秋の絶品!上海に来たら外せない上海蟹!在住者が教える二大人気店 | Stayway Media

秋の絶品!上海に来たら外せない上海蟹!在住者が教える二大人気店

Kaori

トラベルライター

Photo by zhang kaiyv

上海は今や世界中からシェフやレストランがこぞって出店しグルメな街となっています。

北京ダック、飲茶、火鍋・・・そんな中でも絶対に外せないのが秋の風物詩、上海蟹!
甘い濃厚なカニみその味に虜になってしまう人続出中です。

上海蟹は蒸し蟹がメインですが、それ以外にも蟹味噌を使った小籠包や蟹ミソチャーハンなど
色々な料理に使われます。

上海蟹の専門店では、上海蟹みそを使った料理がフルコースで提供されます。そんな上海蟹料理をお手頃価格で楽しめるのも本場上海ならでは!

日本ではびっくりするような値段の上海蟹コースも上海なら気軽に楽しめちゃいます♪

■時差-1時間
■言語中国語
■通貨RMB
■気候日本と同様に四季があります。東京とほぼ同じような気温、天気です。
但し、湿度が高いため夏は暑く、冬は寒く感じるでしょう。

1. 上海蟹とは

Photo by Kentaro IEMOTO

日本では“上海蟹”と呼ばれていますが、正式には“チュウゴクモクズガニ”です。
上海や香港などで高級食材とされています。

上海蟹は、蟹身を食べる日本の蟹とは違い、味噌を楽しみます。

蒸した上海蟹の甲羅をはがすと、鮮やかな色のもっちりとしたカニみそがお目見え。

もっちりとして甘い上海蟹は、日本の蟹のカニみそと全然違う味わいで蟹味噌が苦手な人でもきっと大丈夫。日本の蟹味噌が食べられない私も上海蟹は大好物です。

上海蟹のシーズンは9月下旬~2月上旬(旧正月くらい)までです。

寒い時期が一番の美味しいピークです。

9雌10雄という中国語があるようにお腹に卵たっぷりの9月のメス、ねっとりとした白子が美味しい10月のオスがおすすめです。

2. 上海蟹の産地


Photo by li chen yu

上海蟹は江蘇省昆山市巴城鎮にある 「陽澄湖」 産のものが一番のブランドです。

一番おいしいとされていて、季節になると「陽澄湖産」のタグが付いた蟹が売られます。

偽物まで出回るほどの人気で、きちんとしたお店で買う(食べる)必要があります。

オスは甲羅をひっくり返した時にお腹に三角のふんどしがあり、何もなく丸いのがメスです。

3. 二大上海蟹専門料理店


Photo by Tomoaki INABA 

上海蟹を食べるなら、二大有名蟹専門店があります。

1つは二胡の演奏があり中国の雰囲気を存分に楽しめる成隆行蟹王府、もう1つは上海最古の老舗の王宝和酒家です。

王宝和酒家は代々シーズンには家族でここで蟹を食べた、という人も多く上海一の老舗です。

上海蟹以外のメニューもそろっており、手頃に食べられる上海食堂のような雰囲気の本店と、ホテルの中に個室も取りそろえた別館とあります。

こちらの別館は過去に小泉元首相が訪れたことでも有名です。

4. 成隆行蟹王府


Photo by JianEn Yu

日本人に一番有名なお店と言っても過言ではありません。

お店の入り口のボードに日本人の名刺がごっちゃりと貼ってあります。上海在住日本人が日本から誰かが来た際の案内や接待などに一番使われるお店です。

ここのお店ではコースでの注文が一番お得です。

一番安いコースでも結構な品数があるので女性ならかなりお腹いっぱいになるでしょう。

私もここでは添え物を全部食べていると最後まで食べられなくなるため、毎回食べる量を注意しながら食べています(笑)

ちなみにコースには必ず蒸し蟹が入っていますが、この蟹のサイズを交換することもできます。

オーダーすると、蟹現物を持ってきて確認してくれます。

この蟹でよいか、と聞かれた時にもっと大きいものがいい、などと言えば差額がいくらでこれくらい、というように説明してくれます。

コースに入っていないもので「酔蟹」(酔っ払い蟹)もおすすめです。紹興酒に漬けこんだ蟹料理です。

お酒があまり強くない私でも全然大丈夫ですが、食べられない友人もいたので、お酒が苦手な人は1皿をシェアするとよいかもしれません。

私は必ず一番安いコース+この酔蟹という組み合わせでオーダーします。

もし、上海蟹を初めて食べる、上海に来るのが初めて、という方には、こちらのお店をおすすめします。

それは・・・

  • 二胡の演奏が入ったりとTHE・中国!という雰囲気を味わえる
  • 蒸し蟹を綺麗に剥いて出してくれる
  • 店頭脇に蟹の水槽があり、直接蟹を見て選ぶこともできる

からです。

それ以外にも、お店を出るとすぐ左手に東方明珠タワーが見えて外灘から近いので、
食後に歩いて観光名所の外灘へ夜の散歩にも行けるのもポイント◎です。

ただし、ここはシーズン中はかなりの人気となるため、予約必須となります。

日本語は通じないので、ホテルのフロントなどでお願いして予約を取ってもらいましょう。

もしくは、到着したその日に直接行って後日の予約を取るor17時など夕食の時間帯を避けて訪問するとよいでしょう。

●成隆行蟹王府
住所:上海市九江路216号
電話:(021)63212010
営業時間:11:00〜14:30、17:00〜22:30
定休日:年中無休
最寄り駅:南京東路駅
クレジット使用:可

5. 王宝和酒家

Photo by Kaori

こちらは1744年創業の上海イチの老舗店です。家族揃っての外食は代々このお店だった、という人も多くいる、上海地元で人気No.1のお店です。

こちらは人民広場から5分ほどにあり、そんなにゴージャス!という感じではありません。
どちらかというと大衆食堂のようなイメージ・・?(←失礼)

派手さはないけど、地元の人に愛される、昔ながらのお店です。

単品でのメニューが揃っていて、カニづくしのコースではなく、蟹料理とそれ以外の中国料理を楽しみたい人や話題の上海蟹をとりあえずお手頃に食べたい人向けです。

メニューには日本語も併記されていて、写真も載っていますので安心です。

こちらも予約したほうがベターですが、19~20時などのピーク時を避ければ直接行っても大丈夫かもしれません。

また、こちらはホテルの中にある別館に元小泉首相が訪れたことでも有名です。

個室などでゆったり楽しみたい方は別館の方がおすすめです。別館は本店より歩いて5分くらいにある王宝和ホテルの中にあります。

●王宝和酒家
住所:福州路603号
電話:021-6322-3673
営業時間:11:00〜13:30、17:00〜21:00
定休日:年中無休
最寄り駅:人民広場駅徒歩5分
クレジットカード:JCBのみ

上海でしか食べられない上海蟹は秋旅行のマストグルメ!


Photo by 德拉

中国料理と一緒に話題の上海蟹料理を食べてみたい、地元民に人気のあるお店に行きたいという方には王宝和酒家、初めて上海蟹を食べる方やなかなか日本では食べられない蟹づくし料理を食べたい方は成隆行蟹王府がおススメです。

でも私としてはぜひに上海蟹を十分に味わい尽くせる蟹づくしコースをまずは成隆行蟹王府で食べてもらいたいです!

二回目の訪中などの方ならぜひローカルを味わえる王宝和酒家へ。

これを書いているだけで上海蟹が食べたくなってきました・・・・。

今は養殖も盛んなので年中食べられるのですが、やはり季節ではないと脂のノリが違うので、ちょっとイマイチ・・・。秋を待って絶対訪れたいです!

上海の観光情報がもっと気になる方はこちら!

日本から一番近い海外ディズニーといえば、上海ディズニーランド。 2016年にオープンし、東京ディズニーランドとディズニーシーを合わせたほどの広大な敷地を持っています。 今回はそんな広くて魅了たっぷりな上海ディズニーの特徴とおすすめをご紹介します♪
上海に旅行する時に絶対に行きたいカフェを7選ご紹介しております。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Kaori
海外旅行好きが高じてそのまま上海に10年在住。年間2〜5回ほどは旅に出る海外旅行好き。現在は日本に帰国し、翻訳やインバウンドの料理教室などに関わっています。また旅好きを活かして旅行関連のライターとして活動中。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo