牛窓の観光スポットBest11・日本のエーゲ海で外せないスポット! | Stayway Media - Part 2

牛窓の観光スポットBest11・日本のエーゲ海で外せないスポット!

Stayway 編集部

トラベルライター

第3位 前島

岡山 牛窓

Photo by Ivan Sanford

牛窓からフェリーで5分のところにある「前島」。車でもそのままフェリーに乗ることができます。

東西に細長いこの島には、大坂城を築城する際、切り出された石が今も残り、採石場を歩いてみることができます。

日本の夕陽100選にも選ばれただけあって、島の間に沈む夕陽は必見。冬には小豆島からのぼる朝日も有名です。

緑あふれる島であることから「緑島」ともよばれる前島。島内にある民宿で海の幸を堪能するのもおすすめですよ。

【住所】701-4302 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓
【アクセス】JR邑久駅から牛窓方面行きバスで約20分、「牛窓」下車、牛窓港から船で約5分【電話番号】0869-34-9500(瀬戸内市観光協会)
【公式サイト】http://www.pref.okayama.jp

第2位 黒島ヴィーナスロード

View this post on Instagram

takachan55さん(@takashi20160910)がシェアした投稿

牛窓沖合にある黒島は、潮が良く引く干潮の前後に砂の道が現れ、黒島と中ノ小島、端ノ小島、3つがつながり歩いて島に渡ることができます。

神秘的な道では、結婚式の前撮りをするカップルも多く、恋人たちの聖地としても有名です。

ただし砂の道ができるタイミングは40分ほどと限られているため、事前にボートを予約して行くのがおすすめ。

時間や日程はカレンダーで案内が出ていますので、ぜひタイミングを合わせて出掛けてみましょう。ただし天候にも左右されます。

【住所】701-4302 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓
【アクセス】JR邑久駅から牛窓方面行きバスで約20分、「本蓮寺下」下車すぐ、ザ・ホテルリマーニ&スパから送迎ボート(有料)
【電話番号】ザ・ホテルリマーニ&スパ(0869-34-5500)、前島フェリー(0869-34-4356)、牛窓ウォータートレイル(0869-34-9300)
【公式サイト】ザ・ホテルリマーニ&スパ(http://www.limani.jp)、前島フェリー(http://www.maejima-island.info)、牛窓ウォータートレイル(https://www.watertrail.com)
【利用の仕方】潮の満ち引きにあわせてボートを出しますので、事前に各公式サイトから予約をしてください。

第1位 牛窓オリーブ園

岡山 牛窓

Photo by falco

「牛窓オリーブ園」は、牛窓を基盤としていた岡山の商家、服部家の服部一郎が作ったオリーブ畑が元となったもの。

食用だけでなくランプの火を灯したり化粧品としても活用できるオリーブは、今も受け継がれています。

園内は無料で散策ができ、山頂広場からの眺めはまさに「日本のエーゲ海」。

この広場にある「幸福の鐘」は3回鳴らすと幸せになると言われていて、カップルの聖地でもあります。

園内にはカフェや宿泊施設もあり、ここで作られているオリーブを購入することもできますよ。

【住所】701-4302 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓412-1
【アクセス】JR邑久駅から東備バス「牛窓行き」約20分、オリーブ園入口下車
【営業日】年中無休
【料金】無料
【電話番号】0869-34-2370
【公式サイト】http://nippon-olive.info

牛窓の自然と歴史を満喫しよう!

岡山 牛窓

Photo by Sean O.

「日本のエーゲ海」と呼ばれ、素敵な風景が広がる牛窓で、ぜひ立ち寄りたいおすすめスポットをご紹介しましたがいかがでしたか?

車だとあっという間に回ってしまえる小さな町、牛窓。ぜひ訪れた際には車から降りて、のんびりとした地元の空気を味わってみてくださいね。

せっかくの和歌山観光。グルメもしっかり堪能して🍽🧡✨

岡山はきびだんご以外にもたくさんのおいしいものがありますよ。今回は岡山在住者が岡山グルメをしっかりと紹介します!

コンセプトは「えんをひろげる古民家」岡山の「ゲストハウス有鄰庵」さんを取材させていただきました✍️✨

「えんをひろげる古民家」をコンセプトに、岡山県倉敷美観地区に佇む築100年の古民家を利用した...

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

logo