必見!在住者が教える佐賀県の隠れた名スポット20選! | Stayway Media

必見!在住者が教える佐賀県の隠れた名スポット20選!

Tokunaga Saki

トラベルクリエイター

佐賀アイキャッチ

photo by yuri


九州といえば、やはり思いつくのは福岡や長崎などではないでしょうか。

そんな二県に挟まれるように立地している佐賀県。

印象が薄いイメージもありますが実は隠れた名スポットが満載。佐賀に在住している筆者がオススメする名スポット20選をご紹介します!

佐賀地図.png

Photo by stayway編集部

第23位 有田ポーリセンパーク(伊万里エリア)

ろくろ

Photo by adobe

17世紀以降、ヨーロッパの王候貴族を魅了し、世界の陶磁器に影響を与えた有田焼の里ならではのテーマパーク。

ろくろ体験や手びねりができ、佐賀観光の思い出作りには欠かせなスポットです。

自分だけの有田焼を思い出とともに持ち帰りましょう!

第22位 いか道楽のいか(唐津エリア)

佐賀 いか いか道楽

Photo by 金井美咲輝

漁師直送の新鮮なイカを堪能できるお店、いか道楽。

注文が入ってから生きているイカをさばくので、テーブルに出てくるときはまだ足が動いている状態です!

いかの頭をお刺身として食べたら、ゲソはカリッと揚げてからあげにしてくれます♪

部位ごとに一番おいしい調理法で提供してくれるので、イカ丸々一匹を贅沢に食べられます。

第21位 波戸岬(唐津エリア)

波戸岬

Photo by adobe

海と草原のが広がる波戸岬。

天気が良いと、一直線に伸びる美しい水平線と、佐賀の周りの島々を望め、最高の展望を体験できます。

また、岬には白いハートのオブジェがあり、恋人の聖地としても人気を集めています。

近年はインスタ映えスポットとして話題沸騰中のスポットです。

第20位 轟の滝(杵藤エリア)

轟の滝

Photo by adobe

周囲が公園として整備されている滝つぼ面積2500㎡ある滝。

三段の滝から形成され、平坦地にある滝としては珍しく落差11mを誇る迫力を感じることができます。

四季折々の美しい花が咲き、川のせせらぎが心地よい自然豊かなスポットです。

第19位 武雄の大楠(杵藤エリア)

武雄の大楠

Photo by adobe

武雄の大楠. 全国巨木第7位にランクし、樹齢3000年以上で、市の天然記念物に指定されています。

武雄市内最古の神社、武雄神社の神木となっており、象の足を思わせる根元がごつごつした樹皮に覆われ、その中央が地表近くで口を開けています。

触れば運気が上がるといわれるパワースポットです。

第18位 鏡山展望台(唐津エリア)

佐賀 虹の松原

Photo by adobe

鏡山は標高284mの山で、眼下に市街地はもちろん、国の特別名勝・虹の松原や唐津湾、そのかなたに壱岐の島影をも望む、絶景を誇る名所。

鏡山山頂には、展望台や休憩所、芝生の広場が整備され、桜やツツジなどの花の名所でもあります。

その展望デッキは出っ張ったつくりで、そこに立つと開放感をたっぷり感じます。

17位 虹の松原(唐津エリア)

虹の松原

Photo by adobe

国の特別名勝で、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原のひとつに数えられる景勝地です。

唐津湾沿いに、虹の弧のように連なる松原がとても美しく、その松は約100万本といわれています。

その背景には深い歴史や七不思議があるのだとか。

第16位 佐賀城跡(佐賀市エリア)

佐賀城

Photo by adobe

日本百名城に選ばれている「佐賀城」。

天守閣は残っていませんが、濠や石垣は壮麗で見ごたえがあります。

城内の本丸跡地には「佐賀県立佐賀城本丸歴史観」があり、佐賀城跡と合わせて楽しむことができます。

佐賀の歴史を存分に堪能できるおすすめスポットです。

第15位 佐賀県立佐賀城本丸歴史館(佐賀市エリア)

この投稿をInstagramで見る

kochi(@51kochi19841229)がシェアした投稿

 「佐賀県立佐賀城本丸歴史観」では、時代を先導した「幕末維新期の佐賀」をテーマに佐賀城の復元や幕末維新期を先導した佐賀藩の科学技術、佐賀が輩出した偉人について紹介されています。

また、館内に入ると45メートルも続く畳敷きの長い廊下や320畳の大広間が広がっており、心地よい和空間を体感することができます。

展示方法は城内とは思えない3DやARなどユニークで、歴史に興味がない方でも十分楽しむことができます。

第14位 泉山磁石場(伊万里エリア)

泉山磁石場

Photo by adobe

「泉山磁石場」は、有田焼の原料となる陶石の採掘場です。

江戸時代初期の1616年、朝鮮人陶工の李参平により発見され、日本で初めて磁器が誕生しました。

現在、発掘調査はほとんどされていませんが、長年にわたって掘り続けられた山の形は奇観で、観光スポットとして知られています。

第13位 有田温泉(伊万里エリア)

この投稿をInstagramで見る

Sakamoto Jai-an(@jai_an_sakamoto)がシェアした投稿

源泉かけ流しの天然ヌルヌル湯が自慢の有田温泉。

そのヌルヌルの泉質は、美肌効果があるとされ、女性に大人気な温泉です。

多くの温泉がある九州でも佐賀県の有田温泉は、九州の人たちがわざわざ足を運ぶほどなのだとか♪

女性にはぜひ一度は行っていただきたい名湯です。

第12位 佐賀県立森林公園(佐賀市エリア)

佐賀バルーンフェスタ

Photo by adobe

「佐賀県立森林公園」は、子供が喜ぶアスレチックがいくつもあり、地元の家族連れはよくここを訪れ、楽しい休日を過ごします。

小川が流れる憩いの場もあり、日々の疲れを癒すにはぴったりのスポットです。

また、公園の横を流れる嘉瀬川の河川敷では、毎年アジア最大級のスカイスポーツイベントが開催され、たくさんの熱気球が空に浮かびます。

一生に一度は見ておきたい絶景です。

第11位 唐津城(唐津エリア)

唐津城

Photo by aodbe

真っ白な美しい壁が特徴的で、佐賀県自慢の海を一望できる絶景スポット、「唐津城」。

別名「舞鶴城」とも呼ばれ、四季折々の風景を楽しめ、特に桜と藤の花が素晴らしくきれいです。

それもそのはず、花見の名所として知られており、春になるとたくさんの人がここを訪れます。

第10位 海中鳥居(杵藤エリア)

佐賀 海中鳥居

Photo by adobe

佐賀県太良町の有明海に浮かぶ大魚神社の海中鳥居。

平成29年には、22世紀に残す佐賀県遺産として認定されました。

通常は海に浮いているように見える鳥居ですが、引き潮時には鳥居の下を歩くことができます。

また、日の出や日没など綺麗に海に反映される光は、カメラマンの中でとても有名なカメラスポットとなっています。

・施設情報
【住所】〒849-1602 佐賀県藤津郡太良町多良1875−51
【電話】0954-67-0312(太良町役場 企画商工課)
【交通】車:肥前鹿島駅前交差点より国道207号を南へ約20分の「道の駅太良」から、さらに南へ5分
電車:JR長崎線多良駅下車、国道207号を北に歩いて約10分。

第9位 呼子の朝市(唐津エリア)

呼子

Photo by adobe

佐賀県唐津市呼子町呼子朝市通りで開かれる朝市。

採れたての海産物や特産物が通りにずらっと並びます。

石川県輪島市の輪島朝市、千葉県勝浦市の勝浦朝市、岐阜県高山市の宮川朝市と並ぶ、日本四大朝市のひとつに数えられています。

特に呼子のイカは全国的に有名です。

朝採りのウニを割ってその場で食べることもでき、海鮮好きにはたまらないスポットです。

・施設情報
【住所】〒847-0303 佐賀県唐津市呼子町呼子朝市通り
【電話】0955-53-7129
【営業】7:30~12:00
【交通】

・車の場合 福岡市内からも佐賀市内からも車で1時間30分ほど。日帰りドライブコースとしても人気です。
・電車の場合 地下鉄博多駅から(地下鉄・JR筑肥線)JR唐津駅まで最短66分。JR佐賀駅から(唐津線)JR唐津駅まで約60分。JR唐津駅から徒歩5分で唐津バスセンター、昭和バスに乗車し30分で呼子到着。
【駐車場】有料

第8位 七ツ釜(唐津エリア)

Photo by gtknj
国の天然記念物にも指定されている佐賀県唐津市にある七ツ釜。

岩壁は深く荒波に晒され侵食しており、見事な7つの洞窟が自然と完成している迫力あるスポットです。

また、一面に広がるエメラルドグリーンの海も絶景となっており、遊覧船で洞窟近くまで行くことも可能です。

・施設情報
【住所】〒847-0135 
佐賀県唐津市屋形石
【電話】唐津市観光課 TEL 0955-72-9127
【交通】
JR駅からの場合…JR唐津線、筑肥線唐津駅から、タクシー利用で20分

マイカー利用の場合…長崎自動車道多久ICから車で60分

バス利用の場合…唐津市大手口バスセンターから昭和バス湊経由・呼子行き乗車、バス停七ツ釜入口下車、徒歩20分
【駐車場】七ツ釜駐車場 約50台(無料)

第7位 吉野ヶ里遺跡(東部エリア)

Photo by Dick Thomas Johnson
弥生時代から残る大規模な集落跡。

中学校のころ、教科書で学んだ覚えがある方も多いのではないでしょうか。

国の特別史跡に指定されており、時代を感じる造りや移り変わりを体感することができます。

また、勾玉造りや火おこしなどを体験できる場所もあり、子供だけでなく大人も楽しむことができるようになっています。

・施設情報

【住所】
〒842-0035 
佐賀県神埼郡吉野ヶ里町大字田手1843
【電話】
0952-55-9333
【営業】
営業時間:9:00~17:00 4月1日~5月31日/9月1日~3月31日
営業時間:9:00~18:00 6月1日~8月31日
休業:年中無休(12/31)/1月の第3月曜日及びその翌日

【交通】
吉野ヶ里公園駅から徒歩で15分
長崎自動車道東背振ICから車で5分
【駐車場】有り
【料金】
大人(15歳以上)420円
小人(小・中学生)80円
シルバー(65歳以上)200円
幼児(6歳未満)無料

第6位 武雄温泉楼門(伊万里エリア)

#武雄温泉楼門

nishino kanaloverさん(@eternaltravellerdes)がシェアした投稿 –

釘を一本も使用していない独創的な建築物、国の重要文化財である天平式楼門。

設計者は東京駅の設計を手掛けた辰野金吾。

二階天井の四隅には、干支(えと)の十二支の内の4つがデザインされており、一方で、2012年に復原された東京駅南北ドームの天井には、他8つの干支のデザイン。

「なぜ、8つだけだったのか」と、長い間謎とされていましたが、楼門の4つの干支と東京駅の8つの干支を合わせると十二支が揃うことが判明し話題になっています。

・施設情報

【住所】〒843-0022 佐賀県武雄市
武雄町大字武雄
【電話】0954-23-2001
【営業】年中無休
【交通】武雄温泉駅より徒歩10分
【駐車場】有り

第5位 有田飛龍窯(伊万里エリア)

佐賀といえば、焼き物の発祥地。

中でも飛龍窯は、陶芸の里武雄の拠点として作られた世界一の容積を誇る登り窯です。

工房では、ろくろや楽焼体験が可能。

また、陶芸教室も行われているので、旅の思い出に世界にひとつだけの陶器をつくってみてはいかがでしょうか。

・施設情報

【住所】〒849-2342 
佐賀県武雄市武内町大字真手野24001-1 竹古場キルンの森公園内
【電話】0954-27-3383
【営業】開館時間:9:00~17:00 体験の場合午後4時までに入館
休館:火
工房(火曜日が祝日の場合、翌日が休館)
休館:年末年始12月28日~1月3日
【交通】武雄温泉駅から車で20分
【駐車場】有り
【料金】ロクロ・・・1,600円(10名程度/15分)
手びねり・・・1,400円(40名/45分)
絵付け・・・湯呑 900円・茶碗 1,000円・皿 1,100円・マグカップ 1,300円(50名/30分)
板皿・・・1,600円【2日前までに予約】(40名/60分)

第4位 祐徳稲荷神社(杵藤エリア)

 祐徳稲荷神社

Photo by adobe

佐賀県鹿島市にある、伏見稲荷大社、笠間稲荷神社とともに日本三大稲荷の一つに数えられる、衣食住を司る神社。

九州の神社では太宰府天満宮に次ぐ参拝客数を誇ります。

四季折々の景色も楽しむことができ、奥の院から望む有明海も絶景です。

・施設情報

【住所】〒849-1321 
佐賀県鹿島市古枝乙1855
【電話】0954-62-2151
【営業】年中無休
【交通】肥前鹿島駅からバスで15分
【駐車場】有り
【料金】無料

第3位 浜野浦の棚田(唐津エリア)

書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」に取り上げられてからは、この景色をひと目みようと観光客やカメラマンが殺到している大人気スポット。

・施設情報

【住所】〒847-1433 佐賀県東松浦郡玄海町浜野浦
【電話】0955-52-2199
【営業】年中無休
【駐車場】無し

第2位 御船山楽園(伊万里エリア)

御船山楽園

Photo by adobe

佐賀県武雄市の50万平米の広大な敷地が広がる庭園。

春は桜、つつじ、大藤、春もみじ、秋は紅葉が咲き誇る佐賀内屈指の観光名所。

また、夜はライトアップがあり、昼とはまた違った一面を見ることも。

近年ではチームラボや資生堂とコラボレーションをし、デジタルアートイベントが行われています。

・施設情報

【住所】〒843-0022 佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100
【電話】0954-23-3131
【営業】開園時間:8:00~17:00
休業:無休
開催:春 2014年3月21日~2014年5月6日
御船山花まつり 4月上旬~5月上旬
開催:夏 2014年7月18日~2014年8月17日 19:30~22:00 納涼竹あかり 7月中旬から8月中旬
【交通】JR武雄温泉駅からバスで5分(JRバス「御船山楽園」下車(嬉野温泉行き))
JR武雄温泉駅から車で5分
【駐車場】有り
【料金】昼夜共通:大人(中学生以上)600円、小学生以下250円

第1位 嬉野温泉(杵藤エリア)


Photo by zama_zama
日本三大美肌の湯として名がしれている嬉野温泉。

ナトリウムを多く含む重曹泉で、ぬめりがありとろとろとした泉質が特徴です。温泉後のお肌はすべすべになること間違いなし。

また、街中のあらゆるところに足湯が設置されており、気軽に温泉を楽しむことができます。

・施設情報
【住所】佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2202周辺
【電話】0954-43-0137(一般社団法人
嬉野温泉観光協会)

佐賀を旅してみませんか?

佐賀

Photo by adobe

以上、佐賀の定番から穴場スポット10選、いかがでしたでしょうか。

佐賀ははなわさんが歌う「S・A・G・A さが〜♪」という歌で認知度がアップした県ではありますが、まだまだ九州の中ではスポットをあびることが少ない県です。

田舎ならではの四季折々の景色を楽しむことができる佐賀県、ぜひこの記事を参考にして、佐賀県まで足を運んでみてください!

Staywayについて

Staywayは世界最大級の民泊・バケーション施設の検索比較サイトです。世界中の民泊サイト・ホテルサイトを比較し、最安値の物件を探す事が可能です。宿泊施設を最安値で検索しませんか?

logo