パリ在住者が解説!パリでの気温・服装について👕 | Stayway Media

パリ在住者が解説!パリでの気温・服装について👕

小餅芋餅

トラベルライター

フランス 気候と服装

(写真:本記事記者小餅芋餅)

パリへ旅行に行くと決まった時に気になるのが滞在時の気候とどんな服装が適しているか、ですよね。

1年を通してパリがどんな気候なのか、みんなどこに出かけるのか、パリジェンヌとパリマダムの服装の傾向を交えながらご紹介します。

春のパリ・気候について

View this post on Instagram

Paula Bacherさん(@paulabacher)がシェアした投稿

パリの春といえば3月〜5月ごろ。厳しい冬を乗り越えたパリは3月後半から4月にかけて、一気に緑が芽生えます。

毎年その生命力の強さ、美しさに感動します。

春のパリは非常に過ごしやすいです。

日本と比べてやや肌寒いくらいですので、何か羽織るものがあると便利です。

そんな春にパリっ子たちは緑を楽しみに出かけます。

パリの桜を見るのはいかがでしょうか。

Chateau de Sceaux
【住所】92330 Sceaux
【アクセス】RER B線  Parc de Sceaux から徒歩15分ほど
【公式サイト】http://domaine-de-sceaux.hauts-de-seine.fr

春のパリ・パリジェンヌやパリマダムの服装について

View this post on Instagram

L i z B e n s h uさん(@liz.ben.shushan)がシェアした投稿

春の時期、パリジェンヌやパリマダムはどんな格好をしているでしょうか。

よく見るのがやはり黒革のジャケットです。まだ少し肌寒いのでジャケットを羽織ってクールに決めるもよし、スカートを履いてガーリーに決めるもよしとされているようです。

さらにスカーフを上手に着こなしているのもパリっ子達の特徴といえるでしょう。

夏のパリ・気候について

View this post on Instagram

Susan Reyes (PeruvianInParis)さん(@susan_reyes)がシェアした投稿

夏のパリはカラッとしているので日本と比べて過ごしやすい気がします。

6月の夏至では日が沈むのが22時ごろですので、1日を思いっきり長く楽しむことができます。

8月が、かつては最高気温32度くらいだったのですが、2018年は猛暑が襲い、38度まである日もありました。

ちなみにクーラーが付いているお店やバス、レストランが多くないため、扇子などを持って行った方が吉です。

6月7月は夜は涼しく寝やすいです。

そんな夏には、パリっ子たちは水際にてピクニックを遅くまで楽しみます。

セーヌ川沿いのパリ・プラージュ(パリの砂浜)であったり、サンマルタン運河で持参したワインやチーズでひと時を過ごします。

La croisière du canal saint martin
【住所】Parc de la Villette, 211 Avenue Jean Jaurès, 75019 Paris
【営業】毎日運行、大人22€〜
【アクセス】オルセー美術館発 もしくは Parc de la Villette発
【公式サイト】https://www.pariscanal.com/

夏のパリ・パリジェンヌやパリマダムの服装について

View this post on Instagram

Tofanaさん(@aqua_tofana1)がシェアした投稿

とにかく暑い夏は、さらっと着こなせるワンピースやキャミソールなどを愛用する方が多いです。

忘れてはいけないのがサングラス。そして帽子を上手く使う方がパリっ子には多いように感じます。麦わら帽子が大人も子供もお似合いで可愛いのです。

秋のパリ・気候について

View this post on Instagram

Ericsaufさん(@ericsauf)がシェアした投稿

9月〜11月ごろのパリは非常に過ごしやすいです。長袖が羽織れる状況であれば大丈夫です。

ただ、時たま10月中旬に4度くらいしかない、という日が訪れます。逆に、11月でも12度くらいはあるという日もあります。

気候が涼しめなのですが、天候は読めないため軽く羽織れるタイプのものを2〜3用意しておくと無難です。

秋めいたパリはことさら哀愁漂い、胸が苦しくなるような景色に出会えます。そんな芸術の秋には美術鑑賞がイチオシですが、今回は少し変わった場所をご紹介します。

Museum national d’histoire naturelle
【住所】
【営業】火曜定休
【アクセス】メトロ5 Gare d’Austerlitz,、メトロ7 Censier Daubenton、メトロ10 Jussieu ou Gare d’Austerlitz、RER C線 Gare d’Austerlitz
【公式サイト】https://www.mnhn.fr

秋のパリ・パリジェンヌやパリマダムの服装について

View this post on Instagram

🅰🅽🆃🅾🅽🅸🅾 🅾🆁🅳🅾🅽🅴🆉さん(@antonioordonez_)がシェアした投稿

秋のパリジェンヌ、パリマダムが1年を通してもしかしたら一番おしゃれなのかもしれません。

過ごしやすい季節のため、思う存分にファッションを楽しんでいます。ちょっとベレー帽をかぶってみたり、大判のスカーフを巻いたり。

ヒールの高い靴を履いてコツコツと石畳を闊歩する姿は凛々しいです。

マスキュランなジャケットを肩に引っさげてサッと道路を横切る姿は絵になります。

冬のパリはこちら!👇

小餅芋餅
よく一人でふらりと海外旅行に出かけ、これまでに26カ国は訪れました。現在はパリ在住ですが、そのほかも女子旅、一人旅で経験した素晴らしい各国のことを一緒に共有したいと思います。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo