台湾の国民的娯楽!台湾旅行でも楽しめる「エビ釣り」に挑戦してみよう | Stayway Media

台湾の国民的娯楽!台湾旅行でも楽しめる「エビ釣り」に挑戦してみよう

近藤 ヨウコ

トラベルクリエイター

台湾 エビ釣り

Photo by 近藤ヨウコ

台湾旅行の楽しみと言えば、九份観光や夜市のB級グルメ食べ歩き、タピオカドリンクやマンゴーかき氷など、観光、グルメ、ショッピングというのが定番ですよね?

しかし、今回ご紹介したいのは、台湾の国民的レジャーとも言える「エビ釣り」です。

エビ釣りとは?

台湾 エビ釣り

Photo by 近藤ヨウコ

エビ釣りとは、主に屋内にあるエビ釣り場(釣蝦場)でエビを釣って楽しむ、という台湾人熱愛の娯楽です。

24時間営業のお店があるくらい、台湾人は暇を見つけてはエビ釣りに行くという人が多いんです。

このエビ釣り場の釣り堀には「泰國蝦(オニテナガエビ)」という大きな淡水エビが放流されていて、オキアミ豚肉などの餌を針に仕掛けて釣り上げます。

魚釣りともまた違った感覚で、海釣りが得意な人でもエビ釣りは全く別物と言われることが多く、独特の釣り方にハマっていく人が多いとか。

エビ釣りの料金は?

台湾 エビ釣り 料金表

Photo by 近藤ヨウコ

都市部と地方、各エビ釣り場によって料金も様々なのですが、台北市内にある「全佳樂」というお店では、1時間あたり300元(約1,100円)となっています。

お店によって、3時間パックの割安料金などを設定してあるところが多いです。

料金には、釣り竿レンタルが含まれていますので、「釣り」と言っても手ぶらで大丈夫。

エビ釣りが初めてという方は、店員さんが餌の付け方から糸の垂らし方、エビを釣るコツなど、優しくレクチャーしてくれるので安心です。

早速エビを釣ってみよう!

台湾 エビ釣り 釣り方

Photo by 近藤ヨウコ

釣り竿と餌を受け取ったら、早速エビ釣り開始です。

店員さんが釣り開始時間と終了時間が書かれた紙を渡してくれるので、終了時間は自分でチェックします。(店員さんが声を掛けてくれることはほとんどないので注意が必要)

終了時間になると、自分でカウンターに釣り竿セットを返却しに行きましょう。

釣る場所は決まっているの?

台湾 エビ釣り エビ釣り風景

Photo by 近藤ヨウコ

釣る場所については特に指定されないので、釣り堀の空いている場所に座ればOK。

その場所でなかなか当たりが無い場合は、違う場所に移動することもできますよ。

エビ釣りのコツは?

エビは壁際などの隅っこか、釣り堀の中心に集まっているとよく言われます。

周りでよく釣り上げている人がいたら、その人が釣り糸を垂らしている周辺に自分も糸を垂らしましょう。

また、浮きが少し動いてもじっと我慢するのがポイントだそうです。

エビが完全に餌に食いつくまでしばらく待ち、浮きが左右に移動し始めたら一度動きの反対方向に釣り糸を動かし、一気に竿を引き上げます。

このタイミングがなかなか難しく、エビが掛かっていたのに引き上げると逃げられた、ということもよくあります。

無事に釣り上げたエビは、席の前にセットした網に入れておきます。

エビ釣りの醍醐味!釣ったエビはその場で食べる

台湾 エビ釣り エビ

Photo by 近藤ヨウコ

台湾のエビ釣り最大のお楽しみは、「釣ったエビをその場で調理して食べる」ということ。

しかも、エビは釣ったら釣った分だけ全て自分のもの。

どれだけ大漁だったとしても、追加料金も必要ないんです。

また、釣ったエビはその場で食べずに持ち帰ることもできますので、その時の都合に合わせて「生きたまま持ち帰り」「調理して持ち帰り」「調理してその場で食べる」を選びます。

エビを塩焼きにして食べよう!

台湾 エビ釣り

Photo by 近藤ヨウコ

基本的に、全てのエビ釣り場には洗い場とエビを焼くコンロが設置されています。

別料金で店員さんが調理してくれるお店もありますが、基本は自分で処理して調理するところが多いです。

店員さんが調理してくれる場合、別途、調理費用が必要となりますのでご注意ください。

①エビは水道水でよく洗おう

台湾 エビ釣り 洗い場

Photo by 近藤ヨウコ

まずは、洗い場でエビをしっかりと洗っていきます。

表面のヌルヌルがなくなるまで、水道水でよく洗っておくのがポイントです。

②長い手足やヒゲをハサミでカット

台湾 エビ釣り エビ処理

Photo by 近藤ヨウコ

エビの長い手足ヒゲなど、不要な部分をハサミでカットしておくと食べやすいので処理しておくのがオススメ。

不慣れな方はカットせずにそのままでももちろん問題ありませんよ。

③エビに塩を擦り込む

お店には必ず「」が置いてありますので、エビに塩を多めに掛けて塩もみします。

エビの表面に塩を擦りこむことで、焼いた後に塩味が効いてとっても美味しくなります。

④エビを焼いていこう

台湾 エビ釣り 鉄なべコンロ

Photo by 近藤ヨウコ

エビの下処理が終わったら、さっそく焼いていきましょう。

お店によってコンロの種類が違いますが、卓上コンロ鉄鍋があるお店ではエビをそのまま鍋に投入して焼いていきます。

エビ全体が赤く色づいて、香ばしい匂いがしてきたら完成です。

台湾 エビ釣り ガスコンロ

Photo by 近藤ヨウコ

卓上コンロではなく、大型のコンロ台が設置されているお店では、エビを焼く前に串刺しにしておきます。

串刺しにすることで、エビを回転させながら両面をしっかり焼くことができます。

⑤エビの塩焼きの完成!

台湾 エビ釣り 塩焼き

Photo by 近藤ヨウコ

美味しそうなエビの塩焼きが完成です。熱いうちに食べましょう。

泰國蝦(オオテナガエビ)」は日本ではほとんど流通していないのですが、身が柔らかくて甘みもあり、とっても美味しいんです。

また、ミソもしっかり詰まっているので、食べ応えも十分!

このエビもまた、台湾でしか食べられないB級グルメとも言えます。

台北市内でおすすめのエビ釣り場

①全佳樂釣蝦場

台湾 台北 全佳楽

Photo by 近藤ヨウコ

台北市内の人気観光地「行天宮」の近くにあり、観光ついでに気軽に立ち寄れる立地の良さがおすすめポイント。

お店のスタッフも片言の日本語なら通じますので、日本人観光客も多く訪れているそうです。

お店の中はそれほど広くありませんが、清潔感があるので安心して利用できます。

特に、初めてエビ釣りを体験する方にオススメですよ。

②台北市士林區至善釣蝦場

この投稿をInstagramで見る

nihaotaiwan(@nihaoformosa)がシェアした投稿

台北市の郊外、「故宮博物院」の近くにあるエビ釣り場ですが、24時間営業ということと日本語が通じるということで、エビ釣り好きな日本人観光客が多く訪れる人気店です。

店内は開放感があり、釣り堀も広くて清潔で、週末は観光客と地元の台湾人でいつも賑わっています。

また、エビを釣らなくても美味しいエビ料理だけを楽しむことができるので、レストラン替わりに利用するのもオススメ。

特に、エビ釣りリピーターや、ノープランで台湾旅行に来られる方におすすめのお店です。

日本では体験できない「エビ釣り」を楽しもう!

台湾ならではのレジャー「エビ釣り」についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

「釣り」と言うと、未経験者にとっては何だかハードルが高いものに感じられてしまいますが、台湾のエビ釣りは手ぶらで、短時間で気ままに行けるのが最大のポイント。

釣り竿も軽くて細いものを使用し、釣りと言っても糸を垂らしておくだけ。

女性や子供でも気軽に簡単に楽しめるんです。

しかも、釣った後は美味しく食べることができるので、エビ好きにはたまりません。

日本では体験できない「エビ釣り」を、ぜひ台湾で楽しんでみてくださいね。

こちらの記事も読まれています

台湾の有名観光地といえば、台北101や西門駅付近など。でもおすすめ観光地はそこだけじゃないんです!今回はMRT緑線(松山新店ライン)の終点付近の新店区をご紹介します!ガイドブックには載っていないカフェやレストランがたくさんありますよ!
淡淡水川に面した大同区には、マーケットやレトロなカフェがたくさんあります。中山駅、大橋頭駅、民權西路駅、北門駅に囲まれており、どこへ行くにも便利な町です。今回はそんな大同区のおすすめスポットをご紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。
皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?
台湾のホテル・ゲストハウスを検索&比較

Staywayで検索

logo