【在住者が教える!】タイに行くなら1日はアンコールワットへ!東南アジア旅行3泊4日モデルプラン | Stayway Media

【在住者が教える!】タイに行くなら1日はアンコールワットへ!東南アジア旅行3泊4日モデルプラン

RUMI

トラベルライター

タプロム

バンコク在住の日本人は海外旅行を頻繁にします。

年に2~3回する人も多いです。理由はLCCが普及していて航空券が安く、また周辺国まで飛行機で1時間で行けるから。

タイに何度も来ている方はそのうち1日は他の国に行ってみてはどうでしょう。

エリアの特長

■時差-2時間
■言語クメール語
■通貨アメリカドル、カンボジアリエル (店舗により1ドル=4,000リエルまたは4,100リエル)
■気候乾季(11月~3月)と雨季(4月~10月)がある。1年を通じて温暖だが、12月の早朝は肌寒く、また3月から5月までは最高気温が40度を超える日もあるので、寒さおよび熱中症対策が必要

予算は23,000円~

アンコールワット 予算Photo by RUMI

【航空券】       約11,000円
【カンボジアビザ】    3,300円
【アンコール遺跡入場料】約4,000円
【宿泊費】       約1,500円(1室2名3,000円として)
【食事】        約1,400円
【トゥクトゥクチャーター】1,300円(1台2,600円を2人でシェア)
【合計】        約22,500円

日本からアンコールワットへ2万円代で行くことは無理ですから、ぜひタイ滞在中に行ってもらいたいです。

1日目  タイ到着、タイを満喫

タイ バンコク 観光

Photo by RUMI

タイ到着初日は、フォトジェニックなワットパクナム、チャオプラヤー川沿いの寺院を訪れてはいかがでしょう。
詳しくは下記の記事をチェックしてみてください。

・ イマドキバンコク女子もおすすめ♪話題のスポットを巡る2泊3日の旅
・ 女子旅におすすめのバンコク観光モデルコース3泊4日
・ 女子旅におすすめ!在住者が教えるバンコクで人気のスポット10選
・ 観光客の人気上昇中!バンコク在住者が教えるおすすめルーフトップバー5選
・ タイの定番観光スポット20選!人気の離島も紹介!

2日目  タイを満喫、夜カンボジアへ

バンコク カフェ

Photo by RUMI

朝ホテルをチェックアウトをしたら、バンコクのおしゃれカフェをチェックしたり、今話題のアイコンサイアムでウィンドウショッピングを楽しんで、18時までにドンムアン空港に向かって下さい。早朝から行動する場合は、前日に見逃した寺院やカオサンエリアを見物するのもおすすめです。

バンコクからカンボジアのシェムリアップまでは飛行機で約1時間。実際のフライト時間は45分程度です。AirAsiaの20時バンコク発、21時シェムリアップ着の便に乗れば、バンコクを満喫した後で、シェムリアップに到着することができます。

シェムリアップに着くと、空港出口でトゥクトゥクのドライバーが名前を書いたボードを持って立っているので、トゥクトゥクに乗ってホテルへ。

3日目  アンコールワット遺跡を見学、夜タイへ

アンコールワット サンライズ

Photo by RUMI

アンコール遺跡観光

トゥクトゥクをチャーターして、1日アンコール遺跡観光に行きましょう。
朝食後に観光に出発しても良し。朝5時に出発して、アンコールワットから朝日を見て、ホテルに朝食のために戻り、その後また観光に行っても良し。
朝食後にホテルをチェックアウトして、ホテルに荷物を預けて行くと身軽に観光できます。

まずはチケットセンターでアンコール遺跡入場券(37ドル)を購入します。遺跡入場券を購入する時は、カンボジアリエルなど、ドル以外のお金は使えません。

遺跡観光のコースは、おすすめコース3選の中から選んでくださいね。

アンコール遺跡マップ

Photo by RUMI

オールドマーケットでショッピング

遺跡観光が終わったら、オールドマーケットで買い物をしたり食事をしてから、ホテルに預けた荷物をピックアップします。そして、シェムリアップ空港へ。AirAsiaの21時シェムリアップ発、22時バンコク着の便に乗るなら、空港には20時に着けば大丈夫。19時までオールドマーケットで買い物ができます。買い物をする時間がなかった場合は、空港でアンコールワット土産の大定番、アンコールクッキーを売っているのでそれを買ってもいいですね。

タイへ戻る

飛行機のフライト時間は約1時間、タイのドンムアン空港に到着です。そこからタクシーで1日目に泊まったタイのホテルにお戻りください。タクシーに乗るのは夜10時すぎですが、現在タイ政府は悪質タクシーの取り締まりを強化しており、ドンムアン空港から乗るタクシーでは、トラブルはほとんどありません。

万一メーターを使わないなどということがあったら(あまりありませんが)メーターと後部座席左側にある、タクシーの登録番号を写真に撮りましょう。その画像を警察にメールされると、ドライバーは約7,000円の罰金を支払わなくてはならないので、写真を撮るしぐさをするだけで、ドライバーはあわててメーターを使うと思います。

4日目 日本へ帰国

バンコク グルメ

Photo by RUMI
夜の便で日本へ帰国するなら、引き続きタイ観光を楽しんで下さい。
午後の便なら、早めにランチをしてから空港へ。パッケージツアーとは違う東南アジア2か国周遊にきっと満足して日本への帰途につくことでしょう。

カンボジア行きの準備

パスポート

Photo by RUMI

航空券

バンコクからシェムリアップの往復航空券とホテルを予約しておきましょう。航空券は直前に買うととても高いので、できるだけ早く購入することをおすすめします。実際のフライト時間は45分程度なので、機内での飲み物や手荷物預けはがまんして、LCCのAirAsiaを利用することをおすすめします。

荷物

1泊2日だけなので、荷物はトートバッグひとつでOK。スーツケースはタイのホテルに預かってもらいましょう。必要な物は洗面用具とパジャマ、日焼け止め、充電器だけ。パスポートとお財布も忘れないで下さいね。着替えは、現地で1ドルのTシャツを買うと、自分用のお土産にもなるし、荷物も減るのでおすすめです。ガイドブックなどの書籍は荷物になるので、タイのホテルに置いて、情報はスマホに保存しておきましょう。

カンボジアビザ取得の準備

写真が1枚必要なので、日本から持ってきましょう。写真は背景が無地で、サイズは35mm×45mmですが、多少大きくても大丈夫です。
また、パスポート有効期限が6ヶ月以上あること、空白ページが見開きで2ページあることを確認して下さい。

両替

カンボジアではアメリカドルが流通しているので、カンボジアの通貨であるカンボジアリエルに両替する必要はありません。

入国時に支払うカンボジアビザ代(30ドル)とアンコールワット入場料(37ドル)はドルでの支払いで、カンボジアリエルなど他の通貨は使えません。ビザ代30ドルがないと、カンボジアに入国できないのでお気を付けください。

バンコク市内で両替するなら、Super richという両替ショップの支店がおすすめです。円からドル、タイバーツからドルの両替を扱っています。Super richの支店はバンコクの主要デパートの中にありますし、タイ滞在中に見かけることも多いと思います。
ただ、円からドルやタイバーツからドルへの両替を行っているのは支店のみで、駅にある両替窓口では外貨からタイバーツの両替しか行っていませんのでご注意を。


<基本情報>Super rich エンポリアム支店
【住所】 B Floor Emporium Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei
【電話】+855-2254-4444
【アクセス】BTSプロムポ駅直結 エンポリアムデパート 地下1階
【営業時間】11時から20時
【公式サイト】https://www.superrichthailand.com/

カンボジアでは100ドル札が使えるお店は少ないので、両替する際にはすべて10ドル札と1ドル札でもらってください。

その際、汚れているお札、折り目の部分に少しでも切れ目が入っているお札はカンボジアでは使えないので、両替の際には1枚ずつチェックしましょう。

ビザの支払いと、アンコール遺跡入場券を買う時もお釣りがないように。お釣りが必要な人は後回しにされることがあります。

ホテルの予約

ホテルが安いカンボジアで安く優雅に過ごすなら、日系企業経営のローカルタイムビレッジがイチオシです。

タイ アンコールワット出典:agoda

<基本情報>
【住所】 Preah Sangreach Tep Vong, Taphul Village, Krong Siem Reap
【電話】+855-7788-5503
【料金】朝食つき1室2名3,400円~
【公式サイト】http://localtimevillage.com/

時間を有効に過ごすために、中心部で泊まるなら、サマーブリスブティック。

タイ アンコールワット出典:Expedia

<基本情報>Summer Bliss Boutique
【住所】 Sivatha Boulevard 34 next to Cambodia Commercail Bank
【電話】+855-6396-8223
【料金】空港から送迎無料、1室2名2,700円~
【公式サイト】なし

ホテル滞在時間は深夜から早朝5時までなので、寝るだけで十分ならガーデン ビレッジ ゲストハウス&プールバー。バスルームは共有ですが、プールは24時間営業です。

タイ アンコールワット出典:agoda

<基本情報>Garden Village Guesthouse & Pool Bar
【住所】 #434, Sok San Road, Steng Thmey village, Sangkat Svay Dongkum, Siemreap
【電話】+855-1729-7777
【料金】1室2名1,000円~(バスルーム共用)
【公式サイト】http://www.gardenvillage.asia/(現在メンテナンス中)

タイに旅行してアンコールワットを満喫

プリアカンPhoto by RUMI

タイに3泊するうちの1泊をカンボジアにするだけで、旅行が何倍も充実します。

ぜひ挑戦してみて下さいね。他にもベトナムやラオス、ミャンマーなど、タイから1時間程度で行ける国があるので、タイに何度も来ている人は、そのうちの1日は他の国に行ってみることをおすすめします。

タイでグルメするならコレ絶対はずせない!おすすめ料理10選

タイを訪れたら絶対食べるべき人気のおすすめ料理はもちろん、現地でしか味わうことのできない絶品料理もご紹介。コレを食べずして日本へは帰れない!?

タイの玄関口!バンコク・スワンナプーム国際空港の魅力を徹底解説!

スワンナプーム国際空港の概要、バンコク市内までの交通手段のほか、空港内にあるさまざまなショップ・レストラン、サービス施設からおすすめをピックアップしてご紹介。空港を賢く使って充実したバンコクの旅を楽しみましょう!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

RUMI
カンボジア・シェムリアップでゲストハウス経営の後、タイのバンコクに移住。バンコク在住歴は通算6年です。世界20か国以上を旅行しており、「人が住んでいる所ならどこでも生きられるはず」と信じて東南アジアのマイナーな街にも探検に出かけています。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo