パリ在住者がお伝えするパリの治安情報🚨

小餅芋餅

トラベルライター

フランス 治安(写真:本記事記者小餅芋餅)

パリに旅行に行きたいけど、治安が良くないと聞いて不安だったり、旅行に行く決心がつかなかったりされる方もいるのではないでしょうか。

もちろん治安の面でいうと日本がずば抜けて良いのですが、用心さえすればパリも大丈夫です。

今回は20区ごとの治安状況をお伝えします。

1 パリ1区の治安状況

View this post on Instagram

Théo 🇫🇷 Discover Parisさん(@theo_captures)がシェアした投稿

パリ1区といえば、パリのほぼ中心をさします。シテ島もやや含みます。

ルーブル美術館やチュイルリー公園を始め、ブランドショップが立ち並ぶサン=トノレ通りなど、煌びやかなパリという位置です。

ここで暴動があったりということはありませんが、有名な観光地ですのでスリに気をつける程度の注意レベルで大丈夫です。

パレロワイヤル
【住所】Palais-royal-paris, 6 rue de Montpensier, 75001 Paris
【アクセス】メトロ1,7 Palais royal-Musée du Louvre、メトロ7 Pyramides
【営業日】毎日
【料金】無料
【公式サイト】http://monumentsdeparis.net/

2 パリ2区の治安状況

View this post on Instagram

French Paradiseさん(@french_paradise_)がシェアした投稿

パリ2区は1区の北にあります。一番小さな面積と言われています。

とても落ち着いた場所で、パッサージュがたくさんある場所です。

この辺りも暴動や喧騒といった雰囲気はあまりない穏やかな場所ですので、スリに気をつける程度で大丈夫です。

Galerie Vivienne(パッサージュの女王)
【住所】 5 Rue de la Banque, 75002 Paris
【アクセス】メトロ3 Bourse、メトロ9 Grands Boulevards – Richelieu Drouot、メトロ1 Palais Royal
【公式サイト】http://www.galerie-vivienne.com/

3 パリ3区の治安状況

View this post on Instagram

Juan García-Hinojosaさん(@jghinojosa)がシェアした投稿

パリ3区はマレ地区〜レピュブリック広場あたりをさします。

中世の趣が今なお残るマレ地区はパリっ子にも人気のスポットです。冬の暗い時期は街灯がぼんやりと暗めなので心細くも感じますが、治安は比較的良いです。

レピュブリック広場では週末デモ行進などが行われていますが、観光客に危害があるようなことはありません。

L’as du fallafel(マレ地区人気のファラフェル屋さん)
【住所】 32-34 Rue des Rosiers, 75004 Paris
【アクセス】メトロ1 Saint-Paul
【営業】土曜は夜営業、他はお昼も営業
【公式サイト】http://l-as-du-fallafel.zenchef.com

4 パリ4区の治安状況

View this post on Instagram

N I C O L A Sさん(@nicolassimoes)がシェアした投稿

パリ4区はパリ市庁舎、ポンピドゥセンター、ノートルダム大聖堂を含むシテ島とサンルイ島になります。

日頃から観光客や地元パリっ子で賑わっている界隈なので、夜も安心して歩くことができます。

ただ、人が多い分よりスリに注意したほうが無難です。

パリ市庁舎
【住所】Place de l’Hôtel de Ville, 75004 Paris
【アクセス】メトロ1 Hôtel de Ville
【営業】土日定休
【公式サイト】http://www.cosmovisions.com/

5 パリ5区の治安状況

View this post on Instagram

Paris P@RIS #ThisisParisさん(@paris)がシェアした投稿

パリ5区はカルチエラタンと呼ばれる学生街にあたります。

そのため、この辺りはソルボンヌ、パリ大学、パンテオンといった教育施設が多く存在しています。

またパリ植物園や自然博物館もある場所で、大変穏やかな時間が流れています。

学生が多い場所ですので、学生的な賑やかさがある場所です。比較的治安は良いといえます。ただしパリ植物園側、オーステルリッツ駅周辺は少し警戒レベルをあげましょう。

パンテオン(フーコーの振り子が今も)
【住所】Place du Panthéon, 75005 Paris
【アクセス】メトロ7,10 Jussieu
【営業】毎日営業、26歳以下は無料、27歳以上は9ユーロ
【公式サイト】http://www.paris-pantheon.fr

6 パリ6区の治安状況

View this post on Instagram

Stefany Hillekeさん(@stefanyhilleke)がシェアした投稿

6区もカルチエラタン、学生街の区域です。サンジェルマン界隈ですので、お買い物できるスポットから老舗カフェなどがあります。

こちらも高等学校がたくさんあるだけではなく、パリっ子に人気の憩いの場、リュクセンブルグ公園やダヴィンチコードの撮影地になったサンシュルピス教会などもあります。

観光客も多いのですが地元の方も多く、大変賑わっています。治安も良く、のんびりと過ごすことができそうです。

サンシュルピス教会
【住所】 2 Rue Palatine, 75006 Paris
【アクセス】メトロ4  Saint Sulpice
【営業】毎日営業 無料
【公式サイト】https://www.parisinfo.com/
小餅芋餅
よく一人でふらりと海外旅行に出かけ、これまでに26カ国は訪れました。現在はパリ在住ですが、そのほかも女子旅、一人旅で経験した素晴らしい各国のことを一緒に共有したいと思います。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo