【東京】浜離宮庭園について都民がアクセス・料金・魅力を徹底解説!【初めての方必見】 | Stayway Media

【東京】浜離宮庭園について都民がアクセス・料金・魅力を徹底解説!【初めての方必見】

Risa

トラベルライター

浜離宮 富士見山Photo by Risa

都心の中に突如現れる広大な庭園、浜離宮庭園。

築地や汐留からアクセスができるので、日本人観光客のみならず外国人観光客からも大人気!

そんな浜離宮庭園の基本情報から、見どころまでたっぷりご紹介します♪

1. 浜離宮庭園ってどんなところ?

浜離宮 松Photo by Risa

浜離宮庭園は潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園で、将軍徳川家の元別邸。

明治時代になって皇室の管理となり、その後東京都の所有となった由緒正しい庭園なんですよ!

都心にありながら緑豊かな自然に触れられるので、国内外の観光客や地元の方でいつも賑わっています。


【正式名称】浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)
【住所】〒104-0046 東京都中央区浜離宮庭園1-1
【アクセス】大江戸線 汐留駅駅より徒歩10分、築地市場駅より徒歩15分
【営業時間】9:00~17:00(入園は午後4時30分まで)
【電話番号】03-3541-0200
【公式サイト】https://www.tokyo-park.or.jp

【スポット評価】気になる浜離宮庭園の評価は…?

点数理由
友達と4広い庭園なのでわいわいとピクニックに最適!
恋人と4.5四季折々の花をゆっくりと楽しめます。
家族で4歴史好きから花好きまで幅広く楽しめます。
小さな子と5広い庭園なので、子供が走り回れる場所も多く1日中過ごせます。
ひとり旅3一人でも楽しめるグループが多いので誰かと一緒に行きたくなるかも。
出張で3駅から少し歩くので、出張時には不向きかも。

2. 浜離宮庭園への最寄り駅・アクセスは?

浜離宮入り口Photo by Risa

東京都中央区にある浜離宮庭園へのアクセスは、都営大江戸線が便利です。

最寄り駅は汐留駅ですが、同じ都営大江戸線の築地市場駅やJR新橋駅からも徒歩で向かうことが可能です。

電車

下車駅時間
大江戸線 汐留駅10分
大江戸線 築地市場駅15分
JR 新橋駅15分

3.浜離宮庭園の料金は?

浜離宮庭園 チケットPhoto by Risa

浜離宮庭園への入場は個人の場合と20名以上の団体の場合で料金が異なります。

小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料となるので、家族連れには最適ですね!

入場料金

個人団体(20名以上)
大人(高校生以上) 300円 240円
65歳以上 150円 120円

小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料です。

4. 歴史探検や花畑も!浜離宮庭園の見どころ

江戸時代からの歴史を感じる!

浜離宮 300年の松Photo by Risa

浜離宮庭園では江戸時代からの歴史を感じることのできる場所が多く残っています。

まずはこの「三百年の松」。

六代目将軍の徳川家宣が浜離宮庭園を大改修し、今の姿に作った時に記念に植えられた松です。

太い幹と左右に広がった枝が堂々としています。

浜離宮 汐入の池Photo by Risa

また、浜離宮にある「潮入りの池」は東京湾からの海水を引き入れた都内で唯一の池。

潮入りの池にかかるジグザグとした「お伝い橋」は大変美しく、海水の池であることを忘れてしまうほど!

浜離宮庭園の中でも有数の写真スポットです♪

四季折々の草花に囲まれてみる!

浜離宮 花畑 春Photo by Risa

浜離宮庭園では、四季折々の草花が楽しめる「お花畑」を目当てに来る人も多いです。

春は約100本以上の八重桜をバックに菜の花を鑑賞できます。

桜の花と菜の花を一緒に鑑賞しながらのお花見なんて贅沢ですね!

浜離宮 花畑 夏Photo by Risa

夏にはキバナコスモスが咲き誇り、オレンジ一色になります。

秋にはピンク色のコスモスと、季節ごとにそれぞれ違った色を楽しめますよ♪

5. 美しい茶屋で小休憩!浜離宮庭園のスイーツ

浜離宮庭園 中島の御茶屋Photo by Risa

「潮入の池」に浮かぶ中島には「中島の御茶屋」と呼ばれる抹茶と茶菓子をいただけるお茶屋さんがあるんです。

靴を脱いで上がる茶屋の畳は海外の観光客から人気を集めるスポットです!

浜離宮庭園 中島の御茶屋 抹茶Photo by Risa

潮入りの池と向かいの庭園を眺めながらの抹茶は格別!

お饅頭と抹茶のセットは510円、練り切りと抹茶のセットは720円でいただけます。

【正式名称】中島の御茶屋
【住所】東京都中央区浜離宮庭園1-1 浜離宮庭園内
【アクセス】浜離宮庭園大手門入口より徒歩10分
【営業時間】9:00~16:30
【電話番号】03-3541-0200

6.【浜離宮庭園のお役立ち情報】混雑を避けられる時間帯

浜離宮 潮入りの池からの眺めPhoto by Risa

国内外問わず観光客から人気の浜離宮庭園。

せっかく来たのに、人が多くてゆっくりできなかった!なんてことも。

特に春のお花見の時期や、秋の紅葉の時期は混雑することが多いです。

混雑する時期は朝の早めの時間か、お昼過ぎから閉園時間までを狙っていきましょう!

7. 夏のイベント、浜離宮大江戸文化芸術祭!

浜離宮大江戸文化芸術祭Photo by Risa

浜離宮庭園では8月に「浜離宮大江戸文化芸術祭2019」が開催されます。

開催期間中は武道や芸道、和楽や落語、江戸の遊びなどの多彩なコンテンツが散りばめられ、日本文化をより身近に感じることができます♪

夜はDJと和太鼓演奏が融合した浴衣フェスがあり、昼間とは違った雰囲気で浜離宮を楽しむことができます。

期間中は浴衣で来場すると入場料が無料になるので、ぜひ浴衣で足を運んでみてくださいね。

【イベント期間】8月23日(金)~8月25日(日)
【公式サイト】https://hamarikyu-event2019.jp/

8. 浜離宮庭園のお役立ち情報Q&A

Q1. 訪れる際、特におすすめの季節はいつですか?

A. 春は桜と菜の花を一緒に見ることができ、お花見もできるのでおすすめです!

Q2. 浜離宮全体を見下ろせる場所を教えてください。

A. 富士見山は小高い丘になっているので、浜離宮の全景を見ることができます。

Q3
明後日、彼女と浜離宮恩賜公園にデートに行く予定なのですが、同公園内の歩道って舗装されていますか?
彼女はデートにピンヒールをよく履いてくるのですが、例えば明治神宮の様にずっと砂利道とかでピンヒールだと歩きにくかったりしますか?

A. 舗装されている部分もあるのですべてが砂利道ではありませんが、浜離宮は広いのでピンヒールは少しキツイかもしれません。

9. 浜離宮庭園周辺の観光スポット

築地市場

築地市場Photo by Risa

築地市場は場内市場は豊洲に移転しましたが、場外市場は築地にそのまま残っています。

お寿司や海鮮丼はもちろん、卵焼きやおむすびといった食べ歩きにもピッタリなお店が立ち並んでいますので、浜離宮庭園の散策前の腹ごしらえとしてもぴったりです!

お昼ごろには混雑するので、午前中に行くのがおすすめ。

【住所】〒104-0045 東京都中央区築地5丁目2−1
【浜離宮庭園からのアクセス】徒歩15分
【電話番号】03-3542-1111
【公式サイト】http://www.tsukiji.or.jp/

浅草

浅草Photo by Risa

江戸の下町の風情を残す浅草。

実は浜離宮庭園から水上バスでアクセスすることができるんです!

浜離宮庭園から浅草までは1時間ほどの船旅。

本数は30~40分に1本ほどと少ないですが、海風を体に受けながらの移動は電車やバスでは体験できないですよ♪

水上バス料金

大人(12歳以上) 800円
小人(6歳〜12歳未満) 400円

幼児(1歳~6歳未満)は、大人1人につき、1名が無料。2人目からは小人料金。

【住所】〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目3−1
【浜離宮庭園からのアクセス】水上バスで1時間
【電話番号】03-3842-0181
【水上バスの公式サイト】http://www.suijobus.co.jp/

都心で和を感じよう!

いかがでしたか?

浜離宮庭園は季節ごとに違った魅力を感じることのできる、歴史ある庭園です。

歴史ある浜離宮庭園にぜひ足を運んでみてくださいね♪

新たな名所、豊洲市場の楽しみ方を解説!

楽しみ方いろいろ、魅力盛りだくさんな豊洲市場を全解説!築地から場所を移し、新しく生まれ変わった豊洲市場、海鮮グルメや見学ギャラリーや観光など、豊洲市場ならではの楽しみ方が広がり、魅力もたくさんあります。

東京のおすすめ観光スポット、全てまとめました

観光スポットでいっぱいの首都・東京。 カップルでの旅行を考えている方、一人旅しに来る方、などなど、様々な旅スタイルの方がいることでしょう。 そこで、中でもこれは見ておくべき!というオススメの観光スポットを、旅スタイル別に計67ヶ所、ご紹介します!

【Staywayについて】

Staywayは、ホテルや旅館に加え、ゲストハウスや民泊・バケーションレンタルなど、様々な宿泊体験の選択肢を提供しています。

自分の好みに合った滞在先を選択することで、より充実した時間を過ごすことができます。

皆さんも、Staywayでご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を探してみませんか♪

Risa
都内で働く山口県出身のアラサー女子。週末や長期休暇を利用して月1で海外・国内旅行を楽しんでいます。これまで行った国は20ヶ国。 大学時代に韓国人の旦那さんと出会い、韓国への渡航数は数知れず。旅行先や帰省先の韓国の情報を発信していきたいです。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo