憧れの水上コテージ!初めてのタヒチにおすすめの観光・旅行プラン | Stayway Media

憧れの水上コテージ!初めてのタヒチにおすすめの観光・旅行プラン

加藤 千鶴

トラベルライター

ボラボラ島
Photo by 加藤 千鶴

初めてのタヒチを満喫するための旅行計画、観光情報、注意などのお役立ち情報をご紹介します。

タヒチはサンゴ礁のビーチとフレンチな雰囲気が楽しめる南太平洋に浮かぶ楽園です。

ハネムーンにも人気の水上コテージのある島々もご紹介します。

■時差-19時間 (日本が10時の時、現地時間は前日の15時)
*サマータイムは実施されていません
■言語公用語はフランス語とタヒチ語
■通貨フレンチ・パシフィック・フラン(CFP、XPFと表記)
■気候年間を通して気温が高い。3月から11月が乾季。12月から2月下旬の雨季は通り雨があり、温度は高め。

1.タヒチの旅行プラン&注意ポイント

タヒチってどんなところ?

タヒチは珊瑚礁のリーフに囲まれたビーチと火山がある美しい南太平洋の島々です。熱帯魚と泳ぐシュノーケリングやダイビングも魅力です。

正式名をフランス領ポリネシア(フレンチポリネシア)といい、フランス料理やカフェ、コロニアル様式の建物など、フランス文化を感じるリゾートになっています。画家のゴーギャンが魅了されて滞在したことでも有名です。

タヒチといえば水上コテージの発祥の地。タヒチ島から足を延ばして、離島で憧れの水上コテージを体験してみるのはいかがですか?

タヒチへのフライト・旅行日数は?

日本からは、東京・成田国際空港からエアタヒチヌイの直行便で、11.5時間で到着します。

フライトスケジュールの関係で、旅行日数は6日間か8日間になります。離島ステイの場合も、空港のあるタヒチ島には帰国前に1泊必要です。

旅行前に押さえておきたいポイント

・日差しの強さには注意が必要です。日焼け止めはもちろん、ビーチではラッシュガードやTシャツなどでカバーを心掛けて。

・熱帯で草木が豊か。蚊やハエなどの虫対策もしっかり忘れずに。

・日曜日は多くの店がお休み。

・物価は高めです。タヒチ島以外では食事もリゾート内になりますので、昼2千円、夜5千円~。食事代も旅行費用の予算に入れておきましょう。

2.憧れの水上ヴィラ! ラグーンで暮らす離島ステイ

水上コテージ
Photo by 加藤 千鶴

タヒチでは水上バンガローに泊まりたい♪ バンガローから階段を下りるとそこはもうラグーンの中です。

アウトリガー・カヌーで運ばれてくる朝食や、床までガラスでできた机から見える珊瑚礁の魚はプライベート感いっぱい。ハネムーンにもぴったりです。

無人島へのモツ(島)・ピクニックが人気のアクティビティです。

ボラボラ島

ボラボラ島
Photo by 加藤 千鶴

遠浅のラグーンが美しい、水上バンガローで有名な島です。

ヴァイタペの町がある火山の島がシンボルで、取り囲むリーフにリゾートが点在しています。

【住所】Bora Bora
【アクセス方法】パペーテから飛行機で50分
【公式サイト】https://tahititourisme.jp

モーレア島

モーレア島クック湾
Photo by Rv

タヒチ島に近く、手軽に水上コテージを楽しめると人気の島です。

パペーテからの日帰りツアーでも美しい海が楽しめます。

【住所】Moorea
【アクセス方法】パペーテから飛行機で10分、またはフェリーで1時間
【公式サイト】https://tahititourisme.jp

タハア島

タヒチ
Photo by adobestock

高品質なバニラビーンズが栽培されている別名「バニラアイランド」です。甘いバニラの香りに包まれる隠れ家リゾートです。

【住所】Tahaa
【アクセス方法】パペーテからライアテア島に飛行機で40分、そこから水上タクシーで数分
【公式サイト】https://tahititourisme.jp/ja-jp

ランギロア島

タヒチ
Photo by adobestock

イルカやサメと泳ぐダイビングや、潮の流れに乗って泳ぐドリフトシュノーケリングが魅力の環礁です。
サンゴと貝殻でできた「ピンクサンドビーチ」は人気のフォトスポット。

【住所】Rangiroa
【アクセス方法】パペーテから飛行機で1時間
【公式サイト】https://tahititourisme.jp

3.タヒチ島の観光ポイントを満喫!

タヒチの首都パペーテはタヒチ島にあります。海や山、カフェ・レストラン、スパなど、全部楽しめます。

教会

パペーテの教会
Photo by 加藤 千鶴

フレンチな空気の流れるフォトジェニックな港町を代表する教会です。

【正式名称】Cathédrale Notre-Dame de Papeete
【住所】Rue du General de Gaulle Papeete Society Islands
【アクセス方法】フェリーターミナルから徒歩5分
【公式サイト】http://www.cathedraledepapeete.com

マルシェ(市場)

パペーテ市場
Photo by 加藤 千鶴

野菜・果物からお土産まで揃う市場です。小さいお土産物が充実していて、日本語が結構使われているので買いやすい♪

タヒチのお土産といえば、黒真珠、ノニジュース、モノイオイル。モノイオイルは、ココナツオイルにタヒチを代表するティアレの花を漬け込んだスキンケアオイルで、定番のお土産品です。

【正式名称】Marche de Papeete
【住所】BP4588, Papeete 98713
【アクセス方法】フェリーターミナルから徒歩3分
【営業時間】月 5:00-17:00、火―金 4:00-18:00、土 4:00-16:00、日 3:00-9:00
【公式サイト】http://www.ville-papeete.pf

バイエテ広場のルロット(屋台)

この投稿をInstagramで見る

Naomi.Oさん(@naotti424)がシェアした投稿

フレンチに飽きたら、屋台村はいかがですか?

クレープ&ガレットのお店や、中華料理、タヒチの伝統的な料理ポワソンクリュ(マヒマヒのココナツジュース和え)も食べられます。

価格が安いのもありがたいです。

【住所】369 Boulevard de la Reine Pōmare IV, Papeete
【アクセス方法】フェリーターミナルから徒歩1分
【営業時間】18:00- (休日:月・火、日曜日は店が少ない)
【料金】CFP 1000-2000
【公式サイト】なし

アラフラフのマラエ

タヒチ
Photo by adobestock
石造の祭祀場の遺跡です。古代神であるティキ像が2体並んで立っています。毎年7月に行われる「ヘイヴァ・ヌイ」という祭りの舞台になっています。

【住所】Marae Arahurahu, Paea, Tahiti
【アクセス方法】パペーテから車で約45分
【料金】なし
【公式サイト】なし

タヒチアンダンス

この投稿をInstagramで見る

Pacific Beachcomberさん(@pacificbeachcomber)がシェアした投稿

タヒチアンダンスを見るなら、インターコンチネンタル・タヒチのディナーショーへ。水曜日はマルケサス島のダンス、金曜日はタヒチアンダンスです。

ローカルフードのビュッフェ付きで、時間は19:00-21:30です。

【住所】PK7, Fa’a’ā 98702
【アクセス方法】フェリーターミナルから車で10分
【料金】水曜日15000円位、金曜日20000円位
【公式サイト】https://tahiti.intercontinental.com

タヒチで極上リゾートライフ

海と山が織りなす美しい景色と、珊瑚礁と熱帯魚の海。タヒチの人々は人なつっこく、笑顔が素敵です。

温かなホスピタリティに包まれる洗練されたリゾートで、極上の休暇を過ごしてみませんか。

世界の海、集めました!🌊✨

海外旅行でのんびりとしたい時に最適なビーチリゾート。世界には透き通るような美しいビーチが多数あり、心を癒してくれます。そこで本記事では、ハネムーンにもぴったりな人気の海外ビーチリゾートを紹介します。

アジアの人気ビーチスポット情報はこちら!

アジアには美しいビーチがあるリゾート地が多数存在します。どこも豊富なマリンアクティビティを楽しむことができ、物価が安いのも特徴です!そこで本記事では、アジアの人気のビーチリゾートを紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

加藤 千鶴
メーカーで24年間勤務した後、ライターとして活動中。海外旅行では毎年リゾートライフを満喫しているほか、仕事でアジアを中心にいろいろな都市を訪れました。シュノーケリングでウミガメに会うのが最近の楽しみです。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo