【シチュエーション別】スペイン語圏の旅行で使える便利フレーズ65 | Stayway Media

【シチュエーション別】スペイン語圏の旅行で使える便利フレーズ65

Juri Mizuki

トラベルライター

グアテマラ アンティグア

(Photo by Adobestock)

世界196カ国で最も話されている言語の一つが「スペイン語」です。

スペイン語が話されている地域はスペインをはじめその植民地支配を受けた歴史を持つ中南米国々の国々が挙げられ、私たち日本人が海外旅行へ出掛ける時に必須とも言われるツール「英語」が通じない国や地域も未だ多くあるのが現状です。

近頃Google翻訳の機能が発達しより正確性が増したので以前と比べ現地の言葉が話せなくても比較的旅行しやすくはなりました。

しかしながらオフラインでどうしても翻訳機能に頼れない時・・・ありますよね。

私たち日本人もそうですが日本を訪れる外国人観光客の方々が日本語でコミュニケーションをとってくれるのは凄く嬉しいですよね。

それはスペインや中南米を訪れても同じです。

今回はスペインをはじめ中南米地域を旅行される方に便利なスペイン語フレーズをシチュエーション別で50個紹介したいと思います。

簡単なものはすぐに覚える事が出来ると思いますので是非覚えておきましょう!

1. スペイン語で挨拶しよう 基本フレーズ10選

Cityhub

(Photo by Adobestock)

どこの国を訪れても最低限その国の言葉で挨拶出来ると随分旅の楽しさが変わってきますよね!

スペイン語で「こんにちは」「さようなら」は日本でも多くの人が一度は耳にした事がある単語だと思います。

ここでは旅行中に路上で出会う現地の人やホテルの従業員の方々とコミュニケーションを交わすのに最も使うであろうスペイン語の挨拶を紹介します。

これらの単語は短く発音しやすいので覚えておくと大変便利です!

・Hola! (オラ) やほ!

英語でいう Hi! のニュアンスを持つカジュアルなスペイン語の挨拶がHolaです。

スペイン語ではHを発音しない為「ホラ」とは発音しないので気をつけてください。

すれ違う人同士でも掛け合う挨拶単語で旅行中よく街中で耳にすると思います。

・Mucho gusto(ムチョグスト)  はじめまして

英語でいうNice to meet youの意味で初めて会う人に『はじめまして、よろしくね』という意味で使います。

『はじめまして』と言いながら現地の人と握手する際などに使用します。

次に紹介する単語Encantadoと使い方は同じですがこちらの方が口語的なニュアンスを持ちます。

・Encantado/Encantada(エンカンタード/エンカンターダ)  お会い出来て嬉しいです

こちらは英語のNice to meet you(よろしくね)の少しフォーマルな表現です。

「お会いできて光栄です」「あなたにお会いできて嬉しいです」の意味があります。

誰かに初めて会った時もしフォーマルな場ならこちらを使うのが無難だと思います。

あなたが男性である場合はEncantado(エンカンタード)、女性である場合はEncantada(エンカンターダ)と発音するので使い分けに気をつけるようにしましょう。

・Buenos días(ブエノスディアス)  おはようございます

こちらは非常に良く使います。

スペイン語圏では、”Hola”をカジュアルな挨拶として使いますが朝はちゃんと「おはようございます」と言います。

Buenos díasと挨拶する時間は日本で「おはようございます」と言って違和感の無い時間帯を想像していただければ分かりやすいと思います。

ホテルの朝食や朝の時間帯のカフェなどで現地の方々と接する際に非常良く使う挨拶単語です。

・Buenas tardes(ブエナスタルデス)  こんにちは

フォーマルな場で丁寧に「こんにちは」と言う場合Buenas tardes(ブエナスタルデス)と発音します。

しかしながら旅行中であればHolaを使う事の方が多いと思うので予備知識として紹介します。

・Buenas noches(ブエナスノーチェス)  おやすみなさい

寝る前に使う挨拶用語で「おやすみなさい」の意味です。

・Adios(アディオス)  さようなら

英語でいう”Good bye”同様「さようなら」という意味で使われます。

・Chao(チャオ)  バイバイ

“Chao”は「さようなら」をカジュアルにした単語で「バイバイ」「またね」と軽く挨拶するニュアンスで使われます。

・Hasta pronto(アスタプロント)  またすぐあとでね

“hasta”=また〜、”pronto”=すぐに で英語のSee you soon と「またすぐ後で」という意味で使われます。

prontoの部分を”luego”にして”Hasta luego(アスタルエゴ)にすると同じく「また後でね」というニュアンスで使う事ができますがこちらは次回会うまでに少し時間が空く場合に使う挨拶単語です。

Cómo estas(コモエスタス?)  元気?

英語でHow are you?と同じく『元気?』という意味で使われる単語です。

単語の末尾の”s”を外して Cómo está?(コモエスタ)に変化させると『お元気ですか?』と丁寧な表現に変化します。

Qué tal?(ケタール?)という単語も同様の意味で用いられます。

「とても元気です」と答える場合はスペイン語でMuy bien(ムイビエン)です。

2. スペイン語で自己紹介してみよう 基本フレーズ 3選

スペイン1
(Photo by Adobestock)

旅行中はホテルのチェックインや現地ツアーのピックアップなどで名前を尋ねられる事が多いと思います。

こちらではスペイン語での簡単な自己紹介の仕方を紹介します。

・Cómo se llama?(コモセジャーマ?)  名前は何ですか?

スペイン語で相手の名前を尋ねるのが”Como se llama?”です。

他にも”Cuál es tu nombre?”という表現も同様の意味を持ち現地の方々に用いられていますがこちらはややフォーマルな表現なので、旅行先で誰かの名前を尋ねる時は”Coómo se llama”と尋ねるのが相応しいでしょう。

・Me llamo 〇〇(メジャーモ〇〇) 私は〇〇です

〇〇のところに名前を入れて「私は〇〇です」と言う意味になります。

自己紹介をする場でも必ず必要な表現なので覚えておくと便利でしょう。

・Soy de 〇〇(ソイデ〇〇)  出身は〇〇です

旅行先で名前に次いで多く尋ねられるのが出身地です!

出身地を尋ねられた場合は、〇〇の部分に自身の出身地を加えて答えましょう。

ちなみに「日本」はスペイン語で”japón”(ハポーン)です。

その為「日本からきました」と表現したい方は”Soy de japón”(ソイデハポーン)と言いましょう。

3.  スペイン語日常会話頻出フレーズ 5選

スペイン2

(Photo by Adobestock)

・Sí/No(スィ/ノ)  はい/いいえ

スペイン語の「はい/いいえ」です。

これを知っておくだけでも旅行先で何かと便利です。

・Gracias(グラシアス)  ありがとう

スペイン語で「ありがとう」はグラシアスと発音します。

この言葉は旅行中絶対に必要になるでしょう!

またGracias por todo(グラシアスポルトード)と言うと「色々ありがとう」と言う意味になります。

必要となる場面ごとに使い分けましょう。

・De nada(デナーダ)  どういたしまして

スペイン語の「どういたしまして」は訪れる地域によっていくつかあります。

“De nada”はその中でも最も一般的な「どういたしまして」の言い方なので今回はこちらを紹介しています。

・Disculpe(ディスクルペ)  すみません

「すみません」と道やレストランで誰かに声を掛ける時に使います。

英語で言う”Excuse me”と全く同じニュアンスで使われ旅行先でもよく耳にするでしょう。

・Perdón(ペルドン)  ごめんなさい

道を歩いていて通行人に肩が当たってしまった場合やレストランでグラスを割ってしまった場合などは”Perdon”を使いましょう。

4. 空港到着以降に使うと便利なフレーズ 7選

空港(Photo by JESHOOTS-com)

入国審査官の方々は日々多くの外国人を相手にする為英語が通じる場合がほとんどです。

・Dónde está la información(ドンデ エスタ ラ インフォルマスィオーン?)  インフォメーションはどこですか?

空港の到着ロビーに着いてまずはじめに観光案内(インフォメーション)を探す方は多いと思います。

そんな時は是非このフレーズを使って下さいね!

・Tengo objeto que declarar(テンゴ オブヘト ケ デクララール)  税関申告するものがあります

税関申告が必要な荷物がある場合はこのフレーズを使いましょう。

反対に何も申告するものが無い場合はフレーズの頭に”No”を付けると申告は必要ないという意味に変化します

・Voy a estar aquí por 〇〇(ボイ ア エスタール アキー ポル〇〇)

入国審査官が英語を話せないのは非常に稀ですが、たまにスペイン語で滞在期間や目的を尋ねられる事があります。

スペイン語で滞在期間を質問するフレーズはいくつかありますが“Cuánto tiempo se quedará?”(クアントティエンポ セ ケダラ?)が一番多いと思います。

入国審査で「クアント ティエンポ〜」と聞こえたらまず滞在期間への質問だと思って下さい。

そんな時に返答に利用できるフレーズがこちらです。

〇〇のところには具体的な期間を入れて下さい。

例)1日=un día(ウン ディーア)、2日=dos días(ドス ディーアス)、3日=tres días(トレスディーアス)・・・1週間=una semana(ウナセマーナ)、1ヶ月=un més(ウン メース)

・Cual es el propósito de su viaje?=旅行の目的は何ですか?

空港での入国審査でもう1つ必ずされる質問がこちらです。

「旅行の目的」を問うものですが決して難しく考える必要はありません。

観光であればtourism(トゥーリズモ)、出張であればel negocio(エル ネゴーシオ)と答えれば大丈夫です。

大多数の方々は旅行が目的だと思いますので、出張の方への細かい解説は省略します。

・Dónde está la parada de taxis?(ドンデ エスタ ラ パラダ デ タクシース?)  タクシー乗り場はどこですか?

このフレーズのde以降を”Bus”に置き換えると「バス乗り場はどこですか?」という意味になります。

正確には”Dónde está la parada del bus?”となりますが先のフレーズで問題なく通じます。

・Cuánto cuesta ir a 〇〇?(クアント クエスタ イル ア 〇〇?)  〇〇までいくらかかりますか?

このフレーズは空港からタクシーを利用する場合の料金交渉でもバスの切符を買い求める時にも使える為大変便利です。

〇〇の部分は具体的に行きたいホテルなどの名前が入ります。

・Puede usar el taxímetro?(プエデ ウサール エル タクシメトロ?)  メーターを使ってもらえますか?

メータータクシーを利用したい方はこのフレーズを使ってみましょう。

実際にメーターを使用してくれるかは別として言ってみる価値ありです。

もしお願いしてみてもダメなら値段交渉を忘れずに!

5. ホテルで使える便利フレーズ 10選

ホテル(Photo by biksonwalder)

旅行をする時どこに宿泊しますか?

ホテル?それともゲストハウスですか?

旅行先での宿泊先はそれぞれ異なりますが宿の従業員皆に英語が通じる訳ではありませんよね。

こちらでは宿泊先でのチェックインからチェックアウトまでの間に最も使うであろうフレーズを10個まとめて紹介します。

スペイン語しか通じない環境でどうしても従業員の方と現地の言葉でコミュニケーションを取らなくてはならなくなった場合は是非参考にしてください!

・Tengo una reservación(テンゴ ウナ レセルバシオーン)   予約している者です

このフレーズと共にパスポートをフロントに提出すればすぐに予約した部屋へ通してくれると思います。

・Quisiera registrarme por favor(キシエラ レヒストラールメ ポルファボール)   チェックインお願いします

上で紹介したフレーズ同様チェックイン時に使えるフレーズがこちらです。

フレーズと共にパスポートを提出すれば以降の流れはホテル側が淡々と行ってくれるはずです。

・Podría cambiar de habitación?(ポドリーア カンビアール   アビタシオン?)  部屋を変えてもらえませんか?

チェックイン後に案内された部屋に何か不具合がある場合はこのフレーズを使いましょう。

その際理由を尋ねられたらGoogle翻訳でも良いので説明しましょう。

予約した部屋と異なり明らかにグレードダウンした部屋を案内された場合も同様です。

不当な扱いをされた場合はホテル側に伝えるのを忘れずに!

・A qué hora se puede tomar el desayuno?(ア ケオラ セ プエデ トマール エル デサジューノ?)   朝食は何時ですか?

・Está el desayuno incluido?(エスタ エル デサジューノ インクルイード?)   朝食は含まれていますか?

バックパッカーズホステルに宿泊する場合駆け込みで直接宿泊費を交渉する場合もありますよね。

そんな時はこのフレーズを使うのを忘れずに!

含まれていなかった朝食が無料で付いてくるかもしれませんね!

・Se me extravió la llave(セ メ エクストラヴィーオ ラ ヤーベ)      鍵を失くしてしまいました

・No necesito el servicio al cuarto(ノ ネセシート エル セルビシオ アル クアルト)  部屋の掃除なしで結構です。

・A qué hora es la salida?(ア ケオラ エス ラ サリーダ?)   チェックアウトは何時ですか?

・Quisiera irme del hotel(キシエラ イルメ デル オテル)   チェックアウトをお願いします

・Podría dejar mi equipaje?(ポドリーア デハール ミ エキパへ?)   荷物を預けてもいいですか?

6. レストランで使える便利フレーズ 10選

レストラン(Photo by Free-Photos )

スペイン語圏の旅行中最も現地の人とコミュニケーションを取らなければならない場所、それがレストランです。

ここではレストランで使えるスペイン語のフレーズを10個紹介したいと思います。

・Puedo ver la carta?(プエド ベル ラ カルタ?)  メニューを見せてもらえませんか?

レストランに入る前にメニューを見て具体的な価格帯やメニュー内容を確認したい時ありますよね。

そんな時にこのフレーズを使えば、席に着く前にメニューを見せてもらうことができます。

ちょっと自分には合わないと思ったらグラシアスと笑顔でメニューをレストランに返せば悪く思われる心配もありません。

・Un momento por favor(ウン モメント ポルファボール)  ちょっと待ってください

レストランでまだ注文が決まっていないにも関わらず店員さんが席に注文を取りに来てしまうことがありますよね。

そんな時はこのフレーズを使いましょう。

・Qué me recomiendan?(ケ メ レコミエンダン?)  オススメは何ですか?

・Esto por favor(エスト ポルファボール)  これください

レストランの利用時メニューに写真がある場合に注文したいものを指しながら使うと便利なフレーズです。

・Buen provecho!!(ブエン プロベーチョ)  召し上がれ!

レストランで食べ物が提供される時に店員さんからお客さんに使われるフレーズです。

もし”Buen provecho”と言われたら”Gracias”(グラシアス)と返しましょう。

・Es〇〇?(エス 〇〇?) これは〇〇ですか?

好き嫌いがある方はレストランの注文時に、メニューに載っている食べ物が何なのか気になりますよね。

Es 〇〇?と、〇〇の部分にスペイン語で食べ物の名詞を置くと「これは〇〇ですか?」と言う質問が相手に伝わります。

〇〇によく入る代表的な単語を以下に紹介します。

・Tengo alergia de 〇〇(テンゴ アレルヒア デ 〇〇)  私は〇〇のアレルギーがあります。

アレルギーがある場合は事前に旅行前に紙に書き上げると現地の方々も理解しやすいでしょう。

その場合は”Tengo alergia”(テンゴアレルヒア)と言って紙を見せればお店の人にしっかりと伝わります。

・Para llevar por favor(パラジェバールポルファボール)  お持ち帰りでお願いします

お店で注文したものを持ち帰りにしてもらう時に使えるフレーズです。

・dónde está el baño?(ドンデ エスタ エル バーニョ)  トイレはどこにありますか?

・La cuenta, por favor(ラ クエンタ ポルファボール)  お勘定お願いします。

7. 買い物に便利なフレーズ 10選

買い物(Photo by gonghuimin468)

旅行時に英語を使って買い物するのは慣れているという方も、スペイン語を使用しての買い物はなかなか難しいという方は少なくないのではないでしょうか?

こちらでは買い物をする際に最もよく使うであろうスペイン語のフレーズを10個挙げました。

・Cuánto cuesta?(クアント クエスタ?)  いくらですか?

買い物をする際に欲しいものの金額を確認したい時は多いと思います。

日本のスーパーなどの様に全ての商品に値札が付いていれば分かりやすいのですが特に中南米ではお店の商品に値札が付いていない事が多いです。

そんな時値段を確認せずに商品を購入するのは不安ですよね。

後でトラブルにならない為にも購入前には必ず値段を確認しておきましょう。

・Qué es esto?(ケ エス エスト?) これは何ですか?

尋ねたいものを指差して質問したい場合に使えるフレーズです。

ショッピングやレストランでの注文時に便利です。

・Quiero 〇〇 (キエロ 〇〇)  〇〇が欲しいです

〇〇の部分に欲しいものの名前を入れると「〇〇が欲しいです」という表現になります。

・Dónde está la caja(ドンデ エスタ ラ カハ)  レジはどこですか?

・〇〇 Porfavor(〇〇 ポルファボール)  〇〇をください

・Tiene〇〇(ティエネ 〇〇)  〜はありますか?

旅行先で良く使う質問ですね。

スペイン語で”Esto”は「これ」という意味です。

もしも欲しいお土産の写真が携帯などに保存されている場合、”Tiene esto?”(ティエネエスト?)と言いながらお店の人に画面を見せると良いでしょう。

・Puedo probar melo?(プエド プロバール メロ?)  試着して良いですか?

・Me queda bien(メ ケーダ ビエン)  ぴったりです

もし試着してみてサイズが合わない場合はフレーズの頭に”No”を置いて「サイズが合わないです」と店員さんに伝えましょう。

その際もう少し大きなサイズが欲しい方は”Más grande por favor”(マスグランデポルファボール)、小さなサイズが欲しい方は”Más pequeño por favor”(マスペケーニョポルファボール)と伝えましょう。

・Quiero pagar con tarjeta(キエロ パガール コン タルヘタ)  クレジットカードで支払いたいです

・solo estoy mirando(ソロ エストイ ミランド)  ただ見ているだけです

お店に入店すると店員さんが話し掛けてくる事があります。

もし店員さんをやんわりと断りたい時はこちらのフレーズを使えば「すみません、ただ見ているだけです」と相手に伝わります。

・買い物をする時に確認したい賞味期限

スペイン語圏で食品を購入する時に特に注意したいのが賞味期限ではないでしょうか?

スペイン語では表記が「日/月/年」の順となるので購入時注意が必要です。

全て数字であれば確認しやすいのですが月の名前だけスペイン語で書かれています。

例) 17/SEP/19   = 2019年9月17日

友人へのお土産の賞味期限などを確認する際に大変重要な月の名前と表記用に省略したものを以下に載せておきます。

ENE(enero)                 1月       FEB(febrero)         2月

MAR(marzo)         3月        ABR(abrir)            4月

MAY(mayo)                 5月       JUN(junio)                  6月

JUL(Julio)                    7月       AGO(agosto)        8月

SEP(septembre)          9月       OCT(octubre)            10月

NOV(noviembre)   11月       DIC(diciembre)      12月

8. 緊急事態の為に覚えておくと便利なフレーズ 10選

警察

海外旅行中は常に何があるかわかりません。

私自身南米旅行中に2度強盗に遭い被害届を提出する際に赴いたり、乗っていた車が廃車になる程の交通事故にも遭った事があります。

強盗に関してはチリで1回、ボリビアで1回。

残念ながら両方とも警察では英語が通じなかったので全てスペイン語で説明しなくてはならなかったです。

こちらでは旅行中に発生した緊急事態を想定してその時に必要になるであろうフレーズを10個紹介します。

・Socorro!(ソコロ)  助けて!

・Me asaltaron(メ アサルタロン)  強盗に遭いました

・Me robaron mi 〇〇(メ ロバロン ミ 〇〇) 私の〇〇が盗まれました

このフレーズは盗難・強盗に関する被害届を現地で作成する場合に確実に必要となるフレーズです。

〇〇に入る単語は主要なもので以下となります。

Teléfono(テレーフォノ)=携帯電話

Mochila(モチーラ)=カバン

Cartela(カルテラ)=財布

Passaporte(パサポルテ)=パスポート

todo(トード)=全部

・Llama una ambulancia(ジャーマ ウナ アンブランシア)  救急車をを呼んで下さい

ambulancia(アンブランシア)=救急車 です。

ここをPolicia(ポリシア)に変えると「警察を呼んでください」と言う意味になります。

・Necesito algo para la gripe(ネセシート アルゴ パラ ラ グリーぺ)  風邪薬をください

・Dónde está la embajada de Japón?(ドンデ エスタ ラ エンバハーダ デ ハポーン?)  大使館はどこにありますか?

“la embajada de japón”=大使館 ですが、この部分をご自身が泊まられているホテルの名前にすると万が一迷子になってしまった時に「〇〇ホテルはどこですか?」と尋ねる事が出来る為便利です。

・Estoy perdido( エストイ ペルディド)   道に迷っています

・Fuera de aquí(フエラ デ アキー)  ここから逃げて

・Quiero denunciar un robo(キエロ デヌンシアール ウン ロボ)  被害届を出したいです

・Cuidado!(クイダード!)  気をつけて!

スペイン語圏への旅行は、現地で使えるフレーズを少し覚えるだけでグッと便利に!!

スペイン アルハンブラ(Photo by dkatana)

いかがでしたか?

英語とは異なりスペイン語は日本人にとって発音しやすい傾向にありカタカナ表記しても現地の方に伝わります。

今日本で多くの人々が学習していて便利な英語ですが、実はスペイン語圏の国に居住している方々にはあまり通じないです。

スペインの方々は主要な都市では英語を話せる方を多く見かけますが観光地以外の田舎を訪れたり中南米の国々ですと見つけるのがなかなか難しいのが現状です。

その為今回はこれらの地域を旅行する上で特に使えるフレーズを50個紹介しました。

これらのフレーズを用いてみなさんのスペイン語圏での旅がもっと楽しくなる事を願っています!

マドリードから日帰りで行ける世界遺産5選!

スペインの代表的な観光地と言ったらやっぱりバルセロナとマドリード。 でもせっかくのスペイン旅行をもっと充実させたいと思っているあなた! 今回はマドリードから日帰りで行くことができる世界遺産をランキング形式で紹介します!

スペイン・アンダルシアを満喫しよう!

『太陽と情熱の国』スペイン・アンダルシアを、たったの3日間でこれでもかと満喫できるおすすめのプランをご紹介します! あたたかな日光が降りそそぎ、闘牛・フラメンコを楽しめる【最もスペイン感の強い地域】ことアンダルシアを旅しませんか?

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Juri Mizuki
21歳から世界を旅し始めて5年間でラグジュアリー旅からバックパッカー旅など幅広い形での旅を経験し、これまでに102カ国渡航しました。グアテマラのアンティグアでの語学留学経験あり。トラベルコンサルタントとして旅しながらリモートで働かせていただいております。 ガイドブックなどには載ることの無いリアルな情報をここから読者の皆さんにお届けします。現在旅している人・そうでない人関係なく楽しんでいただけるメディア作りをしていければなと思います。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo