【沖縄観光】南部から北部、おすすめの名所から穴場まで、50選! | Stayway Media - Part 2

【沖縄観光】南部から北部、おすすめの名所から穴場まで、50選!

Stayway 編集部

トラベルクリエイター

目次

第15位:北谷サンセットビーチ(北谷町)

View this post on Instagram

kijimunaさん(@kijimuna224)がシェアした投稿

アメリカンビレッジの隣にあるビーチで、青い海・白い砂浜の美しさにはうっとり。

その名の通り、夕日がとてもキレイなんです!

周辺にはショッピングモールや映画館・観覧車もあるので、1日過ごしても飽きることはありません。

風が強かったり、季節が冬とかだと泳ぐには適しませんが、雄大なサンセットは見ることができるでしょう!!

・基本情報

【住所】沖縄県中頭郡北谷町美浜
【電話】098-936-8273
【交通】・お車の場合:那覇空港から国道58号線を北上。「美浜」交差点を左折。車で約40分.沖縄自動車道「沖縄南IC」から県道23号(国体記念道路)北谷方面へ約10分。
・路線バスの場合:●那覇市内(那覇バスターミナル)からは、20番(名護西線),28番(読谷楚辺線),29番(読谷喜名線)●那覇空港からは120番(名護西空港線)をご利用ください。
【駐車場】無料 詳細はこちら
【公式サイト】http://www.uminikansya.com

第14位・体験王国むら咲むら(読谷村)

View this post on Instagram

かめさん(@s.kamed1105)がシェアした投稿

大河ドラマ「琉球の風」のオープンスタジオだったところを活用し、沖縄の料理作りや陶芸などを体験できる楽しい施設です。

その数、なんと32工房、そして101の体験!!!

体験施設は屋内施設であるので、天候や季節を気にせずに楽しむことができます。

また、宿泊もできるので他の行きたいところと合わせて旅行プランも考えやすいですね!

・施設情報

【住所】沖縄県中頭郡 読谷村字高志保 1020-1
【電話】098-958-1111
【営業】9時~18時・年中無休
【交通】那覇空港・国道58号線から車でアクセス ※詳細はこちら
【料金】大人600円 中高生500円 小学生400円
体験の費用は体験するものによります。基本的には2000円からになります。
【駐車場】無料
【公式サイト】https://murasakimura.com/

むら咲むらについて書かれた観光記事はこちら。

【沖縄・宜野湾や読谷村周辺1泊2日】女子におすすめドライブコース・OKINAWA満載♡

沖縄本島中部エリアは沖縄らしい風景あり、美しい海あり、そしてアメリカ式生活&文化ありの場所。旅の新しい発見や出会い、ワクワク感満載のフォトジェニックなエリアでもあります。観光客に人気のアメリカンビレッジ近くにホテルを予約して、沖縄本島中部をたのしめるドライブコースをご紹介します。

第13位・果報バンタ(うるま市)

果報バンタ
photo by adobe

果報バンタは別名「幸せの岬」との別名もある観光スポットです。

約120mもある断崖絶壁からの絶景は圧巻の一言です。

また、曇りの日だと、腫れの日に比べると景色は劣りますが、いずれにせよ透明度の高い海は見ることができます。

展望スポットは、ぬちまーす観光製塩ファクトリー内に位置しているので、果報バンタのついでに工場見学をしてみてはいかがでしょうか?

・施設情報

【住所】〒904-2423 沖縄県うるま市与那城宮城2768
【電話】098-983-1140(むちまーす観光製塩ファクトリー)
【営業時間】9:00 ~ 17:30

【料金】無料
【駐車場】無料駐車場あり

第12位・沖縄こどもの国(沖縄市)

優しい目をしたインド象
photo by adobe

・施設情報

【住所】沖縄県沖縄市胡屋5丁目7番1号
【電話】098-933-4190
【営業時間】[4-9月] 
9:30〜18:00
入場は17:00迄
[10-3月] 
9:30〜17:30
入場は16:30迄
【アクセス】電車:ゆいレール旭橋駅から那覇バスターミナルで23、27、31、90系統バスに乗り中の町下車 徒歩15分
車:沖縄自動車道沖縄南ICから約5分
詳しくはこちらをご覧ください
【料金】大人/Adult:¥500
中学生・高校生/Children(13-18yrs):¥200
4歳以上~小学生/Children(4-12yrs):¥100
幼児(3歳まで)/Toddler(3 and Under):無料/Free
【駐車場】メイン駐車場120台、東ゲート駐車場230台
【公式サイト】https://www.okzm.jp/

第11位・ブセナ海中公園(名護市)

Ole Ua’ Ole Anuenue ・ 雨がなければ虹はない ・ ・ #沖縄 #名護 #喜瀬 #ブセナ海中公園

新垣厚子さん(@shinderelaakko.12.00)がシェアした投稿 –

沖縄本島でただ一つ海中展望塔があるスポットです。

グラスボートでは、カクレクマノミなど色鮮やかな魚たちを近くに感じられてワクワクしますよ。

また、グラスボートは天井があるので天候や気候を問わずに楽しむことができます。

・施設情報

【住所】沖縄県名護市字喜瀬1744-1
【電話】0980-52-3379
【営業】海中展望塔営業時間:4月~6月・9月~10月9:00 -18:00最終入場 17:30 7月~8月9:00 -19:00最終入場 18:30 11月~3月9:00 -17:30最終入場 17:00
【交通】・路線バスの場合:・120番:那覇空港発 ⇒ ブセナリゾート前下車 ・20番:那覇バスターミナル発 ⇒ ブセナリゾート前下車
・お車の場合:国道58号線のご利用で、那覇空港より約60km、約90分 沖縄自動車道のご利用で、那覇IC~許田IC約75分
【料金】海中展望塔:大人1,030円 中人(高校生・大学生)820円 小人(4歳~中学生)520円
【駐車場】無料
【公式サイト】http://www.busena-marinepark.com

第10位・中城城跡(中頭郡)

中城城跡Photo by Adobe

世界遺産にも登録されている中城城跡。

米国のペリー提督も称賛したと言われています。

雨でも入ることができ、晴天時とは一風変わった風景をみることができます。

また、近くにはオシャレなカフェや雑貨店もあるのでぜひ寄ってみてください!

・施設情報

【住所】〒901-2314 沖縄県中頭郡北中城村字大城503
【電話】098-935-5719
【営業】8:30~17:00 5月~9月に間は18:00まで
【アクセス】那覇空港付近(レンタカーなどの店舗が多い地域)からは、豊見城市方面に南下して、那覇空港自動車道路(名嘉地乗り口)から(西原JCT)で沖縄自動車道へ合流し「北中城IC」で下車、「第一安谷屋交差点」>「安谷屋交差点」>道なりに進むと駐車場が見えてきます。
詳しくはこちらをご覧ください
【駐車場】無料:大型バス7台、乗用車約50台
【料金】
大人400(団体300円)
中/高校生300(団体200円)
小学生200(団体100円)
※団体扱いは20名から
【公式サイト】https://www.nakagusuku-jo.jp/

第9位・東南植物楽園(沖縄市)


Photo by HKRMSK

1300種もの植物を鑑賞できるスポットで、小動物に触れ合えるスペース・体験スペースなど、さまざまなエリアから成り立っています。

ヘルシーでおいしいオリジナルのジェラートも人気です。

また、雨の日(特に小雨の日)に行くのが”逆に”オススメです!

というのも、雨が降ると植物たちが生き生きとするので景色をより堪能することができます。

22時まで開園しているので、夜も別の顔を見せる東南植物楽園に寄ってみてください!

・施設情報

【住所】沖縄県沖縄市知花2146
【電話】098-939-2555
【営業】時期によって異なります。詳細はこちら
【交通】沖縄自動車道沖縄北IC下りて約5分
【駐車場】無料
【料金】入園料:一般1,500円 高校生1,000円 小中学生500円 6歳未満 無料
【公式サイト】http://www.southeast-botanical.jp/

第8位・やちむんの里(読谷村)

沖縄全島やちむん市の戦利品と、初めてお伺い出来た感動の宮城陶器さん、行ってみたかったmofgmonaさん、立ち寄らずには帰れない やちむんの里、やちむん通り、国際通り石鍵さんよりお迎えした器達😍💕 今回もスーツケースに入るギリギリまで買ってしまいました😳💦素敵な器が多すぎて、夢のような やちむん三昧な2日間✨ 弾丸でしか行けないけれど、最高に充実‼︎大満足‼︎ぎっしり詰まった沖縄旅行でした😍✨ #やちむん #沖縄全島やちむん市 #宮城陶器 #mofgmona #志陶房 #工房マチヒコ #強戸窯 #宮城三成工房 #陶器屋須藤 #諸見里陶工房 #エドメ陶房 #松田共司 #やちむん通り #やちむんの里

Yacchimonさん(@yacchimonmon)がシェアした投稿 –

 「やちむん」とは沖縄の言葉で陶器のこと。

「やちむんの里」はそれぞれ独立して営業している19の工房が集まる地域のことを示しています。

やちむんの里は、購入のみでなく体験もできるので、雨の日で海に行けなくなってしまった時にうってつけです!

せっかく沖縄に行ったなら存在感とあたたかみがある琉球ならではの陶器を探してみませんか?

お土産に買っていっても喜ばれますよ!

・施設情報

【住所】沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653-1
【電話】098-958-4468
【営業】9時~18時(工房による)
【料金】体験するものによる
【交通】沖縄南ICより約30分
【駐車場】あり
【公式サイト】http://www.yomitan-kankou.jp

関連記事

【沖縄・やちむんの里】きっとお気に入りの器に出会える陶器の里

やちむんとは沖縄の方言で陶器のこと。沖縄の陶器工房が集まるエリアを「やちむんの里」といいます。素朴でアートな作品を手に取ることもでき、琉球建築の登り窯などフォトジェニックなスポットも楽しめる場所です。そんなやちむんの里をご紹介しましょう。

第7位・海中道路(うるま市)


Photo by えぬ

うるま市にある全長4.7kmの無料道路で、見晴らしがよく風を切ってドライブができるスポットです。

特に歩道橋からの景色が素晴らしいので、ぜひ歩道橋を渡ってナイスビューを堪能してください。

また、季節、天候を問わずに美しい景色を堪能することができます!

雨で散歩するのがおっくうだと感じる方は、海中道路の先にある伊計島まで足を延ばしてそちらで観光するのもありですね!

・基本情報

【住所】沖縄県うるま市与那城屋平
【交通】・バスの場合:那覇バスターミナルからバスで140分
・お車の場合:那覇空港から車で 1. 高速利用時: 那覇IC→沖縄北IC経由で約50分 2. 一般道のみ: 国道330号線→国道329号線を利用して約55分 3. 最寄の沖縄北ICから約20分
【駐車場】無料

第6位・青の洞窟(恩納村)

View this post on Instagram

HABU ASOBIさん(@habu_asobi)がシェアした投稿

青の洞窟はイタリア・カプリ島が有名ですが、沖縄にもダイビングスポットとして真栄田岬にあるんです。

ツアーに参加すれば、ガイドさんが同行してくれて行きやすいですし、シーカヤックなどのアクティビティーも充実しています。

また、この「青の洞窟」のシュノーケリングやダイビングは冬でも雨でも楽しむことができるんです!!

冬だと寒いのでは??と思う方、そんなことはありません!!

そして、冬割をやっている店舗もあるので、冬に行っても十分以上に楽しめる!

この夏(冬??)は、青の洞窟に行きましょう!!

・基本情報
【住所】沖縄県恩納村真栄田469-1
【交通】・路線バスの場合:路線バスの場合、那覇空港から乗り換えなしで行くには沖縄バス120番「名護西空港線」に乗り、「久良波」バス停で下車。その後、徒歩20分ほどで到着します。
・お車の場合: ①那覇市内 約1時間 ②那覇空港 約1時間30分 ③石川インターチェンジ 約15分
【駐車場】1時間100円 詳細はこちら

【沖縄】恩納村の青の洞窟、魅力を徹底解説!【絶景】

イタリアのカプリ島で有名な「青の洞窟」。洞窟に差し込む光が青色に輝く景色は絶景で人生で一度は見てみたいと思う人も多いはず。そんな青の洞窟、なんと沖縄にも見られる場所があるんです!今回はそんな沖縄の青の洞窟について徹底解説します♪

第5位・ビオスの丘(うるま市)

View this post on Instagram

Risaさん(@risa_o1229)がシェアした投稿

ジャングルクルーズしたり、古くから沖縄に伝わるおもちゃを作ったりと貴重な体験ができるテーマパークです。

水牛の引く車に揺られてのんびりと園内を散策も楽しめます。

湖水鑑賞舟や水牛車に乗ってゆっくりと時間を過ごしたい方は、少なくとも2時間は見積もっておきましょう。

農場エリアでは、いちご狩りやBBQも楽しむことができるので子ども連れの方にはうってつけでしょう!

また、天候、季節を問わずに楽しむことができますが、屋外であることに注意しましょう。

・施設情報

【住所】沖縄県うるま市石川嘉手苅 961番の30
【電話】098-965-3400
【営業】9:00〜18:00 ※入園 17:00まで 年中無休
【交通】車で那覇空港からの所要時間は、1時間15分。詳細はこちら
【駐車場】無料
【料金】入園料:大人 1000円 小人500円
詳しくはこちら
【公式サイト】https://www.bios-hill.co.jp/

第4位・残波岬(読谷村)

30mの断崖がおよそ2kmに渡って続く岬であり、その風景は勇壮で圧巻。

沖縄本島では最後に日が沈む場所としてもおなじみのスポットです。

駐車場の公園にはヤギなどの動物もいるので、家族で訪れてみてはいかがでしょうか??

季節を問わずに雄大な景色を見ることができますが、台風の時は波にさらわれる恐れもあるので近づかないようにしましょう。

・基本情報

【住所】沖縄県読谷村宇座1861
【電話】098-958-0038
【交通】那覇空港から高速道路利用で約1時間(距離は50キロ)国道58号線伊良皆交差点より車で約15分。
【駐車場】無料

第3位・琉球村(恩納村)

View this post on Instagram

ぐっちゃんさん(@guuchian)がシェアした投稿

沖縄の文化・芸能・自然を体験できる琉球村では、さとうきび収穫やテラコッタを使ったシーサー作りなど楽しめます。

天候、季節問わずに楽しむことができます!

短時間から長時間まで個人の時間に合わせてプランを立てることも可能なので、沖縄観光の思い出に立ち寄ってみてはいかがですか?

プラン方法についての記載はこちらをチェック!

・施設情報

【住所】沖縄県国頭郡恩納村山田1130
【電話】098-965-1234
【営業】8:30~17:30(2018年7月から時間変更、9:00~18:00)
【交通】・路線バスの場合:那覇から沖縄バス・琉球バス路線の名護行きで約60分、琉球村前で下車。
・お車の場合:那覇空港から国道58号線を北へ30キロ、貸切バス、タクシー・レンタカーで約60分。
【駐車場】周辺に無料駐車場多数
【料金】大人1,200円 小人600円
【公式サイト】https://www.ryukyumura.co.jp/

第2位・万座毛(恩納村)

View this post on Instagram

池端克章さん(@katsuaki_life)がシェアした投稿

沖縄本島の中心にある県指定の名勝・天然記念物。

エメラルドグリーンの海と断崖、天然芝の色彩の妙も美しいスポットです。

「万人が座する草原」が万座毛の由来なのだそう。

ずっと眺めていたいほどのまばゆい景色ですよ。

季節、天候問わずに圧倒的な景色を見ることができます!

台風など風が強い時は危険なので避けましょう(笑)

・基本情報

【住所】沖縄県国頭郡恩納村恩納2870-1
【電話】098-966-1280(恩納村役場 商工観光課)
【交通】・バスの場合:那覇バスターミナルからバスで90分
・お車の場合:屋嘉IC⇒国道58号線を北上し、「恩納(北)」の交差点を左折(約10分)
【駐車場】無料

第1位:アメリカンビレッジ(北谷町)

沖縄のアメリカンビレッジ American Village in Okinawa, Japan
photo by Adobe

東京ドーム5個分の大きさを持ち、アメリカ西海岸の街並みを再現したアメリカンビレッジ。

カフェ、レストランからアミューズメント施設、ホテル、ビーチまで何もかもが勢ぞろいしています。

また、外国人観光客も多いのでまるで海外にいるかのような感覚に包まれるかもしれません。

また、上記でも述べたように複合施設なので、季節、天候問わずに楽しむことができます!


・施設情報
【住所】〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町字美浜15-69
【電話】098-926-5679
【営業】店舗による(多くは21時前後で閉店)
【アクセス】車:那覇空港から国道58号線を北上して車で約35分
バス:那覇市内からは20番(名護西線)、28番(読谷楚辺線)、29番(読谷喜名線) 那覇空港からは120番(名護西空港線)
詳しくはこちらをご覧ください
【駐車場】無料 アメリカンビレッジ内に4個の駐車場あり。
【公式サイト】https://www.okinawa-americanvillage.com/

南部ランキングは次のページへ!!

logo