実は史跡の宝庫!栃木観光におすすめ城&城跡10選 | Stayway Media

実は史跡の宝庫!栃木観光におすすめ城&城跡10選

廣瀨茉理

トラベルクリエイター

栃木 宇都宮 城Photo by 廣瀬茉理

栃木県には鎌倉時代以前に築かれた宇都宮城跡など歴史のある城や城跡が多く存在します。

今回はそんな栃木県で巡る城や城跡のおすすめランキングをご紹介!

歴史上の大きな出来事や小さな出来事など、史跡から読み取れるものは様々。

日本の歴史を感じましょう!

第10位 茂木城

この投稿をInstagramで見る

mabuさん(@mabu690)がシェアした投稿

建久年間(1190年~1199年)に茂木三郎知基によって築かれたと云われています。

茂木氏は、宇都宮宗綱の弟の八田知家が源頼朝より得た「下野国茂木保」の地頭職を三男「知基」に譲り、茂木氏を名乗ったことに始まる家系です。

戦国後期まで使われた城で、尾根上には中世的主郭と二の郭がありますが、その下に千人溜、三の郭、出丸などが広がっていて大きな城でした。

<基本情報>
【地図】

【住所】〒321-3566 栃木県芳賀郡茂木町小井戸 小井戸461−1
【アクセス方法】真岡ICより約40分

第9位 千本城

この投稿をInstagramで見る

𝑯𝒆𝒍𝒍𝒐_𝑪𝒂𝒔𝒕𝒍𝒆さん(@hello_castle_)がシェアした投稿

建久8年(1197年)千本十郎為隆によって築かれました。

千本氏は「那須資隆」の子で、那須与一宗隆の兄「為隆」を祖とします。

千本城は尾軽集落の西にある山の山頂に築かれており、緑の多い山道を散策しながら見ることができます!

<基本情報>
【地図】

【住所】芳賀郡茂木町町田字尾軽
【アクセス方法】真岡ICより約40分

第8位 畠山陣屋

この投稿をInstagramで見る

Akio Suzukiさん(@akio3722)がシェアした投稿

元禄元年(1688年)畠山基玄によって築かれました。

畠山氏は中世以来の名門で江戸時代には高家として存続。

特に、基玄はあの将軍綱吉に寵愛され、異例の厚遇をうけ所領五千石となって築いたのがこのお城。

現在は岡田記念館として公開されています。

<基本情報>
【地図】

【住所】栃木県栃木市嘉右衛門町1丁目12
【アクセス方法】栃木ICより約10分
【公式サイト】http://www.cc9.ne.jp

第7位 皆川城

この投稿をInstagramで見る

mabuさん(@mabu690)がシェアした投稿

皆川城を築いたとされる皆川氏の皆川広照は宇都宮氏に従っていました。

しかし、北条氏政・氏直父子が大軍を率いて北上してくるとそれに降ったといわれています。

天正18年(1590年)豊臣秀吉による小田原征伐で、皆川広照は小田原城に籠城しますが、徳川家康を介して秀吉に降り命を救われます。

その後の天正19年(1591年)皆川広照は栃木城を築いて居城としていましたが、家康の六男松平忠輝の家老となり、忠輝が信濃国川中島へ移るに従い信濃国飯山へ去りました。

皆川広照は多くの将軍に関わる処世術を持った城主だったわけですね。

<基本情報>
【地図】

【住所】 栃木市皆川城内町2660付近
【アクセス方法】栃木ICより約15分

第6位 黒羽城

天正4年に大関高増が築城し、北那須最大の規模を持つ城郭でした。

現在、城郭の跡は土塁、空濠、水濠などが保存されています。

本丸跡に立つと、那須、日光連山が一望でき、眼下には那珂川の清流。

絶景ポイントとしても有名です!

<基本情報>
【地図】

【住所】栃木県大田原市前田980
【アクセス方法】矢板ICより約35分
【公式サイト】https://www.ohtawara.info

第5位 桜町陣屋

この投稿をInstagramで見る

Fly-ukさん(@bottombrown)がシェアした投稿

 元禄12年(1699年)小田原藩主大久保忠朝の三男「宇津教信」によって築かれました。

小田原藩の飛領地である下野国芳賀郡内の四千石を分地され宇津氏を名乗り旗本となりました。

当初四千石とされた土地は100年後には土地が荒れ一千石にも満たない領地に…

その土地を復興するために抜擢され赴任したのが二宮尊徳でした。

現在は国指定史跡として整備されています。

二宮尊徳住んだという建物が現存し、周囲には土塁と堀が復元されており、当時の面影を残しています。

<基本情報>
【地図】

【住所】栃木県真岡市物井2013-2
【アクセス方法】真岡鐵道久下田駅から車で10分

第4位 唐沢山城

この投稿をInstagramで見る

るるるーさん(@lulu.kuruimasururu)がシェアした投稿

 平将門が関東を制圧した天慶の乱を鎮圧した功で下野に勢力を張った、藤原秀郷に天慶3年(940年)築かれたのが始まりとされています。

藤原秀郷は、栃木県佐野市を治めていた佐野氏の祖。現在、本丸跡には藤原秀郷を祭った唐沢山神社があります。

立派な石垣を用いた城郭が、今もしっかりと残っています。

<基本情報>
【地図】

【住所】栃木県佐野市富士町1409
【アクセス方法】佐野田沼ICより約10分

第3位 宇都宮城

この投稿をInstagramで見る

トッチー♀・栃木県公式インスタグラマーさん(@tocchy3636)がシェアした投稿

 築城年代は不明ですが、宇都宮氏によって築かれました。

江戸時代は、徳川将軍の日光東照宮参拝の際に将軍の宿泊施設として利用されていました。

戊辰戦争の際は、新選組率いる新政府軍との戦いの舞台になり、焼失してしまいました。

現在は、一部を復元し、美しく整備されています。

<基本情報>
【地図】

【住所】栃木県宇都宮市本丸町旭1丁目地内
【アクセス方法】鹿沼ICより約20分

第2位 飛山城

この投稿をInstagramで見る

Nori Saitohさん(@norisaitoh)がシェアした投稿

 永仁年間(1293年~1299年)に芳賀高俊によって築かれたと云われています。

芳賀氏は下野国芳賀郡大内荘の発祥。

清原高澄の子高重が花山天皇の怒りに触れて寛和元年(975年)芳賀郡大内荘に配流となって居住したことに始まります。

天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原征伐後に廃城になりました。

<基本情報>
【地図】

【住所】栃木県宇都宮市竹下町380-1
【アクセス方法】宇都宮上三川ICより約15分

第1位 栃木城

この投稿をInstagramで見る

KINさん(@kin_ue)がシェアした投稿

 天正19年(1591年)皆川広照が皆川城に代わって築きました。

皆川広照は、徳川家康の六男松平忠輝の家老となると、慶長8年(1603年)忠輝が信濃国川中島へ移るに従い、信濃国飯山城へ移り、栃木城は廃城となりました。

周囲が五百十間(約927m)の平城でした。

現在は東丸の北西部の土塁と堀の一部を残し、城の名残をとどめた城址公園として整備されています。

<基本情報>
【地図】

【住所】栃木県栃木市城内町1丁目9
【アクセス方法】栃木ICより約10分

史跡巡りに栃木の城&城跡はいかが?

栃木県に存在する史跡。

江戸からの街道が伸びていることもあり、幕末まで色々な歴史がありました。

史跡巡りが好きなら、ドライブがてら栃木県へいらっしゃい!

那須の観光・穴場スポットランキング21!?

都心から車で2時間弱で行くことが可能!自然と触れ合える観光地として人気の栃木県那須町。愛犬と泊まれる英国風の宿からホテルビュッフェをお得に楽しめるベストスポット、大人から子供まで大満足の観光地に地元民から愛される秘湯などお得情報満載です。

栃木観光ならここ!おすすめスポット20選!?

「世界の夢の旅行先」として、アメリカCNNから日本で唯一選ばれた観光スポットを持つ栃木県!東京からのアクセスもよく、魅力的な観光スポットが満載。貴重な体験ができたり、素晴らしい景色を見られたり…といい思い出になること間違いありません。

Staywayについて

Staywayは、ホテルや旅館に加え、ゲストハウスや民泊・バケーションレンタルなど、様々な宿泊体験の選択肢を提供しています。

自分の好みに合った滞在先を選択することで、より充実した時間を過ごすことができます。

皆さんも、Staywayでご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を探してみませんか♪

廣瀨茉理
栃木県在住。一人旅と猫が大好き。これまで海外旅行で訪れた国は台湾、ドイツ、フランス、オランダ、ルーマニア、オーストリア、ハンガリー、カナダ。特に台湾は年に1回訪れるほどお気に入りです。国内は、地元の栃木県を週末ドライブしながらグルメ巡りをしています。国内外の旅行中で出会ったごはんを実際に料理して再現することが得意。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo