温泉、遊園地、湖にユリ畑まで・・・栃木おすすめ観光地25選! | Stayway Media

温泉、遊園地、湖にユリ畑まで・・・栃木おすすめ観光地25選!

Stayway 編集部

トラベルクリエイター

photo byTAKA@P.P.R.S
「世界の夢の旅行先」として、アメリカCNNから「あしかがフラワーパーク」が選ばれ、観光客が急増中の栃木県!

栃木の自然に触れられる「竜頭の滝」や「中禅寺湖」、「華厳の滝」、世界遺産となっている史跡「神橋」や「日光東照宮」など、見どころ満載!

そんな栃木県の観光スポット25選を日光、那須、 県南、 県東、 県央の5つのエリアに分けて紹介していきます。

こちらの記事では栃木でおすすめの観光スポットを紹介します。


栃木地図

Photo by stayway編集部

第25位・「餃天堂」の宇都宮餃子(県央エリア)

餃天堂

Photo by 金井美咲輝

栃木の餃子を食べずに帰るなんてもったいない!

本場はやはり数多くの餃子店がありますが、一番のおすすめは「餃天堂」です。

ここの餃子の自慢は、口の中でじゅわ~っと溢れ出すたっぷりの肉汁と、それを包むもっちもちの生地です。

他の餃子とは全く違う舌を鳴らすほどの絶品餃子、ぜひ「餃天堂」でご堪能ください♪

第24位・神橋(日光エリア)

神橋

Photo by adobe

日光山内の入り口にかかる木造朱塗りの美しい橋。

世界遺産に登録されており、日本三大奇橋の1つに数えられています。

また、この橋は、奈良時代の末に勝道上人が日光山を開くとき、大谷川の急流に行く手を阻まれ神仏に加護を求めた際、深沙王が現れ2匹の蛇を放ち、その背から山菅が生えて橋になったという伝説が残っています。

第23位・明智ロープウェイ(日光エリア)

明智ロープウェイ

Photo by adobe

紅葉シーズンのベストスポット「明智平」。

いろは坂をのぼったほぼ頂上にある展望台で、下には自分たちが今までのぼってきたいろは坂が見えます。

そこからまたさらに頂上を目指すには、ロープウェイに乗り、空中散歩♪

男体山や中禅寺湖そして中禅寺湖から流れ落ちる華厳の滝などの大パノラマが一望でき、周囲の雄大な山並みと合わせて絶景が広がります。

第22位・竜頭の滝(日光エリア)

竜頭の滝

Photo by adobe

力強く流れ落ちていく二つの滝。

滝つぼ近くが大きな岩によって二分され、その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついたのだとか。

5月~6月は赤紫色のトウゴクミツバツツジが咲き誇り、観光にはおすすめのシーズン。

また、9月下旬ごろからは紅葉の名所として人気が高く、モミジやシナノキなどに彩られた美しい景観が楽しめます。

第21位・宇都宮城(県央エリア)

宇都宮城

Photo by adobe

栃木の史跡と言えば、日光東照宮が思い浮かぶと思いますが、忘れちゃいけないのがこの史跡「宇都宮城」です。

宇都宮の中心に位置し、江戸時代に建立された日光東照宮よりも古い史跡なのです。

「宇都宮城」の歴史は平安時代にまで遡ります。

約1500年の歴史を積んできた「宇都宮城」、宇都宮観光の際はぜひ「宇都宮城」からスタートしてはいかがでしょう♪

第20位・ツインリンクもてぎ(県東エリア)


Photo by Daisuke K
モータースポーツの魅力がぎゅっと詰まったスポットです。

初心者~上級者まで参加できるレースが多彩にありますし、スクールで学んでレベルアップも。

アスレチックの施設もあり家族でエンジョイできますよ。

・施設情報
【住所】栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
【電話】0285-64-0001
【営業】詳細はこちら
【交通】・電車の場合:宇都宮駅(西口3番のりば)からツインリンクもてぎへ

・お車の場合:詳細はこちら
【駐車場】有料

【料金】大人(高校生以上)
1,000円    子ども(小中学生)    500円 幼児(3歳~未就学児)300円 詳細はこちら

第19位・ハンターマウンテン塩原~ゆりパーク(那須エリア)


Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
スノーリゾートで有名なところですが、夏に400万輪のユリが咲き誇るスポットとしても実は知られています。

たくさんの花々に会いに行ってみませんか?

・基本情報
【住所】栃木県那須塩原市湯本塩原字前黒
【電話】0287-32-4580
【営業】毎年7月~8月 9:00~16:45
【交通】・電車の場合:JR東北新幹線「那須塩原駅」より、日帰りシャトルバスツアー(無料・完全予約制)またはタクシー。
・お車の場合:詳細はこちら
【駐車場】あり

【料金】大人1,000円 子供500円 ペット無料 ※2017年度の料金です。

第18位・那須ロープウェイ(那須エリア)

「記憶に残る絶景」がテーマ。

登山に不慣れな方でも、ロープウェイを使えば、茶臼岳の美しい景色を気軽に見ることができます。

冬季は11月で営業を終了し、3月から営業開始します。

・基本情報
【住所】栃木県那須郡那須町大字湯本字那須岳215
【電話】0287-76-2449
【営業】通常8:30~16:30冬季クローズ有(※季節により変動あり。)詳細はこちら
【交通】・電車の場合:JR那須塩原駅西口から東野バス「那須ロープウェイ」行き、終点下車。あるいは、黒磯駅西口から東野バス「那須ロープウェイ」行き、終点下車。
・お車の場合:那須ICより県道17号線北進、約30分
【駐車場】無料
【料金】大人(中学生以上)    往復1,800円 片道950円 小人(3歳〜小学生) 往復900円 片道480円

第17位・龍王峡(日光エリア)


Photo by Saigen Jiro
川治温泉と鬼怒川温泉の間にあるスポットで、龍がくねくねとのたうち回るかのような形状は圧巻の景色です。

3時間6kmのハイキングコースもあるので、ゆっくりと散策して自然に癒されてみませんか?

・基本情報
【住所】栃木県日光市藤原1357
【電話】0288-76-4111 (日光市藤原 観光課)
【交通】・お車の場合:東北自動車道(宇都宮I.C.)より日光宇都宮有料道路(今市I.C.:今市・鬼怒川方面出口)を出て、国道121号線を鬼怒川温泉方面へ約30分。

・電車の場合:東武線浅草駅から下今市駅まで特急スペーシアで約1時間40分。下今市駅から乗り換え会津鬼怒川線で約30分、龍王峡駅下車。
【駐車場】あり

第16位・千本松牧場(那須エリア)


Photo by nakimusi
那須高原という土地柄、ゆったり流れる時間の中で、動物と触れ合ったり乗馬をしたりと優雅なひと時を過ごせます。

広大なドッグランも併設しているので、愛犬を連れても楽しめますね。

・施設情報
【住所】栃木県那須塩原市千本松799
【電話】0120-36-1025
【営業】9:00~18:00(年中無休)
【交通】・電車の場合:JR東京駅から東北新幹線で70分の那須塩原駅から車で約20分。(那須塩原駅からの直行バスや送迎バスはございません。タクシーやレンタカーをご利用ください)
・お車の場合:東京(東北自動車道 川口ジャンクション)から140km(100分)
【駐車場】無料
【料金】無料 どうぶつふれあい広場・乗馬など別途料金あり 詳細はこちら

第15位・アジアンオールドバザール(那須エリア)


Photo by shiori.k
アジアをテーマにしたスポットで、日本にいながらにしてベトナムやバリ、タイなどアジアの雰囲気が楽しめる施設です。

もちろんレストランではアジアングルメがいっぱい。フォーや生春巻き、ナシゴレンなど人気のメニューを用意しています。

・施設情報
【住所】栃木県那須郡那須町湯本ツムジガ平506-20
【電話】0287-76-7600
【営業】10時~17時 年中無休
【交通】・電車の場合:【東北新幹線】東京駅より約1時間15分。JR東北新幹線『那須塩原駅』下車。東野バスに乗車
・お車の場合:【東北自動車道】東京より約3時間。那須ICを直進して、つきあたりの信号を右折してまっすぐ。ファミリーマートが左手に見えたらそのすぐ先です。 カーナビをお持ちのお客さまは、ファミリーマート那須街道店を目印にお越し下さい。
【駐車場】無料

第14位・栃木県なかがわ水遊園(那須エリア)


Photo by BehBeh
日本でも最大級・川の水族館です。

川の生物が身近で見られるのはもちろん、マスのつかみどりやスイーツ作りなど、バラエティ豊かな体験講座があるスポットです。

・施設情報
【住所】栃木県大田原市佐良土2686
【電話】0287-98-3055
【営業】午前9時30分~午後4時30分(水族館の入館は、閉館30分前まで)休園日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)毎月第4木曜日(祝日の場合は開園)毎年1月第4週の月曜日から金曜日(施設メンテナンスの為)
【交通】・お車の場合:東北自動車道西那須野塩原I.C.から国道400号を経由して25km(約45分)
・電車の場合:JR東北新幹線/那須塩原駅から公営バスで70分
【駐車場】無料 詳細はこちら
【料金】大人(高校生以上)600円 子供(小・中学生)250円 小学生未満 無料

第13位・那須ハイランドパーク(那須エリア)


Photo by Tomokazu Kitjaima
那須の大自然に包まれたレジャースポット。

ジェットコースターや雨の日でも楽しめるアトラクションもあり、美しい景色を愛でることができます。

大観覧車やティーカップなど愛犬と乗車できるアトラクションもあります。

・施設情報
【住所】栃木県那須郡那須町高久乙3375
【電話】0287-78-1150
【営業】日によって異なります。詳細はこちら
【交通】東北自動車道 那須I.Cより約20分。東北自動車道 黒磯板室I.Cより約30分。

【駐車場】一律1,000円 詳細はこちら
【料金】大人(中学生以上)    1,600円     小人(3歳~小学生)800円     シニア(60歳以上)割1,200円 ワンデーパスポートもあり。詳細はこちら

第12位・戦場ヶ原(日光エリア)


Photo by Satoru Kikuchi
かつて男体山の神と赤城山の神が、中禅寺湖をめぐって争った地とされるところです。

湖が湿原化し、広さは400ヘクタールという雄大なスポットです。

研究路が整備されていますので、2時間で歩いて巡れます。

・基本情報
【住所】 栃木県日光市中宮祠
【電話】0288-54-2496(日光市観光協会日光支部)
【交通】JR日光駅または東武日光駅より東武バス湯元温泉行き乗車約50分、「三本松」バス停下車徒歩1分
【駐車場】県営駐車場あり

第11位・佐野厄除け大師(県南エリア)


Photo byあばさー
正式名は惣宗寺ですが、「佐野厄除け大師」の通称でおなじみです。

関東三大師のひとつであり初詣は境内が大勢の参拝客でにぎわいます。

・基本情報
【住所】栃木県佐野市金井上町2233
【電話】(0283)22-5229
【営業】8:20~17:00
【交通】・電車の場合:佐野市駅より徒歩10分
・お車の場合:東北自動車道佐野藤岡インターチェンジ、佐野SAスマートインターチェンジ:大師様まで5km
【駐車場】無料 詳細はこちら

第10位・那須どうぶつ王国(那須エリア)


Photo by Kanohara

那須の雄大な自然の中で約600頭の動物達がのびのびと暮らすテーマパーク「那須動物王国」。

屋内施設が中心の「王国タウン」と、大自然の中に広がる「王国ファーム」にエリアが分かれており、カピバラやアルパカなどのかわいい動物たちと触れ合うことができます。

また、2019年4月からオープンされた新エリア「アジアの森」では、レッサーパンダやカワウソなどの探索をすることができます。

エリア内全体が全天候型のエリアなので雨の日でも楽しめます。

第9位・あしかがフラワーパーク(県南エリア)


Photo by TAKA@P.P.R.S
四季ごとに美しい花を咲かせるスポットですが、特に有名なのは藤の花です。

「世界の夢の旅行先」として、アメリカCNNから日本で唯一選ばれた場所!

映画(今夜、ロマンス劇場で)のロケ地にもなった話題の観光地です。

・施設情報
【住所】栃木県足利市迫間町607
【電話】0284-91-4939
【営業】通常期AM 9:00 ~ PM6:00 ※ふじのはな期間を除く 夏季・冬季 AM10:00 ~ PM5:00 ※イルミネーション期間を除く 詳細はこちら
【交通】・お車の場合:【東北自動車道より】佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)
・電車の場合:JR両毛線「富田」駅より徒歩13分
【駐車場】無料
【料金】花の咲き具合で変動します。詳細はこちら

第8位・日光金谷ホテル「百年ライスカレー」(日光エリア)


Photo by hirotomo t
日光の老舗・金谷ホテルで提供されているカレーです。

創業者のひ孫にあたる人が、記憶をたよりに明治時代のカレーを再現して話題となりました。

クラシカルな雰囲気の中で絶品カレーを堪能するのもいいですね。

・基本情報
【住所】栃木県日光市上鉢石町1300日光金谷ホテル内コーヒーラウンジ「メイプルリーフ」
【電話】0288-54-0001
【営業】百年カレーは11時~17時
【交通】・電車の場合:東武日光駅からは、金谷ホテル シャトルバス乗車
・お車の場合:詳細はこちら
【駐車場】無料

【料金】2,052円 セットもあり。※2017年6月現在の価格

第7位・日光江戸村(日光エリア)


Photo by scion_cho
江戸時代を再現したテーマパークです。

ちょんまげを結ったお侍が歩いていたり…と本当に江戸時代に来たかのような錯覚に陥るほど。

江戸の職業を体験したり、当時のお芝居を見たりと存分に楽しめますよ。

・施設情報
【住所】栃木県日光市柄倉470-2
【電話】0288-77-1777
【営業】9:00~17:00(冬季は短縮されます)詳細はこちら
【交通】・電車の場合:「東武浅草駅」から直通「東武鬼怒川線」で「鬼怒川温泉駅」下車、路線バスで約15分、またはタクシ―で約10分
・お車の場合:東北自動車道(宇都宮IC)より日光宇都宮有料道路・今市IC(今市・鬼怒川温泉方面出口)を出て国道121号線を鬼怒川温泉方面へ(今市ICより約15分)。詳細はこちら
【駐車場】有料

【料金】1日手形:大人4,700円 小人2,400円 詳細はこちら

第6位・東武ワールドスクウェア(日光エリア)

東武ワールドスクウェア

Photo by adobe

世界の有名な建造物を25分の1サイズで精巧に再現したスポットです。

世界遺産の名所もあり、栃木にいながら世界旅行ができます。

撮影スポットも数多くインスタ映えする写真が撮れそう。

・施設情報
【住所】栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
【電話】0288-77-1055(予約センター)
【営業】夏期(3/20 ~ 11/30)AM9:00~PM5:00    冬期(12/1 ~ 3/19)AM9:30~PM4:00 年中無休
【交通】・お車の場合:東京方面から東北自動車道宇都宮ICより日光宇都宮有料道路の今市IC(今市・鬼怒川方面出口)を出て、国道121号線を鬼怒川温泉方面へ約20分。または、日光宇都宮有料道路の土沢IC(今市・鬼怒川方面出口)を出て、一般道を約30分。
・電車の場合:東武線浅草駅から東武ワールドスクウェア駅まで特急列車で約2時間。JR日光線で今市駅下車、バスで約25分 詳細はこちら
【駐車場】普通車500円 詳細はこちら
【料金】大人2,800円 小人1,400円 ※大人は中学生以上、小人は4歳以上となります。 詳細はこちら

第5位・いろは坂(日光エリア)


Photo by津島修三
日光市内と中禅寺湖・奥日光を結んでいる観光道路です。

上りと下りの坂を合計するとカーブの数が48になることから「いろは48文字」になぞらえて命名されました。

急な坂が連続し眺めも素晴らしいですが、カーブが多いため車酔いする方も…。

・基本情報
【住所】栃木県日光市
【電話】0288-54-2496 (日光市観光協会日光支部)
【駐車場】周辺に有料駐車場あり

第4位・鬼怒川温泉(日光エリア)


Photo by掬茶
江戸時代に発見され、そのころは僧侶や大名だけが入浴を許可されていました。

明治以降一般に公開されて観光客も増加したので、旅館やホテルが立ち並ぶ一大観光地へと成長しました。

・基本情報
【住所】栃木県日光市鬼怒川温泉大原
【電話】0288-22-1525 (日光市観光協会)
【交通】詳細はこちら

第3位・華厳の滝(日光エリア)


Photo by Jordy Meow
高さ97mの名瀑で日光の数ある滝の中でも最も有名なこちらの滝。

自然が織りなす景観美は見事で、エレベーターで降り、観瀑台から滝つぼを見れば、その壮大さに圧倒されることでしょう。

・基本情報
【住所】栃木県日光市中宮祠
【電話】0288-55-0030
【営業】 3月~11月 8:00~17:00  12月~2月 9:00~16:30 ※ただし、季節・気象状況により時間変更あり。
【交通】詳細はこちら
【駐車場】普通車310円 詳細はこちら
【料金】エレベーター:大人550円 小学生330円 詳細はこちら

第2位・中禅寺湖(日光エリア)


Photo by Ken Yamaguchi
奥日光の入り口に位置する湖。

2万年前に男体山の噴火により、流れ出た溶岩が渓谷をせき止めたのが原形といわれています。

特に初夏のつつじ・紅葉のシーズンは絶景で、遊覧船から景色を堪能するのもいいでしょう。

・基本情報
【住所】栃木県日光市中宮祠
【電話】0288-54-2496(日光市観光協会日光支部)
【交通】日光駅からバスで45分
【駐車場】周辺に有料あり。詳細はこちら
【料金】遊覧船は有料。詳細はこちら

第1位・日光東照宮(日光エリア)


Photo by Maarten Heerlien
徳川家康を祀っている全国の東照宮総本社。

有名なのは「見ざる言わざる聞かざる」の三猿や「眠り猫」で、彫刻の華やかさも目を引きます。

陽明門は「日暮らしの門」と呼ばれ、一日中眺めていても飽きないほどの豪華さです。

・基本情報
【住所】栃木県日光市山内2301
【電話】日光東照宮社務所 0288-54-0560 (代)
【営業】4月1日 ~ 10月31日(午前8時より午後5時まで)11月1日 ~ 3月31日(午前8時より午後4時まで)
【交通】・電車の場合:浅草 ~ 東武日光(特急けごん):所要時間 約1時間50分
・お車の場合:東北自動車道宇都宮ICから日光宇都宮道路を経て、日光ICで下りる。日光ICから2km。詳細はこちら
【駐車場】普通車600円 問い合わせ先:0288-54-0560(代)

【料金】大人・高校生 1,300円 小中学生 450円 (東照宮のみ拝観の場合) 詳細はこちら

景観の素晴らしい栃木県!

美しい滝や山・湖が見られ、動物たちと会える観光スポットがある栃木県は、家族旅行・グループ旅行、あるいは一人旅にもってこいのエリアでしょう。

春や夏はきれいな花々、秋は紅葉、冬は雪景色を見に栃木県へ行きませんか?

栃木の民泊が気になる!! icon-chevron-down

栃木に温泉や観光で訪れる時にはホテルもそうですが民泊もおすすめです。日光東照宮をはじめとして、中禅寺湖や茶臼岳・あしかがフラワーパークなど見るべきスポットも多い栃木県ですが、そんな栃木でおすすめの宿をご紹介します。旅行・観光の際に参考にして下さいね。

Staywayについて

Staywayは世界最大級の民泊・バケーション施設の検索比較サイトです。世界中の民泊サイト・ホテルサイトを比較し、最安値の物件を探す事が可能です。宿泊施設を最安値で検索しませんか

logo