【栃木観光】大迫力の滝を見に行こう!おすすめスポット15選 | Stayway Media

【栃木観光】大迫力の滝を見に行こう!おすすめスポット15選

廣瀨茉理

トラベルライター

栃木 日光 華厳の滝Photo by inazakira

天然のシャワーである滝。近づくとマイナスイオンを全身で浴びることができます。

自然豊かな栃木で清涼感たっぷりの滝を探しに行きませんか?

初夏の暑さを紛らわせてくれる栃木の滝。ゴールデンウィークや夏休み、週末に出かけてみましょう。

View this post on Instagram

よっちさん(@yoshikimuchi)がシェアした投稿

湯ノ湖の南端にある高さ70m、長さ110mの滝。湯川をせき止めて湯ノ湖をつくった三岳溶岩流の岩壁を湖水が勢いよく流れ落ちていきます。

滝つぼの近くに観爆台では、迫力ある姿を見ることができます!

<基本情報>
【住所】栃木県日光市湯元2499
【電話番号】0288-62-8611
【アクセス方法】JR・東武日光駅より湯元温泉行きバス乗車して約60分「湯滝入口」下車。その後、徒歩5分。
公式サイトはこちら

第14位 竜頭ノ滝

View this post on Instagram

@putaha119がシェアした投稿

男体山の噴火によってできた溶岩の上を210mにわたって流れ落ちるダイナミックな滝。

幅10メートルほどの階段状の岩場を勢いよく流れ、見ていて爽快な気持ちになります!

カメラを構えて移動しながら、滝の流れをじっくり撮影するのがおすすめ。

<基本情報>
【住所】栃木県日光市中宮祠
【電話番号】0288-54-2496
【アクセス方法】JR日光駅または東武日光線東武日光駅より徒歩約60分

第13位 裏見ノ滝

View this post on Instagram

Satoru Kuribayashiさん(@satoru_kuribayashi)がシェアした投稿

元禄2年に奥の細道行脚で日光を訪れた松尾芭蕉が、この滝を見て「暫時は滝に籠るや夏の初」の句を詠んだことは有名。

実際に滝を目にしながら、この句を思い出すと風流ですね。

<基本情報>
【住所】栃木県日光市
【アクセス方法】JR日光駅または東武日光駅から東武バス湯元温泉行または中禅寺温泉行バスに乗車し約15分、「裏見の滝」バス停下車、徒歩45分
公式サイトはこちら

第12位 竜化の滝

View this post on Instagram

nenemoriyyさん(@nenekooo)がシェアした投稿

塩原の代表的な滝。3段になって流れる様子が竜が登っているように見えるが名前の由来。

付近の遊歩道から、天に上ろうとする竜を見上げましょう。

<基本情報>
【住所】栃木県那須塩原市塩原
【電話番号】0287-32-2914
【アクセス方法】西那須野塩原ICより車で約15分
公式サイトはこちら

第11位 乙女の滝

View this post on Instagram

Nobuさん(@nobuhiko_nagaoka)がシェアした投稿

白笹山から流れる沢名川の美しい滝です。この滝名の由来はなんともロマンチック!

むかしむかし、那須の若い釣り人が沢名川に行くと、滝の上に目の見えない美しい乙女が現れたそうです。

この乙女の噂が村人たちに伝わり、滝の名前の由来になったと言われています。

<基本情報>
【住所】栃木県那須塩原市板室703
【電話番号】028-762-7156
【アクセス方法】車で那須ICから約30分または黒磯板室ICから約40分
公式サイトはこちら

第10位以降は次ページへ>>>

廣瀨茉理
栃木県在住。一人旅と猫が大好き。これまで海外旅行で訪れた国は台湾、ドイツ、フランス、オランダ、ルーマニア、オーストリア、ハンガリー、カナダ。特に台湾は年に1回訪れるほどお気に入りです。国内は、地元の栃木県を週末ドライブしながらグルメ巡りをしています。国内外の旅行中で出会ったごはんを実際に料理して再現することが得意。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo