【沖縄・やちむんの里】きっとお気に入りの器に出会える陶器の里 | Stayway Media

【沖縄・やちむんの里】きっとお気に入りの器に出会える陶器の里

SEI

トラベルライター

沖縄 やちむんの里 共同窯
photo by SEI

「やちむん」とは沖縄の方言で陶器のこと。沖縄の陶器工房が集まるエリアを「やちむんの里」といいます。

沖縄を代表する陶工たちの素朴でアートな作品を手に取ることができ、琉球建築の迫力ある登り窯などフォトジェニックなスポットも楽しめる場所です。

そんなやちむんの里についてご紹介しましょう。

1. 「やちむんの里」とは…

沖縄 やちむんの里 共同窯
photo by Koenig

「やちむん」とは、ウチナー口(沖縄の方言)で「焼き物・陶器」のこと。読谷村にある「やちむんの里」は、琉球ガラス工房を含め19の工房が集まったエリアです。世界遺産の座喜味城跡近くにあります。

この投稿をInstagramで見る

Akikoさん(@akiiiii1025)がシェアした投稿

やちむんの里誕生の発起人であり、人間国宝の故・金城次郎さんの流れをくむ工房や新しさを感じる工房など、個性豊かな陶器の数々に出会える場所です。

それぞれの工房は独立し、陶器の制作と同時に販売もしているので、きっとお気に入りの器に出会えるでしょう。

また、琉球様式の赤い瓦屋根の建物などもあり、沖縄らしい景色も楽しめます。エリア奥にある共同登り窯は外せないインスタ映えスポット!

陶器にあまり興味のない人にも、散策が楽しめる場所ですよ!

沖縄 やちむんの里
photo by SEI

【スポット評価】気になるやちむんの里の評価は…

点数理由
友達と5敷地がゆったりしていて素晴らしい景色が広がっています!
恋人と5自然の美しい景色の中に、昔からの琉球様式の建物を観ることができて、タイムスリップしたみたい!
家族で3.5手に取ってみることができ、那覇市内よりリーズナブルかも!
小さな子と2.5小さい子供を連れて歩くには距離があり、少し疲れるかも…
ひとり旅5それぞれの窯元をゆっくり見て回ることができます!
出張で3タクシーかレンタカーで行ったほうがいい。時間のあるときに来たい!

インターネット上の口コミ、評価を調べたところ、概ね高評価でした。

無料で利用できる駐車場があるので便利ですが、敷地が広く、小さなお子さんを連れた方には歩く距離があるので少し大変かもしれません。また、陶器を見るときにも触れる位置に陶器があるので気を付けてとの参考になる口コミもありました。

窯元を見て歩くだけでも楽しい(30代 女性)

作品が触れる位置にもあるので、小さな子供と一緒の時は注意して!(30代 男性)

バスは乗換えがあるので、タクシーで行ったほうがいいと思います。(40代 女性)

購入する気がなかったのに、ステキな陶器ばかりでつい買ってしまった!(20代 女性)

2. やちむんの里へのアクセス

やちむんの里へは、那覇空港からは国道58号、県道12号を経由すると約30km、約1時間。沖縄自動車道 沖縄北ICから約20分の距離です。喜名交差点から座喜味城跡方面へ進むと約5分で到着します。

バスの利用も可能ですが、乗換えがあり解りにくいので車を利用すると便利でしょう。空港周辺にはレンタカー会社の営業所が多数あるので、飛行機到着時間に合わせ利用できるように予約をしておくことをおすすめします。

【地図】

【正式名称】やちむんの里
【住所】〒904-0301 沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653-1
【アクセス】那覇空港から車で約1時間 沖縄南ICより約20分
【営業時間】9:00~18:00
【電話番号】098-958-4468
【公式サイト】http://www.yomitan-kankou.jp/detail

3. 登り窯は必見! やちむんの里の見どころ

沖縄 やちむんの里の風景
photo by よしこ888

この投稿をInstagramで見る

Kaho.fre.22さん(@kaho.fre.22)がシェアした投稿

沖縄を代表する陶芸家の工房が集まる「やちむんの里」。陶器に興味のある人はもちろん、陶器はそれほどでも…という人でも、沖縄らしい景色や建物を楽しむことができる観光スポットなので楽しむことができますよ。

➀ フォトジェニックな「共同登り窯」

沖縄 やちむんの里 共同窯
photo by SEI

1980年(昭和55年)に築かれた読谷山焼共同窯赤い瓦のやちむんの里を象徴する建造物です。

登り窯とは、火入れをする窯から斜面に添って上るように造られた窯。火が坂道を上るように奥の窯に向かって行くため、火窯に近い窯と奥にある窯とは焼き具合が変わるとのこと。それが焼き物の妙なのですね。

② 共同販売所

やちむんの里の奥には「北窯」「読谷山窯」の共同販売所があります。広々とした沖縄らしい風景の中をゆったり進んで行くと、そこにはインパクトのある建物が…。個性豊かな陶器とともに楽しんで下さいね。

北窯 共同売店

沖縄 やちむんの里
photo by SEI

やちむんの里の入り口にある駐車場から進んで左奥にある「北窯」の共同売店。松田米司さん、松田共司さん、宮城正享さん、與那原政守さんの作品が揃います。されぞれ作風が違うので、比較しながら見るのも楽しいですよ。

読谷山窯 共同売店

この投稿をInstagramで見る

☆ Hiromi ☆さん(@hiromi405)がシェアした投稿

入り口駐車場から進んで右奥にある「読谷山窯」の共同売店。山田真萬さん、大嶺實清さん、玉元輝政さん、金城明光さんの作品が購入できます。どっしりとした登り窯と共同売店はひと際人目を惹く建物です。

③ やちむんの里の工房たち

沖縄 やちむんの里
photo by SEI

唐草文様や印花(イングァー)という紋様が特徴のやちむん。生地の厚みとおおらかな絵付けも特徴です。(写真は陶芸工房ふじさんの器)

個性的なやちむんの里には19の工房が集まります。その中から5つの工房をご紹介しましょう。

読谷山焼 大嶺工房

この投稿をInstagramで見る

toshiki_tsujiokaさん(@toshiki907)がシェアした投稿

ユニークなシーサーが並ぶ大嶺實清さんの工房。息子さん4人もそれぞれ窯を構え活躍中です。

沖縄の海を表現したようなペルシャ釉の鮮やかなブルーが美しい陶器が印象的!

【正式名称】読谷山焼 大嶺工房(大嶺實清)
【住所】沖縄県読谷村字座喜味2653-1
【電話番号】(ギャラリー囍屋)098-958-2828

読谷山焼 横田屋窯

この投稿をInstagramで見る

もやい工藝さん(@moyaikogei)がシェアした投稿

沖縄固有の植物などの釉薬を使用した陶工・知花實さんご夫妻の工房。この工房では、素朴でかつ力強く大胆な作品に出会うことができます。

【正式名称】読谷山焼 横田屋窯
【住所】沖縄県読谷村字座喜味2651-1
【電話番号】098-958-0851

宮陶房

この投稿をInstagramで見る

🅜🅘🅝🅐さん(@chicachica_boo)がシェアした投稿

人間国宝に選ばれた故・金城次郎さんの長女、宮城須美子さんの工房。次郎さんの特徴である線彫りによる魚や海老の紋様が女性らしいラインで蘇っています。

ハイビスカスなどオリジナルなデザインもあり、女性のファンが多い工房です。

【正式名称】宮陶房
【住所】沖縄県読谷村字座喜味2677-6
【電話番号】098-958-5094

陶芸工房ふじ

この投稿をInstagramで見る

azusakoさん(@lotus_cafe0312)がシェアした投稿

こちらは金城次郎さんのお孫さん、藤岡香奈子さんの工房。次郎さんの特徴である魚の紋様をふまえつつ、ハイビスカス、月桃、くじらや魚など海の生き物など、女性らしいオリジナルの紋様が特徴です。

工房の中では作業の様子を見学することもでき、香奈子さんとの会話を楽しむこともできますよ!

【正式名称】陶芸工房ふじ
【住所】沖縄県読谷村字座喜味2677-1
【電話番号】098-989-1375

常秀工房

この投稿をInstagramで見る

やちむん市場 うつわ処 IRODORIさん(@stonefield_6292018)がシェアした投稿

島袋常秀さんの工房で、伝統的な手法を踏襲しながら、コーヒーカップやボールなど日常使いができる作品が多数。呉須や赤絵が特徴の工房です。

【正式名称】常秀工房
【住所】沖縄県読谷村字座喜味2748
【公式サイト】https://tunehidekobou2.ti-da.net/
【電話番号】090-1179-8260

4. 欲しかった陶器をお得にゲット! 陶器市

この投稿をInstagramで見る

ゆきさん(@yukiyuki4818)がシェアした投稿

やちむんの里では、毎年12月に読谷山窯と読谷山北窯の共同で「読谷山焼陶器市」を開催!様々な陶器が通常よりリーズナブルに購入できますよ!毎年大勢のやちむんファンで大盛況。作家さんとの会話も楽しめます。

12月だけでなく、10月の「読谷やちむんと工芸市」、11月の壺屋焼窯元による「壺屋陶器まつり」、2月の読谷村内の窯元が一堂に会する「読谷やちむん市」など、お気に入りの陶器がリーズンブルにゲットできる陶器市は是非訪れたいイベントです!

5. やちむんの里の陶器にも出会える!周辺グルメ

沖縄 グルメ
photo by SEI

やちむんの里の周辺にあるおすすめのグルメスポットをご紹介しましょう。

沖縄ならではの美味しいグルメはもちろん、やちむんも楽しめますよ♪

読谷食堂 ゆいまーる

この投稿をInstagramで見る

趣味垢/シンガーソングライターさん(@emaema.emaema0730)がシェアした投稿

「ゆいまーる」とは沖縄の言葉で「助け合い」の意味。読谷村共同販売センターの施設内にあります。メニューには、ソーキそばやフーチャンプルーなど沖縄料理の定食が並びます。

メニューの種類も豊富。その上、リーズナブルでボリューム満点!

沖縄の家庭料理を食べたいときは、ここがおすすめです!

【地図】

【正式名称】読谷食堂ゆいまーる
【住所】沖縄県中頭郡読谷村座喜味2723-1
【アクセス】沖縄自動車 石川ICより車で約15分
【電話番号】098-958-6719

tou cafe and gallery

この投稿をInstagramで見る

colorful okinawaさん(@colorful_okinawa)がシェアした投稿

2017年(平成29年)にオープンした、やちむんの里にある北窯の陶工・松田米司さんの作品が楽しめるカフェ&ギャラリー。松田さんの娘さん二人がお店を切り盛りしています。

コンクリートの建物はまるで美術館のよう。松田さんの作品が展示されたギャラリーもカフェコーナーもおしゃれに飾り付けられ、落ち着いた雰囲気のなかで食事を楽しむことができます。

食事はカレーを中心にしたメニュー。タンドリーチキンやポークカレー、ナスとチキンのカレーなど。デザートのガトーショコラも人気です。

【地図】

【正式名称】tou cafe and gallery
【住所】沖縄県読谷村伊良皆578
【アクセス】那覇空港より車で約1時間
【公式サイト】https://www.instagram.com/tou.cafeandgallery/
【電話番号】098-953-0925

やちむん&カフェ 群青

この投稿をInstagramで見る

Sampsellさん(@t.samp)がシェアした投稿

手作りのシーサー型石窯で作られたピッツァを中心にしたカフェ。ユニークな石窯が目を引きます。

相馬正和さんの陶眞窯の陶器を販売しており、陶眞窯の陶器で食事ができます。

晴れた日には潮風を感じるテラスで食べるのがおすすめ♪

【地図】

【正式名称】やちむん&カフェ 群青
【住所】沖縄県読谷村座喜味2898-21
【アクセス】那覇空港より国道58号線経由で約50分
【公式サイト】http://tousingama.com/gunjyocafe/
【電話番号】098-927-9167

6. Q&Aについて

Q. 駐車場はありますか?

A. 共同の無料駐車場があります。

Q. Wi-Fiは利用できますか?

A. 読谷村無料Wi-Fi「Yomitan_Free_Wi-Fi」を利用することができます。

7. 周辺の観光スポット

座間味城跡

この投稿をInstagramで見る

japantripさん(@japanculturalheritage)がシェアした投稿

「続日本100名城」にも選ばれた世界遺産「座喜味城」。15世紀初期、築城の名手といわれた護佐丸(ごさまる)によって築かれたと伝わります。

石垣のアーチ門など曲線が美しい城跡。残波岬や恩納村の海岸などを一望することができる絶景スポットです。

【地図】

【正式名称】座間味城跡
【住所】沖縄県中頭郡読谷村座喜味708-6
【アクセス】那覇バスターミナル29番読谷線より路線バス乗車 座喜味バス停下車 徒歩約15分
【公式サイト】http://www.yomitan-kankou.jp/detail
【電話番号】(読谷村役場 文化振興課)098-958-3141

ニライビーチ

この投稿をInstagramで見る

𓇼saruchi𓇼さん(@sa_ru_chi)がシェアした投稿

ホテルが建つ海岸ですが、掘削を行なわず、自然の岩などをそのままに天然を残した遠浅の美しい海岸です。宿泊客でなくても楽しめます!

また、カナイビーチと続いているので、たっぷり海を満喫できるスポットです。

【地図】

【正式名称】ニライビーチ(村営)
【住所】沖縄県中頭郡読谷村儀間600
【アクセス】体験王国むら咲むらより車で約1分 残波岬より車で約5分
【公式サイト】http://www.yomitan-kankou.jp/detail
【電話番号】(マリンハウス)098-982-9622(読谷村役場商工観光課)098-982-9216

体験王国むら咲むら

この投稿をInstagramで見る

@SEALIVING_OKINAWAさん(@mianworks)がシェアした投稿

1万5千坪もの敷地に、琉球王国時代の町並みを再現した32の工房がある観光スポットです。

琉球吹きガラス、陶芸、紅型などの工房があり、シーサー色付けや藍染体験などの100以上の体験できるので、一日中遊ぶことができますよ!

【地図】

【正式名称】体験王国むら咲むら
【住所】沖縄県中頭郡読谷村高志保1020-1
【アクセス】那覇空港より国道58号線経由で車で約1時間30分
【公式サイト】https://murasakimura.com/
【電話番号】098-958-1111

琉球様式の建物と素朴でアートな陶器に出会える場所

いかがでしたか?

「やちむんの里」」をご紹介いたしました。

ゆったり広々とした敷地に19の工房があり、陶器好きにはたまらない場所!

陶器にあまり関心がなくても、登り窯など迫力の建造物もあり琉球らしさを感じることができる観光スポットになっています。

周辺には美しい海岸や世界遺産もあるので、観光や遊びも満喫することができるエリアです。

沖縄観光のスポットに加えてはいかがでしょうか。

沖縄最北端でドライブを満喫しよう!

沖縄の中でももっとも手付かずの自然で溢れているのが沖縄県北部!国際通りや水族館、海水浴もいいけどたまには観光客の少ない場所でゆっくりした〜い、そんな方にオススメの北部ドライブコース!見所たくさんの北部オススメのドライブコースを紹介します♡

在住者がおすすめ!沖縄のパワースポット13選

沖縄は「まるごとパワースポット」とでも言うべきダイナミックなパワーと癒しに満ちた場所。今回は「神の島」と呼ばれる久高島や浜比嘉島、宇宙を感じる神社など沖縄本島周辺のパワースポット13選をご紹介!次の沖縄旅行はパワースポット巡りへ!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

logo