海だけじゃない!グアムのトレッキングを満喫できるスポット7選! | Stayway Media

海だけじゃない!グアムのトレッキングを満喫できるスポット7選!

Lea

トラベルクリエイター

グアム 山 トレッキング
photo by technicolours

日本から3時間半のフライトでぶらっと行けてしまうグアムいつも。

ビーチでのんびり、ショッピングに行くくらいしか楽しみがないという方も多いのではないでしょうか。

ビーチでのアクティビティのイメージが強いグアムですが、実はハイキングやトレッキングが初心者から上級者までレベルに合わせて楽しめます。

そこで今回は、一度もハイキングやトレッキングを経験したことのない初心者の方から、趣味でトレッキングを楽しんでいる方も満足できるグアムのハイキング、トレッキングなどの山のレジャーをご紹介します。

【グアムでトレッキングを楽しむためには】

グアム 山 アクティビティ

photo by yuki5287

まずハイキングは、ちょっと山道を軽く登るイメージですが、トレッキングは、本格的な山登りと考えて間違いではありません。

日本と違い、グアムは直射日光の照りつける常夏の島なので、必ず帽子を着用しましょう。

他にも、マリンスポーツやショッピングに行くようなノースリーブやスカート、短パン、ハイヒールなどでレジャーに参加することは非常に危険なので、しっかりとしたスニーカーを準備していきましょう。

ジャングルや草むらを歩くため、蚊に刺されたり、虫や草から肌を守る意味でも、長ズボンや薄手のパーカーで参加するのをおすすめします。

他にも軍手や水分補給のための水、汗を拭きとるためのフェイスタオル、虫よけスプレーは、購入する場所がありませんので、事前に準備して備えましょう。

ほとんどのトレッキングやハイキングは、ツアーの会社を通して、当日ガイドが同伴するものが多いので事前に必要な物を確認しておくと安心ですね。

それではおすすめのハイキング、トレッキングスポットを見ていきましょう。

第7位 Sella Bay Overlook(セラ湾展望台)

この投稿をInstagramで見る

Eriko SHIINA / 椎名絵里子さん(@eriko__ss_)がシェアした投稿

「セラ湾展望台」は、南西部に位置する有名な観光スポットとして知られています。

ラムラム山のちょうど中腹に位置し、車でルート2号を走っていくと見え、5~7台分の車を停められるスペースもあるので初心者にもおすすめのスポット。

セラ湾展望台からは、晴れていればココス島も見ることが出来る上、ホテルロードからは考えられないジャングルも一望できる素晴らしい環境になっています。

緑の生い茂るジャングルには野生のノブタや鹿などの姿も見られることも。

ちょうど展望台から下に続くセラ湾までは、初心者の方でも無理のない舗装された遊歩道が続いているので30分から40分ほどで海岸まで下れるようになっています。

そこまで急な坂などはありませんが、サンダルやハイヒールでは危険ですのでしっかりとしたスニーカーを履きましょう。


【正式名称】Sella Bay Overlook(セラ湾展望台)
【住所】Sella Bay, Umatac,Guam
【アクセス方法】タモンエリアから車で45分
【公式サイト】なし

第6位 Merizo(メリッソ村のヘブンリーヒル)

この投稿をInstagramで見る

👨🏻🧑🏻👦🏻 우리의 daily 🧡さん(@jje__)がシェアした投稿

あまりトレッキングはしないという初心者から中級者の方におすすめなのが「ヘブンリーヒル」です。

グアム島最南端にあるメリッソ村から出発し、途中プリースツプールという淡水のプールがある小高い草原になっている丘があります。

40分弱登っていくと、グアム島南部のエメラルドグリーンの美しいニミッツビーチが眼下に広がり、サンゴ礁に囲まれたココス島がほぼ真下に見える絶好のインスタ映えスポットに到着します。

早朝から昼ご飯を食べて解散になることがほとんどのこちらのコースは、南部のソレダット砦から景色を眺めながら登っていくと、岩肌がごつごつとしてはいるものの、ジャングルが生い茂るようなコースではないので比較的なだらかな場所をトレッキングすることができます。

ホテルロード近辺で過ごすことが多いと、あまり南部まで足を延ばすこともないのでグアム2回目くらいからはこちらのコースをガイド付きでゆったりと巡るのも楽しいでしょう。


【正式名称】Merizo Heavenliy Hill,Priest’s Pool

【住所】Merizo,Guam
【アクセス方法】タモンエリアから車で45分
【公式サイト】】なし

第5位 フムジョンマングロウ山

この投稿をInstagramで見る

🌈🗻ᴍᴏᴜɴᴛᴀɪɴ-ɴᴜᴛ🗻🌈さん(@snufkin16)がシェアした投稿

グアム島で2番目に高いとされている「フムジョンマングロウ山」は、割と整備された遊歩道を通るので、初心者から中級者でも問題なく参加できるコースとなっています。

小高い丘を抜けると、熱帯のジャングルが続き、万能薬とされる「ノニの木」やワイルドハイビスカスなども目にすることが出来るので、一度は足を運びたいエリア。

またジャングルの途中にある神々しい姿のマリア像のスポットなど目白押しです。

山頂に登ると目の前に広がるのは、澄み渡る空とコバルトブルーの海とのコントラストに映える大きな十字架は、キリストが処刑されたゴルゴダの丘をイメージし作られた神聖な場所とされています。

ぬかるみや滑りやすい道が多いので、ハイキングの後に処分しても良いようなスニーカーで参加することをおすすめします。


【正式名称】Mount Jumullong Manglo
【住所】Umatac,Guam
【アクセス方法】タモンエリアから車で40分
【公式サイト】なし

第4位 ラムラム山

この投稿をInstagramで見る

Island Journey Guamさん(@islandjourneyguam)がシェアした投稿

「ラムラム山」は、標高406mのグアム島一高い山とされています。

この山は、トレッキング初級者、中級者、上級者が満足できるようそれぞれコースごとに分けてあるので非常におすすめです。

タモン中心部から車で20分程進むと、ラムラム山の十字架の目印が見えてきます。

この近辺に車を駐車するスペースがあるので、初級者の方は10分程なだらかな丘を登ると絶景のポイントに到着することができます。

手すりなどもありますが、軍手やスニーカーを身に着けて登ることをおすすめします。

初心者コースとはいえ、少し登っただけなのにも関わらず、360度どこを見渡しても緑の広がる絶景が。

体力に自信のある方やトレッキング中級、上級者の方は、ラムラム山とフムジョンマングロウ山をセットで休憩を挟みながら6時間ほど掛けて登るという方も多く、ツアーガイドも同伴のコースもあります。

一度お試しあれ!

【正式名称】Mount Lam Lam
【住所】Agat,Guam
【アクセス方法】タモンエリアから車で40分
【公式サイト】なし

第3位 サンカルロス滝

この投稿をInstagramで見る

Connor Sheehanさん(@connorsheehan50)がシェアした投稿

「サンカルロス滝」は、グアム島西中央部に位置するアサン村にあり、タモン中心部から車でおよそ25分で行ける中級者向けのトレッキングスポットです。

グアム島でも珍しい紫蘭が咲き乱れるにニミッツ丘を歩いていくと、今までとはまるで違う熱帯雨林のジャングルが現れます。

ジャングルの中を進んでいくと、大木で自然が作り上げた大木の橋や湿地帯を進み、探検気分で高揚すること間違いなし。

日本では見ることのできないジャングルの植物や動物などが水辺でみることができます。

グアム島一と称される名滝サンカルロス滝は、高さ9m、幅7mと圧巻。朝早くから出発して7時間を要するツアーですが、一見の価値ありです。

湿地や川の中を歩いたりするので、汚れても大丈夫なスニーカーや服装での参加をおすすめします。


【正式名称】San Carlos Falls
【住所】4, Hagåtña, 96910 Guam
【アクセス方法】タモンエリアから車で15分、ハガニャショッピングセンター内
【公式サイト】なし

第2位 サンタローザ山

この投稿をInstagramで見る

guåhu si vince pu’ 🌿さん(@vince.pool)がシェアした投稿

グアム島北部に位置する「サンタローザ山」は、かつて活火山と言われた死火山です。

標高は、約250mでグアム北部のエリアでは一番高い山とされています。

頂上からの景色は素晴らしく、フィリピン海や太平洋まで一望でき、眼下にはアンダーセン空軍基地が広がります。

運が良ければ、軍用機が飛び立つ様子も見られるかも。

山頂にはレーダードームがあり、所有は米軍基地とされているためフェンス内への立ち入りは禁止されていますので注意が必要です。

ホテルロードから車でも20分程の北部エリアにあり、車で山頂まで上がることもできますが、それほど交配が急ではないので、敢えてゆったりとススキの生い茂る小高い丘を登り山頂からの風景を楽しむのもおすすめです。

様々な軍用機が飛んでいる様子を見ることができるので、飛行機好きにはたまらないスポットです。


【正式名称】Mount Santa Rosa
【住所】Yigo,Guam
【アクセス方法】タモンエリアから車で20分
【公式サイト】なし

第1位 パガットケーブ

この投稿をInstagramで見る

U.S. Explore & Study, Inc.さん(@uses_guam_trekking)がシェアした投稿

さてグアムでおすすめしたいトレッキングポイントは「パガットケーブ」です。

最近メディアやSNSでも話題になっているこちらの場所は、グアムでもパワースポットと言われ、多くのツアー客が訪れたい人気のスポット。

パガットケーブへ行くまで約1時間ほどかかりますが、途中でチャモロ人の村や熱帯雨林のジャングルを進み気分は、ジャングル探検。

日本では見ることのできないトロピカルフラワーや熱帯の野生フルーツなどをガイドさんが説明してくれるのでいつもの観光とは違ったグアムを知ることができます。

マングローブの緑の生い茂る森を抜けると、洞窟が。洞窟内は今までの蒸し暑さが嘘のようなひんやりとした空間が広がり、突然現れる大きな湖はこの世の物とは思えない神秘的な美しさ。

湖の中でゆっくりと遊泳もできるので、洋服の中に水着を着ていきましょう。

水中での写真撮影も出来るように、スマートフォン用の防水ケースを用意していくと便利ですよ。


【正式名称】Pagat Cave
【住所】Yigo,Guam
【アクセス方法】タモンエリアから車で20分、パガットケーブまではおよそ1時間弱
【公式サイト】なし

トレッキングが存分に楽しめるグアム

今回は、グアムで楽しめるハイキング、トレッキングなどのレジャースポットをランク別でご紹介しました。いかがでしたか?

マリンリゾートのイメージのグアムでは、まだまだ知られていない魅力的なスポットがたくさんありましたね。

海はもういいかなという方には、山でのレジャーを楽しんでみるのもおすすめです。

いつの時代も変化し続けるグアムは、色々なスポットで全く違う魅力で観光客を受け入れてくれます。

ぜひいつものグアム旅行にトレッキングを加えてアクティブに活動してみてはいかがでしょうか。

【グアム】フォトジェニックで美味しいパンケーキ&スイーツ12選♡

グアムは、フォトジェニックスポットとして最近話題になっています。グアムのフォトジェニックスポットは、観光スポット以外にも、見た目が話題のフォトジェニックスイーツやパンケーキなどの食べるのがもったいないほど可愛いスイーツが目白押し。インスタ映えするグアムのスイーツを一気にご紹介します!

南国ハワイとグアムはどう違う?9つの違いから徹底比較!

南国リゾートといえば、ハワイやグアムを思い浮かべる人が多いでしょう。「ハワイとグアムは一緒じゃない?」と思っている人も多いのですが、実はかなり違うのです。今回は、9つの違いからハワイとグアムの違いを徹底比較していきます。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんんもstaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Lea
日本とフィリピンのクオーターのフリーランスライター。アメリカ、カナダに留学経験、グアム、セブ島に在住経験もあり。趣味は国内外問わず旅行。海外渡航はイギリス、ドイツ、スペイン、台湾、韓国、ベトナム、タイ、インドネシア、マレーシア、シンガポール。東北の風光明媚なフォトジェニックスポット巡りも大好きです♪

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo