徳島出身の米津玄師さんの聖地!紅白で登場した大塚国際美術館の魅力 | Stayway Media

徳島出身の米津玄師さんの聖地!紅白で登場した大塚国際美術館の魅力

Hiroko

トラベルライター

徳島 美術館
Photo by 663highland

NHK紅白歌合戦で、シンガー・ソングライターである米津玄師さんが生中継の舞台として選んだのが徳島鳴門市にある「大塚国際美術館」です。米津さんは徳島県出身で、初めて生の歌声を披露した場所とあって現在は多くのファンの中で聖地と呼ばれるようになりました。

今回のことで一躍有名となった大塚国際美術館。紅白で使われたこと以外にも数々の歴史と魅力があります。そんな美術館の魅力を紹介していきます。

大塚国際美術館ってどんなとこ?

徳島 美術館
Photo by 663highland

徳島県鳴門市にある大塚国際美術館。西洋名画の中でも高価な色と言われているラピスラズリーブルーを使用したロゴマークがシンボルです。

鳴門市の名物渦潮が見れる鳴門公園の敷地内にあり、徳島の玄関口ともいえる大鳴門橋渡ってすぐのところにあります。


<基本情報>
【住所】徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
【電話番号】088-687-3737
【営業時間】9:30~17:00
【定休日】月曜日
【入場料】一般3,240円・大学生2,160円・高校生以下540円
公式サイトはこちら

一握りの砂から始まった美術館

徳島 美術館
Photo by 663highland

大塚国際美術館は世界でも有名な陶板美術館として知られています。そもそもの始まりは、ポカリスエットでも有名な大塚グループの社員の方が、鳴門海峡の砂でタイルを作れないか?と考えたことでした。

当初はその白砂でタイルを作り、建築資材として売ることで徳島の発展を計画していたものの、オイルショックにより計画が中断。

そこで、建築資材として売れなくなったタイルに絵をかいてみるのはどうだろう?と考えだされたのが、今の大塚国際美術館で展示されている陶板絵画のスタートです。

国際的なピカソやミロなどを含む有名な絵画を陶磁器に原寸大に複製するという技術は、日本はもちろん世界でも例をみない作品。それらを展示するために建設されたのが大塚国際美術館です。

米津玄師さんが使用したシスティーナ礼拝堂天井画

徳島 大塚国際美術館
Photo by 663highland

NHK紅白歌合戦で米津玄師さんが使用したシスティーナ礼拝堂を再現した天井は、地下3階から2階フロア。ルネッサンス期の音楽が厳かに流れる中自由に観覧することができます。

バチカン市国にあるシスティーナ礼拝堂を減衰代で再現したホールで、鑑賞以外にもイベントホールとして使われることも。

本物を撮影したものを特殊技術によって陶板に転写しており、レプリカとはいえ、システィーナ礼拝堂そのものを感じることが可能です。

全5階建ての建物内には名画がもりだくさん

徳島 美術館
Photo by 663highland

メインとなるシスティーナ礼拝堂以外にも、館内には有名な絵画の陶板が数多く展示されています。

アレクサンダーモザイクや、真珠の耳飾りの少女、モタ・リザや最後の晩餐など、本来であれば一度にみることが不可能な名画が鑑賞できます。

博物館は地上2階から地下3階まであり、地下部分は森の中という不思議な構造です。

ユニークな3つの展示方法

徳島 美術館
出典元:楽天トラベル

大塚国際美術館には1,000点以上にも及ぶ名画の数々が展示されています。その3つを環境展示・系統展示・テーマ展示の3つの展示方法に分けているのも特徴です。

1つ目は古代遺跡や教会などの壁画を空間そのままに再現した環境展示。ダイナミックな立体展示が魅力です。

2つ目は西洋美術史の変遷がわかる系統展示です。古代から現代にいたるまでの西洋美術の歴史を、美術史的に順を追って展示。古代・中世・ルネッサンス・バロック・近代・現代と時代にそって展示しています。

3つ目は表現方法の違いを実感できるテーマ展示。食卓の風景・家族・生と死・空間表現など、時代が変わっても変ることのない題材を、その時代の画家がどう表現したか。その違いを並べることで、その時代にあった表現方法を感じとることができます。

ガイドさんと一緒にしっかり楽しむのもおすすめ

徳島 美術館
Photo by 663highland

大塚国際美術館はその建物のほとんどが地下にあるため、外観以上に広い施設です。作品は約4㎞にも渡って展示されているため、来館する際は歩きやすい靴がおすすめ。

館内には順路図がありますが、大塚国際美術館ではボランディアガイドによる定時ガイドが開催されています。

時間やテーマによって1時間コースと2時間コースの2種類があり、絵画の説明を受けながら展示を見て回れます。

開催日時は公式サイトで確認できますが、毎日9:40~13:30ごろまで30分か1時間おきのペースで開催されているため、ぜひその時間に合わせて訪れてみましょう。

美術館ウェディングも可能

結婚
Photo by 写真AC

大塚国際美術館では鳴門パークヒルズとのコラボレーションにより、教会式をあげることもできます。

イタリア・パドヴァにある礼拝堂を再現した空間での結婚式はまるで海外挙式をあげている気分に。

ハンドベルやフラワーシャワーも可能で、披露宴は鳴門パークヒルズレストランで行うことができます。

前撮りなども行えるため、美術館ウェディングが気になる人は鳴門パークヒルズ内のホテルリッジで予約や資料請求が行えます。


<基本情報>
【ホテル名】鳴門パークヒルズ ホテルリッジ
【住所】徳島県鳴門市瀬戸町大島田中山1-1
【電話番号】088-68—1212
公式サイトはこちら

徳島で世界の絵画に出会おう

高知 美術館
Photo by 写真AC

米津玄師さんのおかげもあり、今やファンの聖地ともなった大塚国際美術館。聖地として訪れる以外にも、優れた魅力のたくさんあるスポットでもあります。

関西方面からのアクセスも良好で、四国といっても日帰りで行きやすい場所にあるのもポイント。世界中の名画を一度に楽しめる唯一の陶板名画美術館へ足を運んでみませんか?

この夏は徳島へ!

鳴門海峡大橋で有名な徳島県。徳島県は新鮮な海の幸と、温和な気候の山の幸を活かしたご当地グルメがもりだくさんです。今回はそんな徳島のおすすめグルメをランキング形式でご紹介。ベスト15から順番に見ていきましょう!
徳島県というと「阿波踊り」を一番に思い出す方が多いのでは?阿波踊りはもちろんですが、徳島には自然に恵まれた美しい観光地が数多く存在します。ちょっと変わった名前の地名もあったりしますよ。今回は徳島のおすすめ観光スポットをご紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Hiroko
愛媛県在住。その土地の美味しいもの探しを目的とした旅行が好きです。有名なものからB級グルメ・知る人ぞ知る隠れグルメまで、様々な土地の美味しい物に出会える旅がしたいです。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo