夏はココで決まり!ひんやりおいしい東北グルメ12選 | Stayway Media

夏はココで決まり!ひんやりおいしい東北グルメ12選

ササキマミ

トラベルライター

花火

Photo by AdobeStock

自然に囲まれた東北は山の幸、海の幸に恵まれ、おいしいグルメもいっぱい!
その土地でしか味わうことのできない、夏のひんやりグルメがたくさんあります。

今回はそんな東北にきたら食べるべき、おすすめの夏グルメを店舗と共にランキングでご紹介します。

第12位 ずんだシェイク(宮城県)

この投稿をInstagramで見る

yuiyui💕komichan⭐️さん(@komichan.tokyo)がシェアした投稿

仙台の老舗菓子店「菓匠三全」が手がける「ずんだ茶寮」の人気商品。

牛乳を使用したバニラテイストのシェイクに特製のずんだをブレンドしたオリジナルのシェイク。

ずんだのつぶつぶ感がたまらなくおいしい!

【地図】

【名称】ずんだ茶寮 仙台駅ずんだ小径店
【住所】宮城県仙台市青葉区中央1丁目1-1仙台駅3F
【アクセス】JR仙台駅直結S-PAL仙台3F
【営業時間】9:00~21:00
【定休日】年中無休
【電話】022-715-1081
【公式サイト】https://zundasaryo.com/

第11位 じゃじゃ麺(岩手県)

この投稿をInstagramで見る

mtttttttttttttaさん(@mttttttttttttta)がシェアした投稿

岩手の三大麺といえば、「わんこそば」「冷麺」そして「じゃじゃ麺」を忘れてはいけません。

茹でたての温かいもちもち平打ち麺の上に、炒めた味噌ときゅうり、ショウガやネギが添えられています。
お好みでニンニク、酢、ラー油を加えてよく混ぜ合わせて食べます。

食べ終わったら卵を割り溶いて食べる「ちーたんたん」を注文。
これでシメるのが盛岡流。

中毒性のある美味しさで何度も通いたくなること間違いなし!

【地図】

【名称】白龍 本店
【住所】岩手県盛岡市内丸5-15
【アクセス】JR盛岡駅より徒歩20分
【営業】月~土曜日9:00~21:00 日曜日11:00~18:45
【電話】019-624-2247
【公式サイト】http://www.pairon.iwate.jp/

第10位 肉そば(山形県)

この投稿をInstagramで見る

SakeJuuuuunさん(@j.umahashi)がシェアした投稿

B級グルメとして人気を集めている山形の「肉そば」。

蕎麦がのびないように、冷やして出したのが始まりとされています。

トッピングは鶏肉とネギだけのシンプルな蕎麦ですが、全国のそば通が通う病みつきになる味です。

【地図】

【名称】いろは本店
【住所】山形県西村山郡谷地中央2-1-15
【営業】11:00~17:00
【定休日】木曜日
【電話】0237-72-3175

第9位 銀サバづけ丼(青森県)

この投稿をInstagramで見る

孤独の出張グルメ SATOSHIさん(@f.c.fuku)がシェアした投稿

全国ご当地どんぶり選手権で2016年、2017年にグランプリを獲得。

日本のサバの漁場としては最北端に位置する、冷たい海流に育まれた八戸沖のサバは国内で最も脂がのっているといわれています。

しかし、脂のギトギト感はなく、サラっととろける脂のりで後味の良さはびっくりするはず!

【地図】

【名称】寿司と地魚料理 サバの駅
【住所】青森県八戸市大字六日町12大松ビル
【アクセス】JR本八戸駅西口より徒歩約14分
【営業】17:00~24:00
【定休日】日曜日、年末年始
【電話】0178-24-3839
【公式サイト】http://hachinohe-sabanoeki.com/

第8位 ババヘラアイス(秋田県)

この投稿をInstagramで見る

mizutamaさん(@mizutamahanco)がシェアした投稿

秋田県の夏の風物詩!人気の「ババヘラアイス」は、秋田県内のあちこちで見かけます。

道端で、ピンクと黄色が印象的なパラソルの下で、売り子のお母さん「ババ」がアイスをヘラで盛り付けるから「ババヘラ」と呼ばれ、名物のアイスとなっています。

卓越した手さばきでアイスをバラの形に盛り付ける「バラ盛り」をしてくれる熟練のお母さんに会えたらラッキー!

【地図】

【名称】有限会社 進藤冷菓
【販売場所】秋田県内ののどかな道路沿い、お祭り等のイベント
【販売期間】4月~11月上旬くらい
【公式サイト】http://www.babahera.net/

第7位 冷やし中華(宮城県)

この投稿をInstagramで見る

CHIHIRO #34さん(@chihhiieee)がシェアした投稿

仙台発祥のご当地グルメとして隠れた名物。
冷やし中華は、夏バテ防止にぴったり!

トッピングは色鮮やかでボリューム満点。
酸味の効いた甘酸っぱいタレはさっぱりしていて、冷たい麺と絡み合うと最高です!

【地図】

【名称】龍亭
【住所】宮城県仙台市青葉区錦町1丁目2-10
【アクセス】JR仙台駅より徒歩約15分
【営業】月~土 11:00~14:30 17:30~21:30
日・祝 11:00~14:30 17:30~20:30
【定休日】火曜日
【電話】022-221-6377
【公式サイト】http://ryu-tei.jp/

第6位 冷やしラーメン(山形県)

この投稿をInstagramで見る

sanaeさん(@mapletirol)がシェアした投稿

ラーメンの消費量が日本一と言われる山形県。

「冷たいそばはあるのに、冷たい中華そばはないのか?」というお客さんの声をきっかけに試行錯誤のうえ完成させた「冷やしラーメン」。

冷やし中華や、冷麺などとは違い酸味が効いたスープではありません。
冷たいスープでもコクがあり、きゅうりや氷のトッピングがのり、人気の一杯となっています。

【地図】

【名称】栄屋本店
【住所】山形県山形市本町2-3-21
【営業】11:30~20:00 冬季 11:30~19:30
【定休日】水曜日
【電話】023-623-0766
【公式サイト】http://www.sakaeya-honten.com/

第5位 八戸ばくだん(青森県)

この投稿をInstagramで見る

Junji Chidaさん(@chida_j)がシェアした投稿

イカ水揚げ高日本一を誇る青森県八戸港。
そのイカをふんだんに使ったどんぶりが「八戸ばくだん」です。

イカを田子産ニンニクとショウガを使った、特製醤油タレに漬け込んだものをご飯の上に敷きつめ、イクラと卵黄をトッピング!

旬のイカを味わえる贅沢な一杯です。

【地図】

【名称】みなと食堂
【住所】青森県八戸市大字湊町字久保45-1
【アクセス】JR陸奥湊駅より徒歩約2分
【営業】月~土 6:00~15:00
【定休日】日曜日、年末年始
【電話】0178-35-2295

第4位 盛岡冷麺(岩手県)

この投稿をInstagramで見る

Katu_kunさん(@katu_kun0618)がシェアした投稿

「盛岡三大麺」のひとつで、全国区で有名なご当地グルメ。

韓国の冷麺をベースに、ジャガイモのでんぷんを使って固めたコシの強いもっちりとした麺が特徴。

コラーゲンたっぷりの牛骨ダシをメインにした濃厚スープや、すっきりとしたキムチの酸味は、若い女子に人気です。

辛みが足りない!と感じたときは自分好みの辛さにアレンジできるのも特徴です。

【地図】

【名称】食堂園
【住所】岩手県盛岡市大通1-8-2
【アクセス】JR盛岡駅から徒歩約15分
【営業】月~土 11:30~15:30 17:00~23:30
日祝日 11:30~21:30
【定休日】第1.3火曜日 12/31.1/1
【電話】019-651-4590

第3位 稲庭うどん(秋田県)

秋田 稲庭うどん

Phptp by mami

雪深い秋田の保存食として、江戸時代に作られたのがはじまり。

長い歴史をもつ稲庭うどんは、すべて人の手の技によって作り出される干しうどんです。
製造には3~4日かかり、非常に手間暇かけて作られています。

そうめんより太く、滑らかな舌触りでスルスルと喉を通っていきます。
コシがあってツルツルの食感はクセになりますよ!

【地図】

【名称】佐藤養助総本店
【住所】秋田県湯沢市稲庭町字稲庭80
【アクセス】湯沢駅より羽後交通バスに乗継ぎ小安線で新城バス停下車2分
【営業】11:00~17:00
【定休日】不定休
【電話】0183-43-2911
【公式サイト】https://www.sato-yoske.co.jp/shop/head-shop/

第2位 うに丼(岩手県)

この投稿をInstagramで見る

Ayumi028さん(@aymarmin.luv___)がシェアした投稿

岩手県最北端に位置する北三陸は、全国に広く知られる「うに」の産地です。

寒流と暖流が交わる栄養豊富な北三陸の海では、うにの餌となる良質な海藻がよく育つため、粒が大きく身の締まった極上のうに丼をお手頃価格で味わえます。

【地図】

【名称】北川食堂
【住所】岩手県下閉伊郡田野畑村和野260-13
【アクセス】道の駅田野畑から久慈方面へ車で2分位
【営業】11:00~22:00
【定休日】月曜日
【電話】0194-34-2251
【公式サイト】https://blog.goo.ne.jp/kitagawashokudou

第1位 桃パフェ(福島県)

この投稿をInstagramで見る

みさき えまさん(@honeypets.emma)がシェアした投稿

多くの観光果樹園や直売店が並ぶ福島。
なかでも7月~8月末しか食べられない「桃パフェ」がおすすめです!

食べ頃の桃をこれでもか!というくらい使用した贅沢なパフェで、SNS映えばっちり!

時期によって桃の品種も変わるため、何度か訪れて食べ比べるのも楽しいですよ。

【地図】

【名称】まるせい果樹園 農家カフェ 森のガーデン
【住所】福島県福島市飯坂町平野字森27-1
【アクセス】医王寺前駅から徒歩約20分
【営業】平日 10:00~16:00 土日祝 10:00~17:00
【定休日】冬季休業
【電話】024-542-0679
【公式サイト】https://ja-jp.facebook.com/MORIGARFUKUSHIMA/

夏の東北は美味しいものであふれてる!

いかがでしたか?
今回は、暑い夏におすすめのひんやりおいしい東北グルメをランキングでご紹介しました。

雄大な自然に恵まれた、ここでしか味わえない夏の美味しいグルメを求めて東北へ遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

夏に行きたい!女子旅におすすめの東北観光スポット13選👜

雪国や寒いイメージの強い東北ですが、夏は涼しい場所が多く観光に最適! 夏祭りや美しい自然、おいしい食べ物、東北でしか出会えないスポットがたくさんあります。 そこで今回は夏におすすめの、涼しく快適に過ごせる東北女子旅おすすめスポット13選を県別でご紹介します。

東北三大祭って知ってる?地元の名物と一緒にご紹介🏮

皆さんは東北三大祭を知っていますか?東北三大祭とは、青森市の青森ねぶた祭、秋田市の秋田竿燈祭、仙台市の仙台七夕祭のことを指します。本記事では、夏の風物詩として有名な東北三大祭の概要と祭りに行った際に食べたい、名物料理をご紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

ササキマミ
岩手県在住。休日は東北のどこかを旅しています。食べ歩きも好き。 キャンプもします。いつかキャンピングカーで日本一周するのが夢。 国内外問わず、旅行が好きで、年に一度は海外旅行へ行きます。 生きているうちに世界中の絶景をたくさん観て、地球の偉大さを発信できたら嬉しいです。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo