絶品グルメが集結!東北にいったら絶対に食べたい名物グルメ10選 | Stayway Media

絶品グルメが集結!東北にいったら絶対に食べたい名物グルメ10選

Vista

トラベルライター

がっつり豚丼Photo by Adobestock

地方へ旅行へいった際の楽しみの1つと言えば現地のグルメ。

地方には全国では知られていない絶品グルメに出会うことも多くあり、それは旅の醍醐味の1つでもあります。

そこで本記事では、東北へ旅行へいった際に必ず食べたい地元の名物グルメを紹介します。

第10位 どんどん焼き/山形県

この投稿をInstagramで見る

covazukiさん(@kkkkkkzkkkkkk)がシェアした投稿

どんどん焼きとは山形県の名物料理で、お好み焼きに似た料理をいいます。

しかし、どんどん焼きは箸にまかれた棒状なのが特徴で、食べ歩きをすることができるようになっています。

そのため、観光をしながら小腹を満たすには最適!

山形市にあるおやつ屋さんはどんどん焼きの専門店であり、チーズや卵をトッピングしたものなど、バリエーション豊かなどんどん焼きを提供しています。

イートインスペースもあるので、休憩することもできますよ!


【正式名称】おやつ屋さん
【住所】山形県山形市城南町2-6-16
【アクセス】山形駅より徒歩5分
【公式サイト】http://dondonyaki.net/

第9位 円盤餃子/福島県

この投稿をInstagramで見る

Masaki Higuchiさん(@higuccini)がシェアした投稿

餃子というと栃木県の宇都宮を思い浮かべる人が多いですが、福島県にも名物の餃子が存在します。

それは円盤餃子と呼ばれるもので、その名の通り、餃子が円盤状に並べられて焼き上げられます。

多めの油で焼かれるため皮がぱりぱりとしており食感が楽しいのが特徴です。

一口で食べられる小ぶりな餃子なので、ビールのつまみにも最適です!


【正式名称】餃子 照井
【住所】福島県福島市飯坂町錦町1-21
【アクセス】飯坂温泉駅より徒歩5分
【公式サイト】http://www.gyouza-terui.com/

第8位 十和田バラ焼き/青森県

この投稿をInstagramで見る

塩乃麹さん(@nanaderbolt)がシェアした投稿

十和田バラ焼きとは大森県の十和田市で生まれたB級グルメ。

牛肉とたっぷりの玉ねぎを甘辛のタレと一緒に鉄板で焼いた料理で、ご飯をがっつりと食べたい時に最適なグルメです。

バラ焼き大衆食堂 司は、テント張りの屋根が特徴的な庶民的な雰囲気のお店で、地元の人の憩いの場ともなっています。

地元の人も愛するバラ焼きを昔ながらののんびりとした雰囲気の中で味わうのは最高ですよ!


【正式名称】バラ焼き大衆食堂 司
【住所】青森県十和田市稲生町15-41
【アクセス】向山駅より車で24分
【公式サイト】https://tukasatowada.wixsite.com

第7位 PEPE KITCHENのハンバーガー/青森県

この投稿をInstagramで見る

erika.kudoさん(@erika.petit.lumiere)がシェアした投稿

PEPE KITCHENとは青森県弘前市に位置しているアメリカンダイナー。

ハンバーガーやサンドイッチが提供されているPEPE KITCHENでは、青森の特産品であるリンゴを使用したカントリーアップルバーガーをいただくことができます。

一見相性の悪そうな組み合わせですが、ジューシーな牛肉のパテとりんごの甘酸っぱさがうまく組み合わさり、爽やかなハンバーガーとなっています。


【正式名称】PEPE KITCHEN
【住所】青森県弘前市稲田2-1-1
【アクセス】東北道大鰐弘前ICより14分
【公式サイト】なし

第6位 盛岡じゃじゃ麺/岩手県

この投稿をInstagramで見る

natsumiさん(@natsumi__723__)がシェアした投稿

盛岡じゃじゃ麺とは、白龍の高階さんが考案したといわれている盛岡の名物料理。

肉みそがたっぷりとかかったうどんに、ショウガや酢、野菜などをトッピングした料理で、夏でもさっぱりといただくことができます。

じゃじゃ麺屋 香醤では、肉みそに20種類以上の材料を混ぜ込んでおり、ここでしか楽しめない深みのある味わいが人気を集めています。

また、ここのじゃじゃ麺はニンニクが控えめなので、昼間でも安心して食べることができます。


【正式名称】じゃじゃ麺屋 香醤
【住所】岩手県盛岡市大通2-4-18
【アクセス】東北道盛岡ICより14分
【公式サイト】http://konamu.com/

第5位 ずんだシェイク/宮城県

この投稿をInstagramで見る

Marioさん(@mario_y324)がシェアした投稿

一時メディアで話題になったずんだシェイクの人気はいまだに衰えません!

ずんだシェイクとは、ずんだ豆をそのままシェイクにした大胆なドリンクで、豆の味をしっかりと感じることができます。

そして、ヘルシーであることからも女性から大人気となっています。

ずんだシェイクの人気店、ずんだ茶寮は仙台市内に多数店舗を構えており、仙台空港内にも展開しています。

帰宅前の最後の東北グルメとして空港で楽しむもいいでしょう。


【正式名称】ずんだ茶寮
【住所】宮城県名取市下増田字南原 仙台空港2F
【アクセス】仙台空港内
【公式サイト】http://zundasaryo.com/

第4位 冷しラーメン/山形県・福島県

この投稿をInstagramで見る

もりころさん(@morikoro177)がシェアした投稿

冷しラーメンとは、山形県、福島県などで食べられている郷土料理の1つです。

少し衝撃かもしれませんが、その名の通り麺もスープも冷たいのが特徴で、時にはスープの上に氷が浮いていることもあります。

そんな冷やしラーメンは、山形市本町にあるラーメン店、栄屋本店の店主が、客の冷たいラーメンが食べたいというリクエストに応えるために開発したのが始まりとされています。

鰹節・昆布・牛などの出汁がしっかりときいたスープはまろやかであり、さっぱりといただくことができます。


【正式名称】栄屋本店
【住所】山形県山形市本町2-3-21
【アクセス】山形道山形蔵王ICより12分
【公式サイト】http://www.sakaeya-honten.com/

第3位 稲庭うどん/秋田県

この投稿をInstagramで見る

ほねつきかるべさん(@honetsukikarube)がシェアした投稿

全国的にも人気を集めている稲庭うどん。

コシのある稲庭うどんはシンプルに食べてもおいしいですし、こった料理に使用してもそのおいしさが際立ちます。

寛文五年堂 秋田店は地元の人も通う名店で、伝統的な手綯いで作られた本格的な稲庭うどんをいただくことができます。

“冷たい生麺と冷たい乾麺の味比べ”はここの定番メニューであり、のど越しの違いを楽しむことができます。

また、巨大な海老天がトッピングされた海老天カレーうどんも男性から大人気となっています。


【正式名称】寛文五年堂 秋田店
【住所】秋田県秋田市中通1-4-3 エリアなかいち1階
【アクセス】秋田道秋田中央ICより12分
【公式サイト】http://www.kanbun5.jp/

第2位 わんこそば/岩手県

この投稿をInstagramで見る

nijiiroさん(@nijiiro_777)がシェアした投稿

岩手県といえば、盛岡市の伝統食であるわんこそば。

宴会で大勢の客をもてなすために考えられたとされるわんこそばは人気のグルメであり、多くの挑戦者があらわれています。

わんこそばの名店としてよく名が挙がるのが、1907年創業の東家本店。

ここでは、盛りそばからそば会席まで、多彩な形式でそばを提供しています。

わんこそばで100杯を超えると店舗オリジナルの「わんこそば証明手形」がもらえるので、ぜひ挑戦してみましょう。


【正式名称】東家本店
【住所】岩手県盛岡市中ノ橋通1-8-3
【アクセス】東北道盛岡ICより20分
【公式サイト】https://wankosoba.jp/

第1位 牛タン/宮城県

この投稿をInstagramで見る

0425gmdaさん(@gtpj514aw8787)がシェアした投稿

宮城県に行った際には牛タンは欠かせません。

仙台には牛タンの名店が多くありますが、その中でも元祖店といえば味太助。

味太助では、牛タンのスライスから塩振りまですべて職人が手作業で行っており、絶妙な焼き加減の上品な牛タンをいただくことができます。

丁寧に調理された牛タンはとてもジューシーで、思わずご飯が進んでしまいます。


【正式名称】味太助
【住所】宮城県仙台市青葉区一番町4-4-13
【アクセス】東北道仙台宮城ICより10分
【公式サイト】https://www.aji-tasuke.co.jp/

東北グルメを満喫しよう!

東北には、女性にも男性にも好まれるグルメが多くあります。

ぜひ東北に行った際には今回紹介してグルメを試して、2倍3倍と東北の魅力を満喫しましょう!

東北に訪れてみませんか?

日本海の打ち寄せる波や奇岩を見ることができるルートが大人気の五能線。そこをリゾート列車、リゾートしらかみが走ります!途中でご当地グルメや温泉に入ったり、観光したりすることができます!今回はリゾートしらかみの沿線の見どころをご紹介します!

【仙台・七夕まつり】満喫するためのスポットを徹底紹介!【案内所情報も】

七夕といえば7月7日を思い浮かべますが、東北三大祭りのひとつ「仙台七夕まつり」は毎年8月に開催されます。商店街のアーケードに飾り付けられた笹飾りは華やかで艶やか♪そんな仙台七夕まつりを満喫できるよう、おすすめのスポットをご紹介しましょう。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Vista
ベルリン在住のフリーランスライター。アメリカ留学とシンガポール在住経験もあり。 趣味は海外旅行で現在訪れた国は25か国以上🌍50を目標に常に次の旅行中を模索中!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo