【保存版】四国のおすすめ観光スポット30選!【定番から穴場まで】 | Stayway Media

【保存版】四国のおすすめ観光スポット30選!【定番から穴場まで】

Hiroko

トラベルライター

多々羅大橋(しまなみ海道) 空撮
Photo by AdobeStock

自然と美味しいものを楽しみたいなら四国がおすすめ!だけど四国は広すぎて、どこがいいのかわからない…

そんな人のために、四国にきたなら是非訪れてほしい人気のスポットを30ヶ所厳選しました。

今話題のインスタ映えするスポットも含めて、初めて四国へ行く人も、2回目以降の人も誰でも楽しめるおすすめスポットを紹介します。

目次

迷ったらここ!特におすすめの4ヶ所を厳選!

香川 カメラ女子2
Photo by AdobeStock

四国は土地が広大なため、同じ県内でも1日に回りきれない場合があります。そんな時は、メインとなる観光スポットを1つ決めておくとその後の計画が立てやすくなります。

そのためにも、四国四県の中で絶対外せないおすすめスポット4ヶ所を紹介します!

1. 香川ならここ!インスタ映えNo1『父母が浜』

香川 父母ヶ浜
Photo by AdobeStock

日本のウユニ塩湖として、一躍有名となったのが父母が浜(ちちぶがはま)です。ボリビアにあるウユニ塩湖のように鏡ばりの世界が楽しめます。

2020年の東京オリンピックの聖火経由地点ともなり、週末には大勢の人が訪れます。

ウユニ塩湖のような写真が撮れるのは、風がなく、塩の満ち引きと夕陽のあわさったタイミングがおすすめ。

公式サイトにはおすすめの撮影時間が記載されているため、参考にしてみましょう。

<基本情報>
【住所】香川県三豊市仁尾町仁尾乙203‐3
【電話番号】0875-56-5880
【営業時間】年中無休
【入場料】無料
【駐車場】あり
公式サイトはこちら

香川県のインスタ映えスポット、こちらでもご紹介!

香川県には有名なインスタ映えスポットが数多くあります。四国といえども関西からのアクセスも良好で、大阪から日帰りで訪れることも可能なため、女子旅にも大人気。そんな香川のおすすめインスタ映えスポット11選を紹介します!

2. 高知ならここ!日曜朝は『土佐の日曜市』

高知 日曜市
Photo by 写真AC

毎週日曜日の朝に高知市内で開かれる300年以上の歴史をもつ街路市です。高知を旅行するのであれば、この日曜市にあわせて計画を立てる人が多いほど、魅力あふれるスポットです。

街路市にずらっと並んだ屋台には、農家を中心に県内各地約400店舗が立ち並び、高知の美味しいものや珍しいものが購入できます。特に人気が高いのは揚げたてホクホクのいも天

日曜市は朝早くから開催されているため、すぐ近くのホテルをとって訪れる人も多いスポットです。

<基本情報>
【住所】高知県高知市追手筋一帯
【電話番号】088-822-8111
【営業時間】5:00~18:00(10~3月は5:30~17:00)
【定休日】日曜以外
公式サイトはこちら

3. 愛媛ならここ!日本最古の湯『道後温泉』

道後温泉
Photo by AdobeStock

日本書紀にも登場する日本最古の湯と言われている道後温泉。その昔、シラサギが傷を癒すのに利用したとも言われている霊験あらたかなスポットでもあります。

アルカリ性単純泉の湯質で、きめ細かくなめらかなお湯は刺激が少なくなめらかなので、湯治や美容におすすめです。

18本の源泉から汲み上げた源泉をブレンドすることで、42度程度の適温にしており、加温や加水をせず源泉そのものの効果を感じることができます。

<基本情報>
【住所】愛媛県松山市道後湯之町5番6号
【電話】089-921-5141
【営業時間】6:00~23:00(22:30札止)
【料金】大人410円・小人160円
【駐車場】市営駐車場あり(有料)
公式サイトはこちら

道後温泉の名湯を満喫できる温泉旅館をライターが厳選!

日本最古の湯、道後温泉近くにあるおすすめのホテル、旅館で、のんびり道後の町を楽しみませんか?ビジネスホテルから、極上の癒し空間が得られる老舗旅館まで、おすすめ13選をご紹介!家族でカップルで女子会で、愛媛道後温泉を楽しみましょう。

道後温泉で食べ歩き!おすすめグルメをまとめました

道後温泉で有名な愛媛の松山。温泉でゆっくり疲れを癒しつつ、美味しいものでお腹も満たされませんか?愛媛・道後温泉付近のおすすめグルメ13選を紹介します!

4. 徳島ならここ!日本最大秘境の1つ『祖谷のかずら橋』

徳島 かずら橋
Photo by 写真AC

日本最大秘境の1つとして知られているのが「祖谷渓(いやだに)」。その昔、平家の隠れ里があったという伝説も残るスポットでもあります。

人の手があまり入らないまま残された自然の景観が数多く残されており、その魅力が圧巻です。

中でも人気が高いのが、国の重要有形民俗文化財に指定されている「祖谷のかずら橋」。長さ45メートル、幅2メートルのつり橋で、シラクチカズラと呼ばれる植物で作られています。

高さがあるため、高所恐怖症の人は注意が必要ですが、橋から見える川の流れは圧巻です。

<基本情報>
【住所】徳島県三好市西祖谷山村善徳162-2
【電話】0120-404-344
【営業時間】7:00~17:00(季節によって変動あり)
【料金】大人550円・小人350円
【駐車場】あり(有料)
公式観光サイトはこちら

香川県のおすすめ観光スポットを紹介!

香川 長田のうどん
Photo by Hiroko

うどん県としても有名な香川県。関西など本州からのアクセスが良好なため、初めての四国旅行で訪れる人が多い県でもあります。

香川の旅行は道中にうどんの食べ歩きを挟むのもポイント。美味しいうどんでお腹を満たし、自然の景観を楽しみながら散歩できるスポットがおすすめです。

5. 魔女の宅急便のロケ地『小豆島オリーブ公園』

香川 小豆島
Photo by AdobeStock

国産オリーブの発祥の地としても知られている小豆島。島内にはオリーブにまつわる多くの施設がありますが、中でもまるで外国にきたかのような気分になれるのが小豆島オリーブ公園です。

園内には2,000本のオリーブ畑と真っ白なギリシャ風車があり、映画「魔女の宅急便」のロケ地として利用されたことでも有名。写真撮影用のほうきが用意されているなど、インスタ映えスポットとしても人気です。

<基本情報>
【住所】香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1
【電話番号】0879-82-2200
【営業時間】8:30~17:00
【利用料】無料
【駐車場】あり
公式サイトはこちら

小豆島でフォトジェニックな旅はいかが?

小豆島は観光スポットも数多くあり、香川旅行へ行った際は必ず訪れたいおすすめの島です。 高松の玄関口である高松からはフェリーが出ており、日帰り旅行も可能です。

6. パワースポット『善通寺』

香川 日本の僧侶
Photo by AdobeStock

四国霊場八十八ヶ所の第75番札所の「総本山善通寺」。パワースポットとしても有名な所で、弘法大師、空海が生まれた土地ともいわれています。京都の東寺、和歌山の金剛峯寺」と並ぶ、空海の三大霊跡の一つでもあります。

善通寺には、真っ暗な回廊を歩く「戒壇めぐり」の体験がおすすめ。何も見えない空間を手探りですすむという貴重な体験ができます。

<基本情報>
【住所】香川県善通寺市善通寺町3-3-1
【電話番号】0877-62-0111
【開門時間】7:00~17:00
【料金】参拝無料・戒壇めぐりと宝物館は大人500円
公式サイトはこちら

7. 天空の鳥居『高屋神社』

香川 高屋神社
Photo by Hiroko

天空の鳥居として、今や香川県の人気スポットとして欠かせない存在となった神社です。讃岐に24個ある延喜式内社の一つ。標高404mの山頂に本宮があり、本宮からはこの世のものとは思えない美しい風景が広がります。

ナビで目的地を設定しまうと、車で上がれない場所に案内されてしまうため、ここに訪れる際は、必ず公式サイトの案内を確認しましょう。

ドライブルートは道が狭いため、運転に自信がない方は注意が必要。歩いて上ることもできますが、こちらは体力勝負。歩きやすい靴での訪問がおすすめです。

<基本情報>
【住所】香川県観音寺市高屋町2800
【電話番号】0875-24-3957
【開門時間】常時開放
【駐車場】あり(無料)
公式サイトはこちら

8. 特別名勝『栗林公園』

香川 栗林公園
Photo by Hiroko

お庭の国宝とも言われている栗林公園。特別名勝にも指定されており、文化財庭園の中で最大の広さを誇っています。周囲の建物に邪魔されない美しい景観が魅力の庭園です。

園内には大きな湖とそれを取り囲むさまざまな木々が、丁寧に植栽されているため、ゆったり散歩するのがおすすめ。

園内には魅力的な撮影スポットが盛りだくさんで、カメラ女子やプロのカメラマンなどが大勢訪れます。

<基本情報>
【住所】香川県高松市栗林公園1-20-16
【電話番号】087-833-7411
【開園時間】日の出から日没まで
【料金】大人410円・小人170円
【駐車場】あり(無料)
公式観光サイトはこちら

9. 四国唯一の国営公園『国営讃岐まんのう公園』

5月の国営まんのう公園4
Photo by AdobeStock
四国唯一の国営公園として有名なまんのう公園。空海が改修した日本最大級のため池「満濃池」に隣接していることからその名前がつけられました。

園内には四季折々の花が咲き誇り、冬はイルミネーションが綺麗ないことでも有名。園内には芝生広場や大型複合遊具、四国最大級のオートキャンプ場なども併設されています。

天気がいい日は1日中遊べるスポットです。

<基本情報>
【住所】香川県高松市栗林公園1-20-16
【電話番号】087-833-7411
【開園時間】9:30~17:00(11~2月は16:30・7・8月は18:00)
【料金】大人450円・シルバー210円・小人無料
【駐車場】あり(無料)
公式サイトはこちら

10. 石垣の名城『丸亀城』

香川 丸亀城
Photo by Hiroko

高さ日本一の石垣を保有する「石垣の名城」として有名なお城です。生駒親正がその子、一正と共に慶長2年から5年がかりで築いた平山城。日本の名城100選にも選出されています。

名物の石垣以外にも、高松市内を一望できる展望台など見どころが豊富。天守につくまでの道のりは急な坂道が続くため、小さなお子さんやお年寄りの方は足元に注意が必要です。

<基本情報>
【住所】香川県丸亀市1番
【電話番号】0877-22-0331
【開門時間】9:00~16:00
【料金】大人200円・小人100円
【駐車場】あり(無料)
公式サイトはこちら

11. 長い階段が魅力の『金刀比羅宮』

香川 こんぴら参り
Photo by AdobeStock

「こんぴらさん」という愛称で親しまれている金刀比羅宮。正式には「ことひらぐう」と読み、海の神様である大物主神と崇徳天皇が祀られています。海上の安全や漁業・農業に後利益のある神社です。

金刀比羅宮の本宮までは、全部で785段の階段を上る必要があり、奥社に行くためにはさらに583段、合計で1,368段の階段を上る必要があります。

<基本情報>
【住所】香川県仲多度郡琴平町892-1
【電話番号】0877-75-2121
【開門時間】6:00~18:00(10~3月は17:00)
【駐車場】周辺駐車場あり(有料)
公式サイトはこちら

高知県のおすすめ観光スポットを紹介!

よさこい踊り
Photo by AdobeStock

次に紹介するのは四国の太平洋側に位置する高知県です。高知県は四国四県の中で最も太平洋に面している県。坂本龍馬ゆかりの地としても知られています。

そんな高知県のおすすめスポットを紹介していきましょう。

12. 坂本龍馬と握手できる『高知県立坂本龍馬記念館』

高知 坂本龍馬記念館
Photo by 高橋晶子

坂本龍馬や、坂本龍馬にまつわる歴史について楽しく学べる記念館です。2018年にリニューアルオープンが行われ、記念館の前では坂本龍馬と握手できるシェイクハンド龍馬像が人気。

歴史の内容を硬く難しく考えることなく、楽しんでもらおうと作られた施設で、近代的な建物が目をひきます。常設展示以外にも企画展なども開かれているため、何度も訪れる価値のある施設です。

<基本情報>
【住所】高知県高知市浦戸城山830
【電話番号】088-841-0001
【営業時間】9:00~17:00
【料金】大人700円・高校生以下無料
【定休日】なし
公式サイトはこちら

13. 変わった展示が自慢『桂浜水族館』

高知 桂浜水族館
Photo by Hiroko

高知県の名勝桂浜にある楽しくておもしろい水族館です。水族館の規模としては大きくないものの、園内には多くのちょっと変わった展示物があり、SNSでも注目を集めています。

日本三大怪魚のアカメの群泳展示や、トドやアシカのショー、ふれあいゾーンなど、様々な体験ができるのがポイント。桂浜から歩いてすぐいくことができます。

<基本情報>
【住所】高知県高知市浦戸778
【電話番号】088-841-2437
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】なし
【料金】大人1,200円・小人600円・幼児300円
公式サイトはこちら

14. よさこい節で有名『はりまや橋』

土佐の高知のはりまや橋
Photo by AdobeStock

よさこい節にも登場するはりまや橋。小さな赤い橋がかわいいスポットです。江戸時代には実際に川があったものの、現在は埋め立てられて「はりまや橋公園」として親しまれています。

江戸時代初期に堀川を隔てて住んでいた播磨屋と、櫃屋が互いの往来のためにかけたのが由来と言われています。

<基本情報>
【住所】高知県高知市はりまや町1丁目1
【電話番号】088-823-9457
【営業時間】年中無休
【利用料】無料
【駐車場】なし
公式サイトはこちら

15. 十二古天守の1つ『高知城』

高知城天主
Photo by AdobeStock

残存する十二古天守の1つで、土佐の国主山内一豊が開いたとされています。廃城や戦火など幾度の危機を乗り越えて、現在も美しい姿が魅力。

天守、本丸、追手門など、主要な建物が江戸時代のまま現存しており、天守が外観は4重ですが、内部は3層6階建てになっています。大きなやぐらの上に望楼を持つ望楼型天守としても有名です。

<基本情報>
【住所】高知県高知市丸ノ内1丁目2番1号
【電話】088-824-5701
【開門時間】9:00~17:00 (最終入館30分前まで)
【料金】18歳以上420円(18歳未満は無料。学生証など提示のこと)
公式サイトはこちら

16. 日本最後の清流『四万十川』

佐田沈下橋
Photo by AdobeStock

最後の清流とも呼ばれている全長196kmと四国最長の河川です。ダムのない河川としても有名で、水が増えた時に沈むことを計算して、欄干なしで作られた沈下橋が有名です。

四万十川はその清流を眺めるだけでなく、屋形船で川下りをしたり、四万十川育ちのウナギを食べたりできるなど魅力がいっぱい。

手軽にいけるスポットとしておすすめなのが、佐田の沈下橋。四万十川で最も長くシンプルな造りが魅力のスポットです。

<基本情報>
【住所】高知県四万十川市佐田
【電話番号】0880-35-4171(四万十市観光協会)
【営業時間】年中無休
【利用料】無料
【駐車場】あり
公式観光サイトはこちら

四万十川のアクティビティ、グルメについて、詳細はこちら!

日本最後の清流とも呼ばれる四万十川周辺には、自然を活かした観光スポットと、美味しいグルメが食べられるスポットがあります。今回はそんな高知四万十川周辺のおすすめスポットを12ヶ所紹介。見て、食べて、安らげるそんな四万十の魅力をまとめました!

17. 美味しいものの宝箱『ひろめ市場』

高知 ひろめ市場
Photo by 写真AC

高知のグルメが全て集まっているといっても過言ではないほど、人気が高いのがひろめ市場です。高知市内にあり、4,000平米の敷地内に多くのお店が立ち並びます。

市場内は全部で7つのゾーンに分かれていて、高知名物のかつおのたたきのお店も豊富。地ビールのお店なども多いため、周辺のホテルをとって夕ご飯をここで頂くのがおすすめです。

<基本情報>
【住所】高知県高知市帯屋町2丁目3-1
【電話番号】088-822-5287
【営業時間】8:00~23:00
【定休日】なし
【駐車場】周辺駐車場利用
公式サイトはこちら

18. 月の名所『桂浜』

高知 桂浜
Photo by Hiroko

坂本龍馬の像があり、月の名所としても有名な桂浜。周辺には坂本龍馬の記念館や、変わり種キャラが多い桂浜水族館があります。

桂浜は浦戸湾口、龍馬像のある龍頭岬と龍王岬の間に弓状に広がる海岸で、坂本龍馬ゆかりの地としても有名。1年中葉を落とさない松の緑と海岸の砂利、青い太平洋が調和する景勝地です。

<基本情報>
【住所】高知県高知市浦戸桂浜
【電話番号】088-823-9457
【営業時間】年中無休
【入場料】無料
【駐車場】あり(無料)
公式サイトはこちら

愛媛県のおすすめ観光スポットを紹介!

みかん
Photo by AdobeStock

みかんや道後温泉など、名前は知っているけど意外と行ったことがないという人が多い愛媛県。四国の左上に位置していて、広島方面からのアクセスが良好です。

横に長く広い県のため、県内の西と東では全く違うグルメや文化があるのも特徴。愛媛県を楽しめるおすすめスポットを紹介します。

19. 今治タオルの聖地『タオル美術館ICHIHIRO』

今治 タオル
Photo by アップロード者

今治タオルと言えば、誰もが知っている有名タオル。その今治タオルの発祥地にある美術館です。タオルアートの展示や、タオルの向上見学があり、今治タオルの歴史について学ぶことが可能。

館内にはおしゃれなレストランや庭園があり、結婚式場としても利用されています。ショップではここ限定のタオルや、名入れタオルも注文することができます。

<基本情報>
【住所】愛媛県今治市朝倉上甲2930番地
【電話】0898-56-1515
【営業時間】9:30~18:00
【料金】大人800円・中高校生600円・小学生400円
【駐車場】あり(無料)
公式サイトはこちら

20. 現存十二天守の1つ『松山城』

愛媛 松山城
Photo by AdobeStock

現存する十二天守の中で、唯一親藩・松平家によって建築されたお城です。21棟の国の重要文化財を保有していて、本丸のある山頂以外にも、城下には史跡庭園となっている二の丸や堀之内公園があります。

松山城の本丸までは歩いて渡るルートの他、ロープウェイやリフトがあるのも特徴。今ではあまり見かけない1人乗りリフトは乗る価値ありです。本丸からは愛媛の中心都市松山を一望することができます。

<基本情報>
【住所】愛媛県松山市大街道3丁目2-46
【電話】089-921-4873
【営業時間】9時~17時(8月は17時半まで・12月~1月は16時半まで)
【料金】大人200円・小人100円
【駐車場】なし
公式サイトはこちら

21. 東洋のマチュピチュ『東平』

新居浜 別子山銅山
Photo by AdobeStock

日本三大鉱山の1つと言われている別子銅山にある東平(とうなる)。点君の歴史遺産とも呼ばれています。

標高750mの山中にあり、別子鉱山の採掘本部として使用されていた建物が残されており、その圧倒的な歴史の深さを感じることができます。非常に険しい山道のため、観光バスの利用がおすすめです。

<基本情報>
【住所】愛媛県新居浜市立川町654-3
【電話】0897-36-1300
【営業時間】年中無休
【料金】無料
【駐車場】あり(無料)
公式サイトはこちら

22. しろくまピースに会える『とべ動物園』

とべ動物園
Photo by Jeremy Hall

全国的にも有名になったしろくまピースを飼育する動物園です。日本で極めてまれな人工保育に成功したしろくまで、園のマスコット的存在です。

メインのピース以外にも、カワウソやペンギンなど多くの動物を身近に感じられるスポット。ナイトズーなどイベントも多く開催されています。

<基本情報>
【住所】愛媛県伊予郡砥部町上原町240
【電話】089-962-6000
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】月曜日
【料金】大人500円・高齢者200円・高校生200円・小中学生100円
【駐車場】あり(有料)
公式サイトはこちら

23. 日本三大カルストの1つ『四国カルスト』

愛媛 カルスト
Photo by AdobeStock

愛媛県と高知県の境にある標高1400mの天空の高原です。日本三大カルストの1つとしも言われていて、広大な景色が広がります。

愛媛県側から訪れる場合は、久万高原町が最高峰。夏はドライブやツーリング・キャンプなどに人気のスポットです。どこか他の国に来たかのような、息を飲む風景が見どころです。

<基本情報>
【住所】愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷
【電話】0892-21-1111
公式観光サイトはこちら

24. 2つ目の現存十二天守『宇和島城』

宇和島 宇和島城
Photo by AdobeStock

愛媛県内には松山城とあわせて、もう1つ現存十二天守が存在します。宇和島城は伊達家ゆかりの土地でもあり、さまざまな歴史的建造物が数多くあります。

鶴島城とも呼ばれ秀麗な天守は、築城の名手高虎会心の作と言われていて、城の外郭は上から見ると不等辺5角形をしています。

<基本情報>
【住所】愛媛県宇和島市丸之内1
【電話】0895-22-2832
【営業時間】9:00~17:00(11~2月は16:00)
【料金】大人200円・中学生以下無料
【駐車場】あり(有料)
公式サイトはこちら

宇和島城のみにあらず!宇和島の観光名所を一挙紹介!

愛媛県の左端、南予と呼ばれる地域にある宇和島は、穏やかな気候と宇和海からなる自然にかこまれた、愛媛の隠れ観光スポットです。伊達家ゆかりの観光名所も多く、自然・歴史・文化溢れる施設が多くなっています。そんな宇和島の観光スポット11選を紹介!

徳島県のおすすめ観光スポットを紹介!

徳島 阿波踊り
Photo by 写真AC

最後に紹介するのが徳島県です。四国四県の中でも東側に位置していて、明石大橋を通じて淡路島とつながっています。四国全土に点在する四国八十八か所をめぐるお遍路さんの起点。

美しい自然をそのまま生かした観光スポットが多い県です。そんな徳島の魅力を紹介してきましょう。

25. 四国最大級『とくしま動物園』

徳島 動物園
Photo by Kishujirapid

四国最大級の規模を誇る動物園で、園内には動物の他にも植物園や遊園地が併設されています。子供連れには欠かせないスポットで、多くの人が訪れます。

遊園地側は「とくしまファミリーランド」と呼ばれていて、ファミリー向けの遊具がもりだくさん。大人も子供も1日遊べるスポットです。

<基本情報>
【住所】徳島市渋野町入道22番地の1
【電話番号】088-636-3215
【営業時間】8:30~16:30
【定休日】月曜日
【料金】大人600円・中学生以下無料
【駐車場】あり(有料)
公式サイトはこちら

26. 日本一の激流『大歩危小歩危』

高知 大歩危小歩危
Photo by 写真AC

日本一の激流とも呼ばれている吉野川にある渓谷です。大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)と読み、大股で歩いても危なく、小股で歩いても危ないと呼ばれた節があるほどです。

トロッコ列車や橋の上から激流を眺めるのもおすすめですが、体力に自信のある方は大歩危峡舟くだりやラフティングなどに挑戦するのもおすすめです。

<基本情報>
【住所】徳島県三好市山城町西宇
【電話番号】088-652-8777
【駐車場】あり(無料)
公式観光サイトはこちら

27. 西日本第2位の『剣山』

剣山からの眺め
Photo by AdobeStock

標高1955mの高さを誇る西日本第2位の山です。山頂の高原部分には多くの花が咲き乱れ、絶景が楽しめるのがポイント。古代ミステリーと神秘の世界とも言われており、さまざまなミステリースポットがあります。

中でも有名なのが、約3000年前ソロモンが聖地エルサレムに祀ったと言われている秘宝の1つが剣山という伝説。実際にイスラエルの大使が何度も現地を訪れているなど、謎の多いスポットです。

<基本情報>
【住所】徳島県三好市東祖谷菅生
【電話番号】0883-84-1211
【駐車場】あり(無料)
公式サイトはこちら

28. 世界三大潮流『鳴門の渦潮』

徳島
Photo by 写真AC

満潮と干潮前後それぞれ1時間の間しか見ることのできない鳴門の渦潮。大潮の時には約20km/h以上の速さで発生すると言われている渦は、大迫力です。

徳島の中でもかなり関西よりにあるため、遠方からの旅行でも訪れやすいのがポイント。淡路島方面から四国へ旅行する方にはおすすめのスポットです。

<基本情報>
【住所】徳島県鳴門市鳴門町
【電話番号】088-687-0101
【駐車場】あり(無料)
観光サイトはこちら

29. 世界の名画に会える『大塚国際美術館』

徳島 美術館
Photo by OtsukaMuseum
世界の名画を陶板画で再現した美術館で、世界25カ国190余りの美術館が所蔵する西洋名がを陶板で原寸大に再現して展示しています。

陶板の名画は約2000年以上も退色や劣化しないといわれており、文化財の保存にも向いています。

<基本情報>
【住所】徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
【電話番号】088-687-3737
【営業時間】9:30~17:00
【定休日】月曜日
【料金】大人3,240円・大学生2,160円・高校生~540円
【駐車場】あり(無料)
公式サイトはこちら

30. 子連れ必見『あすたむらんど徳島』

徳島 あすたむらんど徳島
Photo by Asutamuland
科学で遊ぼう・自然を学ぼうをテーマに作られた施設。四季折々の自然を楽しみながら、遊具でも遊べる公園でもありながら、科学や宇宙について学べる博物館でもあります。

県立の総合アミューズメントパークで、1日どころか2日過ごしても飽きないほど子供を魅了するスポットが盛りだくさんです。子供科学常設展示やプラネタリウムの他、工作が体験できる体験工房もあります。

<基本情報>
【住所】徳島県板野郡板野町那東字キビガ谷45-22
【電話番号】088-672-7111
【営業時間】9:30~17:00
【定休日】水曜日
【料金】一部施設のみ有料
【駐車場】あり(無料)
公式サイトはこちら

四国は自然がいっぱい!

宇和海の養殖筏と漁船(愛媛県宇和島市)
Photo by AdobeStock

四国のおすすめ観光スポットの多くは、古くから人の手に汚されず歴史を守り続けてきた施設が多くあります。四季折々の姿を見ることができるため、何度も訪れる価値があるのもポイント。

ただし、自然がおりなす風景のため旅行前には下調べと準備が必要です。旅の目的に合わせて、素敵な旅行を計画しましょう。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Hiroko
愛媛県在住。その土地の美味しいもの探しを目的とした旅行が好きです。有名なものからB級グルメ・知る人ぞ知る隠れグルメまで、様々な土地の美味しい物に出会える旅がしたいです。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo