徳島のおすすめ観光地20選!大人気しろくまポポロにウミガメも♡ | Stayway Media

徳島のおすすめ観光地20選!大人気しろくまポポロにウミガメも♡

Stayway 編集部

トラベルクリエイター

徳島 アイキャッチ

徳島県というと「阿波踊り」や「渦潮」を一番に思い出す方が多いのでは?

阿波踊りはもちろんですが、徳島には自然に恵まれた美しい観光地が数多く存在します。

「鳴門海峡」など誰しもが知っている場所から、「祖谷渓」や「大歩危・小歩危」の自然溢れる観光地が有名です。

また「徳島ラーメン」や「すだち」をはじめとする徳島のグルメも食べ逃しできません!

徳島の観光エリアは、

  • 徳島東部エリア(鳴門市・徳島市・阿波市)
  • 徳島西部エリア(三好市・美馬市)
  • 徳島南部エリア(阿南市・美波町・海陽町)

の3つに分けることができます。

今回は徳島のおすすめ観光スポットをご紹介します。

第20位 ビッグひな祭り (東部エリア)

ビッグひな祭りは、昭和63年の春に始まりました。

家庭で飾られなくなった雛人形を全国から集め、供養し、展示しています。場内には、約8mの高さを誇る「百段のひな壇」や、約3万体の雛人形が展示されています。

人形文化交流館は、家庭で飾らなくなった雛人形の引き取りも行っています。引き取りの日時は指定されていますが、宅急便での受付もしていますので、引き取りを希望の方は利用してみてはいかかでしょうか?

家庭で飾られることがなかった雛人形が、第二の活躍の場として展示されますよ🎵

第19位 住吉神社 (東部エリア)

境内は遊具が設置されているので、子連れの家族にもおすすめです。

毎週木曜日の朝9時から青空市が開催されているようなので、時間の都合が合う方は参加してみると良いかもしれません。

第18位 ドイツ村公園 (東部エリア)

ドイツ村公園は、第一次世界対戦で捕虜となったドイツ人兵士を収容していた跡地の公園です。

日本の歴史公園100選にも選ばれているのと、収容中にベートーヴェンの第九が演奏され、日本で初演の場所としても有名。

「ドイツ館」、「ばんどうの鐘」、「メガネ橋」や「ドイツ橋」などの施設や広場を見ることができます。

第17位 薬王寺 (南部エリア)

厄除けのお寺として全国的に有名な薬王寺。年間100万以上もの参拝者が訪れます。

厄坂と呼ばれる石段には、1円玉が転がっているところ目にすると思います。

薬王寺の境内には「女厄坂」「男厄坂」「男女還暦厄坂」の3つの坂があります。一段ずつ1円玉を置きながら登ることで、厄を落とすことができると言われているのです。

お賽銭ですので一円玉でなくても大丈夫です!

いくつかの厄除けスポットがありますので、厄年の方はぜひ訪れたいお寺ですね!

精進料理や写経を体験することもできますよ🎵

第16位 アオアヲナルトリゾート (東部エリア)

瀬戸内海公園内にあるリゾートホテルです。

ファミリーやカップルでの宿泊にオススメの、海が見えるホテルで、美味しい地元の料理を楽しむことができます。

徳島で人気の、「大塚国際美術館」や「鳴門の渦潮」などの観光スポットがアクセスの便利な所に位置しています。

大鳴門橋を一望でき、オーシャンビューの客室が大部分を占めていることも人気の理由の1つです。お部屋のテラス、温泉からも鳴門海峡を眺めることができ、優雅なホテルの滞在になることが間違いなし!

ホテル内で藍染文化を体験できる「阿波の國」や、地元の食材をふんだんに使った料理を楽しめるレストランがあります。徳島の観光スポットを周ったあとでも、ホテル内で楽しむことができます。

第15位 徳島市のすだち (東部エリア)

全国のすだちのシェアの、ほぼ100%を誇る徳島。

徳島ラーメンが有名で、すだちがトッピングであるほど、徳島のグルメにはすだちが必須となっています。

徳島の新グルメでは、「CLUB30」というカレー専門店でも、すだちが付いています。気になる方はぜひ試してみてください。

お肉や魚料理などで、薬味がわりに使われるすだちですが、徳島ではいろんなお店ですだちが提供されます!

「すだち酒」という甘いはちみつと清酒をプラスしたリキュールも販売されているので、お酒好きの方におすすめです。

第14位 デ・レイケ公園  (西部エリア)

「デ・レイケ」とは明治時代に活躍した治水技術者の名前です。

「デ・レイケ」公園には、オランダの象徴である風車が建てられおり、1万5千本ものチューリップと合わせてオランダの風景を感じることができます。

チューリップの見頃は、例年ですと4月頃ですが、風車のイルミーネションはクリスマスの時期に行われています。

第13位 徳島城跡 (東部エリア)

徳島城は、日本100名城、日本の歴史公園100選に選ばれています。

現在は石垣が残っているのみですが、掘や庭園がとても綺麗です。徳島城博物館では、イベントの行なっていますので要チェックです。

徳島城跡がある「徳島中央公園」には、桜の木もありますので、花見スポットとしても親しまれています。

かつては天守閣や御殿があり、大規模なお城の1つだった名残を感じることができますよ🎵

第12位 大浜海岸 (南部エリア)

第17位で紹介した薬王寺から車で5分ほどでたどり着きます。

「大浜海岸」はウミガメの産卵地として知られているのに加えて、日本の渚100選に選ばれています。

海岸近くの「うみがめ博物館カレッタ」を見学してみるとウミガメの生態についても知ることができますよ。

毎年5月の中旬〜8月の中旬にかけて、アカウミガメが産卵のために海岸に訪れます。運がよければウミガメの産卵シーンをみることができるかもしれませんね。

第11位 阿南の土柱 (南部エリア)

「阿南の土柱」は、かつて吉野川の川底だった部分が地形変動で露出し、風雨にさらされたことで形成されました。

段丘礫層と呼ばれる地形で、世界的にみても珍しく、アメリカのグランドキャニオンを含めて3ヶ所でしか見ることができません。

遊歩道もしっかりと整備されているので、自然豊かな道を散歩も楽しむことができますよ。

第10位・とくしま動物園 (東部エリア)


Photo by KishujiRapid
四国で最大級の動物園で、大家族のレッサーパンダやしろくまのポロロの愛らしい様子が人気を呼んでいます。

遊園地も併設しているので一日楽しめますよ!

・施設情報

【住所】徳島県徳島市渋野町入道22番地の1
【電話】088-636-3215
【営業】午前9時30分から午後4時30分(入園は午後4時まで)毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日が休園日)年末年始 12月29日から31日・1月1日
【交通】詳細はこちら
【駐車場】普通車310円
【料金】大人 510円(中学生以下は無料)

第9位・うだつの町並み(西部エリア)

かつて交通の要所であり、吉野川沿いなので舟運に便利だったスポットです。

城下町・藍の集散地としても発展しました。

瓦葺きで漆喰塗りの「うだつ」が多く見られる町並みで、10月には「うだつ祭り」が開催されます。

・基本情報

【住所】徳島県美馬市脇町南町
【電話】美馬市役所0883-52-1212(代表)
【交通】脇町インターチェンジから約10分。詳細はこちら
【駐車場】道の駅藍ランドうだつにあり

第8位・鳴門市ドイツ館 (東部エリア)


Photo by 663highland
第一次世界大戦時、鳴門市にドイツ人捕虜が収容されていました。

所長の寛容な人柄で捕虜ながら人権が尊重され、彼らは音楽活動に励み日本初「第九」を演奏したのがこの地。

施設ではドイツ兵と地域の人たちとの交流の様子を展示しています。

・施設情報

【住所】徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2
【電話】088-689-0099
【営業】9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:第4月曜日(祝日の場合はその翌日)年末12月28日~12月31日
【交通】高松自動車道「板野」IC より10 分・板野IC にて下車のち県道12 号を鳴門方面へ。
【駐車場】無料・「道の駅第九の里」の駐車場あるいは第二駐車場を利用
【料金】大人400円 小中学生100円

第7位・徳島ラーメン (東部エリア)


Photo by Sharon Hahn Darlin
徳島のソウルフードに実はラーメンがあります。

スープは3種類あり、豚骨スープ、豚骨しょうゆ味のスープなどバラエティに富み、豚バラ肉をチャーシューの代わりに使うところが多いようです。

・基本情報

徳島中華そば(Uma-e.net徳島公式HP)

第6位・眉山 (東部エリア)


徳島市のシンボルであり、眉のような形をしていることからこう呼びます。

山頂部分は公園になっており、ロープウェイで6分、あっという間に到着しますよ。

・基本情報

【住所】徳島県徳島市
【電話】徳島市観光協会088-652-8777
【交通】徳島駅から徒歩10分 ロープウェイとパークウェイあり。
【駐車場】無料・山頂駐車場
【料金】ロープウェイ料金:大人片道610円(往復1020円)小学生片道300円(往復510円)

第5位・蒲生田岬 (南部エリア)


Photo by住友快左衛門
四国最東端の岬で、灯台からの眺めは素晴らしく、晴れている日には遠く和歌山まで見ることができます。

北寄りの砂浜はアカウミガメの産卵地でもあります。

・基本情報

【住所】徳島県阿南市椿町蒲生田1
【電話】阿南市商工観光労政課0884-22-3290
【交通】JR牟岐線「阿南駅」下車→車で70分
【駐車場】あり

第4位・大歩危・小歩危  (西部エリア)


Photo by京浜にけ
「おおぼけ・こぼけ」と読むこちらのスポット。

なんと2億年の時を重ね、吉野川の激流で作り出された渓谷です。

命名の由来には諸説ありますが、「大股で歩くと危険だから大歩危」「小股でも危険だから小歩危」との説があるようです。

・基本情報

【住所】徳島県三好市山城町重実~上名
【電話】三好市観光案内所 0120-404-344
【交通】・お車の場合:井川池田IC→国道32号(高知方面)→(全行程:車で約35分)
・電車の場合:JR大歩危駅下車→徒歩30分~1時間または車で5~20分
【駐車場】なし

第3位・大塚国際美術館 (東部エリア)

photo bygtknj
古代の壁画から現代絵画まで…1000点超の世界の名画を特殊技術を使用し、原寸大の陶板で再現しています。

その完成度の高さは圧巻!まるで本物の絵画を見ているかのよう。

モネ「大睡蓮」ゴッホ「ひまわり」は必見です。

・施設情報

【住所】徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65−1
【営業】9:30~17:00(月曜休館)
【交通】詳細はこちら
【駐車場】無料
【料金】一般 3,240円 大学生 2,160円 小中高生 540円

第2位・鳴門海峡 (東部エリア)


Photo by nimame
兵庫県と徳島県を結ぶ海峡で、景色のよさから「日本百景」にも選ばれています。

「うずしお」でおなじみのスポットですが、遊覧船で楽しむこともできますよ!

・基本情報

【住所】徳島県鳴門市
【電話】鳴門観光汽船 088-687-0101
【営業】うずしお観潮船運航時刻はこちら
【交通】鳴門駅から車で15分(観潮船乗船場)
【駐車場】無料 詳細はこちら
【料金】    わんだーなると 大人1,800円 こども(小学生)900円 アクアエディ 大人2,400円 こども(小学生)1,200円

第1位・祖谷渓 (西部エリア)


Photo by京浜にけ
V字に深く切り込んだ渓谷で、壮観な景色が拝めます。

琵琶の滝・かずら橋など絶景スポットが多数あり、写真を何枚も撮りたくなること間違いなしです。

・基本情報

【住所】徳島県三好市池田町松尾~三好市西祖谷山村
【電話】三好市観光案内所    0120-404-344 三好市観光課 0883-72-7620
【交通】・お車の場合:井川池田IC→国道32号線(高知方面)→県道32号線→(全行程:車で約50分)
・電車の場合:JR阿波池田駅より四国交通バス(かずら橋行き)→風呂ノ谷バス停下車すぐ
【駐車場】なし

徳島県の美しい自然を堪能しませんか?

吉野川沿いに景勝地の多い徳島県。ぜひゆっくりと時間を取って歩いてみませんか?美術館で本物真っ青の名画を見るのも楽しいでしょうし、遊覧船でうずしお見物もいい思い出になりそうです。都会にはない景観を存分に堪能してくださいね。

徳島の民泊に泊まってみませんか? icon-caret-down

鳴門のうずしおや大歩危・小歩危など美しい自然も魅力の徳島県。阿波踊りは日本三大盆踊りとして知られ、およそ400年の歴史を持つ古い舞踊でもあります。観光スポットや海の幸はもちろん、最近話題の徳島ラーメンを堪能するの最適な民泊を厳選してご紹介!

staywayについて

Staywayは世界最大級の民泊・バケーション施設の検索比較サイトです。世界中の民泊サイト・ホテルサイトを比較し、最安値の物件を探す事が可能です。宿泊施設を最安値で検索しませんか?

logo