一度は訪れたいタイの世界遺産すべてを紹介!【まとめ】

新巻 健人

トラベルライター

photo by Inoue Takuto

日本から気軽に訪れることができる観光地として人気の高いタイ。

微笑みの国として知られるタイは日本から多くの直行便が出ており、’日本人が訪れる渡航先ランキング’の上位にほぼ毎年食い込んでいる観光国です!

王宮や寺院など歴史的な建造物にナイトマーケット、近代的なショッピングセンターなどもあり、日本人にとって物価も比較的安く、タイに初めて訪れる方も十分に楽しめます。

この記事では魅力的なタイの世界遺産を全て紹介します。

世界文化遺産3つ、世界自然遺産2つの合計5つの世界遺産がタイに存在します。

この記事で紹介するタイの世界遺産

1. 古都アユタヤ

2. ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯

3. トゥンヤイ-フワイ・カーケン野生生物保護区

4. スコータイ歴史公園

5. バーンチエン遺跡

1・古都アユタヤ

バンコクから北へ約70キロの位置にあるアユタヤ県の中にあるアユタヤ遺跡群は1991年に文化遺産として世界遺産に登録されました。

アユタヤ遺跡群は、チャオプラヤー川とその支流であるパーサック川、ロップリー川に囲まれた中州に集中しています。

その理由は敵からの防御を想定して、中心部の回りに運河を掘ったからです。

バンコクからアユタヤ遺跡群まで電車やタクシーでアクセス可能です。

予算は高くなりますが、ツアーを使うと効率良く、色々な建造物を回れます。

アユタヤ遺跡群といっても、一つではないので、いくつかおすすめできるものを紹介します。

①ワットプラマタート

 木の根で覆われた仏頭で知られる。

この仏頭は、ビルマがアユタヤを侵略した際、近くの仏像から切り落とされたものです。

破壊された仏道の頭部を見ると何とも言えない悲しい気持ちになります。

ここを訪れる前に歴史のおさらいをしておくと背景を良く理解できるはずです。

基本情報

【住所】 Tha Wasukri Phra Nakhon Si Ayutthaya
【利用時間】 8:00-17:00
【料金】 無料
【アクセス】市内からトゥクトゥクで数分

②ワット・ヤイチャイモンコン

おっさん旅アユタヤ編。 Aged man visited Ayutthaya.

yasdaqさん(@yasdaq)がシェアした投稿 –

 ワット・ヤイ・チャイ・モンコンはアユタヤ王朝時代の1357年に作られました。

伝説の戦闘王が建てた72メートルの巨大仏塔が見所です。

また、寝釈迦像もパワースポットとして知られており、観光スポットです。

基本情報

【住所】 Khlong Suan Phlu Phra Nakhon Si Ayutthaya Amphoe Phra Nakhon Si
【利用時間】 8:00-17:00
【料金】 20B (日本円で約75円)
【アクセス】市内からトゥクトゥクで10分

③ワット・プラ・シーサンペット

ワット・プラシーサンペットは、アユタヤ王朝の内の3人の王の遺骨が納められている仏教施設です。

ビルマ軍の侵略によって様々な建築や仏像が破壊されてしまいました。

破壊された沢山の建物が当時のまま無残に残っています。

基本情報

【住所】 Amphur Muang, Ayutthaya 13000
【利用時間】 7:00-18:00
【料金】 50B (日本円で約175円)
【アクセス】市内からトゥクトゥクで5分

2・ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯

ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯はタイ・バンコク北東部に広がる森林地帯で、2005年に世界遺産に登録されました。

この森林保護区は、4つの国立公園と1つの保護区で構成されています。

①カオ・ヤイ国立公園(タイ初の国立公園)

②タップ・ラーン国立公園

③パーン・シーダー国立公園

④ター・プラヤー国立公園

⑤ドン・ヤイ野生生物保護区

この広大な森の中には沢山の生き物が暮らしており、広大な敷地はカンボジアの国境まで広がるそうです。

基本情報 (カオヤイ国立公園)

【住所】 Hin Tung, ムアンナコーンナーヨック ナコーンナーヨック 26000
【利用時間】 6:00-18:00
【料金】 外国人料金 大人 400B、子供 200B
【アクセス】バンコクから車で2時間

3. トゥンヤイ-フワイ・カーケン野生生物保護区

Il santuario della vita selvatica di Thungyai (in thailandese: เขตรักษาพันธุ์สัตว์ป่าทุ่งใหญ่นเรศวร) è un’area protetta della Thailandia. Re Naresuan del Regno Ayutthaya per due volte (nel 1590 e nel 1605) stabilì la sua base nel santuario prima dell’invasione di Birmania. In seguito il sito prese il nome di Thungyai Naresuan, che significa “I grandi campi di Naresuan”. L’area è da sempre pressoché disabitata. Le boscose colline non favoriscono l’agricoltura, e la zona è ancora infestata dalla malaria. Questo problema ha permesso, ironicamente, un perfetto isolamento dall’uomo ed il conseguente mantenimento dell’habitat. Per questo motivo, molte delle specie animali selvatiche tipiche del sud-est asiaticopossono essere trovate qui, incluse alcune rare come le tigri. È situata a cavallo tra la parte settentrionale della provincia di Kanchanaburi e quella meridionale della provincia di Tak. Il santuario della vita selvatica venne creato il 24 aprile 1974. Venne in seguito dichiarato patrimonio dell’umanità dall’UNESCO, in coppia con il santuario della vita selvatica di Huai Kha Khaeng. • • • @francescotunaj • • • #Thungyai #Thailandia #Thai #tigri #tigers #HuaiKhaKhaeng #1974 #sudest #southeast #1590 #1605 #Tak #UNESCO #Kanchanaburi #photo #foto #beautiful #24 #aprile #picture

@ travel_photo_curiosityがシェアした投稿 –

1991年に手付かずな広大な自然が評価され、世界遺産に登録されました。

残念なことに、自然を保護する観点から一般人の立ち入りはタイ政府から堅く禁じられているエリアです。

近隣にはいくつか一般人が入場できる国立公園もあるそうですの、そちらをおすすめします。

基本情報
【住所】Rabam, Lan Sak District, ウタイターニー 61160
*一般人は立ち入り禁止エリアですので要注意!

4. スコータイ歴史公園

タイ北部にあるタイ族最古のスコータイ王朝の都の跡です。

近隣のシーサッチャナーライ歴史公園や、カムペーンペット歴史公園と併せて「スコータイの歴史上の町と関連の歴史上の町」として1961年に世界遺産に登録されました。

スコータイもアユタヤと同じで遺跡群なので、いくつかの遺跡を回ることをおすすめします。

レンタル自転車かトゥクトゥク、あるいはトローリーバスで遺跡を巡るのが一般的です。

基本情報
【住所】 Mueang Kao, ムアンスコータイ スコータイ 64210
【利用時間】 6:30-18:00
【料金】 遺跡によって異なる
【アクセス】バンコクから車で4時間半

5. バーンチエン遺跡

photo by wikipedia

バーンチエン遺跡はタイのウドンターニー県ノーンハーン郡にある古代文明の遺跡で1992年に世界遺産に登録されています。

バーンチエン遺跡では土器を中心に動物の骨なども見つかっており、黄河文明・メソポタミア文明とは違った、東南アジア独自の文明として注目を集めています。

また、紀元前数千年というタイの有史以前の時代のものであり、文明の主である民族は今のところ不明とされています。

基本情報

【住所】 Ban Chiang, Nong Han District, Udon Thani
【利用時間】 火曜日-日曜日 9:00-16:00 (定館日:月曜日)
【料金】 外国人料金150B
【アクセス】ウドンターニー空港から車で1時間

世界遺産に行ってみよう!

タイの世界遺産5つはどうでしたでしょうか?

歴史ある本当のタイを知るために世界遺産を訪れるのは良いアイディアではないでしょうか。

バンコクなどの都会にはない自然や素朴な風景との出会いはあなたの心を和ませてくれるはずです。

タイの世界遺産。気になった方は是非行ってみて下さいね!

こちらの記事もおすすめ! icon-chevron-down 

東南アジアの雨季ってどんな感じなの?タイ南部のリゾート地に行って、海を満喫したいからなるべく雨季は避けたい!そう思われる方も多いのではないでしょうか。旅行の予定を立てる時に、必ず考慮しなければいけないのが、滞在中の現地の天候状況。
日本から気軽に訪れることができる観光地として人気の高いタイ!物価も安く日本人の購買意欲に火をつけることも多いのではないでしょうか?そこで今回はタイのお土産33種を厳選してご紹介します!
海外旅行の際に様々な不安を抱く人も多いのでは?ある程度海外に行ったことがある方は、あたふたすることも少ないかと思いますが、あまり海外経験がない方は困ることも多いかと思います。そこで今回はタイでの旅行時に知っておきたいポイントをご紹介します。
タイの首都、バンコクには王宮や寺院など美しい建造物が多く女子旅にもぴったりな観光都市。雨季と乾季、暑季の3つの季節がありますが、時期を選べば格安で海外旅行を楽しめます!こちらの記事ではバンコク観光に外せないおすすめスポットをご紹介します!
旅初心者ならバンコクに行こう!バンコクに一ヶ月暮らしていた僕がバンコクをおすすめする理由とは?

Staywayについて

Staywayは世界中の宿泊施設を検索&比較できるサイト。価格からロケーションまで幅広いニーズに答え、利用者にあった宿泊先を素早く見つけることが可能です。さらに宿泊先でのさまざまな滞在方法も提案しているので、ぜひチェックしてみましょう!

logo