絶対誰かにあげたくなる!イタリア人気お土産トップ40 | Stayway Media

絶対誰かにあげたくなる!イタリア人気お土産トップ40

Noriko

トラベルクリエイター

イタリア パスタ
Photo by Noriko

世界遺産の宝庫、みどころいっぱいのイタリア。

観光はもちろん、美味しいグルメとおしゃれなファッションも有名で街を歩くだけであれもこれも欲しくなってしまいますよね。

そこで今回はイタリアを旅行したら絶対手に入れたいお土産を北から南まで、ばらまき用のお菓子から手に入りにくい食材や一点物の靴、革製品などを地域ごとに厳選してご紹介します!

時差 7時間(4月〜10月 夏時間)/ 8時間(11月〜3月 冬時間)
言語 イタリア語
通貨 ユーロ
気候 地中海洋性気候。温暖で雨が少なく、日本と同じように四季がはっきりしています。夏は 日差しが強く、冬は雨が多くなります。

イタリア北部

イタリア ヴェネチア
Photo by Alois_Wonaschuetz

イタリアを代表するファッション都市ミラノ、幻想的な水上都市ヴェネチア、サヴォイア家の王宮が残る華麗な都市トリノとみどころいっぱいの北イタリア。

グルメではフランスやスイス、オーストリアの影響を受けてバターやチーズたっぷりのこってりした料理にチョコレートが有名です。

第10位 アレッシィのキッチン雑貨

イタリア アレッシィ
photo by Niklas Morberg

イタリアには洗練されたデザインのキッチン雑貨がたくさんあります。

その中でも1921年創業のアレッシィは上質なステレンレスをはじめ素材も良く耐久性も高いものばかり。

国際的なデザイン賞を数多く受賞していて、美術館に収蔵されているほどのデザイン性の高さも人気です。

【正式名称】Alessi
【住所】Via Alessandro Manzoni, 14/16, 20121 Milano
【アクセス】地下鉄黄色線 Montenapoleone(モンテナポレオーネ)駅下車徒歩5分
【営業時間】月曜〜土曜日:10:00~19:00 / 日曜日:10:00〜14:00
【公式サイト】https://www.alessi.com

第9位 イッリのエスプレッソコーヒー

イタリア イッリコーヒー
photo by illy Art Collection

世界中で愛飲されているイッリのエスプレッソコーヒー。

そのイッリはイタリア北東部の街トリエステで1933年に生まれました。

イッリ製品のほとんどは高品質なアラビカ種コーヒー豆で作られ、品質の高さは保証済み。

さらにイリーアートコレクションと呼ばれる陶器カップのコレクションもラインナップされ、コーヒー豆と共にお土産にぴったりです。

【正式名称】Illy
【住所】Via Monte Napoleone, 19, 20121 Milano
【アクセス】地下鉄黄色線 Montenapoleone(モンテナポレオーネ)駅下車徒歩5分
【営業時間】月曜〜土曜日:8:00~21:00 / 日曜日:9:00〜21:00
【公式サイト】https://www.alessi.com/it_it/

第8位 ヴェネチアングラス

イタリア ヴェネチアングラス
photo by Tony Hisgett

水上都市・ヴェネチアで作られるヴェネチアングラス。

その美しさと技術の高さから歴史的価値の高いものは美術館に収蔵されていますが、ネックレスや小さな置物、コップなどはお土産やさんなどで手頃な値段で手に入れることができます。

工房はムラーノ島にありますが、ヴェネチア本島のいくつかの店舗でも購入できます。


【正式名称】Murano Vitrum
【住所】Piazza San Marco, 1229, 30124 Venezia
【アクセス】サン・マルコ広場から徒歩3分
【営業時間】10:00~19:00
【公式サイト】http://www.muranovitrum.com/

第7位 ジャンドゥーヤ

トリノ ジャンドゥーヤ
photo by Clop

王宮や回廊が残る美しい街トリノですが、実はチョコレートの街として有名なんです。

街を歩けばチョコレート屋さんがいっぱいで、バールではホットチョコレートとエスプレッソを合わせたビチェリンという飲み物が楽しめます。

その中でもおすすめのチョコレートのお土産はピエモンテ生まれのジャンドゥーヤ。

焙煎したヘーゼルナッツやアーモンドをペーストにしてチョコレートと合わせたコクのあるチョコレートです。


【正式名称】Guido Gobino
【住所】Via Giuseppe Luigi Lagrange, 1, 10123 Torino
【アクセス】トラム13番 Carlo Alberto駅下車徒歩5分
【営業時間】月曜:15:00 ~ 20:00 / 火曜~日曜:10:00 ~ 20:00
【公式サイト】http://guidogobino.it/

第6位 フェレロ・ロシェのチョコレート

イタリア フェレロ・ロシェ
Photo by Avelinak edit Bruce The Deus 

イタリアのチョコレートの定番のお土産といえばこれ、フェレロ・ロシェ。

ローストしたまるごとのヘーゼルナッツがうすいウエハースでくるまれ、ヘーゼルナッツクリームの層の上にミルクチョコレートと小さく刻んだヘーゼルナッツがトッピングされたお菓子です。

金色の包み紙で個包装されていて、一粒一粒食べ応えがあるのでお土産にぴったり。

空港やスーパー、どこでも手に入るのも魅力です。


【正式名称】EATALY
【住所】Piazza Venticinque Aprile, 10, 20121 Milano
【アクセス】地下鉄緑線 Garibaldi(ガリバルディ)駅より徒歩5分
【営業時間】月曜〜日曜日:8:30 ~ 0:00
【公式サイト】https://www.eataly.net

第5位 KIKOのコスメ

イタリア KIKO
photo by NuriaSoniaMarta

Visualizza questo post su Instagram

Un post condiviso da KIKO Milano Official (@kikomilano) in data:

ミラノ発祥のコスメブランド「KIKO MILANO(キコ ミラノ)」。

種類も多くデザインもかわいく、何よりプチプラ!ということで最近イタリアだけでなくイギリスやフランスでもどんどん新しい店舗がオープンしています。

日本未上陸の安くてかわいいKIKOのコスメ、自分用にもばら撒き用にもおすすめです!


【正式名称】KIKO MILANO
【住所】Via Privata della Passarella, 4, 20122 Milano
【アクセス】ドゥオーモから徒歩3分
【営業時間】月曜〜金曜日:9:00 ~ 21:00 / 土曜日:9:00〜20:30 / 日曜:10:00 ~ 20:00
【公式サイト】https://www.kikocosmetics.com

第4位 マロングラッセ

Visualizza questo post su Instagram

Un post condiviso da Giovanni Galli 1911 (@giovannigalli1911) in data:

ミラノ、ドゥオーモ近くに店を構える創業100年を超える老舗の菓子店、ジョバンニ・ガッリ。

チョコレート菓子やビスケットなども売られていますが、何と言ってもおすすめなのは大きくて柔らかい栗を使ったマロングラッセ。

南イタリア、カンパーニャ州のカスターニャ・ディ・モンテッラという大粒で柔らかい、I.G.P(保護指定地域表示)の商標をもつ栗のみを使用し、創業当時からの秘伝の製法で作られています。


【正式名称】Giovanni Galli
【住所】Via Victor Hugo, 2, 20123 Milano
【アクセス】ドゥオーモから徒歩3分
【営業時間】月曜〜土曜日:8:30 ~ 20:00 / 日曜:9:00 ~ 13:30
【公式サイト】http://www.giovannigalli.com/

第3位 ビアレッティ モカエキスプレス

イタリア ビアレッティ

Photo by Bialetti Industrie

イタリアの老舗ビアレッティ社の定番モデル、モカエキスプレス。

直火にかけることで蒸気圧を生み出しコーヒーを抽出する仕組みになっています。

ハンドドリップより味が濃くなるため、自宅で濃厚なエスプレッソを楽しむことができます。

イタリア人の中にも、バールで味わう濃いエスプレッソよりモカエキスプレスで淹れた少しマイルドなエスプレッソの方が好き、という人が多くいます。

コーヒー好きな人へのお土産にぜひ。


【正式名称】Bialetti
【住所】Piazza dei Mercanti, 7, 20123 Milano
【アクセス】ドゥオーモから徒歩3分
【営業時間】月曜〜日曜日:10:00 ~ 20:00
【公式サイト】https://www.bialetti.it

第2位 パネットーネ

Visualizza questo post su Instagram

Un post condiviso da Camilla Rocca (@roccacamilla) in data:

ミラノ発祥のクリスマスに食べられるお菓子・パネットーネ。

発酵したブリオッシュのようなドーム型の菓子パンにドライフルーツが混ぜ込まれています。

保存期間が長いことが特徴で、いつまでも柔らかふわふわの食感が保たれます。

大手メーカーのものからパティスリーが作る手作りのものまで、品質も値段も様々。

大手スーパーではクリスマス以外の時期でも売っていることがあり、特にクリスマスをすぎると半額で売られていたりしてほんの数百円で買えることもあります。


【正式名称】EATALY
【住所】Piazza Venticinque Aprile, 10, 20121 Milano
【アクセス】地下鉄緑線 Garibaldi(ガリバルディ)駅より徒歩5分
【営業時間】月曜〜日曜日:8:30 ~ 0:00
【公式サイト】https://www.eataly.net

第1位 白トリュフを使った食材

イタリア 白トリュフ
Photo by Tuscanycious

トリノの南東にある小さな街、アルバは白トリュフの生産地として世界的に有名です。

白トリュフは人工栽培ができず特別に訓練された犬を使って探し当てないといけない為、価格はkgあたり60〜80万もすると言われるほどの超高級品。

その高貴な香りを閉じ込めたトリュフ塩やトリュフオリーブオイル、トリュフを練りこんだパスタなどは日本でその香りが堪能できます。


【正式名称】EATALY
【住所】Piazza Venticinque Aprile, 10, 20121 Milano
【アクセス】地下鉄緑線 Garibaldi(ガリバルディ)駅より徒歩5分
【営業時間】月曜〜日曜日:8:30 ~ 0:00
【公式サイト】https://www.eataly.net
logo