように混雑する時期は金額が上昇するので注意が必要です。

ホテルについても、春休みは宿泊費が上昇しますし、ホテルのグレードによってかなりお値段が違ってきます。

2泊3日のツアー代金で見ると、安いものでは大人1名で7万円代後半から、春休みに入ると1人あたりの代金が数万円ほど高くなり10万円を超えるプランも登場します。

ホテルのクラス、レンタカー、朝食付きかどうか、観光のオプションは含まれているのかなど、滞在プランを考えて選ぶと良いですね。

パッケージツアーはお子様の年齢によって割引になるキャンペーンなどありますし、送迎やアクティビティがついた商品などがあり、現地で手配して支払うよりもお得に組み込まれています。

いづれにしても、早めにいつ行くかを決めて、家族構成に合わせたプランを検討するといいでしょう。

沖縄の定番スポット

沖縄 竹富島

Photo by Adobestock

沖縄には車で気軽に行ける離島やビーチのほかにも、家族で楽しめる観光スポットがいろいろあります。

プールや海遊びはもちろんのこと、沖縄ならではの体験で家族の思い出を作りたいですよね!

今回は、ファミリーにおすすめの定番&穴場スポットをご紹介します。

1.美ら海水族館

美ら海水族館

photo by yuka71

沖縄旅行の定番中の定番、美ら海水族館です。

沖縄周辺の海を再現した水族館は、小さなお子様連れから三世代旅行まで、家族みんなで楽しめる鉄板スポット。

水族館がある海洋博公園には、イルカショーが無料で観られる「オキちゃん劇場」、プラネタリウムなどの施設、真っ白な砂浜が美しいエメラルドビーチもあり、こちらもおすすめです。

2.琉球村

沖縄 琉球村

Photo by Adobestock

古き良き沖縄をテーマにした体験型テーマパークで、各地から移築された古民家が並んでいます。

民族衣装を着て写真を撮ったり、三線を弾いたり、シーサーの色付けが体験できたりと、様々な沖縄らしい体験ができます。

時間によってカチャーシーやエイサーといった舞踊が見られることもありますし、沖縄料理が食べられる食堂もありますよ。

3.沖縄こどもの国

沖縄こどもの国

photo by Wikipedia

約200種類の動物が集まる動物園は、小さなお子様連れのファミリーにおすすめのスポットです。

ヤクシマザルや琉球犬など沖縄ならではの動物たち、モルモットやひよこがいるふれあい広場、南国らしい花や植物もあり、世界でも珍しいホワイトライオンにも出会えます。

動物園だけでなく、知恵や感性を刺激するワークショップ体験ができる「ワンダーミュージアム」もあるので、事前にイベントをチェックしておくといいですよ。

4.青の洞窟

沖縄 青の洞窟

Photo by Adobestock

透明度の高い水に光が差し込み、なんとも言えない神秘的な輝きを放つ青の洞窟は、沖縄でシュノーケリングや体験ダイビングを考えている人におすすめの大人気スポットです。

各ダイビングショップでは、シュノーケルグッズ、写真撮影、魚のエサやり体験などがついたさまざまなプランが企画されていますので、家族にぴったりのプランを探してみましょう。

1歳からOKのプラン、3歳まで無料のプランなど、ファミリー向けのシュノーケリングプランもいろいろありますよ。

5.おきなわワールド

沖縄 鍾乳洞 おきなわワールド

Photo by Adobestock

約30万年もの歳月をかけて造られた鍾乳洞、世界唯一のハブ公園、沖縄らしい古い赤瓦の町並みなど、沖縄の自然と文化、歴史が体感できる観光テーマパークです。

紅型、サトウキビ染め、琉球ガラス、大きな茶せんでブクブクと泡をたてて飲むブクブクー茶など、沖縄らしい体験を楽しむこともできます。

沖縄食材を使用したメニューが提供されるビュッフェレストラン、沖縄そば店もありますし、お土産ショップも充実しています。

6.ナゴパイナップルパーク

沖縄 パイナップル

Photo by Adobestock

名護市にあるパイナップルのテーマパークで、約200種類ものパイナップルが栽培されています。

パイナップル柄にペイントされたかわいい乗り物で豆知識を学んだり、パイナップル色のカートに乗って園内を散策したり、乗り物好きのお子様も楽しめます。

カットしたパイナップル、ジュース、パインスイーツの試食もあり、南国らしさが感じられます。

沖縄の穴場スポット

1.東南植物楽園

東南植物楽園

photo by Wikipedia

約1300種類もの亜熱帯・熱帯植物が自然な形で展示されていて、世界中の珍しい植物を鑑賞したり、カピバラやリスザル、ウサギやアグーと触れ合ったりできるスポットです。

真っ白な牛のオブジェにペイントできるカウ・アート体験、釣り堀、シーサー絵付け体験もあり、小さなお子様でも楽しむことができますよ。

レストランにはハーブ出汁で食べるしゃぶしゃぶといった体に優しいメニュー、ジェラート店には無香料・無着色で添加物も1種類という赤ちゃんにもオススメできるオリジナルジェラートがあり、沖縄らしいテイストが揃っています。凝固剤不使用なので溶けやすく、まろやかな口当たりで美味しいですよ。

2.OKINAWAフルーツランド

沖縄 フルーツランド

Photo by Adobestock

名護市にあるフルーツのテーマパークで、南国らしい果物が味わえるだけでなく、子供たちが遊びながらフルーツへの興味や知識が深められる施設になっています。

謎解きアドベンチャー「トロピカル王国物語」のスタンプラリーに挑戦すると、子どもだけでなく大人もフルーツの豆知識が身につきそう。

30種以上の熱帯果樹があるフルーツゾーン、蝶や鳥のエリアのほか、フルーツカフェや沖縄の郷土料理が味わえるレストランもあります。

3.アメリカンビレッジ

沖縄 アメリカンビレッジ

Photo by Adobestock

東京ドーム5個分という広大な敷地に建つ複合商業施設で、カラフルな外観のお店が並びアメリカンな雰囲気が感じられます。

SKYMAX60という高さ60mの観覧車からは北谷の街並みを一望できますし、タコスやハンバーガーといったグルメもおすすめです。

隣接する北谷サンセットビーチからは沖縄屈指の美しい夕日が眺められるので、ライトアップされたアメリカンビレッジと一緒に楽しめる時間帯がおすすめです。

4.ビオスの丘

沖縄 ビオスの丘

Photo by Adobestock

ランを中心とした沖縄の花や木を鑑賞できる植物園で、ヤギを散歩したり、沖縄らしい水牛車に乗ることもできる子どもたちに人気のスポットです。

湖では、ガイドさんが沖縄の植物や動物について説明してくれるクルーズ、カヌー、SUP体験もできます。

広すぎないエリアに子どもが楽しめる遊びや動植物が点在しているので、自然を体感しながら家族みんなで楽しめます。

5.ブルーシール アイスパーク

ブルーシール

photo by Wikipedia

沖縄でアイスクリームといえば、ブルーシールアイスクリームですよね!

牧港本店に隣接しているアイスパークでは、-20℃の冷凍庫を体験体験できたり、小さなアイス工場「ミニプラント」を見学できたりと家族連れに人気です。

オリジナルアイスバーづくり体験では、好きな味や形のアイスを選んでトッピングやデコレーションができるので、ぜひ予約して体験してみてくださいね。

6.ブセナ海中公園

沖縄 ブセナ海中公園

Photo by Adobestock

沖縄海岸国定公園内に位置するブセナ海中公園には、本当で唯一の海中展望塔があります。

長い桟橋の先にある海中展望塔の中から熱帯魚サンゴ礁を眺めたり、船底が透明になったクジラ型のボートで周辺の海を散策したり、海の生き物たちの自然な姿を見ることができます。

沖縄には家族で楽しめるスポットがいっぱい!

いかがでしたか?自然に触れ合うことができ、家族で遊べるスポットがいっぱいの沖縄は春休みの旅行先におすすめのスポットです。

今回は幼児から小学校低学年のお子様向きの施設を中心にご紹介しましたが、年齢に応じでいろいろな遊び方ができるので、家族のスタイルに合わせたスポットを探してみてくださいね。

こちらの記事も読まれています↓

お子さんを連れてファミリー旅行や小さなお子さんや赤ちゃんとの初めての旅行先としても人気のリゾート地、沖縄。そこでお子さんがホテル内で楽しめるキッズスペースや子供用プール、ベビーカーやベビーガードがレンタルできるおすすめホテルをご紹介!
沖縄本島から絶景スポットの古宇利大橋を渡る陸続きの小さな島「古宇利島」車なら10分もあれば一周出来るような小さな島なのに、フォトジェニックな場所が詰まってるステキなIsland♪そんな恋の島と伝承される古宇利島の魅力に迫ってみました。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Yasuyo
静岡県在住の主婦ライター。大阪・名古屋・神戸・金沢に居住歴があり、独身の頃から日本国内の温泉地を中心に旅行するのが趣味です。週末は温泉&現地グルメを楽しんでいます。海外では、ベトナム、フィリピン、マレーシアなどアジアのビーチリゾートでのんびり過ごすのが好きです。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo