ローカルフードが楽しめる!シンガポールのフードコート6選! | Stayway Media

ローカルフードが楽しめる!シンガポールのフードコート6選!

Vista

トラベルライター

シンガポール 食べ物

Photo by wackywil

シンガポール旅行に行った際に安く現地の食事を楽しみたいのであればフードコートの利用がおすすめです。フードコートではいろいろな選択肢があるだけではなく、現地の人が日ごろから食べている庶民の味を楽しむことができます。

そこで今回は、シンガポールの人気のフードコートを紹介します。

【シンガポールの基本情報】
時差 1時間(サマータイムなし)
言語 英語
通貨 1シンガポールドル=約84円
気候情報 年間を通して温暖、湿度が高い

第6位 フード・ジャンクション

シンガポール 食事

Photo by leetseyew

フード・ジャンクションとは若者に人気のショッピングモール、ブギス・ジャンクションの中にあるフードコートです。

ここのフードコートはとくかくバリエーションが豊富なのが特徴。

日本食やイタリアン、韓国料理、インド料理など幅広い屋台が入っており、食べたいものの意見が異なった時でもここに行けば一件落着です!

また、女性に人気の薬膳スープの有名店も入っているのがポイント!

全体的に利用者の年齢層が若くがやがやした雰囲気ですが、子供の利用も多いので家族連れで利用しやすいフードコートです。

【正式名称】Food Junction
【住所】03-30 Victoria St, シンガポール 188021
【アクセス】MRTブギス駅から徒歩5分
【公式サイト】http://www.foodjunction.com

第5位 シンガポール・フード・トレイル

View this post on Instagram

Cella Limさん(@cella_lim)がシェアした投稿

シンガポール・フード・トレイルとはシンガポールの大観覧車、シンガポールフライヤーの麓にあるフードコートです。1960年代をテーマとした昭和レトロな雰囲気で、ちょっとしたテーマパークのような空間となっています。

また、見た目だけではなく提供しているものも当時のものを再現。昔ながらの優しい味付けで食べているとなんだか懐かしい気持ちにすらなります。

シンガポールのローカルフードに限らず、カツカレーやオムライスなどの子供が好きそうなメニューもそろっているので家族連れにもおすすめです。

ぜひここでお腹を満たしてからシンガポールフライヤーに乗りましょう!

【正式名称】Singapore Food Treats
【住所】30 Raffles Avenue, #01-09/12 Singapore Flyer, シンガポール 039803
【アクセス】MRTエスプラネード駅から徒歩5分
【公式サイト】http://www.singaporefoodtrail.com.sg

第4位 ギャラリー

シンガポール 食事

Photo by sharonang

ギャラリーとはマリーナ・スクエアというショッピングモールの4階にあるこのフードコートを指します。

ここのフードコートの特徴は食事をしながら景色を楽しむことができるという点です。

壁一面がガラス張りになっており、そこからはマリーナ湾を一望することができ、フードコート全体がとても開放的な雰囲気となっています。

フードコート自体も広く、席数が800もあるのも特徴です。

ここではチキンライスやホッケンミーなどのフードコートの定番メニューをおさえていることはもちろんのこと、リトルインディアの名物料理、フィッシュヘッドカレーも揃えています。

レストランで食べると少し値が張ってしまう上に、量が多めで複数人向けとなります。そのため、安く1人分のフィッシュヘッドカレーを食べたい!という人はここを利用するといいでしょう。

【正式名称】The Gallerie
【住所】6 #04-101/102 039594, 12 Raffles Blvd, Asia Square Tower 2, Singapore 018961
【アクセス】MRTエスプラネード駅から徒歩5分
【公式サイト】koufu.com.sg

第3位 フード・リパブリック

View this post on Instagram

Juan Ruiz Alvarez 🐻🌀❤さん(@juancolonia)がシェアした投稿

フード・リパブリックは、シンガポールで8箇所に展開する定番フードコートの1つです。

中でもおすすめなのは、ビボシティというハーバーフロント駅に直結したショッピングモール内にあるもの。

ここもシンガポール・フード・トレイルとようにレトロな雰囲気が漂っており、昔ながらの雰囲気を楽しみつつ食事をすることができます。

屋台の数も豊富で食事だけではなく、フルールやデザートもいただくことができます。セントーサ島へ行く前にここで食事を済ませるのもおすすめですよ!

【正式名称】Food Republic
【住所】Level 3, VivoCity, 1 Harbourfront Walk, シンガポール 098585
【アクセス】MRTハーバーフロント駅から徒歩5分
【公式サイト】foodrepublic.com.sg

第2位 フードオペラ

View this post on Instagram

Catatan Kuliner Bandungさん(@foodnotestories)がシェアした投稿

MRTのオーチャード駅に直結しているアイオン・オーチャードという巨大ショッピングモールの中に位置しているフードコートです。

オープンしてからまだ2、3年しか経っていないため雰囲気がおしゃれで清潔感のある雰囲気!

ここでは定番のチキンライス、ホッケンミー、バクテーなどが揃っており、シンガポールのローカル料理を制覇できてしまいます。

さらに、たこ焼き、ラーメン、とんかつなどの日本食もあるのがポイント!

ただし、アイオン・オーチャード内にあることから観光客以外にも周辺のビジネスパーソンの利用も多く常に席は満席。少し時間をずらして利用するのがおすすめです。

【正式名称】Rasapura Masters
【住所】Orchard Turn #B4-03/04, 2 ION Orchard No, シンガポール 238801
【アクセス】MRTオーチャード駅から徒歩5分
【公式サイト】foodrepublic.com.sg

第1位 ラサプーラ・マスターズ

View this post on Instagram

JCLさん(@jovielabarinto)がシェアした投稿

ラサプーラ・マスターズはショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズの地下に位置しているフードコートです。

シンガポール料理以外にも、マレー料理、タイ料理、インド料理、中華料理などアジア中の料理を楽しむことができます。さらに、ピザやサンドイッチなども洋食メニューも!

フードコート内は席数が960席用意されていますが、それでも席を確保するには苦労します。また、夜10時ころでも混雑しているので、なかなか空いている時間を見つけられないのが難点。

ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ内のレストランはどこも高級店ばかりなので、安く食事をしたい時はここを利用するといいでしょう。

【正式名称】Rasapura Masters
【住所】B2-50 Canal level, 2 Bayfront Ave, シンガポール 018972
【アクセス】MRTベイフロント駅から徒歩5分

フードコートでローカルフードを楽しもう!

ここまでお伝えしてきた通り、シンガポールにたくさんのフードコートがあります。それそれで屋台の種類や雰囲気が異なるので、複数利用してみると比較ができておもしろいですよ!

フードコートは時間がないときや安く食事をしたい時などの利用に非常に便利なので、ぜひシンガポールに行った際には利用しましょう!

シンガポールのおすすめレストランまとめました🍽 icon-hand-o-down

https://stayway.jp/tourism/singapore-restaurant25

シンガポールでアフタヌーンを楽しもう❤️ icon-hand-o-down

シンガポールに行った際にぜひ体験したいのがアフタヌーンティー!シンガポールのホテルでは洗練された雰囲気の中で美味しい紅茶やスイーツを楽しむことができます。こちらではアフタヌーンにおすすめのスポットをご紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Vista
ベルリン在住のフリーランスライター。アメリカ留学とシンガポール在住経験もあり。 趣味は海外旅行で現在訪れた国は25か国以上🌍50を目標に常に次の旅行中を模索中!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo