アメリカ観光に必須!ビザ・パスポート・ESTA(エスタ)の申請及び期間 | Stayway Media

アメリカ観光に必須!ビザ・パスポート・ESTA(エスタ)の申請及び期間

Stayway 編集部

トラベルライター

passport

アメリカは西海岸・東海岸と見どころ満載で、楽しいことばかりです。

しかし、実際に渡米するにあたり、ESTA(エスタ)の準備等も必要です。

今回の記事では、渡米前に準備しておきべき、ビザ・パスポート・ESTA(エスタ)について解説します。

1. ビザ

photo byAIR FORCE ONE
日以内の観光、商用が目的ならば基本的にビザはいりません

ただし、頻繁にアメリカに入出国を繰り返していたり、アメリカでの滞在が長い人は入国が拒否されることもあります。

ただし、ビザ免除者はESTAによる電子渡航認証の取得が義務付けられている(陸路入国を除く)ため、通常の観光であれば、ESTAの手続きは必ずしましょう!

2. パスポート


photo byKen Yamaguchi
アメリカだけに限りませんが、パスポートの残存有効期間は、入国日から90日以上あることが望ましいです。

3. アメリカへ渡航する際の注意

photo byRobert Couse-Baker

ESTA(エスタ)

ビザなしで渡米する場合、2009年より電子渡航認証システム(ESTA=エスタ)が導入され、事前に渡航認証を取得する必要があります。

申請は渡航の72時間前までに、ESTA専用のウェブサイト( https://esta.cbp.dhs.gov/ )から行います。

日本語の手続きの案内に従い、申請者情報、パスポート情報、渡航情報、米国滞在中の住所(滞在先のホテル)などの必要事項をローマ字で入力する。料金は有料で$14。アメリカン・エキスプレス、マスター、ビザなどのクレジットカードで決済します。

パスポート

ビザなしで渡米する場合、2016年4月1日より渡航者はEパスポート(IC旅券)の所持が必要となりました。

この規定は、すでに有効な電子渡航認証(ESTA)を取得している渡航者にも該当する。そのため、ビザ免除プログラムでの渡航者は、所持しているパスポートがEパスポート(IC旅券)であるか渡米前に確認すること。

・参考リンク icon-angle-double-down
http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-visawaiverinfo.asp

・IC旅券とは?

外務省HP: http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic_faq.html

ビザ免除プログラムの改定

2016年1月21日より「ビザ免除プログラムの改定及びテロリスト渡航防止法」が施行されました。これにより、下記に該当する渡航者はビザ免除プログラムを利用することができなくなりました。

・ビザ免除プログラム参加国の国籍で、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある(リビア、ソマリア、イエメンの3ヵ国は2016年2月18日より追加)。

・ビザ免除プログラム参加国の国籍と、イラン、イラク、スーダンまたはシリアのいずれかの国籍を有する二重国籍者
ただし、国際機関の公務遂行、ジャーナリストの報道目的渡航、合法的な商用渡航等、個々の審査により免除される場合もある。詳細は米国大使館・領事館に確認すること。

4. アメリカのおすすめ観光地トップ30:定番から穴場まで

おすすめをチェックしよう!  icon-angle-double-down

アメリカ合衆国は世界中から旅行客が訪れる人気の国です。迫力の大自然を有する国立公園や本場ならではのエンターテイメントが楽しめる場所など魅力あるスポットも多く、どこに行くか悩む方も多いのでは? 今回はそんなアメリカ合衆国のおすすめ観光スポットをランキング形式で紹介していきます。

Stayway について

世界各国の都市を網羅し、ホテルや民泊など宿泊形態を問わずに最安値が比較検索できるウェブサイトです。次の旅行先が決まった方もは、自分好みの宿泊場所を探して旅の拠点にしてみてはいかがでしょうか。

logo