休日に訪れたい静岡の観光名所ランキングTop35! | Stayway Media - Part 3

休日に訪れたい静岡の観光名所ランキングTop35!

Stayway 編集部

トラベルクリエイター

目次

第14位・伊豆ぐらんぱる公園(伊豆エリア)

伊豆ぐらんぱる公園

Photo by adobe

「伊豆ぐらんぱる公園」は、とても大きなレジャーランドで、たくさんの観光客がここを訪れます。

主にサイクリングやジップスライダーなど、体を動かすアトラクションが多く、子供はもちろん、大人まで、次の日筋肉痛になるほど十分お楽しみいただけます。

夜には、敷地全土に敷き詰められた豆電球が輝き、大規模なイルミネーションが開催されます。

第13位・伊豆シャボテン動物公園(伊豆エリア)


Photo by Houshimaru
世界各地から収集した1500種類ものサボテンも見ごたえありですが、有名なのはなんといってもお風呂でのんびりするカビバラのユーモラスな姿でしょう。

シャボテン公園冬の風物詩ともいえる癒しの風景です。

・施設情報

【住所】静岡県伊東市富戸1317-13
【電話】0557-51-1111(代)
【営業】3~10月9:00~17:00 11~2月 9:00~16:00
【交通】・電車の場合:伊豆高原駅から東海バスで約20分
・お車の場合:東名高速道路、厚木ICより約85km(小田原厚木道路・国道135号線経由)東名高速道路、沼津ICまたは長泉沼津ICより約55km(伊豆縦貫自動車道・伊豆中央道・修善寺道路経由)
【駐車場】500円
【料金】大人(中学生以上)2,300円 小学生    1,100円 幼児(4歳以上)    400円 シニア(70歳以上)1,900円

第12位・浜名湖(浜松・浜名湖・天竜エリア)


Photo by Sato S
浜松市・湖西市にまたがっている湖で、南部は遠州灘につながっています。

うなぎや海苔の養殖で有名であり、潮干狩りスポットとしても利用され、特にあさりがよく採れます。

リゾート地としての開発もさかんで、マリンスポーツのメッカでもあります。

・基本情報

【住所】静岡県浜松市・湖西市

第11位・うなぎパイファクトリー(浜松・浜名湖・天竜エリア)


Photo by Atsushi Sato
浜松土産として浸透している「うなぎパイ」、ここではその制作過程を予約不要で見学できます。

丁寧にコンシェルジュが説明してくれるツアーもありますが、こちらは要予約になります。

自分の目的に応じてチョイスしましょう!

・施設情報

【住所】静岡県浜松市西区大久保町748-51
【電話】053-482-1765 (見学ツアー予約受付時間 9:00-17:00)
【営業】開館時間 9:30~17:30 (うなぎパイカフェオーダーストップ17:00)※7・8月は 18:00まで営業いたします。 (特別営業)
【交通】カーナビゲーションで「うなぎパイファクトリー」が検索されない場合「浜松市(西区)大久保町1347-5 浜松技術工業団地」をご指定ください。詳細はこちら
【駐車場】無料
【料金】無料

第10位・中田島砂丘(浜松・浜名湖・天竜エリア)


Photo by Hidenori Kasagi and Akiko Miyaguchi
東西約4kmの砂丘は、なだらかな丘陵地で散策しやすいスポット。

アカウミガメの産卵地として知られ、東京から近いアクセスのよさで映画のロケ地にも使われる絵になる観光地です。

・基本情報

【住所】静岡県浜松市南区中田島町
【電話】053-457-2295
【交通】JR「浜松駅」からバス「中田島」行き16分「中田島砂丘」下車すぐ
【駐車場】300台(無料 遠州灘海浜公園駐車場)

第9位・竜宮窟(伊豆エリア)

竜宮窟

Photo by adobe

ジブリ映画「紅の豚」に登場する「ポルコの隠れ家」のモデルとしても知られる秘境「竜宮窟」。

長年の波の浸食によって作り出されたもので、大きな天窓から差し込む日差しが洞窟を照らし、神秘的な空間を演出します。

また、天窓の上から洞窟をのぞいてみると、地形がハート形になっていることから恋のパワースポットとして人気を集めています。

第8位・久能山東照宮(静岡・清水エリア)


Photo by Takeshi KOUNO
徳川家康公を最初に祀った神社として知られます。

参拝は1159段もの階段を登って本殿に行く方法とロープウェイで渡る方法とあります。

また周辺は「久能山いちご」で有名で、いちご狩りをしている店も多いので、合わせて楽しんでみては?

・基本情報

【住所】静岡県静岡市駿河区根古屋390
【電話】054-237-2438
【営業】公開:4月1日~9月30日 9:00~17:00公開:10月1日~3月31日 9:00~16:00休業:無休
【交通】・電車の場合:JR静岡駅より、しずてつジャストライン日本平線(約50分)終点「日本平」で下車すると、ロープウェイ乗場入口です。
・お車の場合:東名静岡・清水インターより日本平山頂(約40分)⇒ 山頂より日本平ロープウェイ(5分)
【駐車場】東照宮へは自動車の直接乗り入れはできません。
【拝観料】社殿:大人500円 小人200円

第7位・夢の吊り橋(焼津・藤枝・御前崎・寸又峡エリア)

夢の吊り橋

Photo by adobe

寸又峡の奥地にある、絶景スポット「夢の吊り橋」。

目を奪われるほど美しい湖に架かる橋、その美しさから、山の奥地にあるにも関わらず一躍有名になりました。

それもそのはず、橋の上からの景色は格別!

青と緑のコントラストが最高に美しく、秋になるとその緑は燃えるような赤に色づきます。

夢の中にいるような美しい体験がで待っていますよ♪

第6位・浜松城(浜松・浜名湖・天竜エリア)


Photo by keyaki
徳川家康が約17年間居城した城であり、その間多くのいくさを経験しました。

桜祭りのときはより一層の観光客でにぎわいます。

・基本情報

【住所】静岡県浜松市中区元城町100-2
【電話】053-453-3872
【営業】午前8:30 ~ 午後4:30(ただし入場は10分前まで)休館日12/29~31
【交通】・電車の場合:浜松駅乗車バスターミナル①⑬乗り場発のすべてのバス降車「市役所南」下車徒歩6分
・お車の場合:浜松ICより約30分 浜松西ICより約30分 浜松浜北ICより約40分
【駐車場】無料 詳細はこちら
【料金】大人200円 中学生以下無料

第4位・富士サファリパーク(富士・富士宮エリア)


Photo byしんのすけ
富士山をバックにライオンやチータ、ヒョウなどの動物を見られるテーマパークです。

日本最大の規模を誇るサファリパークで、頭上から迫りくる野生動物が見れる「スーパージャングルバス」も話題です。

・施設情報

【住所】静岡県裾野市須山2255-27
【電話】055-998-1311(代)
【営業】開園:3月16日~9月30日 9:00~17:00開園:10月1日~10月31日 9:00~16:30開園:11月1日~3月15日 10:00~15:30 年中無休
【交通】・電車の場合:三島駅からバスで  御殿場駅からバスで(サファリパーク下車)
・お車の場合:裾野ICから車で約10km 詳細はこちら
【駐車場】無料
【料金】昼のサファリ 大人(高校生以上)2,700円 小人(4歳~中学生)1,500円 シニア(65歳以上)2,000円 3歳以下 無料 夜のサファリ 大人(高校生以上)1,700円 小人(4歳~中学生)1,700円 3歳以下 無料 

第4位・沼津港深海水族館(御殿場・沼津・三島エリア)


Photo by Kentaro Ohno
別名「シーラカンスミュージアム」といわれ、シーラカンスをはじめとしてメガマウス・ラブカなど古代魚を展示しています。

駿河湾は深海生物も数多く生息する世界的に有名なスポットで、その環境を存分に生かして今後の展示物にも意欲的な話題の水族館です。

・施設情報

【住所】静岡県沼津市千本港町83番地
【電話】055-954-0606(10:00~18:00)
【営業】通常10:00~18:00 年中無休
【交通】・電車の場合:東海道新幹線「三島駅」よりJR東海道線に乗り換え(5分)JR東海道線「沼津駅」南口より①バスで約15分「沼津港」下車②タクシーで約5分~10分
・お車の場合:東名沼津ICより約20~30分 新東名長泉沼津ICより沼津方面に出て約20~30分
【駐車場】近隣の有料駐車場(約500台)をご利用ください。詳細はこちら
【料金】大人 (高校生以上)    1,600円 こども(小・中学生)800円 幼児 (4歳以上) 400円

第3位・御殿場プレミアムアウトレット(御殿場・沼津・三島エリア)


Photo by myself
国内外の人気ブランドをお買い得にゲットできるショッピングモールです。

富士山を背景にした敷地には、有名ブランドのお店がズラリ!国内最大級の面積を誇ります。

また地元ならではの食材を使ったグルメも楽しめちゃいますよ。

・施設情報

【住所】静岡県御殿場市深沢1312
【電話】0550-81-3122
【営業】【3月~11月】10:00~20:00【12月~2月】10:00~19:00 ※季節によって変動。休業日 年1回(2月第3木曜日)
【交通】詳細はこちら
【駐車場】詳細はこちら

第2位・三保の松原(静岡・清水エリア)

三保の松原 Miho no MatsubaraPhoto by Masabb
約7㎞の海岸に3万本の松が茂り、海の青さと富士山の美しさ、松林の緑が織りなすコントラストが魅力的なスポットです

一角には天女伝説で有名な羽衣の松もあり、毎年秋に薪能が開催されています。

・基本情報

【住所】静岡県静岡市清水区三保
【電話】054-251-5880(するが企画観光局)
【交通】・電車の場合:JR静岡駅から東海道線でJR清水駅下車、清水駅からバス三保山の手線で約25分「三保松原入口下車」徒歩約20分
・お車の場合:東名高速道路清水ICから約30分
【駐車場】あり

第1位 三島スカイウォーク(御殿場・沼津・三島エリア)

三島スカイウォーク

Photo by adobe

人専用の吊り橋の中では日本一の長さを誇る「三島スカイウォーク」。

その長さなんと400m!

箱根と伊豆の中間地点にあり、富士山をも望める大パノラマは格別です。

また、橋の隣では谷と谷を猛スピードで渡るジップスライダ―を体験でき、爽快感とスリルを楽しむことができます。

ジップスライダーだけでなく、命綱をつけて楽しむ本格アスレチック、フォレストアドベンチャーもおすすめです。

静岡には楽しいスポットがたくさん!

自然の美しい場所・動物や花々と触れ合える場所も多くある静岡県、東京からアクセスしやすいのもポイントですね。ぜひあなたも静岡へ足を運びませんか?

静岡観光におすすめの宿泊を比較しよう

ホテルだけが宿泊ではありません。同じ値段でも、時にその倍の充実感や広さを提供する民泊や貸し別荘があります。ぜひ、Staywayを活用して、様々な宿泊の中から最もおすすめの宿泊を検索・比較して見つけてみましょう。

Staywayについて

ホテルサイト・民泊サイトを各々比較するのは大変です。

民泊・別荘・ホテル比較のStaywayなら、利用したい条件で検索するだけで、最寄りの最安値の宿泊地が見つかります。ぜひチェックしてみてください。

logo