【奈良】天川村とその周辺の人気日帰り温泉11選! | Stayway Media

【奈良】天川村とその周辺の人気日帰り温泉11選!

万代正平

トラベルライター

天川日帰りトップ

Photo by 万代正平

天川村とその周辺の入浴施設は、旅館の日帰りプランが多いです。

宿泊しなくても、歴史ある旅館の雰囲気が堪能できるので楽しいでしょう。

また専門の入浴施設も、気軽に利用できるので侮れません。

そんな天川村の洞川温泉を中心に、村内と村外周辺のおすすめ日帰り入浴施設を11か所厳選しました。

解りやすいランキング形式で紹介します。

第11位 大塔温泉「夢乃湯」

この投稿をInstagramで見る

g_kazuさん(@g_kazu)がシェアした投稿

大阪や奈良方面から十津川村方面に向かう途中にあるのが、かつて大塔村といわれた地域です。

現在は五條市にあたるこの地域には「夢乃湯」という名の日帰り入浴施設があるので、立ち寄ってみみてください。

泉質は、含二酸化炭素、鉄-ナトリウム-炭酸水素塩、塩化物泉で、切り傷や火傷、疲労回復などの効能があります。

料金は大人600円で入れますので、天川村への行きか帰りに立ち寄りましょう。


【正式名称】大塔ふるさとセンター「夢乃湯」
【住所】奈良県五條市大塔町宇井94
【アクセス】五条駅より徒歩46分
【営業時間】11:00-19:00
【定休日】火・水曜日
【電話番号】0747-36-0058
【HP】http://www.ootou.jp/fureai.html

第10位 宝の家

この投稿をInstagramで見る

Ofelia C Klitgaardさん(@ofeliaklitgaard)がシェアした投稿

天川村に隣り合わせになっている、歴史ある吉野の町にも、立ち寄り入浴可能な温泉施設があります。

湯元宝の家では、日帰り入浴プランがあるので利用してみてください。

ひとり1000円でタオルが付いているので、着替えさえあれば十分です。

予約は不要ですが、混雑時には入場制限があるので注意して下さい。

含二酸化炭素-カルシウム・ナトリウムの泉質で、神経痛や筋肉痛に効能のある、吉野の温泉に入りましょう。


【正式名称】湯元 宝の家
【住所】奈良県吉野郡吉野町吉野山937
【アクセス】吉野駅より車で14分
【営業時間】14:30-19:00
【定休日】無休
【電話番号】0746-32-5121
【HP】http://www.hounoya.gr.jp/

第9位 吉野温泉 元湯

この投稿をInstagramで見る

ぽわぽわ☆ぱんださん(@powapowapanda)がシェアした投稿

吉野温泉には、もうひとつおすすめの日帰り入浴スポットがあります。

吉野温泉元湯は、文化人も愛した歴史ある宿で、源泉100%のリッチな湯に浸かれます。

ここは、当日も可能な事前予約で日帰り入浴を行っていて、タオル貸し出しで700円なので、ぜひ入ってい見てください。

泉質は単純二酸化炭素冷鉱泉と少し珍しく、神経痛などの痛みや高血圧に効果があります。

文人や修験者に愛された、隠し湯にじっくりとつかってください。


【正式名称】吉野温泉 元湯
【住所】奈良県吉野郡吉野町吉野山902-2
【アクセス】吉野駅より車で6分
【営業時間】11:00-15:00
【定休日】無休
【電話番号】0746-32-3061
【HP】http://www.motoyu-yoshino.com/

第8位 いろは旅館

この投稿をInstagramで見る

yumikoさん(@mbmhlm31)がシェアした投稿

天川村の洞川温泉(どろかわおんせん)にある旅館の内、何軒かが日帰り入浴を受け付けていますので積極的に利用しましょう。

極楽の湯、いろはの湯と複数の浴室を持つ旅館の温泉での泉質は、単純温泉、アルカリ単純泉です。

関節炎、神経痛、慢性消化器病に効能があるとされます。

料金については、直接旅館で確認してください。

旅館に併設されたお店では、吉野葛の販売も行っています。


【正式名称】いろは旅館
【住所】奈良県吉野郡天川村洞川248
【アクセス】洞川温泉バス停より徒歩徒歩6分
【営業時間】14:30-21:00
【定休日】無休
【電話番号】0747-64-0038
【HP】http://ryokaniroha.com/

第7位 花屋徳兵衛

この投稿をInstagramで見る

えいみ@温泉・食べ呑みアカさん(@ebisuonsen)がシェアした投稿

天川村洞川温泉でも、中心にありひときわ目立つ存在が花屋徳兵衛です。

庭が見渡せる半露天風呂を持つ、後鬼の湯(ごきのゆ)は、体をあたためながら目をもうるおしてくれます。

内風呂の前鬼の湯(ぜんきのゆ)も、なごみのひと時が味わえるでしょう。

泉質は、単純泉(低張性・弱アルカリ性・低温泉)で、疲労回復や神経痛に効果があります。

料金などの詳細は旅館に問合せしてください。


【正式名称】花屋徳兵衛
【住所】奈良県吉野郡天川村洞川217
【アクセス】洞川温泉バス停より徒歩徒歩6分
【営業時間】要確認
【定休日】要確認
【電話番号】0747-64-0878
【HP】http://www.tokubei.jp/

第6位 角甚

角堪

Photo by 万代正平
天川村洞川温泉「角甚(かどじん)」も風情ある温泉旅館です。

ここでも日帰り入浴を行っており、バブル付の行者の湯と超音波ジェットバス付の元禄の湯が旅の疲れを癒してくれます。

単純温泉の泉質、神経痛、筋肉痛などの効能を堪能してください。

日帰り入浴は、大人600円で入れます。

紀州徳川家の当主が宿泊した記録のある、300年創業の老舗旅館の雰囲気を存分に味わいましょう。


【正式名称】角甚
【住所】奈良県吉野郡天川村洞川240
【アクセス】洞川温泉バス停より徒歩徒歩6分
【営業時間】10:00-21:00
【定休日】無休
【電話番号】0747-64-0336
【HP】http://www.kadojin.com/

第5位 久保冶

久保治

Photo by 万代正平

天川村洞川温泉の温泉街の真ん中にある久保冶も、日帰り入浴可能です。

岩露天風呂付きの大浴場と、内風呂主体の中浴場があります。

ついつい長時間入浴したくなる大浴場で、のんびりと旅の疲れを癒しましょう。

料金は、648円で入浴できます。

旅館内では、洞川で作られている、伝統的な和漢胃腸薬「陀羅尼助(だらにすけ)」も販売しているので、お土産に買っておきましょう。


【正式名称】久保冶
【住所】奈良県吉野郡天川村洞川221
【アクセス】洞川温泉バス停より徒歩徒歩6分
【営業時間】11:00-15:00
【定休日】無休
【電話番号】0747-64-0018
【HP】http://kuboji.com/

第4位 旅館 紀の国屋甚八

天川村洞川温泉「紀の国屋甚八」も、日帰り入浴可能な旅館です。

旅館内にある庭園の一部にある露天風呂は、落ち着いた雰囲気でじっくりとしたひと時が過ごせます。

創業300年の歴史を誇る老舗の旅館の風景を、存分に堪能しましょう。

入浴料金については、旅館に直接問い合わせてください。

現在も女人禁制の修行の山、大峰山への修行僧たちに思いをはせながら、じっくりとしたひと時が過ごせます。


【正式名称】紀の国屋甚八
【住所】奈良県吉野郡天川村222
【アクセス】洞川温泉バス停より徒歩6分
【営業時間】12:00-21:00
【定休日】無休
【電話番号】0747-64-0309
【HP】http://www.kinokuniyajinpachi.com/

第3位 天川薬湯センター みずはの湯

この投稿をInstagramで見る

k_oさん(@_kt_kj_)がシェアした投稿

天川薬湯センター みずはの湯は、日帰り専用入浴施設です。

場所は天川村でも西側で、十津川方面に続く国道168号線の近くにあります。

絶景露天風呂からロケーションが大変良く、目の前にはせせらぎが流れ、正面から滝が見えるでしょう。

ここは温泉ではなく、生薬「トウキ」などを配合の薬湯としてリラックスできます。

肩こりや腰痛、痔、あせもなどに効能がります。、

600円で入れますので、ドライブで近くに来たらぜひ立ち寄ってください。


【正式名称】天川薬湯センター みずはの湯
【住所】奈良県吉野郡天川村7
【アクセス】天河大辨財天社から車で20分
【営業時間】11:00-20:00
【定休日】木曜日(祝日は営業)
【電話番号】0747-65-0333
【HP】http://yamatoonsen.com/mizuhanoyu/

第2位 天の川温泉

この投稿をInstagramで見る

nekosanさん(@neco_misako)がシェアした投稿

天の川温泉は、日帰り専用入浴施設です。

場所はパワースポットの村天川でも特に強力なパワーを出している、天河大弁財天社の目の前と非常に素晴らしいロケーションです。

600円で入浴できますから、パワーをもらった後でしっかりと疲れを癒しましょう。

吉野杉を使った建物で、浴槽には高野槙と木にこだわっています。

泉質は炭酸水素温泉で、無色透明、美人の湯とされる成分を豊富に含んでいます。

ここは内面からのパワーと、外面の肌のケアができるまたとない温泉施設といえるでしょう。


【正式名称】天の川温泉
【住所】奈良県吉野郡天川村坪内232
【アクセス】天河大辨財天社より徒歩4分
【営業時間】11:00-20:00
【定休日】火曜日
【電話番号】0747-63-0333
【HP】なし

第1位 村営洞川温泉センター

洞川温泉センター

Photo by 万代正平

村営洞川温泉センターは、日帰り専用入浴施設です。

風情ある旅籠が軒を連ねる温泉街を有する洞川温泉の湯をm立ち寄りで利用できる温泉施設です。

地域の名産吉野杉をぜいたくに使った建物に、浴槽にはヒノキを採用しました。

木のぬくもりを感じながら入れる泉質は、弱アルカリ性単純泉で、筋肉痛や運動麻痺などの効能が期待できます。

600円で入れますので、日帰りで天川村に来たときも、ぜひ入浴しましょう。


【正式名称】村営洞川温泉センター
【住所】奈良県吉野郡天川村洞川13-1
【アクセス】洞川温泉バス停より徒歩4分
【営業時間】11:00-20:00
【定休日】無休
【電話番号】0747-64-0800
【HP】なし

天川村の日帰り温泉は、雰囲気良くてリーズナブル

天川日帰りラスト

Photo by 万代正平

天川村とその周辺の入浴施設は、旅館の日帰りプランが多いです。

宿泊しなくても歴史ある旅館の雰囲気を堪能できるのが楽しいでしょう。

また専門の入浴施設も、気軽に利用できるので侮れません。

リーズナブルな料金で入れるので、天川村に来たらぜひ日帰り温泉に入りましょう。

天川村のお土産23選!

天川村のお土産は、ごろごろ水に代表される清い水がベースとなっている物が多いです。その一方、陀羅尼助(だらにすけ)のような伝統的なお土産もあり、幅広いセレクトとなっています。天川村そしてその周辺の名産品をテーマ別に23アイテム厳選しました。

奈良のおすすめドライブスポット13選!

緑の多い奈良のドライブは、自然を満喫でき心や身体を浄化してパワーの宿るドライブコースやスポットが多いのが特徴です。そんな大自然に抱かれたとっておきのドライブコースやスポットをご紹介しました。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo