台湾の治安は大丈夫?在住者から見た台湾旅行での注意点 | Stayway Media

台湾の治安は大丈夫?在住者から見た台湾旅行での注意点

近藤 ヨウコ

トラベルライター

台湾 治安Photo by 近藤ヨウコ

楽しみな台湾旅行。でも台湾の治安ってどうなんだろう?

危ない目に遭ったりしないかな、と不安を抱えている方もいらっしゃるかもしれません。

そんな台湾旅行初心者の方はもちろん、リピーターの方にも分かりやすい台湾の治安と、台湾旅行中の注意点などを在住者の目線からまとめたいと思います。

世界レベルで見ると台湾の治安は良い

台湾 治安 衛兵Photo by 近藤ヨウコ

日本の外務省が公開している「海外安全ホームページ」を見ても分かりますが、台湾は危険レベルの認定も無く安全な国といえます。

しかし、危険レベルがゼロと言えど油断は禁物。

日本も同じだと思いますが、台湾でも犯罪やトラブルなどに巻き込まれる危険性はあります。

世界レベルで見ると台湾の治安は良いと言えますが、身の安全には常に注意が必要です。

また、現時点では安全でも、国際問題やテロなどはいつ起こるかも分かりません。

台湾への渡航前に、念のため「海外安全ホームページ」を確認しておきましょう。

外務省 海外安全ホームページhttps://www.anzen.mofa.go.jp/

街のあちらこちらに監視カメラ!

台湾 治安 監視カメラPhoto Photo by futureatlas.com

台湾は驚くほど「監視カメラ」が多い国です。

コンビニなどの商店の前、店内、家の前、道路、バスの車内、地下鉄の車内・・・とキリが無いほどにどこにでも「監視カメラ」が設置されています。

元々は「防犯」という意味合いで設置されていますが、カメラを設置することで常に監視されているという意識を国民に植え付ける「監視社会化」という意味合いが強いようです。

実際、台湾人は他人の駐車違反や規則違反などに厳しく、監視カメラや車載カメラなどの映像を警察に提出して告発するといった事例がとても多いです。

また、何か事件や問題があっても監視カメラの映像が公開されたりするため、ある程度は犯罪に対する抑止力になっていると思われます。

ただ、そんな監視カメラの多い台湾でも犯罪やトラブルのニュースは絶えないので、短期旅行中といえど気を抜いてはいけません。

それではこれから具体的に、台湾旅行中に気を付けたい注意点をいくつかご紹介します。

注意点①夜道の一人歩きはしないこと

台湾 治安 夜道Photo by 近藤ヨウコ

夜市やお店など、夜遅くまでネオンが輝く台湾ですが、人通りの少ない路地や夜遅い時間などは特に一人歩きは避けましょう。

比較的安全な台湾とはいえ、夜になると不良青少年が多く見受けられるのは日本と同じ。

夜中にちょっとコンビニまで、と無防備に一人で外を歩くのは危険です。

どうしても夜中に外へ出る場合は、必ず街灯のある明るい道を選びましょう。

注意点②日中でも危なそうな場所には近寄らない

台湾 治安 危険地域Photo by 近藤ヨウコ

たとえ日中であったとしても、人通りの少ない危なそうな場所には立ち入らない方がいいでしょう。

台北市内の危険エリア①:龍山寺周辺

観光客にも人気のエリア「龍山寺」周辺は昔からヤクザが多いことで有名で、すぐそばの路地には違法風俗店が数多く立ち並んでいます。

ガラス越しに見える店内の怪しい雰囲気や妙に化粧の濃いお姉さんがウロウロしていますので、怪しいなと気付いたらその場所は避けるようにしましょう。

台北市内の危険エリア②:林森北路

MRT「中山」駅の近くに位置する「林森北路」一帯は、台北の中でも有名な歓楽街です。

東京の歌舞伎町のような感じで、キャバクラや風俗店などが多く、夜になると呼び込みのお兄さんが多く出没します。

夜のイメージが強いので昼間は大丈夫と思われがちですが、変なトラブルを避けるためにも日中でもあまり近づかない方が賢明と言えます。

注意点③人の多い場所はスリにご用心

台湾 治安 スリに注意Photo by 近藤ヨウコ

夜市や繁華街、地下鉄など、人が多く集まる場所は特に「スリ」に気を付けましょう。

ここ最近では台湾人ではなく、観光に訪れている外国人の犯行が数多く挙げられています。

カバンは開けっ放しにせず口を閉じ、特にリュックやポシェットなどは必ず体の前側に持ってくるようにしてください。

場所取りのためにカバンを置くのは厳禁!

日本では喫茶店などで場所取りのために荷物を席に置いておくことが一般的ですが、台湾でこの行動は厳禁です。

数人で行動する場合、場所を確保するときは必ず誰か一人を監視役に置いておきましょう。

また、買い物などに夢中になっている状態だとカバンに気が回らないことも多いのですが、貴重品には常に意識を集中させておきましょう。

注意点④道を渡る際には必ず左右を確認

台湾 治安 横断歩道Photo by 近藤ヨウコ

交通ルールが日本よりちょっと複雑な台湾。

歩道や横断歩道もあるのですが歩行者よりもバイクや車が優先となっていて、横断歩道を歩いていても車とぶつかりそうになることもしばしば。

信号が青になってもすぐに飛び出してはダメ!

台湾では、信号が青になって横断歩道をすぐに渡ろうとするのは最も危険です。

なぜなら、車やバイクは信号が赤になる寸前まで走って来るのと、どこからともなく右折や左折のバイクが高速で突っ込んでくるから。

横断歩道が青になって人が渡り始める時は、走ってきた車やバイクとちょうどぶつかるタイミングと重なってしまうんです。

しかも、けっこう速いスピードで来るので、たとえ横断歩道でも道を渡る際は必ず左右を確認してから渡りましょう。

バイクには特にご用心!

台湾 治安 バイク

Photo by 近藤ヨウコ

台湾は「1.8人に1台」の保有率を誇る、世界でも有数のバイク大国です。

道路を走るバイクの多さに驚く人も多いでしょう。

車と車の間をスイスイと走り抜けていくバイクを見るたびにヒヤヒヤしますが、実際にバイクの交通事故は多発しています。

交通ルールはちゃんとあるものの、印象としては縦横無尽に走っているように感じます。

台湾 治安 歩道の駐輪Photo by 近藤ヨウコ

また、バイクは歩道などにもよく駐輪されています。

歩道を歩いていても道を塞いで駐輪しているバイクにぶつかったり、バイクを出し入れする際に歩行者と衝突したりと、バイクに関する事故は絶えません。

台湾では車以上にバイクに用心しましょう。

注意点⑤喫煙ルールとマナーを守りましょう

台湾 治安 喫煙
Photo by 近藤ヨウコ

台湾の条例では、ホテルやレストラン、駅、公園など公共施設での喫煙は全面禁止されていて、違反者には罰金が科されます。

愛煙家にとってはかなり厳しいのですが、一般的なレストランや食堂にいたるまで、食事をする場所は基本的にどこも完全禁煙です。

また、一部のホテルで設置されている喫煙スペースは問題ありませんが、ホテルの部屋などで喫煙すると罰金を請求されてしまいます。

ただ台湾のゆるいところは、「公園以外の屋根のない屋外なら喫煙できる」ということ。

街なかを見渡すと、道端などで喫煙している人をよく見かけます。

人ごみの中での喫煙はマナー違反!

外での喫煙はOKと言えど、交差点での信号待ちや人ごみの中での喫煙は他の人への迷惑行為となります。

歩道には、ゴミ箱と一緒に灰皿を設置しているところも多いので、できるだけ灰皿のある場所で喫煙しましょう。

歩きタバコが原因でトラブルにつながる可能性もありますので、そのような面倒を避けるためにも喫煙する場合はルールとマナーを守りましょう。

注意点⑥地下鉄内では飲食禁止

台湾 治安 地下鉄Photo by 近藤ヨウコ

台湾旅行でよく使用するMRT(地下鉄)ですが、地下鉄の構内および車内では飲食禁止です。

飲み物はもちろん、ガムや飴なども禁止という厳しいルールがあります。

もし違反してしまった場合、最高で7,500元(約30,000円)の罰金となってしまいますので、くれぐれもご注意ください。

新幹線や台湾鐵道では飲食OK

新幹線や台湾鐵道など、地下鉄以外の電車については飲食OKとなっています。

駅には日本と同じように「駅弁」も販売されています。

台湾旅行で新幹線や電車に乗る時は、美味しい台湾の駅弁もぜひ堪能してくださいね。

注意点⑦台湾入国時の税関検査強化中

台湾 治安 入国審査Photo by 近藤ヨウコ

台湾では2019年1月16日以降、アフリカ豚コレラの侵入予防という防疫対策のため、感染地域である中国(香港、マカオを含む)からの渡航客に対して100%の手荷物検査を実施しています。

現状としては中国大陸からの乗客が対象となっていますが、日本を含むその他地域からの渡航客に対しても抜き打ち検査を強化していく方針で、特に豚肉や肉加工品を無申告で台湾へ持ち込んだ場合、最高20万元(約80万円)の罰金が科せられます。

また、その他にも免税範囲を超える現金、タバコや酒類など、無申告のまま税関で発見されると同じく罰金となりますので、台湾へ入国の際は持ち込み内容についてくれぐれもご注意ください。

台湾入国時の免税範囲

・酒類:1リットル以内(20歳以上)

・タバコ:紙巻200本(=1カートン)、葉巻25本、刻みタバコ450g以内(20歳以上)

・現金:10万元、または1万ドル(約110万円)相当以内

・その他:総額2万元(8万円)相当額までの持ち物(ブランド品やパソコン等)

台湾への持ち込み禁止品目

・麻薬

・銃砲などの武器

・偽ブランド品

・絶滅危惧動物製品

・肉・肉加工品、野菜、果物、植物の種など

台湾への持ち込み禁止や免税範囲についての詳細は、台湾財政部関税署のホームページでご確認ください。

台湾財政部関税署ホームページhttps://taipei.customs.gov.tw

安全に注意しながら楽しい旅を!

これまで台湾の治安と台湾旅行をする上での注意点などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

在住者から見ても、台湾は基本的に治安も良く安全な国と言えますが、場合によっては外国人を騙そうと近寄って来る人もいます。

直感的に怪しいな、危険そうだなと感じた時は速やかにその場から立ち去りましょう。

もし万が一トラブルに巻き込まれた場合、近くにある交番に駆け寄ってください。

また、台湾国内には独自のルールやマナーもあります。

ルールやマナーを守り、いつ、どんな時でも安全に注意しながら台湾旅行を思いきり楽しんでくださいね。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。
皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

logo