山口・湯田温泉とその周辺の観光スポット12選 | Stayway Media

山口・湯田温泉とその周辺の観光スポット12選

万代正平

トラベルライター

湯田観光トップPhoto by Wikipedia

山口市内・湯田温泉の観光スポットを案内します。

600年の歴史がある温泉地と中世室町から幕末までの歴史が残る山口は、観光の見どころも多いです。

そんな山口市内と湯田温泉の観光スポットを12か所厳選しました。

わかりやすいランキング形式で紹介します。

山口・湯田温泉とは

湯田観光とはPhoto by Wikipedia

湯田温泉のある山口市は、県庁所在地ですが、歴史を感じる観光都市です。

南北朝時代に大内氏が政治の中心部をこの地に移したのに始まり、やがて西ノ京として大内文化が栄えました。

また、日本のクリスマスを初めて行った場所でもあります。

毛利氏に支配が変わり、江戸時代は萩が政治の中心でしたが、幕末に政庁が置かれ、再び政治の中心地となりました。

ちなみに山口駅から一駅の湯田温泉は600年の歴史があり、白狐(きつね)が温泉に浸かっていたところを発見したとの伝説があります。

山口・湯田温泉のアクセス

湯田観光アクセスPhoto by Wikipedia

山口・湯田温泉のアクセスは、公共交通の場合は新幹線の新山口駅に向かいます。

新山口駅から山口線に乗り換え、6駅先が湯田温泉駅、7駅先が山口駅です。

また高速バスで直接行くこともできるので、その場合は、乗り換えなしで行けるでしょう。

車の場合は、中国自動車道の山口ICもしくは小郡ICが便利です。

第12位 長山城跡

この投稿をInstagramで見る

Nori Saitohさん(@norisaitoh)がシェアした投稿

長山城跡は、室町時代にあった山城の後です。

亀山の地に室町末期、毛利氏によって築かれた山城で、毛利元就の孫にあたる毛利秀元が居城にしていました。

秀吉に非常に気に入られたという、秀元の名残を確認してみましょう。

現地はすでに山城の跡地というより、のんびりした亀山公園になっていますが、東側にある池が、かつて城の堀だった場所としての痕跡です。


【正式名称】長山城跡地
【住所】山口県山口市亀山町8-1
【アクセス】山口駅から徒歩20分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【HP】無し

第11位 山口市 菜香亭

この投稿をInstagramで見る

仕出しのかとうさん(@sidasino.katou)がシェアした投稿

山口市菜香亭は、元長州藩士で藩の台所を管理していた「膳部職」担当だった齊藤幸兵衛が1877年にオープンさせた料亭のあった建物です。

そのため、長州藩出身の明治の有力政治家たちが利用し、山口の迎賓館との異名を持つほどの格式ある場所でした。

1996年五代目当主が高齢のために閉店、残された建物は市民運動などにより存続が決定します。

現在は、座敷をギャラリーや会議室に活用され、大広間はかつての様子が展示してあります。


【正式名称】菜香亭
【住所】山口県山口市天花1丁目2−7
【アクセス】上山口駅から徒歩14分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】火曜日
【電話番号】083-934-3312
【HP】https://www.c-able.ne.jp

第10位 鳴滝公園

この投稿をInstagramで見る

雅さん(@miyavi5533)がシェアした投稿

鳴滝公園は、山口市の中心から外れにある、滝のある公園です。

三段の滝から構成されており、展望台からの景色が眺められ、また近くに行くこともできます。

夏場は河川プールがオープンされて賑わいますから、その時期を避けた方が滝の雰囲気が味わえるかもしれません。

近くには山口地ビールを作っている山口鳴滝高原ブルワリーもあるので、マイナスイオンを体験した後、帰りに立ち寄るのも良いでしょう。


【正式名称】鳴滝公園
【住所】山口県山口市下小鯖
【アクセス】山口駅から車で14分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【HP】http://yamaguchi-city.jp

第9位 旧山口藩庁門

この投稿をInstagramで見る

カルアザさんさん(@karuaza3)がシェアした投稿

旧山口藩庁門は、特に幕末の歴史が好きな人にはたまらない場所です。

1864年にそれまで長州藩の政治の中心だった萩から、山口に藩庁が移転した際に建てられた門です。

現在重要文化財に指定された門を、じっくり眺めましょう。

幕末に建てられた西洋式の城郭で固められたという当時の建物は、幕末の長州征伐や高杉晋作の登場など、動乱の歴史における記憶をとどめているかのようです。


【正式名称】旧山口藩庁門
【住所】山口県山口市滝町1-1
【アクセス】山口駅から徒歩25分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【HP】無し

第8位 中原中也記念館

この投稿をInstagramで見る

Tonpin-k,fさん(@tonpin_k.f)がシェアした投稿

中原中也記念館(なかはらちゅうやきねんかん)は、昭和初期に活躍した山口出身の詩人中原中也を記念して建てられました。

30歳の若さで亡くなったものの、350以上の詩を残した郷土の天才を称え、生家だった中原医院の跡地に建てられます。

常設展示のほか、常設テーマや企画展示を定期的に行っていますので、時間があれば覗いてみましょう。

また建物は公共建築百選にも選定されています。


【正式名称】中原中也記念館
【住所】山口県山口市湯田温泉1丁目11-21
【アクセス】湯田温泉駅から徒歩15分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】月曜日
【電話番号】083-932-6430
【HP】http://www.chuyakan.jp/

第7位 山口県政資料館

この投稿をInstagramで見る

salvatoreKPOさん(@t.kompo)がシェアした投稿

山口県政資料館は、旧山口県庁と旧山口県議会議事堂を博物館として保存しています。

これらは、国の重要文化財に指定された近代建築物で、大正5年に完成、設計を指導したのは、のちに国会議事堂を手掛けた妻木 頼黄(つまき よりなか)でした。

1984年に現在の庁舎ができてから、主要なポジションは新庁舎に奪われましたが、観光協会事務所など一部は残っています。

当時の知事室などが保存され、一般公開されています。


【正式名称】山口県政資料館
【住所】山口県山口市滝町1番1号
【アクセス】山口駅から徒歩30分
【営業時間】9:00-16:30
【定休日】月曜日、祝日
【電話番号】083-933-2268
【HP】https://www.pref.yamaguchi.lg.jp

第6位 山口県立山口博物館

この投稿をInstagramで見る

Kzさん(@niepongt3)がシェアした投稿

山口県立山口博物館は、山口をテーマとしたあらゆるものを所蔵している博物館です。

機械の実物や模型、動物の標本、戦国大名だった大内・毛利の文化遺産など、幅広い分野の収蔵物があります。

ティラノサウルスの骨格標本を観たり、鉄道車両の模擬運転を体験したりもできるでしょう。

1912年に開館、1967年に現在の建物、そして2012年に新しくなった博物館は、山口観光では必見です。


【正式名称】山口県立山口博物館
【住所】山口県山口市春日町8-2
【アクセス】山口駅から徒歩20分
【営業時間】9:00-16:30
【定休日】月曜日
【電話番号】083-922-0294
【HP】http://www.yamahaku.pref.yamaguchi.lg.jp/

第5位 常栄寺

この投稿をInstagramで見る

A.Endamanさん(@endaman7)がシェアした投稿

常栄寺(じょうえいじ)は、山口にある臨済宗の仏教寺院です。

毛利元就が息子隆元の急逝を嘆き、菩提を弔うために建てられました。

そして、この寺院で有名なのは後庭で、寺院のできる前から存在し、大内政弘の別荘だったところです。

その庭は雪舟等楊の作とされ、雪舟庭として国の名勝・史跡に指定されました。

枯山水を含んだ池泉回遊式庭園を、じっくり味わいながら散策しましょう。


【正式名称】常栄寺
【住所】山口県山口市宮野下2001
【アクセス】宮野駅から徒歩22分
【営業時間】8:00-16:30
【定休日】無休
【電話番号】083-922-2272
【HP】http://sesshu.jp/

第4位 井上公園

この投稿をInstagramで見る

nappoさん(@tajanappo)がシェアした投稿

井上公園は、湯田温泉の温泉街にある公園です。

明治時代の政治家・実業家だった井上馨の旧宅があった場所が、公園として整備されました。

公園内には、石碑があるので確認してみましょう。

そして、足湯もあり無料で入れます。

歴史を感じながら入る足湯も、また心地よい気分にさせてくれます。

そのほかにも、郷土の詩人中原中也の詩碑や湯田温泉を愛した種田山頭火の句碑もあります。


【正式名称】井上公園
【住所】山口県山口市湯田温泉2丁目5
【アクセス】湯田温泉駅から徒歩11分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【HP】http://www.yamaguchi-city.jp

第3位 山口サビエル記念聖堂

この投稿をInstagramで見る

a.sigeさん(@a.sige)がシェアした投稿

山口サビエル記念聖堂は、山口にあるカトリックのキリスト教会です。

フランシスコザビエルが山口で布教を開始して400年を記念に、1952年に建てられましたが、失火により焼失しました。

その後、再建され1998年に現在の建物が建ちました。

イタリア人神父が設計した斬新な教会は、山口市のランドマークとして、市民の憩いの場となっています。


【正式名称】山口サビエル記念聖堂
【住所】山口県山口市亀山町4-1B
【アクセス】山口駅から徒歩22分
【営業時間】要確認
【定休日】無休
【電話番号】083-920-1549
【HP】http://www.xavier.jp/

第2位 保寧山 瑠璃光寺

この投稿をInstagramで見る

愛さん(@aistagram__official)がシェアした投稿

保寧山 瑠璃光寺(るりこうじ)は、山口にある曹洞宗の仏教寺院です。

元々香積寺がありましたが移築され、代りに瑠璃光寺がこの地に移ってきました。

1442年に完成した国宝の五重塔は、日本では十番目に古く、室町中期で最も優れた建造物と言われます。

美しい塔を眺めながら、中世の大内文化を感じましょう。

秋の紅葉時が最も美しいですが、夏の新緑とも映える風景が目られます。


【正式名称】保寧山 瑠璃光寺
【住所】山口県山口市香山町7-1
【アクセス】山口駅から徒歩35分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】083-922-2409
【HP】http://yamaguchi-city.jp

第1位 温泉舎

この投稿をInstagramで見る

Takayuki Otsukiさん(@zokkokai)がシェアした投稿

温泉舎(ゆのや)は、湯田温泉の源泉を観光地にしました。

のぞき窓からは源泉が湧き出る様子が見られ、地下500メートルから1分間に125リットルの湯が生みあげられる様子が眺められます。

湯田温泉に来たら真っ先に眺めてみましょう。

また、飲泉も楽しめますから、温泉を飲みながら温泉地の雰囲気を味わってください。


【正式名称】温泉舎
【住所】山口県山口市湯田温泉4丁目4−41
【アクセス】湯田温泉駅から徒歩15分
【営業時間】要確認
【定休日】無休
【電話番号】083-901-0150
【HP】http://www.yudaonsen.com

湯田温泉・山口市の観光はほかの観光地とセットで

湯田観光ラストPhoto by Wikipedia

山口市内・湯田温泉の観光スポットを案内しました。

600年の歴史がある温泉地と中世の室町大内文化や幕末のまでの歴史が残る山口は、観光の見どころも多いです。

秋芳洞や津和野、萩といった有名観光地と共に山口・湯田温泉もセットで回ってみてください。

山口・湯田温泉で人気のおすすめホテル旅館13選

湯田温泉は、山口市の中心部に隣接しており、街中にある温泉です。しかし、こだわりのホテル・旅館ではそんなことを想わせない風情ある部屋、温泉、料理を用意しています。湯田温泉のおすすめホテル・旅館を13か所厳選しました。ランキング形式で紹介。

山口県 おすすめ絶品グルメ36選

本州の西に位置する三方を海に囲まれた山口県は海の幸・山の幸豊かなおいしい県でもあるんです!今回はそんな山口県のグルメ35選をランキングでご紹介します♡

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo